カテゴリ:剣道( 223 )   

チャンカワイ 剣道範士八段にボコボコにされる   

2018年 02月 23日
2月21日(水)に放送された「マツコ&有吉 かりそめ天国」でチャンカワイの願望を叶えるというコーナーがありました。
チャンの願いは「剣道八段の達人から1本取りたい!」という事
d0231858_1317369.jpg


チャンカワイは高校時代三重県のベスト8に入るぐらい剣道漬けの毎日だったそうです
d0231858_13183714.jpg


チャンの相手は、林邦夫先生(73歳) 範士八段という剣道界の最高権威のレジェンドです
d0231858_13225256.jpg

d0231858_1323874.jpg


剣道の八段がどれだけ凄いかというと、全く剣道を休まずに修行してすべての審査に一発合格したとしても、八段に合格するまで31年間も要するという遠い道のりなのです。
d0231858_1327052.jpg


しかも八段審査は合格率約0.5%という超難関の審査なのです。
200人受審して1人が合格するという確率です。
林先生はなんとこの審査を一発合格するという奇跡のような方です。
d0231858_13292673.jpg


ルールは3分間1本勝負で、チャンが1本を取れるまで何試合でもされます
d0231858_13305422.jpg


いざ勝負!
d0231858_13312990.jpg


あっけなく負けるチャンは・・・
d0231858_13332056.jpg


先生は余裕の表情
d0231858_13341748.jpg


チャンが負け続け、7試合目に先生まさかの「突き」
実は林先生の得意技は「突き」なのです。
d0231858_1335529.jpg


チャンに恐怖心が芽生えます。
8試合目も「突き」
d0231858_13372076.jpg


10試合目も「突き」
d0231858_13381053.jpg


「突き」以外にも強烈な「小手」を何本も打たれました。
チャンの右手首がみるみる腫れてきます。
d0231858_13393853.jpg


休憩中の先生を見て
d0231858_13405928.jpg

d0231858_13413737.jpg


泣きが入ります
d0231858_13422998.jpg


あえなく降参、チャンカワイの願いは砕け散ったのでした(笑)
d0231858_13433859.jpg


剣道八段の凄さをあらためて知らされましたm(_ _)m

by k2hair | 2018-02-23 13:49 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

剣道講習会   

2018年 02月 19日
昨日は、第3日曜日でお休みをいただいておりました。

昨日、草津武道館で剣道六・七・八段受審者講習会を受けてきました。
剣道の最高段位である八段の先生方が4人も来てくださり指導をしていただきました。

前半は日本剣道形を稽古し、模擬審査をしました。
いっぱいダメ出しをいただきました。
普段は剣道形の稽古をしないのでホンマに冷や汗ものでした。

後半は八段のW本先生・S松先生・K屋先生のそれぞれの先生の前で、3回の模擬審査をしました。
八段の先生に直接稽古をつけていただく機会もめったにないのですが、細かく指導をしていただく事などまずないので、本当に貴重な機会でした。
今まで自分で気がつかなかったクセも指摘していただき、目から鱗が落ちました。

先生方は、滋賀県から一人でも多くの六・七・八段の合格者が出るようにと細かく指導をして下さいました。
本当にありがとうございましたm(_ _)m

私は、昨年の秋に六段審査を初めて受審して撃沈しました。
今年の春に審査会があるのですが、お店の定休日と審査日が一致せす受審できません。
私が受けられる審査会は、11月まで待たないといけないのです(泣)

私の審査はまだ9ヶ月も先のことですので、今回の剣道六・七・八段受審者講習会で学んだ事を忘れないように今後の剣道に生かしていきたいです。

by k2hair | 2018-02-19 09:24 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

稽古納めと新春稽古会   

2018年 01月 03日
大晦日から1月3日まで、4連休を頂いておりました。

大晦日は、近江八幡市内の八幡工業高校の稽古納めに参加してきました。
この稽古会は、おそらく滋賀県内で1番大勢の剣士が集まる稽古会ではないかと思います。

近江八幡市内だけではなく、近隣の市町から多くの方が稽古に来られていました。
滋賀県出身で、県外の大学や高校に進学した学生さんも大勢集まっていました。

3日は、東近江市剣道連盟の新春稽古会に参加してきました。

毎年両方の稽古会に参加しているのですが、どちらの稽古会も普段稽古していない先生方と稽古できるので楽しみにしております。

ホンマに凄い先生方を稽古すると、自分の不甲斐なさを実感いたします。

今日は、滋賀県の剣道界のレジェンドのI木先生(八段)と稽古できました。
I木先生は、けっこうなお年なのですが、ホンマに強いしタフで若々しい剣道をされます。
稽古の後で、お褒めの言葉をいただきオッサンの私でも嬉しかったです。

稽古会では、いろいろな先生の稽古を見ているだけでも勉強になるのです。
目からウロコがポロポロ落ちました。

多くの先生方と稽古できたことを今後の剣道に活かしたいと思います。

by k2hair | 2018-01-03 22:03 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

初めての全国審査   

2017年 11月 20日
第3日曜日の昨日は、定休日でした。
名古屋で剣道の六段審査を受けてきました
d0231858_7583557.jpg

                          全日本剣道連盟の写真より


剣道の段審査というのは毎年受審できるわけではないのです。
初段に受かった後、1年経つと二段を受審できます。
二段に受かった後、2年経つと三段を受審できます。

そんなわけで、私は5年前に滋賀県で剣道五段に合格したのですが、5年経ってやっと六段を受審できるようになりました。

八段審査だけは特別で、七段に合格してから10年経たないと受審できないのです。
しかも合格率は0.5%の超狭き門なのです(驚)

五段までは各都道府県での審査なのですが、六段から八段までは全国審査となり、東京・京都・名古屋で開催されます。
夏にはその他の地域でも開催されます。
今年は、長野と福岡で開催されました。

昨日の名古屋での六段審査は、受審者数1,050名、合格者数:251名で、合格率:23.9%でした。
で、私は落ちました(泣)
もちろん、一生懸命稽古してきたつもりですし、1回で受かるつもりだったのですが・・・

審査では、2人の方と1分間の立ち会いをします。(試合ではありません)

言い訳がましいのですが、1人目の方との立ち会いが全然かみ合いませんでした。
私は、背が高い方なので面にこだわってやったのですが、お相手の方は、小手や胴ばかり打ってこられて、我慢できなくて私が面を打った所を胴に返されました。
この立ち会いで「あぁ~」という思いのまま、すぐ続けて2人目の立ち会いです。

初太刀で相手の方がまた小手を打って来られました。
これは防ぎ、その後私の面がきれいに入り、その後私の面返し胴も決まりました。
1人目が悪かったのでさらにもっと挽回しようと、もっと面をとろうと打った所で、また胴に返されてしまいました(泣)

1分の立ち会いというのは本当に短いです。
それを意識しすぎて慌ててしまったのが敗因でした。
時間が短いからこそ、気を溜めて渾身の技を出さなければいけませんでした。

六段審査は年に3回受ける事ができます。
私は第3日曜日しか土日の休みがないので、休みに合わず年に1回ぐらいしか審査を受けられないのです。

来年の審査日がいつなのかまだ発表されてませんが、それまではまた修行です。

by k2hair | 2017-11-20 09:00 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

憧れの大先輩との決勝戦対決   

2017年 11月 04日
昨日、東京の日本武道館で行われた第65回全日本剣道選手権大会は、熊本県警の西村英久選手(28歳)が優勝し、一昨年の63回大会に引き続き、2回目の優勝をしました。
d0231858_13383959.jpg


決勝戦の相手は、警視庁の内村良一選手(37歳)
内村選手は全日本選手権で歴代2位タイの3度も優勝している剣道界のレジェンドです。

西村選手と内村選手は、2人とも剣道の強豪校で知られる熊本県の九州学院高校のOBなのです。

決勝戦


試合開始直後の初太刀でいきなり西村選手が小手を先取、そして6分30秒に再び鋭い小手で見事に2本勝ちしました。

この2人、同門ですが9学年も離れているので初対戦かと思いきや、3年前の第62回全日本都道府県対抗剣道優勝大会の準決勝で東京対熊本戦の5将戦で対戦していたのです。


この試合も開始直後に西村選手が鮮やかな飛び込み面を決め、その後ツキを決めて2本勝ちしました。
打突部位こそ違いますが、全日本剣道選手権の決勝戦と同じような試合展開でした。

同門対決ですと、年下の方が上の人に挑戦する気持ちでいけるので、思い切った技が出せるのでしょうね。
レジェンドと言えども、上の立場の内村選手はちょっとやりにくかったのかもしれませんね。

全日本剣道選手権の決勝の試合後の西村選手は、
「九州学院高校の憧れの大先輩と決勝で対戦できて、楽しかったです。胸を借りるつもりでやりました。
自分の今までやってきたものを全て出し切れば結果が付いてくると思い、この大舞台で勝てたことを嬉しく思います。」
と、剣道界のレジェンドの先輩を破っての優勝は感慨深いものがあったのだと思います。

大学生で唯一ベスト8に入った鹿屋体育大学の真田裕行選手も九州学院高校のOBです。
全日本剣道選手権のベスト8に3人も選手を輩出した九州学院高校剣道部も凄いですね。

内村選手は昨年はこの大会の出場を逃し、2年ぶりの出場の今回は、相当期するものがあったと思われます。
今回、初めて母校の九州学院高校の米田監督に付き添いを依頼したそうです。
決勝で勝利した教え子の西村選手に、米田監督も笑顔で握手をしていました。

内村選手は、昨年警視庁の剣道特練員を引退し、今は指導する立場になり、稽古時間が半分以下になったそうです。
それでも、気迫あふれる戦いぶりで、準々決勝、準決勝と連続で逆転勝ちをして決勝まで上がってきました。

内村選手が2回戦の延長で放った逆胴は、ホンマに凄かったです。
このビデオの4:06あたりを見て下さい。


もしも試合が竹刀での戦いではなく、真剣での戦いだったとしたら、この大会で内村選手が1番強かったと思います。
37歳にしてもなお、すべてを捨てきった思い切った打ちができるのは本当に素晴らしい事だと思います。

内村選手の技術を真似することは凄すぎてできませんが、あの捨てきった気迫あふれる打ちは見習いたいものです。

by k2hair | 2017-11-04 20:22 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

第47回びわこ少年剣道錬成大会のテレビ放送   

2017年 09月 22日
2017年8月27日(日)に彦根市民体育センターで行われた、第47回びわこ少年剣道錬成大会のテレビ放送があります。


 9月24日(日) 18時30分~19時
 びわ湖放送にて(滋賀県のみ)


     詳しい大会結果は、コチラに載っております


再放送もあります
9月30日(土) 15時00分~(予定)

by k2hair | 2017-09-22 07:46 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

だいこんに花が咲いた   

2017年 08月 13日
d0231858_1433622.jpg

8月9日から12日まで、平成29年インターハイ剣道大会が宮城県仙台市で開催されました

結果
男子団体戦
優勝 高千穂(宮崎) 準優勝 島原(長崎)  3位 佐野日大(栃木)・本庄第一(埼玉)

女子団戦戦
優勝 中村学園女子(福岡) 準優勝 守谷(茨城)  3位 帝京第五(愛媛)・和歌山東(和歌山)

男子個人戦
優勝 岩切(九州学院・熊本) 準優勝 大平(佐野日大・栃木)  3位 藤本(玉島・岡山)・長尾(九州学院・熊本)

女子個人戦
優勝 妹尾(中村学園女子・福岡)  準優勝 安田(帝京第五・4愛媛)  3位 井手(国士舘・東京)・橋本(日吉ヶ丘・京都)

注目は男子団体戦の熊本県の九州学院高校で、優勝すれば大会5連覇だったのですが、ベスト8をかけた対戦で水戸葵陵高校に破れ、ベスト16に終わる波乱がありました。

男子団体戦で優勝したのは、宮崎県の高千穂高校で平成3年以来26年ぶりの3回目の優勝でした。

その決勝の前々日の男子個人4回戦で、高千穂高校の林拓郎君と九州学院高校の岩切勇磨君の試合があり1時間に及ぶ延長でも決着が着かず、過去前例のない引き分け再試合が次の日に行われました。

その再試合は高千穂・林君の思い切った逆胴が決まったように見えましたが認められず、その直後の岩切君の面に審判の旗2本が上がり勝負あり。

ビデオで見ると、岩切君の面は当たっていないように私には見えました。

2日間で1時間以上に及ぶ熱戦がこの判定では林君には気の毒でした。

結局この試合で勝利した九州学院高校の岩切君が、男子個人戦で優勝しました。

高千穂高校のメンバーには、林君の個人戦の悔しさを団体戦で晴らすという強い思いがあったのかもしれません。

今を溯ること31年前の昭和61年、故吉本政美先生の指導の元、高千穂高校は初優勝を史上初めて男女アベックで達成するという快挙を成し遂げました。
当時の高千穂高校剣道部を撮影したドキュメンタリー番組の「だいこんに花が咲いた」というビデオがあります。
今だけの期間限定の公開の貴重な映像です。
めっちゃ感動するビデオですので、ぜひご覧下さい。

吉本政美先生は、平成11年にわずか50歳で膵臓がんで亡くなられました。

うちの店のお客様で高千穂高校の出身の方がおられ、吉本先生の熱血ぶりはよく知っておられました。(剣道部ではありません)

今回の26年ぶりのの優勝を、亡くなられた吉本先生も草葉の陰で喜んでおられることでしょう。

by k2hair | 2017-08-13 14:48 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

全国初! 警察官の剣道女子団体戦   

2017年 07月 22日
大阪府警では、人員の約1割の女性警察官がいるそうです。

女性警察官が凶悪な犯罪の現場などにも参加し活躍していることで、犯罪現場での対応力を高めるために、先日、大阪府警が、全国の警察で初めてとなる剣道の女性の団体戦を開催したことを、昨日のお昼のニュースで報道してました。
d0231858_634016.jpg


映像から判断して、おそらく各署ごとの団体戦が行われたのだと思います
d0231858_645127.jpg

d0231858_6452311.jpg


大阪府警察本部教養課の佐々木良幸調査官のインタビュー
d0231858_742888.jpg


全日本女子剣道選手権では、大阪府警の山本真理子選手が平成24年・25年と連覇し、その後もすべてベスト4以上と、大阪府警の選手が毎年活躍しています。

大阪府警では、この10年でおよそ700人も女性警察官が増えたということです。

ただ、大阪府はひったくり・強制わいせつ・放火の件数が全国最悪で、犯罪検挙率も全国ワースト1と悲しい現状なのです。
剣道を通じて強い女性警察官が増えて、今後大阪の犯罪が減るといいですね。

by k2hair | 2017-07-22 07:22 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

高校生来たる!   

2017年 06月 10日
昨日の夜、道場出身の高校生生5人が少年剣道のあとの一般稽古に来てくれました。

毎年、インターハイ予選が終わった時期に高校生が道場の一般稽古に来てくれます。
今年は、3年生の男子4名・女子1名が参加しました。

高校生と久しぶりに会うと、背がめっちゃ大きくなっていてびっくりします。
みんな、小学生の頃から稽古を見てきましたが、ずいぶん強くなっています。
稽古でも、まったく気を抜くことができません。

昨日は、3人の高校生と稽古できました。
疲れましたが楽しかったです。

残念ながら昨日来た5人共、今年は目標にしていたインターハイに出場することはできませんでした。
しかし、4人は近畿大会に出場します。

インターハイの予選とは、ある意味残酷な大会です。
上位を目指す多くの選手がインターハイ出場を目指すのですが、出場できるのは男女それぞれ団体が1チーム、個人が1位と2位の2人だけなのです。

昨日来てくれた4人には、インターハイに出場できなかった悔しさをバネに近畿大会での大活躍を期待します。

追伸 :道場出身で、静岡県の磐田東高校に進学した2年生の辻井茉里さんは、靜岡県のインターハイ女子個人戦で見事優勝し、8月に宮城県仙台市で開催されるインターハイ剣道競技大会への出場を決めました。

辻井茉莉里さん、全国制覇目指してガンバレ!
牛タン定食、食べられるよ!

by k2hair | 2017-06-10 07:40 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

素晴らしい!出稽古生   

2017年 05月 28日
先日の稽古に近隣の道場の小学校1年生の女の子のTさんが出稽古に来てくれました。
道場連盟の大会でうちの道場の子が個人戦で入賞した試合を観て、一緒に稽古をしてみたいと来てくれました。

小学校1年生といえば、ついこの前に学校に入ったばかりじゃないですか。
しかし、このTさんがホンマに凄いんですよ。

Tさんには、防具を付けている低学年のグループに入って稽古をしてもらいました。

Tさん、発声がうちの道場の子の誰よりも大きい。
道場では「大きな声を出しなさい!」と、毎回言っている事ですが、Tさんはその意識が高いのでしょうね。

●礼法がちゃんとできている。
礼の最初と最後で「お願いします」「ありがとうございました」と大きな声で言えている。

●返事が素晴らしい!
稽古の途中でアドバイスをするのですが、それに対して「ハイ!」と大きな声で返事ができる。

●打ちが、キレイ!
基本がしっかりしていて、日頃よく稽古しているのだなと感じました。

Tさん、ホンマに素晴らしかったです。
将来、凄い女流剣士になる予感がします。

素晴らしい稽古をするTさんにうちの道場の子も刺激を受けたと思います。
というか、あんな凄い子の稽古を見て、何かを感じ取ってもらわないと困るのですが・・・

次回の稽古で、みんなの意識が変わっていることを大いに期待しましょう。

by k2hair | 2017-05-28 07:25 | 剣道 | Trackback | Comments(0)