<   2018年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧   

荒神山から桐生坂へ   

2018年 09月 27日
9月24日、彦根市南西部にある荒神山に登ってきました。
荒神山には林道があって、車でも登れるのです。
以前にバイクで登ったことがあるのですが、歩いて登るのは初めてです。

荒神山公園から見る荒神山
d0231858_15184759.jpg


荒神山公園の第1駐車場に車を駐車し、公園の北側にある唐崎神社(とうざきじんじゃ)から登ります
d0231858_1522397.jpg


階段を登った右側に拝殿があります
d0231858_15234042.jpg


大きな額
d0231858_15261031.jpg


何故か、お馬さんと鶴がいます
d0231858_15275827.jpg


神社の中を通り抜けます
d0231858_15302546.jpg


イノシシよけのゲートがあり、開けて入ります
通った後は、ちゃんと閉めなくてはいけません
d0231858_15524123.jpg


広い道ですが、この辺で蚊の大歓迎を受けます
写真を撮ろうと立ち止まると、蚊がいっぱい寄ってくる~(泣)
d0231858_15552389.jpg


尾根に乗りました
d0231858_15585330.jpg


コース最大の急坂、補助ロープもあります
d0231858_1624041.jpg


大きな蜘蛛(ピンぼけ~)
d0231858_16104610.jpg


右側に琵琶湖と手前に曽根沼が見えます
d0231858_16124373.jpg


林道に出ました
d0231858_1641415.jpg


林道の向かい側に登山道があります
d0231858_1652736.jpg


展望台がありました
d0231858_16535841.jpg


琵琶湖に浮かぶ多景島が見えます
d0231858_1655834.jpg


階段が続きます
d0231858_16554219.jpg


古墳なんですって
d0231858_17105490.jpg


古墳にお墓もあります
d0231858_17115971.jpg


説明文
d0231858_1713455.jpg


建物が見えてきました
d0231858_1715376.jpg


荒神山神社です
荒神山の最高点(標高284m)はこの辺なのですが、三角点はありません
d0231858_17162541.jpg


すぐ近くにNHKの電波塔がありました
d0231858_17173061.jpg


広場から琵琶湖が見えます
d0231858_1722431.jpg


来た道を戻ります。
しばらく行くと右に分岐があります。
d0231858_17243629.jpg


右に行くと三角点があるので、そちらに向かいます
d0231858_1725518.jpg


歩きやすい道です
d0231858_17263881.jpg


先日の台風でなぎ倒された木でしょうか?
d0231858_17273868.jpg


あずま屋がありました
d0231858_17283626.jpg


すぐ近くに三角点(標高261.5m)がありました
d0231858_17375925.jpg


伊吹山と
d0231858_17383897.jpg


霊仙山が見えます
d0231858_17393242.jpg


ここから急な下りになります
d0231858_17412936.jpg


大きな岩
d0231858_17421489.jpg


苔むした岩があって、雨に濡れていると滑りやすいと思います
d0231858_17434119.jpg


階段を下りて車道に出ました
d0231858_17464594.jpg


その先に木の階段があり、ここを下ります
d0231858_1748398.jpg


階段が続きます
d0231858_17484949.jpg


ゲートを出ます
d0231858_17525774.jpg


キャンプ場の中を通ります
d0231858_17542893.jpg


野外炊飯場のかまど
d0231858_17592711.jpg


またまたゲートを抜けます
d0231858_1803485.jpg


サッカーのグランドの横を通ります
d0231858_1823515.jpg


芝生の丘を登ります
d0231858_1832871.jpg


丘の頂上にベンチがあります
d0231858_1842122.jpg


丘の反対側に下って振り返ります。
この坂を「桐生坂」と呼びます。
陸上100mで日本記録を出した滋賀県出身の桐生選手が、彦根南中学の時にこの坂をダッシュで登ってトレーニングしたので、今では「桐生坂」と呼ばれています。
d0231858_18104769.jpg


歩道を歩いて駐車場に戻りました
d0231858_18115197.jpg


以前から「桐生坂」を歩いてみたくて荒神山に登りました。
桐生坂は思ったよりも短い坂だったのですが、桐生選手はこれを何度も登って日本を代表する選手に育ったのですね。

by k2hair | 2018-09-27 18:22 | | Trackback | Comments(0)

奇跡の清流 銚子川   

2018年 09月 26日
9月24日のNHK朝のニュース「おはよう日本」で、「奇跡の清流 銚子川」という特集をしていました
d0231858_101968.jpg


銚子川は、紀伊半島にある大台ケ原山系を源にする三重県南部を流れるたった17kmほどの川です
d0231858_10292246.jpg


その源流のある大台ケ原は、日本一雨が多いと言われる山域です
d0231858_10313880.jpg


長さがわずか17kmしかない川なのですが、その標高差はおよそ1400mもあるのです
d0231858_10354590.jpg


ですので上流域は非常に急峻な流れになっています
d0231858_10371134.jpg


流域にダムが無く、全て透き通った美しい流れが河口まで続く「奇跡の清流」と言われています
d0231858_1040837.jpg

d0231858_10394778.jpg

d0231858_1041960.jpg

d0231858_10414988.jpg

d0231858_10403089.jpg

d0231858_1040484.jpg


銚子川ではその透明度により、通常では見られない河口部での海水と淡水の境目が見えるのです。
海水は塩分を含んでいるためにユラユラして見えます。
これを銚子川では「ゆらゆら帯」と呼びます
d0231858_10452836.jpg


海水は塩分を含んでいるために川の淡水より重く、下のほうがユラユラしているのが分かります
d0231858_10474230.jpg


本当はどこの川でもこの現象は起きているのですが、めっちゃ透明な川じゃないと境目が見えないのです。

ゆらゆら帯を泳ぐ魚がいます
d0231858_10485024.jpg


清流の女王と言われる鮎です
d0231858_10501681.jpg


さらに、銚子川では珍しい光景が見られるのです
「空飛ぶボート」です
d0231858_10515086.jpg

実際に空を飛んでいるのではなく、水が透明過ぎて浮かんでいるボートが宙に浮かんで見えるのです。

私も銚子川が超絶美しい事は知ってはいたのですが、まだ行ったことがありません。
番組を見て、ぜひ行ってみたくなりました。

11月のNHKスペシャルで「見えないものが見える川」という特集で、奇跡の清流 銚子川が詳しく紹介されます(期日未定)

by k2hair | 2018-09-26 11:00 | テレビ | Trackback | Comments(0)

カレーライス事件   

2018年 09月 22日
9月20日、安倍総理と石破議員の一騎打ちとなった自民党総裁選で、安倍首相の陣営が投開票直前に東京都内のホテルで「必勝出陣の会」を赤坂のホテルニューオータニで開催しました
d0231858_109191.jpg


「勝負に勝つ」とゲンを担いて昼食に振る舞われたのが、ホテルニューオータニのレストラン「SATSUKI」のカツカレーです(食べログ投稿写真より)
d0231858_10491688.jpg

お値段なんと3200円で、ホテルなので別途サービス料が10%加算されるので3520円もするそうです(驚)
お金持ちの安倍総理と麻生財務大臣は、普段からこんな高級なものばかり食べているのでしょうか?
私は、こんなに高級なカレーは1度も食べたことがありません。

安倍陣営が振る舞った高級カツカレーの量が333皿なのですが、総裁選で安倍総理に投じられた議員票の数は329票だったのです。

つまり、高級カレーを食べた333人の内、4人が造反して安倍総理に票を投じなかった事になります。
「誰だ、カツカレーを食い逃げしたのは!」と、安倍陣営で総裁選の陣頭指揮をした甘利事務総長はこれを「カレーライス事件」と呼んだそうです。

対する石破陣営でも昼食にカツカレーが振る舞われたのですが、こちらは1皿1200円と安倍陣営のおよそ3分の1のお値段ですね。

下世話な話ですが、安倍陣営が振る舞った1皿3520円のカツカレーが333皿分で、合計117万2160円。

安倍総理と日銀の黒田総裁はタッグを組んで年間物価上昇率2%を目指していますので、今回の高級カツカレーの大盤振る舞いが、日本の物価上昇に貢献したことには間違いありません。

by k2hair | 2018-09-22 11:13 | コラム | Trackback | Comments(2)

粉もんピンチ!   

2018年 09月 21日
d0231858_115651100.jpg


先日京都に行った時に、私が京都で1番美味しいと思うたこ焼き屋の「すずや」に寄ってきました
           場所はコチラ
d0231858_11591563.jpg


たこ焼きがめっちゃジャンボ(蛸も)でふわとろでソースたっぷり、おまけに辛口ソースもあって超美味しいのです。

久しぶりに行ったら値段が変わってました(驚)
d0231858_1293550.jpg


かれこれ30年以上通っているのですが、昔は8個300円だったと思います。
その後、350円→400円と徐々に上がっていき、8個から1個減って7個400円になりました。

去年の10月に小麦の製粉会社への政府売渡価格が値上がりし、今年の1月には7個450円になりました。
今年の4月、小麦の政府売渡価格はまた値上がりしました。
小麦の政府売渡価格は半年に1度見直しされるのですが、最近は毎回値上がりしています。

現在すずやのたこ焼きは8個で500円、7個では450円で、ほぼ据え置きなのですが、小麦粉がこれ以上値上がりすると、安くて美味しい庶民の味方のたこ焼きがピンチです!

たこ焼き・お好み焼きは、関西では「粉もん」と呼ばれますが、小麦粉を原料にしているのはそれだけではありません。
パン・うどん・ラーメンだって粉もんです。
蕎麦だって100%そば粉で打つ蕎麦は珍しいです。
一般的な蕎麦「二八蕎麦」の原料の20%は小麦粉です。

ラーメン激戦区の岐阜市周辺では、麺の大盛を無料にしている太っ腹なラーメン店もいくつかありますが、これ以上小麦粉の値段が上がれば大盛りが有料になるかもしれません
  「ぶっと麺 しゃにむに 」のつけ麺(大盛り無料)
d0231858_13142160.jpg

d0231858_1328559.jpg


日銀の黒田総裁は、5年前の就任以来物価の2%上昇をず~~~っと目標に掲げていますが、いまだに達成できてません。
安倍総理もデフレの脱却が喫緊の課題だと宣言してました。

小麦粉の価格がどんどん値上がりすれば、外食産業にも大きな影響を与えるのは明白です。
デフレ解消に1番手っ取り早い方法は、政府主導による小麦粉の値上げなのではないでしょうか?

もしかしたら、安倍総理・麻生財務大臣・菅官房長官の3人で、「物価よ上がれ!上がれ!」と念じていたりして・・・

by k2hair | 2018-09-21 06:47 | コラム | Trackback | Comments(0)

台風の爪痕   

2018年 09月 19日
9月17日の敬老の日に、父母を連れてお墓参りに京都にお墓参りに行ってきました。
琵琶湖岸沿いの湖周道路で、近江八幡から琵琶湖大橋を通って行きました。
近江八幡から野洲・守山を南下していくと、湖岸に植林された大きな松の防風林がたくさん折れていました。

特に守山市では、大きな松が根っこごと掘りおこされて倒れている木が多くありました。
近江八幡でもけっこう風が強かったのですが、これほどひどく倒れている木はあまり無かった気がします。

琵琶湖大橋を渡り、湖西道路で京都までの道路は問題なく通れました。

まず、母方のお墓のある通称「くろ谷さん」と呼ばれる金戒光明寺に行きました。
「くろ谷さん」は、山全体に墓地になっています。
階段の坂を登って、母の実家の墓に着いたはずなのですが、「アレッ、お墓が無い!」
そんなはずは無いのですが、よく見ると大きな木が何本か倒れていて、お墓がその枝の下敷きになっていました。
おまけに墓石も45度斜めに動いていました。

墓石は直せたのですが、お墓の正面側には木が覆いかぶさって入れません。
仕方が無いので、お墓の裏側からお参りしました。

今度は円町にある家の墓へ。
墓は、お寺の敷地内の墓地にあります。
うちの墓は無傷で、一見台風の被害は無さそうに思えたのですが、墓地の隣の家は外壁が無くなってました。
周りの墓も水塔婆立てや花立てが倒れていたり、折れた卒塔婆もありました。
お寺の本堂はけっこう古いのですが、大屋根の瓦がずれていたり無くなっている部分もありました。
住職の住む庫裏にもブルーシートがかかっていて瓦屋さんの修理待ちのようでした。

帰りは大原を通って途中越えで滋賀まで戻りました。
通称「鯖街道」の国道367号の両側には杉の植林がいっぱいあるのですが、たくさんの北山杉が台風でなぎ倒されていました。
国道367号線は現在は通れるのですが、おびただしい数の倒木のために9月11日まで通行止めだったそうです。

「鞍馬街道」の鞍馬寺から北は、今も当分の間通行止めです。
滋賀よりも京都の方が台風がより近くを通過したために被害が大きかったようです。

お金の事を言うとアレなんですけど、北山杉って高級なので、被害総額も相当な金額になるのでしょうね(泣)

by k2hair | 2018-09-19 15:06 | 天気 | Trackback | Comments(0)

ヤマハハコ咲き誇る三峰山へ   

2018年 09月 18日
、夏の暑い頃に涼みに登った奈良県の三峰山(みうねやま)の山頂近くのヤマハハコが見頃という事で、第3日曜日の16日に嫁さんと登ってきました。
ヤマハハコは、嫁さんが大好きな花なのです。
d0231858_2252575.jpg


普通は、御杖村にある「みつえ青少年旅行村」の手前にある三峰山登山口駐車場に車を置いて上るのですが、登山口へ向かう林道をズンズン進み、山上登山口を通り過ごし、トイレのある不動滝コース登山口からさらに奥に車で進み、トイレのある休憩小屋の前に車を停めました。
ここはすでに標高745mです。
d0231858_2315795.jpg

でも、不動滝コース登山口から奥の林道は落石が多くかなり荒れていたので、あまりオススメできません。

休憩小屋から林道を挟んだ向かい側に山上口からの登山道があります
d0231858_2316885.jpg


階段を上ると展望小屋があります
d0231858_23165446.jpg


小さくて可愛いヤマジノホトトギスがたくさん咲いていました。
2階建ての変わった花です(ピンぼけ~)
d0231858_23183938.jpg


d0231858_23194130.jpg


最初は杉林の中
d0231858_23204780.jpg


カシワバハグマと判明
d0231858_23213657.jpg


ツルツルのヒメシャラの木
d0231858_23225593.jpg


御杖村が見えます
d0231858_23234133.jpg


いい感じです
d0231858_23245756.jpg


d0231858_23252577.jpg


弘法大師さん
d0231858_23261253.jpg


d0231858_23264329.jpg


休憩小屋
d0231858_23272756.jpg


小屋の横にこの山の盟主のブナがあります
d0231858_23285146.jpg


巨大カエル、ツンツンしても動じません
d0231858_23312164.jpg


d0231858_23314043.jpg


稜線の三畝(みうね)峠に着きました
d0231858_23333294.jpg


いい感じ
d0231858_2334717.jpg


大日如来さん
d0231858_2334413.jpg


山頂と八丁平への分岐
まずは山頂へ
d0231858_23362448.jpg


ミヤマママコナ
d0231858_23371588.jpg


三峰山(標高1235m)の山頂に着きました
d0231858_23392419.jpg


北側の眺望が開けています
d0231858_23401448.jpg

d0231858_23404117.jpg

d0231858_234111.jpg

d0231858_23412961.jpg


八丁平へ向かいます
d0231858_2342965.jpg


八丁平に着きました
アセビの木がいくつかあります
d0231858_23434587.jpg


ここは南側の眺望が素晴らしいです
d0231858_2352670.jpg


シンボルツリーと呼ばれるシロヤシオの木は台風で倒れていました(泣)
d0231858_23452459.jpg


夏に咲いていたバイケイソウは枯れ果てていました
d0231858_0115530.jpg


三重県側のゆりわれコース に向かいます
d0231858_23523673.jpg


三重県側から登る人が少ないのかあまり歩かれていないようです
d0231858_23541553.jpg


猛毒のあるトリカブトがいっぱい咲いていました
d0231858_23554087.jpg

d0231858_23561293.jpg


白っぽい花もありました
d0231858_23565724.jpg


もう少し進むとお目当てのホソバノヤマハハコがありました
d0231858_23582991.jpg

d0231858_23594042.jpg


南側の斜面に大群生していました
d0231858_004366.jpg

d0231858_016100.jpg

d0231858_013084.jpg


帰りは八丁平からみつえ青少年旅行村へのコースから下りました。
しばらく進むと山頂手前の分岐で、登ってきた登山道と合流します。
d0231858_0103279.jpg


三峰山のホソバノヤマハハコは、8月の後半から咲き始めるそうですが、なんとか見頃に間に合いました。
トリカブトもたくさん見ることができました(^^)
三峰山は本当に素晴らしい山です。

帰りに道の駅「伊勢本街道 御杖」にある温泉「姫石の湯」で汗を流して帰りました。
d0231858_652443.jpg

by k2hair | 2018-09-18 00:23 | | Trackback | Comments(0)

守山市 串カツ ジュラクの韓国風冷麺   

2018年 09月 14日
守山市の串カツ ジュラクに久しぶりに行ってきました
d0231858_14342980.jpg

昭和のバラック小屋風のかなり怪しい外観です。

入り口を入った所
d0231858_1439262.jpg


昭和テイストがプンプンです
d0231858_14411916.jpg

d0231858_1442183.jpg

d0231858_14422081.jpg

バラック小屋風に作ってあるだけで、ちゃんと冷暖房の効いたお店ですので安心して下さい。

BGMには、渡辺真知子の「かもめが翔んだ日」や、太田裕美の「木綿のハンカチーフ」などの昭和歌謡が流れていて、思わず歌いそうになります、ホンマに(笑)

ランチメニュー
d0231858_14432530.jpg

d0231858_14433978.jpg


「串カツジュラク」に改装する前は、韓国酒房「寿楽」というお店でしたので、串カツだけではなくチゲやビビンバなどの韓国料理のメニューもあるのです。

ランチの1番人気は、牛バラ煮込みチゲセット1000円です。
これもオススメなのですが、今まで何回もいただいていますので、今回は冷めんセット 900円をいただきました。
以前、ご飯大盛り(無料)でお願いしたら、多すぎるぐらいの超大盛りでしたので、今回は少しだけ大盛りにしてもらいました。
d0231858_1446159.jpg


これに串カツ4本とミニデザートが付きます。
デザート無しで、串カツを6本に変更もできます。
私はデザート無しにしました。
d0231858_14541662.jpg


専用ソースにどっぷりと浸けていただきます。
串カツは、薄めの衣がサクサクに揚がっていて、めっちゃ美味しいです。
d0231858_15153822.jpg


冷めんは、冷やし中華ではなく韓国風冷めんです。
麺は中華麺ではなく、でんぷんや小麦粉を材料にした生麺です。
ツルッとしていてコシがあって美味しいです。
水キムチベースのスープもあっさりしていて美味しくて全部飲み干せました(^^)
d0231858_151327.jpg



嫁さんは、あんかけチゲうどんセット 1000円
d0231858_1581175.jpg

大きなお餅も入ってます。
私も味見しましたが、あんかけチゲうどんはしっかり目の味付けで、ご飯にめっちゃ合います。

セットはこれにも串カツ4本とミニデザートが付きます。
この日のミニデザートは白玉ぜんざいでした。
d0231858_15135260.jpg

麺類にご飯と串カツとミニデザートが付いてこの値段は、めっちゃオトクです(驚)

こってりラーメンセットなど、まだ未食メニューもあるので、寒くなったら食べてみたいです。
串カツジュラクは、ガッツリいきたい人も満足できる、オススメのお店です。

串カツジュラク
滋賀県守山市播磨田町3123-1  場所はコチラ
TEL 077-514-1206
営業時間 昼11:30〜14:30(ランチのラストオーダー14:00まで)
夜17:30〜24:00 土・日曜の夜は17:00〜
定休日 水曜休(祝日の場合は次の日)
※ 車は隣のカメラのキタムラさん側の駐車場にも置けます

by k2hair | 2018-09-14 16:20 | ランチ | Trackback | Comments(0)

無理でしょ! 大阪万博とIR   

2018年 09月 11日
7月20日に、自民党・公明党・日本維新の会の賛成で、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案が成立しました。

IRの施設数は当面は全国3カ所までなのですが、1番有力な候補地が大阪府の松井知事が猛烈に誘致をアピールしている、大阪湾に浮かぶ人工島の夢洲(ゆめしま)です。

夢洲はコンテナターミナルが2つあるのですが、ほとんどが広大な空き地の平べったい島です
(夢洲の南にある咲洲の大阪府咲洲庁舎からの画像)
d0231858_1443313.jpg


大阪府は2025年の万博(国際博覧会)開催の立候補しました。
その会場が夢洲です。
(夢洲での万博の開催イメージ画像)  
d0231858_1542933.jpg


夢洲にはバス停がたった2ヶ所あるだけで、国際博覧会を誘致するのには交通手段が全然足りません。
最寄りの駅は、南にある人工島の咲洲(さきしま)にある地下鉄中央線のコスモスクエア駅です。

ちょっと分かりにくいのですが、図の中段の左端にある島が夢洲です。
その南側の咲洲にコスモスクエア駅があります。
d0231858_151138100.jpg

夢洲までの交通手段として、南のコスモスクエア駅からトンネルを経由して地下鉄中央線を延伸して夢洲駅(仮称)まで伸ばす計画と、USJの最寄り駅のユニバーサルシティ駅のあるJR桜島線(ゆめ咲線)の終点の桜島駅から延伸して、人工島の舞洲(まいしま)を経由して夢洲駅まで伸ばす計画があります。

地下鉄中央線の延伸案は540億円。
JR桜島線の延伸案は1700億円もかかります。
実はもう1つの案があって、京阪電車中之島線の中之島駅から夢洲駅まで延伸する案では、なんと約3500億円もの大金がかかります(驚)

ただ、万博の開催期間は半年だけですので、せっかく鉄道をひいてきても万博が終わった後の夢洲が閑散としてしまうのが目に見えています。
そこで、当時大阪維新の会に所属していた大阪府の橋下知事は、カジノを誘致して夢洲に恒久的にお客さんを呼べるようにする計画を立ち上げました。

安倍総理の悲願とも言える憲法改正案に大阪(日本)維新の会が賛成する事と、大阪(日本)維新の会がプッシュするIR(カジノ)法案を与党が賛成して成立さす事を取引としたのです。
結局、国民の70%が反対したIR(カジノ)法案は与党の自民党・公明党と、日本維新の会の賛成多数で、成立しました。

関西経済同友会による夢洲のIRリゾートの完成イメージ画像
d0231858_15342372.jpg



前置きが長かったのですが、ここからが本題です。

先日、台風21号が関西を襲いました。
関西空港第1ターミナルのある人工島が高潮で水没、さらに連絡橋にタンカーが激突しエライことになったのはご存知の通りです。

JRと南海電車が通っている線路には、高潮による海水が大量に流れ込んで、まるで水路のようになりました
d0231858_15424343.jpg


関空のある人工島は、高さ5mの防波堤で囲まれているそうですが、台風によって荒れ狂った高潮はいとも簡単に第1ターミナルのある人工島を水没させてしまったのです。

その翌々日の9月5日、北海道を震度7の猛烈な地震が襲いました。
地震というのは不思議なもので、けっこう離れた場所でも連鎖的に誘発することが多いのです。

2011年の東日本大震災の津波の被害が凄すぎてあまり知られていないのですが、震災の翌日の3月12日に長野県北部を震度6強もの巨大地震が起こっています(長野県北部地震)

先日の北海道の大地震で日本中の地下の歪みが生じ、いろんな場所で地震が誘発されることも十分考えられます。

1番恐ろしいのは南海トラフによる大地震で、今後30年に発生する確率が70~80%と言われています。
これは30年後に起きる確率ではなく、今後30年以内に発生する確率で、もしかしたら大地震が明日にでも発生するのかもしれないのです。

台風21号による高潮で関西空港の人工島がいとも簡単に水没したのですが、もしも巨大地震による津波が襲って来たならそんなものではすみません。
南海トラフによる津波は、大阪の繁華街にある道頓堀川をもさかのぼると予想されています。

もしも万博の開催中に南海トラフの津波が夢洲を襲ったら・・・
平べったい夢洲にある万博の低い建物がどうなってしまうかは想像がつきます。
地下鉄中央線は、延伸案では夢洲と咲洲がトンネルでつながる予定なのですが、もし津波が来れば地下鉄のトンネルは水没してしまうでしょう。

地震の可能性の大きい危険な場所での無駄な出費は慎むべきだと思います。
夢洲のような低い人工島での万博の開催は、安全上無理だと私は思います。

関西空港が台風で数日間使えなくなっただけで、海外からの観光客は激減。
海外の観光客頼みの関西の経済は、今や大ピンチに陥っています。

ギャンブル依存症の患者を誘発するIRリゾート建設に金をかけるよりも、災害に脆弱な関空の耐震補強にこそお金をかけるべきだと私は思います。

2025年の国際博覧会は大阪以外にも、アゼルバイジャンの首都のバクーとロシアのエカテリンブルクの3都市が立候補しています。

どうか、2025年の万博に大阪が落選しますように・・・と私は祈ってます。

by k2hair | 2018-09-11 16:59 | コラム | Trackback | Comments(0)

隠れた人気ラーメン店 彦根市 楽縁   

2018年 09月 09日
彦根市にある、知る人ぞ知るラーメン店の楽縁に行ってきました
外観はちょっと怪しげな昔ながらの中華そば屋という感じです
d0231858_18262638.jpg


彦根警察署近くの細い道を入った、JRを越えるの高架橋の下という分かりにくい場所にあります。
佐和山に登ったら楽縁が見えました(^^)
d0231858_18322386.jpg


平日の午後2時前にもかかわらず店内は満席で、受付票に名前を書いてお店の左にある待合室で待ちます。
冷房がちゃんと入っています。
d0231858_1836482.jpg


席があいたので店内にに案内されました(帰りに撮影しました)
こじんまりしたカウンター8席のみの店です
カウンターの中は目隠しがしてあって、どんな方が調理しているのか判りません
もう1人接客係のお兄さんがおられます
d0231858_18401676.jpg


メニュー
d0231858_537123.jpg


ラーメンは2種類で、
豚骨煮干しラーメンと
d0231858_5385968.jpg


豚骨しょうゆラーメンがあります
d0231858_5401434.jpg


麺の太さは、やや細めのストレート麺で、硬さのリクエストもできます。
普通で提供された麺は、やや柔らかめか?(私個人の感想)
d0231858_5434242.jpg


午後2時までに入店すると、ラーメンにプラスできるオトクな定食が選べます

鶏の唐揚定食 980円
唐揚はカリッと揚がっています
ご飯のおかずとしては味は薄めですので、塩をかけていただきました
d0231858_5462151.jpg


焼飯定食 980円
焼飯は味のしっかりあるタイプで、私の好みです。
量はやや少なめです
d0231858_547232.jpg


2種類あるラーメンは、豚骨煮干しラーメンのスープの方が私の好みでした。
豚骨しょうゆはやさしい味でしたが、味の濃さもリクエストできるようです。

お水ではなく黒烏龍茶でお冷が提供されます(水もリクエスト可)
d0231858_692171.jpg


外観は入りにくそうなお店ですが、接客はきちんとしたお店です。
ラーメン店としては決して立地条件の良い場所ではないのですが、ビックリするぐらい流行っている店でした。

楽縁
滋賀県彦根市古沢町641-9   場所はコチラ
TEL 0749-26-8552
営業時間 11時00分~16時00分
定休日:火曜日

by k2hair | 2018-09-09 06:31 | ラーメン | Trackback | Comments(0)

佐和山散策   

2018年 09月 06日
d0231858_15181581.jpg

戦国時代の武将石田三成の居城があった、滋賀県彦根市の佐和山に登ってきました。
佐和山にはかつて立派な石垣のある佐和山城がありました。

若くして佐和山城の城主になった石田三成は、こう言われました。
「三成に過ぎたるものが二つあり、島の左近に佐和山の城」
佐和山城は、そう言われたほどの名城であったのです。
島の左近とは、三成の禄高4万石のうちの半分の2万石という破格の禄高で家来に迎え入れられた名将、島左近の事です。

井伊家の菩提寺のある龍潭寺(りょうたんじ)の前に大きな東山観光駐車場がありキレイなトイレもあります  場所
d0231858_7432898.jpg


龍潭寺の門
d0231858_11543472.jpg


門の右側に佐和山ハイキングコースの入り口があります
d0231858_12313785.jpg


石田三成の銅像
d0231858_12325860.jpg


このあたりモミジがたくさん植わっていて秋の紅葉はキレイでしょう
d0231858_12341557.jpg


階段を登ると山門が
d0231858_12371696.jpg


佐和山城址への地図
ここから先は龍潭寺の拝観時間外は通行禁止になります
拝観時間:9時から16時
d0231858_1239349.jpg


山門の中にもモミジがあります
d0231858_12425439.jpg


左手に龍潭寺の方丈(ほうじょう)があって拝観できます(有料)
d0231858_12452658.jpg


七福神
d0231858_12464412.jpg


墓地の中を通ります
d0231858_12475879.jpg


ホンマでっか~?
d0231858_12481729.jpg


墓地を通り抜けると山道が始まります
d0231858_12495790.jpg


登山道ですのでサンダルでは無理っ!
d0231858_12521286.jpg


切通しと呼ばれる場所で尾根に出ました。
山頂へは右へ
d0231858_12544291.jpg


しばらくは平坦な道です
d0231858_12553612.jpg


出会いたくない!
d0231858_1256399.jpg


広い場所に出ました
西の丸です
d0231858_12581427.jpg


竹林、この辺は西の丸の中段になります
d0231858_1259765.jpg


最後の登り
d0231858_1314153.jpg


佐和山城址(標高233m)に着きました
d0231858_1334958.jpg


山頂付近は結構広いです
d0231858_1372865.jpg


佐和山城址は、木陰でベンチもたくさんあります
d0231858_1391664.jpg


雲がかかっていますが、滋賀県で1番高い伊吹山
d0231858_13101215.jpg


真ん中右が滋賀県で2番目の金糞岳
d0231858_13121560.jpg


琵琶湖で1番大きな沖島
d0231858_1313484.jpg


彦根沖に浮かぶ多景島(たけしま)
d0231858_13161630.jpg


琵琶湖がキレイ
d0231858_13171934.jpg


近江富士の三上山
d0231858_1318619.jpg


彦根城を見下ろす
d0231858_1318414.jpg


龍潭寺に戻りました
d0231858_13195350.jpg


龍潭寺で出会った花
d0231858_6122516.jpg

d0231858_6125946.jpg

d0231858_6132916.jpg

d0231858_613549.jpg



佐和山城は、石田三成が関ヶ原の戦いで敗れた後落城します。
石垣は後に井伊直継が入城した彦根城に再利用されたので、佐和山城址には石垣はほとんどありませんでした。

関ヶ原の戦いで、小早川秀秋の裏切りが無ければ西軍が勝利していたかもしれないと言われています。
もし西軍が勝利していれば、間違いなく歴史が変わっていたでしょう。
そしたら今頃大阪が首都になっていたのでしょうね。

佐和山城址へは龍潭寺から20分ほどで着きます。
墓地を過ぎると山道になりますので靴はせめてスニカー、もしくはトレッキングシューズのほうが歩きやすいです。

by k2hair | 2018-09-06 22:17 | | Trackback | Comments(0)