<   2018年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧   

甲賀市土山町「はなぶさ」のデカネタ寿司   

2018年 03月 29日
鈴鹿峠から高畑山に登った帰りに、かねてから凄いと聞いていた、甲賀市土山町「はなぶさ」の超デカネタ寿司を食べてきました

にぎり盛り合わせ(大ネタ7貫) 1000円
d0231858_17564844.jpg

写真では大きさが上手く伝わらないのですが、左下の甘エビの大きさから切り身の大きさが想像できるでしょうか?
これで1000円とは驚異的な安さです。
このぐらいの量の刺し身をスーパーで買っても絶対1000円では買えません(驚)

甘エビ以外は、「ブリの照り焼きぐらいの大きさの切り身」がネタになっています(^^)
寿司を箸で持ち上げるのは不可能なので、ガリをしょう油に浸けてネタに塗る方法でやりました。
タイは身が固いので、噛み切るのがちょっと大変でした(笑)

ネタはデカいのですが、シャリはそれほど大きくありません。

私はなんとか完食できました。
嫁さんは半分残しましたが、お店の方も残すのはわかっていて、持ち帰り用のパックを下さいました。

月曜日の夕方に訪問したのですが、結構混んでいてカウンター席しかあいていませんでした。
「回らないお寿司屋さん」のカウンター席に座るのはめっちゃ久しぶりでした。
d0231858_651330.jpg


眼の前で大将がどデカイ太巻き寿司を巻いておられましたが、恐ろしく太い太巻きでした(驚)
水戸黄門で飛猿を演じていた野村将希に似た強面の大将でしたので、巨大太巻きを巻いている様子を「写真を撮っていいですか・」と言う勇気は出ませんでした(汗)

家族へのお土産用に「上にぎり 小ネタ8貫」1300円を持ち帰りました。
d0231858_18104163.jpg

持ってみるとズッシリ重いです。
小ネタと言っても、1切れが普通の回転寿司4切れ分ぐらいのデカいネタでした(笑)
上にぎりのシャリはやや大きめでした。

作り置きではなく注文を受けてからネタを切り分けるので、新鮮で美味しかったです。
食べきれない事もあろうかと思って、クーラーボックスを持参して行きましたが、お土産の寿司も買って帰ったので、クーラーボックスが役にたちました。

海鮮丼や太巻きも気になるし、定食類も豊富ですのでまた行ってみたいお店でした
d0231858_6513994.jpg

d0231858_652241.jpg


はなぶさ
滋賀県甲賀市土山町大野4945-4   場所はコチラ
TEL 0748-67-1513
営業時間 11:00~14:00(L.O.13:30)
       17:30~21:00
定休日:木曜日

by k2hair | 2018-03-29 06:56 | グルメ | Trackback | Comments(0)

鈴鹿峠から高畑山   

2018年 03月 27日
昔、東海道で箱根峠に次ぐ難所と言われた鈴鹿峠から西側の高畑山に登ってきました。
今回は、嫁さんも一緒ですのでマッタリ登山です。

国道1号線の鈴鹿トンネルの西側から旧東海道に入り、鈴鹿峠の近くに万人講灯籠 常夜燈という大きな石灯籠があります。
d0231858_17493839.jpg


すぐ近くにトイレと駐車場があります 場所はコチラ
d0231858_17525631.jpg


すぐ近くの鈴鹿峠
d0231858_17542582.jpg

d0231858_17552157.jpg


鈴鹿峠からお茶畑の横に高畑山方面に進む道があったので、それが登山道だと思ってそっちへ行っちゃいました。
d0231858_1813064.jpg


ところが、道が消えちゃいました。
きっとこの斜面を登りきったら登山道に出るはずだと思って登りました。
d0231858_187847.jpg


登山道に出ました
d0231858_187441.jpg


この辺は照葉樹林が多いです
d0231858_18101076.jpg


ところどころヤセ尾根があります
d0231858_1812208.jpg


1つ目のピーク
d0231858_18141393.jpg


ナイフエッジと呼ばれる難所
d0231858_1815925.jpg


登りきった所から見下ろす
d0231858_1816543.jpg


ナイフエッジは見た目は怖そうなのですが、トラロープがあってそれほどでもありませんでした。

「向こうに見えるのが山頂かな?」と思いきや、偽ピークでした。
d0231858_18211532.jpg


こんな歩きやすい所もあります
d0231858_18224117.jpg


いくつかのピークを越えてようやく山頂が見えました。
左のピークに登ってから右側の山頂へ続きます。
d0231858_18243848.jpg


手前に日本庭園っぽい所がありました
d0231858_18254440.jpg


最後に急斜面を登って、ようやく高畑山の山頂に付きました。
標高733mの低山ですが、360度遮るもののない山頂です。
d0231858_1829542.jpg


下に新名神高速が見えます
d0231858_18302250.jpg


北方に目をやると鈴鹿山脈
残念ながら春霞でハッキリ見えません。
d0231858_18355614.jpg


伊勢湾も霞んで見えません(泣)
d0231858_18382389.jpg


山を下りてから立ち寄る「やっぽんぽんの湯」があるダイヤモンド滋賀のゴルフ場とホテルが見えます。
d0231858_18405883.jpg


登山道ではアセビの花が咲いていました
d0231858_18421170.jpg


ヤブツバキも咲いていましたよ
d0231858_18434150.jpg


登りに登山口を間違えて、行きそびれた鏡岩に寄りました
d0231858_18454169.jpg

d0231858_1846278.jpg


国道1号線の三重県側が見えます
d0231858_18474119.jpg


本当の高畑山登山口に戻ってきました
d0231858_18484524.jpg


帰りは車で「やっぽんぽんの湯」に移動して汗を流しました。
温泉は、トロトロのいいお湯です。
d0231858_18501349.jpg


高畑山の山頂から見えていたやっぽんぽんの湯の隣のホテル
d0231858_18514817.jpg


高畑山の山頂は眺望もよく、変化に富んだ登山道もあり、なかなかいい山でした。

by k2hair | 2018-03-27 19:02 | | Trackback | Comments(0)

ダイアン東京へ! そしてあの人も・・・   

2018年 03月 25日
お笑いコンビのダイアンが東京へ進出することになりました
d0231858_11262191.jpg


ダイアンの有名なギャグ ゴイゴイス~! ポーズ
d0231858_11253033.jpg


あれっ、1人多いですね(^^)
もうひとりはインタビュアーで、おはよう関西のお天気キャスターの山神明里さんです
d0231858_1128945.jpg


ダイアンの2人は滋賀県愛荘町の出身で、西澤さんが八幡高校・津田さんが近江高校出身です。
d0231858_11391484.jpg


関西では絶大な人気の2人ですが、デビュー18年目にして初めての東京進出です。
東京に進出といっても、関西のレギュラー6本のうち、4本を残しての進出です。
ダイアンは、私の好きな番組の今ちゃんの「実は…」の準レギュラーなのですが、残って欲しいですね、どうなんでしょうか?

もうひとり、東京に進出する人が、ダイアンのインタビューをしていた「おはよう関西」のお天気キャスターの山神明里さんです。

香川県出身で、大学は京都女子大学そして東京で小学校の先生をされていたそうですが、関西に戻ってきて「おはよう関西」のお天気キャスターを2年間されました。

番組のお別れの挨拶では、涙をグッとこらえながらの挨拶でした
d0231858_11584492.jpg


4月からは、全国放送の「おはよう日本」のお天気キャスターを担当されます。

以前、このブログで「おはよう関西」のお天気お姉さんは出世するの法則 というのを書いたのですが、山神さんも東京放送局にヘッドハンティングされちゃいました。

山神さんは、「ぐるっと関西おひるまえ」という番組にも出演されていてせっかく番組になじんでおられたのにいなくなるのは淋しいですね(泣)

山神さん、東京でも頑張って下さい!

by k2hair | 2018-03-25 12:52 | テレビ | Trackback | Comments(0)

小平選手の強さの秘密は古武術にあった   

2018年 03月 23日
平昌オリンピック スピードスケート女子500mで金メダル・1000mで銀メダルを獲得した小平奈緒選手
d0231858_8441237.jpg


先週放送された、関西ローカル番組の「ちちんぷいぷい」で彼女の強さの秘密が紹介されていました。

彼女が公開したトレーニングでのこんなポーズを覚えていますか?
彼女は試合の前に、一本歯の下駄でかならずこのトレーニングをするそうです。
d0231858_8532887.jpg


写真左は小平選手のコーチの結城さん、右は結城コーチの大学院時代の後輩の高橋佳三さん
d0231858_90096.jpg


高橋さんはびわこ成蹊スポーツ大学の教授です。
「スポーツバイオメカニクス」と言って、スポーツの体の動きをデジタル化して最も効率のいい動作を追求するのが専門です。

さらに高橋先生は、古武術もされているのです
d0231858_91249100.jpg


先輩の結城コーチの招きで信州大学で古武術の講演を行った時に、小平選手が母校の信州大学に受講しにきていたのです。
その後、小平選手の依頼で指導するようになりました。

古武術の不思議な力を、西アナウンサーが体験しました。

まず、西アナが足を開いて立って、体の大きな高橋先生に横から押されると
d0231858_9195633.jpg


このように飛ばされてしまいます
d0231858_9211414.jpg


ところが高橋先生に「膝をあまり前に出さないままお尻を後ろに引いて立って下さい」と言われてそのようにすると・・・
d0231858_9232838.jpg


高橋先生が力いっぱい押しても耐えられるのです
d0231858_9242164.jpg


もう1つ
d0231858_9293552.jpg


普通にすると耐えられませんでしたが
d0231858_16392271.jpg


先生が押しても耐えられます。
この脱力からの「ひょい!」という動きがミソなのです。
d0231858_16403196.jpg


これには、西アナもビックリ!
d0231858_16414135.jpg


高橋先生曰く、古武術とは
d0231858_16435861.jpg

d0231858_1644397.jpg


小平選手のスタートのポーズを思い出して下さい
他の選手とは違って、無駄な力が入っていないポーズです。
d0231858_1649854.jpg


これは高橋先生がこうしろと言って始めたのではなく・・・
d0231858_1652842.jpg

d0231858_16531076.jpg

d0231858_16533965.jpg


高橋先生によると、小平さんは探究心が旺盛で、いろんな人のアドバイスを柔軟に取り入れ、「合うものは取り入れ、合わないものは捨てる」ということが明確にできているという事なのです。
そして、自分の道をとにかく貫く。
それが小平さんの強さの元なのだと高橋先生はおっしゃっていました。

古武術の動きは、昔の農民が鋤や鍬などの農機具を扱う動きがそのまま刀を振ることにつながった、無駄のない動作なのです。

床に力の伝わる足の備えや、「ひょい!」と腕を構えるなど、剣道に上手く取り入れて行けば、私ももっと上達できるのかも? しれません。

by k2hair | 2018-03-23 06:52 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

「麺屋すみか」の台湾混ぜそば   

2018年 03月 21日
1年ほど前に三重県いなべ市のラーメン屋さんの「麺屋すみか」に訪問し、「台湾混ぜそば」を初体験しました。
あまりの旨さに衝撃を受け、その後他の店でも「台湾混ぜそば」を食べてみたのですが、私個人的には「麺屋すみか」の「台湾まぜそば」が1番美味しいと思いました。
今回近くに立ち寄ったのでリピートしました。

台湾まぜそば 大盛り850円
ネギ・ニラ・水菜・サイコロチャーシュー・ミンチ肉・卵黄が乗っかっています
にんにくは好みの量で入れてもらえます
d0231858_11305749.jpg


しっかり混ぜまぜします、麺は結構太めのモッチリした麺です
d0231858_1136198.jpg


麺を食べ終わった後に。追い飯(無料)を入れます
d0231858_11394462.jpg


さらに混ぜると、「台湾混ぜめし」の出来上がりです。
これ、「台湾まぜそば」よりも美味しいかも?
d0231858_1140123.jpg


嫁さんは、タンタン麺 780円 をチョイス
d0231858_11464694.jpg

私は、スープだけいただきました。
やや細めの麺で、スープはゴマの香りが際立ち、魚介の風味がけっこうします。
タンタン麺にしては、それほど辛くなないです。

「麺屋すみか」の店はそれほど広くなく、まるで喫茶店のようなラーメン屋さんです。
大人気の店で、日曜日に訪問したのですが、車で1時間ほど待ちました。
駐車スペースに限りがあり、マスターのお父さんらしいおじさんが車を誘導してくれて、順番がきたら車まで呼びに来て下さいました。
d0231858_11545189.jpg


お店は小さいながらもメニューが豊富で、いろいろな種類のラーメンが味わえますよ。
ラーメンによっては「お茶漬け風」とか「チーズリゾット風」とかラーメンのシメも色々あって、マスターは研究熱心な方ですね。

    コチラのブログにマスターのこだわりが書いてあります

4月から営業時間を変更され、値上げをされて、メニューもリニューアルするようですので、ブログで詳細をチェックして下さい。

麺屋すみか
三重県いなべ市員弁町楚原868−6 場所はコチラ
営業時間 11:15~14:00(L.O)   18:00~22:00(L.O) 
                  ※4月から夜の部 21:30(L.O)
定休日:火曜日の夜の部 水曜日

by k2hair | 2018-03-21 07:30 | ラーメン | Trackback | Comments(0)

阿下喜(あげき)温泉   

2018年 03月 20日
「いなべ梅まつり」の帰りに、近くの阿下喜(あげき)温泉 に寄ってきました
d0231858_7134638.jpg


撮影禁止なので浴室の写真は、HPから転用しました(画像が荒いです)

男湯の内湯
d0231858_11174253.jpg


男湯の露天風呂(テレビ付き)
d0231858_11192133.jpg


女湯の内湯
d0231858_11195383.jpg


女湯の露天風呂(テレビ付き)
d0231858_11203627.jpg


もしかしたら、男湯と女湯は週によって入れ替え制なのかもしれません。

他に定員5名の狭いサウナや15.7度とめっちゃ冷たい水風呂もありました。

温泉はアルカリ性単純泉です。
アルカリ性のお湯ということで、ツルツルスベスベを期待しましたが、私にはあまり感じられませんでした。
そのかわり良く温まるお湯でしたよ。
加温して循環しているようですが、内湯の温泉浴槽はかけ流しです。
毎日お湯を落とし、張りかえている清潔な温泉です。

広い休憩場
d0231858_15364795.jpg


食事スペースもあります
d0231858_15403593.jpg


いなべ梅まつりの帰りのお客さんが多かったからか、男湯はめっちゃ混んでました。
嫁さんは「女湯はすいていた」と言ってました。

館内にはトレーニングルームもあり、地元で愛されている施設なのだと感じました。

阿下喜温泉
三重県いなべ市北勢町阿下喜788  場所はコチラ
TEL 0594-82-1126
入浴料 平日 550円    土日祝 650円
【営業時間】11:00〜21:00(最終受付20:30)
【休業日】毎週木曜日(祝日の場合は翌平日)・12月31日・1月1日

by k2hair | 2018-03-20 07:15 | 温泉 | Trackback | Comments(0)

いなべ梅まつり に行ってきました   

2018年 03月 19日
d0231858_8443829.jpg


三重県の最北部にある、いなべ市農業公園内の梅林公園で行われている「いなべ梅まつり」に行ってきました。

3月1日に発売の週刊誌「女性セブン」に紹介されていました。
いなべ市農業公園内の梅林公園には、東海エリア最大級の100種類4,000本もの梅が広大な敷地に植えられています。

うちの店の定休日である第3日曜日の3月18日に訪問しました。
午後3時過ぎの時点で、あと5kmちょいで着くところで大渋滞にハマってしまいました。
このままでは閉園までにたどり着けないと思って、Uターンして遠回りして県道157号線から県道606号線を通って行ったら全く渋滞していませんでした(^^)

伊勢志摩から3時間かけて来たというおっちゃんは「残り5kmで4時間渋滞して、7時間かかったわ~」と嘆いていました。
前日に三重県の新聞に「いなべ梅まつり」のことが載ったそうです。
どうりでめっちゃ混んでいたのですね(泣)

駐車場はめっちゃ広いです。
鈴鹿山脈にある「花の百名山」に選定された藤原岳が見えます
d0231858_9484535.jpg


では、素晴らしい梅園の写真をご覧下さい
d0231858_1003959.jpg

d0231858_1011566.jpg

d0231858_1013252.jpg

d0231858_102671.jpg

d0231858_1025945.jpg

d0231858_1032461.jpg

d0231858_1034967.jpg

d0231858_1044266.jpg

d0231858_1052916.jpg

d0231858_1055433.jpg

d0231858_106169.jpg

d0231858_1063682.jpg

d0231858_1065530.jpg

d0231858_1074259.jpg

d0231858_108782.jpg

d0231858_1083066.jpg

d0231858_1085331.jpg

d0231858_1091296.jpg

d0231858_1093187.jpg

d0231858_1095491.jpg


食べ物コーナーもありました
d0231858_1011568.jpg

d0231858_10113532.jpg


大道芸もやってました
d0231858_10122593.jpg


凄い人出で、女性用のトイレは大渋滞でした。
人は多かったのですが、敷地がめっちゃ広いので梅園では混み合ってはいませんでしたよ。

苗木の販売もあって、1本買ってきました。

いろんな種類の梅があったので、満開のものやこれから咲くものもあり、まだしばらくは楽しめそうですよ。
また、行きたいと嫁さんも言ってました。

いなべ市農業公園 
三重県いなべ市藤原町鼎717番地   場所はコチラ
開催期間:2018年2月下旬~2018年3月下旬
開花状況問い合わせ TEL 0594-46-8377
料金:梅まつり開催時 大人500円(中学生以上)
開園時間 8:30~16:00

by k2hair | 2018-03-19 10:55 | | Trackback | Comments(0)

バーデあざい   

2018年 03月 16日
滋賀県長浜市の旧浅井(あざい)町に「健康パークあざい」という大きな建物があります
d0231858_10574378.jpg


その左側に「バーデあざい」という温浴施設があります
d0231858_10584621.jpg


私は、この近くの金糞岳によく登るのですが、帰りに「バーデあざい」で汗を流して帰る事があります。
温泉ではないのですが、丸い陶器でできた炭酸風呂が大好きなんです。
d0231858_1135628.jpg

最初はぬるく感じるのですが、この浴槽にじっくり浸かっていると体中に細かい泡が付着して全身泡だらけになります。
ぬるいので長湯できますが、以外にもけっこう温まるのです。
疲れが取れるので、登山の帰りに体をほぐすのにはもってこいです。

内風呂には天然鉱石風呂
d0231858_11135120.jpg


遠赤外線サウナ
電気ストーブで50~60℃に温めたぬるいサウナです(老人向き?)
d0231858_11155017.jpg


ソフトフィーリングサウナ
ソフトと謳ってますが、90~95℃の普通のサウナでした
d0231858_1118829.jpg


水風呂
おそらく地下水を使っていると思うのですが、雪解けの季節のせいか水がメチャクチャ冷たかったです
d0231858_1119598.jpg


屋外の露天風呂にはヨモギの薬草湯やワインの湯などの替わり湯があります。
私が行った日は、紫色をしたワイン風呂でした。
露天風呂には目隠しがしてあって、空しか見えないのが残念ですが・・・
d0231858_1110397.jpg


以前は浅井町が経営していたのですが、今は長浜市に編入されて長浜市が経営しています。

前は「バーデあざい」によく行っていたのですが、今回久しぶりに行きました。
その頃、私のお気に入りの食堂が併設されていたので、そちらも一緒によく利用していました。
浅井町が長浜市に編入されて、館内の食堂が閉店してしまったのです。
その後、近くに新しく「あねがわ温泉」ができたので、そちらによく行ってました。

「あねがわ温泉」や草津市の「水春」にも炭酸風呂がありますが、「バーデあざい」がおそらく滋賀県で1番最初に炭酸風呂を始めた温浴施設だと思います。
「バーデあざい」は、国道から6kmも山奥に入ったちょっと不便なところにあります。
滋賀県で1番人気の「あねがわ温泉」が近くにできたため、「バーデあざい」はすいているのです。

「バーデあざい」は、すいていてのんびりと入れるので、それも魅力だと思います。
長浜市営なので、入浴料が550円と安いのも魅力ですね。

今は、以前食堂があった場所に「お食事処八兆」というお店ができていました。
私が訪問した時は、昼営業と夜営業の間の休憩中だったのですが、なかなか美味しそうなお店でしたよ。

バーデあざい
滋賀県長浜市野瀬町828  場所はコチラ
Tel 0749-76-1126
大人 550円
【営業時間】3~12月/10:00~21:30(受付終了21:00)
1~2月/10:00~21:00(受付終了20:30
【休館日】 毎週火曜日(祝日の場合は営業)


お食事処 八兆
平 日 11:00~14:30 (LO14:00) 17:00~20:00 (LO19:30)
土日祝 11:00~20:30 (LO20:00)

by k2hair | 2018-03-16 00:05 | 温泉 | Trackback | Comments(0)

雪の金糞岳のドローン映像   

2018年 03月 14日
d0231858_14402257.jpg


私が先日登った金糞岳(標高1317m滋賀県2番目)の花房尾根を積雪期にドローンで撮影した動画がYoutubeにアップされています。

私は、積雪期の金糞岳には登ったことがあるのですが、この動画とは別の中津尾根コースからだったのです。
積雪期の花房尾根には前々から行きたかったのですが、先日この動画を見つけてどうしてもこの美しい景色を自分の目で見たくなって登ってきました。

滋賀県高島市在住の平井正実さんが昨年の3月12日に撮影された 4分39秒の素晴らしい動画です。
ぜひご覧になって下さい。




今年の3月12日に私が金糞岳をこの花房コースから登って、中津尾根コースで下山したレポートはコチラにありますので、合わせてご覧下さい。

by k2hair | 2018-03-14 15:04 | | Trackback | Comments(0)

美しき純白の金糞岳   

2018年 03月 13日
私の大好きな滋賀県で2番目に高い山の金糞岳(1317m)には、白倉岳(1270m)を経由して登る花房コースと、従来の中津尾根コースの2つの登山道があります。
d0231858_12142336.jpg


昨年の無雪期にこの2つのルートをつないで周回したのですが、中津尾根コースが林道と交差する所に自転車をデポしておいて、下りのルートの半分を自転車で下るという反則技で下りたのです。

積雪期に金糞岳に登ったことは2回あるのですが、2回とも鳥越林道がある程度除雪してある時に車で上がって、途中から歩いて登ったのです。

3月12日(月)、積雪期に両ルートを完全周回をしてみようと思いチャレンジをしました。

長浜市の旧浅井町にある、冬季閉鎖中の高山キャンプ場のそばに駐車しました
d0231858_1327817.jpg


絶対に会いたくないです
d0231858_13281855.jpg


キャンプ場の奥に花房コースの登山口があります
d0231858_1330359.jpg



しばらく登ると雪が出てきます。
このへんで軽アイゼンを装着しました。
d0231858_13305247.jpg


ミズナラの根本の雪が溶けて根開きしています。
夏道は雪の下で、どこでも歩けます。
d0231858_13333122.jpg


かなり登って稜線に出ました
d0231858_13411783.jpg


谷をはさんで中津尾根が見えてきました。
下の方に林道も見えます。
d0231858_13401131.jpg


奥山という花房尾根の小ピーク
d0231858_13433685.jpg


ドドーンと金糞岳(右)と白倉岳(中央)が見えてきました。
美しいです。
d0231858_1405512.jpg


右の雪庇に近づきすぎると崩れる恐れがあるので左よりを歩きます
d0231858_146851.jpg


近づいてきました
d0231858_148259.jpg


雪の白と空の紺碧色のコントラストが美しい
d0231858_1410348.jpg


琵琶湖に竹生島が浮かんでいますが、判るかな~
d0231858_14124538.jpg


登って来た花房尾根をふり返る
d0231858_14133567.jpg


美しい福井と岐阜の越美国境の稜線の山々
d0231858_14164563.jpg


この辺が白倉岳の山頂です。
山頂のプレートは雪のはるか下に埋まってます。
d0231858_1418559.jpg


雪と風の共同作品の雪紋(シュカブラ)
d0231858_14203947.jpg

d0231858_14205730.jpg


狭いです、落ちたらたぶん・・・
d0231858_14235762.jpg


ここが白倉岳の最高地点。
山頂より1m標高が高いです。
d0231858_14263618.jpg


奥に見えるのが加賀の白山、手前の鋭鋒は岐阜の蕎麦粒山
d0231858_14285671.jpg


金糞岳、左に北尾根がつながっています
d0231858_1431155.jpg


白倉峠に向けて下ります。
めっちゃ急で落ちたら止まらないと思います
d0231858_14333783.jpg

d0231858_1433582.jpg


下りてきた白倉岳の急斜面を見上げる
d0231858_1440910.jpg


白倉峠では、雪庇が割れて口を開けています
d0231858_14384170.jpg


3mぐらいの厚みがある雪庇
d0231858_14421752.jpg


歩いてきた花房尾根
d0231858_1443469.jpg


今下りてきた白倉岳、格好いいです
d0231858_14453324.jpg


金糞岳への登りの広~い斜面
d0231858_14472541.jpg


山頂到着
d0231858_14485055.jpg


白倉岳よりも高いです。
左に琵琶湖が見えます。
d0231858_14533052.jpg


ソフトボールもできそうな、広~い金糞岳の山頂
でも、本当はこの雪の下に背丈以上の笹薮が埋まっているのです。
d0231858_1523099.jpg


木曽の御嶽山が見えます
d0231858_14571128.jpg


右に乗鞍岳と左奥に穂高連峰(たぶん)
d0231858_14591245.jpg


白山アップ
d0231858_150209.jpg


奥伊吹スキー場、最近行ってないな~
d0231858_1584616.jpg


中津尾根コースを下りていきます
正面に伊吹山が見えます
d0231858_15202966.jpg


こちらのコースは花房コースと逆で、左側に雪庇ができます。
雪庇が割れています。
d0231858_1522574.jpg


結構急な下りです。
この季節に2回このコースを登ってますが、この登りはキツイんですよ。
d0231858_15251495.jpg


下りてきた急斜面
d0231858_15273633.jpg


滋賀県立大学の観察用のやぐら
d0231858_15334441.jpg


小朝の頭(左)と大朝の頭(右)
何故か小朝のほうがデカイんです。
せっかく下ってきたのですが、またあそこまで登り返すのです。
d0231858_15355835.jpg


鳥越林道から金糞岳に登る最短コースが、この大きな木の所から左にあるのですが、今は雪に埋もれていて全く分かりません。
d0231858_1540286.jpg


大朝の頭から小朝の頭を見上げる
d0231858_15423834.jpg


小朝の頭に登ってきました。
積雪で小朝の頭の表示がめっちゃ下にあります。
この標高は間違いで、正しくは1122mです。
d0231858_15483967.jpg


小朝の頭から、登って来た金糞岳(右)と白倉岳(左)をふり返る
d0231858_15503239.jpg


左奥に伊吹山が大きく見えてきました
d0231858_15524264.jpg


奥伊吹スキー場
d0231858_1554149.jpg


ブナに寄生したヤドリギ
d0231858_155786.jpg


林道に出ました(連状口)
登山道は、林道を横切り直進します
d0231858_15594989.jpg


右に朝に通ってきた花房尾根が見えます
d0231858_1612930.jpg


ここから下の部分の中津尾根を通るのは初めてです
d0231858_16134269.jpg


こんな感じです
d0231858_16151161.jpg


またまた林道に出ました(小森口)
d0231858_16193439.jpg


林道を左に少し下ると右側に登山道があります
d0231858_16221929.jpg


ズンズン下りていくと川が見えました
d0231858_16235953.jpg


堰堤があります。
この先の下流に橋があるのですが、その間道が分かりにくいです。
d0231858_16261327.jpg


頼り無さそうな橋ですが大丈夫でした。
橋を渡った時に、片足の軽アイゼンを失くしていた事に気が付きました(泣)
d0231858_1629389.jpg


狭い林道を下りていきます。
ボコボコの雪でめっちゃ歩きにくいです。
d0231858_16313226.jpg


林道がえぐれています。
車はムリですが、人は通れます。
d0231858_1633356.jpg


日陰にはまだ雪が残っています
d0231858_16342429.jpg


ようやく建物が見えてきました
d0231858_16383321.jpg


歩きにくい林道を3.1km歩いて、ようやく出発地の高山キャンプ場に帰ってきました。
d0231858_1655492.jpg


ワカンは持っていったのですが、雪がしまっていて使わなくても大丈夫でした。
白倉岳から白倉峠への下りは急なので、アイゼン又は軽アイゼンは持っていったほうがいいです

前から挑戦してみたかった花房コースと中津尾根の完全周回を積雪期に成し遂げることができました。
累積標高差1600m、距離17.38kmも歩いて、めっちゃ疲れているはずですが、達成感でいっぱいでした。
滋賀にもホンマに素晴らしい山があるんだという事を再認識しました。

今回は絶好の天気に恵まれて、白山・御岳山・乗鞍岳などの展望にも恵まれました。
長年山に登ってきましたが、過去ベスト3に入るぐらいの大展望に恵まれました。
山行中は誰にも会わず、素晴らしい景色を贅沢にも独り占めでした。
もう、大・大・大満足でした(^^)

by k2hair | 2018-03-13 17:46 | | Trackback | Comments(2)