人気ブログランキング |

カテゴリ:コラム( 40 )   

古い車に乗るのは地球に悪いのか?   

2019年 04月 08日
我が家は2台の古い車を所有しております

奥にあるのが、13年前の排気量1500~2000cc の日産セレナ
手前が、16年前の排気量1000~1500cc のホンダフィット
d0231858_113570.jpg


どちらも13年以上も経過した古い車ですが、2台とも走行距離が80000kmほどでそれほどの距離は乗ってません。

セレナは主にお客様の送迎などのチョイ乗りに使ってます。

フィットは元々父が乗っていた車です。
高齢の父が免許を返上したのですが、もったいないので今は私が登山などのお出かけ用に使っています。

この初代フィットは16年以上も前の古い車なのですが、意外なことに燃費がめっちゃいいんです。
ハイブリットカーでもないのにリッター当たり19~20kmも走るのです。
それでもって、走りもなかなか活発です。


さて、ここからが本題なのですが日本では古い車ほど税金が高いのです。
毎年春に払う自動車税は、フィットのクラスの1000~1500cc の車では、新車から13年経過するまでは毎年34500円です。

ところが、13年以上経過すると39600円となり15%も上乗せされるのです。
これは13年以下の1500~2000cc のクラスの車よりも高いのです(驚)

新車購入時や車検の時に徴収される重量税も13年までは2年分で16400円、13年を超えると22800円、18年を超えると25200円にまで跳ね上がります。

日本ではエコカー減税制度があって、電気自動車やハイブリッドカーなどのエコカーの自動車税は一定期間減税されます。

減税すると国の税収が減ります。
では、どこから税金を取るか?
手っ取り早いのが、古い車の所有者から取る。
それが日本の自動車税制の現状です。

確かに、かなり古い車の中には燃費がめっちゃ悪い車もあります。

旧車マニアの方たちは、古くても愛車を大事に所有されておられます。
旧車はあまり距離を走るわけではないので、CO2の排出量もそれほどでもないはずです。

では、新車に買い換えることは本当にエコなのか?
3月20日の京都新聞の記事に九州大の加河茂美教授の見解が載ってました。

(以下引用)
 加河教授の推計では、一般的な普通乗用車1台の製造過程で約6・5トンのCO2が排出され、ハイブリッド車や電気自動車では、さらに多くのCO2が排出されるという。
一方、ガソリン1リットルで15キロ走る乗用車が排出するCO2は、1年間で2トン程度で、13年間乗ると約26トンが排出される。仮に燃費が10%向上した新車に乗り換えたとしても、年間で約0・2トン、13年乗り続けても2・6トンしか削減できず、削減量が製造時の排出量を上回ることは非常に困難だと分析。
 「大量生産、大量消費を繰り返すより、旧車を乗り続ける方が環境にはずっといい」と指摘する。


つまり加河教授の見解によると、エコカーに乗り換えたとしてもそのCO2削減量が新車製造過程のCO2排出量に到達するまでには32年以上の年月がかかるという事です。
32年以上同じ車に乗る事は普通はありえない事です。
という事は、できるだけ古い車に長く乗り続ける方が地球の環境には優しいという事なのです。

フィットの他にも古くても燃費のいい車は国産車にはたくさんあると思います。
燃費が良くても13年以上乗ると、「古い」というだけで高い税金が掛けられているのです。

国は、ハイブリッドカーなどのエコカーが地球に優しいからと言って税制で優遇してますが、本当は地球の環境のためではなかったのです。
新しい車の買い替えによって、自動車業界が発展するための税制であるのだろう・・・と私は思います。

by k2hair | 2019-04-08 08:23 | コラム | Trackback | Comments(0)

芸能人の不祥事問題に思う   

2019年 03月 15日
先月俳優の新井浩文が強制性交の容疑で逮捕され、先日も俳優でミュージシャンのピエール瀧が麻薬取締法違反の疑いで逮捕されました。

このため、新井容疑者が出演していた4月に公開予定だった映画「善悪の屑」は公開中止に、さらに6月に公開される予定だった映画「台風家族」は公開延期を発表しました。

ピエール瀧の場合はもっと深刻です。
視聴率が1桁に低迷している大河ドラマ「いだてん」に足袋職人の役で出演していて、すでにこの先3ヶ月分の収録が終わっているそうです。

あさって放送の17日・次の24日・その次の31日と3週続けて登場シーンがないために、しばらくはそのまま放送されるようですが、その後はどうするのでしょうね。

今から代役立てて収録をし直すなどの措置も検討されているようですが、低視聴率のこともあって、NHKにとっては、まさに「泣きっ面に蜂」の状態ですね。

ピエール瀧が出演していて5月に公開予定の映画「居眠り磐音」は、代役を立てて撮り直しされることになりました。

ピエール瀧が登場していた「いだてん」の第10話の再放送は、ピエール滝の出演シーンをカットして放送するとNHKは発表しました。

過去の作品を有料でネット配信するNHKオンデマンドでも、ピエール滝の出演回の「いだてん」の他に、「あまちゃん」「とと姉ちゃん」「龍馬伝」など瀧容疑者が出演していた作品の配信が中止がされました。

さらに、新井容疑者や滝容疑者が出演していた過去の出演作のDVDなどが市場から撤去されました。

最近思うのですが、芸能人が不祥事を起こすと出演していた作品が全てカットされちゃうじゃないですか。
ずいぶん前は、「この作品は❍月❍日以前に収録されていたものです」などとテロップが入ってそのまま放送されていたものなのですが・・・

映画やドラマって1つの作品じゃないですか。
その作品には大勢の人が関わっていて出来上がるのであって、容疑者1人の問題じゃないんですよ。

不祥事を起こした容疑者が出演していたから全て削除するという最近の風潮はいかがなものなのだろうと思います。

観客や視聴者は、容疑者だけでなく他の出演者や作品自体を見たいわけですよ。
過去の作品のDVDまで撤去したり、「アナと雪の女王」の吹き替えのやり直しまでするなんて異常ですよ!

収録が終わっていて、今後公開や放映される映画やドラマなら、冒頭でテロップを流し、「お断り」を入れる事で観客や視聴者に対してお詫びの気持ちを示せばよいのではないでしょうか?

それが気に入らなかったら、客は観ないだけの事だと思いますよ。
公開中止なんて、監督や他の出演者やスタッフにも失礼だし、楽しみにしていたお客さんにも失礼だと思うのですが・・・

by k2hair | 2019-03-15 10:54 | コラム | Trackback | Comments(0)

記録的少雪   

2019年 03月 06日
この冬は雪が少なかったです。
近江八幡で雪が積もったのは、昨年の暮れと1月の終わりの方の2回だけでした。
それも車の屋根に数センチ積もっただけで、お店の駐車場の雪かきは必要ないぐらいでした。

滋賀県に引っ越してきて21年になりますが、雪かきを1度もしなかった年は今年で2回目で、めったにないことなのです。

「今年は雪が少なかったな~」などと思っていたら、昨日の京都新聞に「豪雪の湖北 観測史上最少の降雪」という記事が載ってました。

長浜市余呉町は日本でも有数の豪雪地帯で、気象庁のアメダスの設置されている柳ケ瀬からさらに奥に行った標高540mの中河内では、1936年に7m20cmもの積雪を記録したことがあるぐらいです。

ところが今年の2月、柳ヶ瀬の積雪は0センチで、1回も雪が積もらなかったのです。
今年は寒の戻りはもうなさそうで、3月も積雪が0センチなら柳ヶ瀬は観測史上最少の積雪になりそうです。


その年の積雪は高い山に登ってみるとよく判ります。
余呉町の近くに、標高1317mで滋賀県で2番目に高い金糞岳という山があります。
この山はおそらく滋賀県で最も積雪の多い山で、山頂近くの積雪は3~4mにまでなります。

これは、積雪が多かった去年の3月12日の登った時の山頂の写真です
人の背丈ほどのクマ笹はすっかり雪に埋もれ、山頂の標柱もどこにあるか全然判りません
d0231858_16312569.jpg


これは去年の5月に私が登った時の山頂の標柱の写真
d0231858_16385761.jpg


ところがヤマップという登山コミュニティーサイトで、今年の3月2日に金糞岳に登った方の山行記録を拝見すると、今年は雪融けが進んで、山頂の標柱は全部露出していて、標柱を支える下の石のあたりまで雪が融けてしまっているようです。
例年では考えられないぐらいの雪の少なさです。

私が先月に登った鈴鹿山脈で1番高い御池岳でも、積雪はあったのですがすっかり雪が締まっていて、まだ2月なのにまるで春の雪山を歩いているようでした。

下界では花粉が飛びすっかり春の気候ですが、山の春を告げる福寿草の開花も今年は記録的な早さになりそうですね。

by k2hair | 2019-03-06 06:57 | コラム | Trackback | Comments(0)

今年の花粉 早すぎ~ 多すぎ~!   

2019年 03月 01日
d0231858_1285055.jpg


昨日(2月28日)のNHKニュース「おはよう関西」で、気象予報士の塩見泰子さんの師匠の南 利幸さんが今年のスギ花粉の予想をしました。

南さんは、土日祝の全国放送のNHKニュース「おはよう日本」の気象予報士を担当されています。
d0231858_11264524.jpg


土日祝はNHK東京放送局で仕事ですが、それ以外は兵庫県西宮市の自宅で毎日、顕微鏡で花粉の数の調査をされています。
d0231858_11381592.jpg


南さんの調査によると、平年よりも10日も早く花粉が多く飛散しているのが判りました。
気象庁は、花粉の飛散数の調査はしておらず、南さんなどの民間の調査でしか知ることはできません。
d0231858_11475876.jpg


南さんの自宅の近くの西宮市内の神社にある杉の木は、花粉がたっぷりの雄花がすでにオレンジに色づいていました。
この1粒に花粉が約40万個も入っているのだそうです(驚)
d0231858_11514839.jpg


さらに今年の特徴として、手が届くような下の方の枝にまで雄花が付いているということです。
下の方の枝は日当たりがあまり良くないので、例年ですと雄花が付きにくいのです。
ですので、今年は花粉の飛散が多くなると南さんは予想されました。
d0231858_11575730.jpg


外を歩く時は、帽子をかぶり、メガネをかけ、マスクをするのが鉄則だと、自身も花粉症の南さんはおっしゃってました。
d0231858_12065.jpg


特に注意が必要なのは
d0231858_121105.jpg

この様な天気の日には、花粉最盛期のさらに4倍ほどの花粉が飛散するそうです。

私も数日前から突然くしゃみを連発することがあり、早くも今年の花粉症が始まったようです(泣)

今年の花粉は、
  早すぎ~ 多すぎ~
  と、お天気キャスターの塩見さん、「すぎ~」を連発してました(笑)

今日も花粉がいっぱい飛散するそうです。

 花粉症の方は、今年は要注意ですよ!

by k2hair | 2019-03-01 06:43 | コラム | Trackback | Comments(0)

2024年滋賀国体の費用511億円   

2019年 02月 15日
先日の朝日放送(関西ローカル)の夕方のニュースで、2024年に滋賀県で開催される国体にかかる滋賀県の経費 が511億円もかかる事を報道していました(驚)

その内訳は
d0231858_1814716.jpg


過去10年間に開催された(3都県が非公表)国体の費用が平均209億円ですから、滋賀県の511億円は突出して高い金額となっています。

費用の大半を占めるのが施設整備費で398億円で、その半分の200億円は彦根市に新たに建設される総合運動公園陸上競技場の建設費にかかります。

その陸上競技場は15000人以上が収容できて、なんと大型のビジョンまで付いています。
d0231858_18213712.jpg


今ある滋賀県立彦根総合運動場の既存の施設をほぼ全て潰して、新たに建設するそうです
d0231858_18265490.jpg


では、その511億円をどうやって捻出するのか?
国からの補助金が5億円、民間企業からの寄付金が1億円で、残りの505億円は県民からの税金で賄われます。
d0231858_18303895.jpg


今年国体が開催される茨城県は既存の施設を活用し、改修のみで新規の施設は作らないそうです。
2020年の鹿児島県・2021年の三重県・20222年の栃木県も同様です。

国体の開催は各都道府県の持ち回りで全都道府県の1巡目の開催が終わり、今は2巡目に入ってます。

1巡目の国体は、その地域の運動競技の振興の他に、各都道府県の運動施設を充実させる役割があったと思います。

滋賀県で初めての国体は、1981年に「びわこ国体」として大津市の皇子山陸上競技場をメイン会場として新設して開催されました
d0231858_18445691.jpg


2024年の滋賀県での2回目の国体では、彦根の総合運動公園陸上競技場の建設費200億円の他にも、交通の便の悪い大津市の文化公園に建設費90億円の新県立体育館、さらに今ある彦根市の県立プールを解体し草津市に新たに建設費65億円の可動床プールを建てる計画をしています。

国体では、開催地の都道府県が総合優勝するのが当然だという暗黙の了解があります。
1964年の新潟国体から2018年の福井国体まで、開催地の都道府県で天皇杯(総合優勝)を獲得していないのは、2002年のよさこい国体(高知県)・ 2016年 の☆希望郷いわて国体(岩手県) ・2017年 の愛顔つなぐえひめ国体(愛媛県) だけです。
他はすべて開催地の都道府県が天皇杯を獲得しています。

2024年の滋賀県で開催される国体の選手強化費は32億円の予算が計上されています。
その費用は、県内の有望な小学生を強化する事の他に、県外に在住している滋賀県出身の選手を県内の職業を紹介する事、県外の有力選手をスカウトして滋賀県の選手になってもらうための費用があります。

スカウトした県外の有力選手が、引退後も県に定住して指導者としてその競技の普及に貢献してもらえるのなら選手を強化した甲斐が充分あると私は思います。

しかし、中には渡り鳥選手と言って、大会ごとに開催地の都道府県に所属を転々としている選手も存在するそうです。
そういう選手をスカウトしても、県に残ってもらえないのなら、その競技の後の発展にはつながりません。
そこまでして開催県が優勝しなければいけないという事は無いと私は思うのですが・・・

国体を研究している立命館大学の権学俊教授によると、国体は地域を開発していく1つの手段で、建設業界にとっては大金を投資することができる絶好の機会となっているのだと述べていました。

国体が終わった後に、新しい彦根の陸上競技場をどうするのか滋賀県スポーツ局の担当者に聞いたら、高校生や中学生の練習場所になると答えてました。
200億円の競技場で練習できるとは、ずいぶん贅沢なことです(驚)

滋賀県は既存の施設が老朽化しているために、新たに豪華な運動施設を新設するのですが、今は高度成長期ではなく財政難の時代です。
2回目の国体にまで新しい施設が必要とは私には思えません。
大きな施設を建設すると、維持費もそれだけ多くかかるのです。

滋賀県が税金でまかなう国体の費用の505億円は、県民1人あたり35,000円になります。
もし今からでも撤回できるのなら、2024年の滋賀県の国体は既存の施設の改修か、もしくは新しくても豪華なのではなく簡素な施設でやってもらいたいものです。

元経産省官僚で評論家の古賀茂明氏は、今後団塊の世代が後期高齢者になっていく中で、介護や医療などにかかる費用がどんどん増えていく。
こういう箱物にお金をかける事は建設業界が喜ぶだけで、もうやめた方がいいと述べていました。

なんとかならないのものですかね~(泣)

by k2hair | 2019-02-15 14:09 | コラム | Trackback | Comments(0)

滋賀県のNo.1観光スポットはラ・コリーナ近江八幡がV2達成!   

2018年 11月 29日
先日滋賀県が、平成29年の観光地ごとの観光入込客数を発表しました。
今年じゃなくて、昨年の集計です。

1位 ラ コリーナ近江八幡 (近江八幡市) 2,833,900人
2位 黒壁ガラス館 (長浜市) 1,951,900人
3位 多賀大社 (多賀町) 1,701,300人
4位 道の駅 藤樹の里あどがわ (高島市) 839,100人
5位 彦根城 (彦根市) 836,300人
6位 滋賀県希望が丘文化公園 (野洲市・竜王町) 787,100人
7位 道の駅 竜王かがみの里 (竜王町) 719,300人
8位 道の駅 妹子の郷 (大津市) 694,000人
9位日牟禮八幡宮 (近江八幡市) 684,500人
10位 びわ湖バレイ (大津市) 607,100人

平成27年のランキングまでは、長浜市の黒壁ガラス館が1位だったのですが、28年からはラ コリーナ近江八幡が逆転し、29年はさらに客数を伸ばし、ぶっちぎりの1位となりました。
d0231858_11405058.png

d0231858_11411120.jpg

ラ コリーナ近江八幡は、まだ未完成で久しぶりに行くとまた新しい施設ができていて、訪問するたびに驚きがあるのも人気の要因なのだと思います。

ただ、土日は訪問客が増えすぎて駐車場が満車になり、周辺の道路の渋滞を引き起こす要因になっています。
先日発売された「るるぶ滋賀」では、ラ コリーナ近江八幡を紹介する記事が全く無かったのにはビックリしました。
これ以上観光客が増えないように意識的に抑制しているのかもしれません。

ラ コリーナ近江八幡は9時から営業しているので、土日に行きたい方は早めの訪問がよろしいかと・・・



観光入込客数10位のびわ湖バレイは、前年度の26位から大幅にジャンプアップし、ベスト10にランクインしました 。
おそらく「インスタ映え」する「びわ湖テラス」が新たにできた効果で客数が大幅に増えたのでしょう。
d0231858_11574831.jpg

d0231858_1158472.jpg


高島市の「道の駅 藤樹の里あどがわ」が4位にランクインしているのが不思議だったのですが、同じ高島市にあるマキノ高原の「メタセコイヤ並木」を訪問する途中にあります。
メタセコイヤ並木は「インスタ映え」する風景だとSNSで拡散され人気スポットになりました。
d0231858_1231423.jpg


今や、ラ コリーナ近江八幡を含めて「インスタ映え」が、観光客を集客するための重要なキーワードになっているのは間違いなさそうですね。

by k2hair | 2018-11-29 12:18 | コラム | Trackback | Comments(0)

カレーライス事件   

2018年 09月 22日
9月20日、安倍総理と石破議員の一騎打ちとなった自民党総裁選で、安倍首相の陣営が投開票直前に東京都内のホテルで「必勝出陣の会」を赤坂のホテルニューオータニで開催しました
d0231858_109191.jpg


「勝負に勝つ」とゲンを担いて昼食に振る舞われたのが、ホテルニューオータニのレストラン「SATSUKI」のカツカレーです(食べログ投稿写真より)
d0231858_10491688.jpg

お値段なんと3200円で、ホテルなので別途サービス料が10%加算されるので3520円もするそうです(驚)
お金持ちの安倍総理と麻生財務大臣は、普段からこんな高級なものばかり食べているのでしょうか?
私は、こんなに高級なカレーは1度も食べたことがありません。

安倍陣営が振る舞った高級カツカレーの量が333皿なのですが、総裁選で安倍総理に投じられた議員票の数は329票だったのです。

つまり、高級カレーを食べた333人の内、4人が造反して安倍総理に票を投じなかった事になります。
「誰だ、カツカレーを食い逃げしたのは!」と、安倍陣営で総裁選の陣頭指揮をした甘利事務総長はこれを「カレーライス事件」と呼んだそうです。

対する石破陣営でも昼食にカツカレーが振る舞われたのですが、こちらは1皿1200円と安倍陣営のおよそ3分の1のお値段ですね。

下世話な話ですが、安倍陣営が振る舞った1皿3520円のカツカレーが333皿分で、合計117万2160円。

安倍総理と日銀の黒田総裁はタッグを組んで年間物価上昇率2%を目指していますので、今回の高級カツカレーの大盤振る舞いが、日本の物価上昇に貢献したことには間違いありません。

by k2hair | 2018-09-22 11:13 | コラム | Trackback | Comments(2)

粉もんピンチ!   

2018年 09月 21日
d0231858_115651100.jpg


先日京都に行った時に、私が京都で1番美味しいと思うたこ焼き屋の「すずや」に寄ってきました
           場所はコチラ
d0231858_11591563.jpg


たこ焼きがめっちゃジャンボ(蛸も)でふわとろでソースたっぷり、おまけに辛口ソースもあって超美味しいのです。

久しぶりに行ったら値段が変わってました(驚)
d0231858_1293550.jpg


かれこれ30年以上通っているのですが、昔は8個300円だったと思います。
その後、350円→400円と徐々に上がっていき、8個から1個減って7個400円になりました。

去年の10月に小麦の製粉会社への政府売渡価格が値上がりし、今年の1月には7個450円になりました。
今年の4月、小麦の政府売渡価格はまた値上がりしました。
小麦の政府売渡価格は半年に1度見直しされるのですが、最近は毎回値上がりしています。

現在すずやのたこ焼きは8個で500円、7個では450円で、ほぼ据え置きなのですが、小麦粉がこれ以上値上がりすると、安くて美味しい庶民の味方のたこ焼きがピンチです!

たこ焼き・お好み焼きは、関西では「粉もん」と呼ばれますが、小麦粉を原料にしているのはそれだけではありません。
パン・うどん・ラーメンだって粉もんです。
蕎麦だって100%そば粉で打つ蕎麦は珍しいです。
一般的な蕎麦「二八蕎麦」の原料の20%は小麦粉です。

ラーメン激戦区の岐阜市周辺では、麺の大盛を無料にしている太っ腹なラーメン店もいくつかありますが、これ以上小麦粉の値段が上がれば大盛りが有料になるかもしれません
  「ぶっと麺 しゃにむに 」のつけ麺(大盛り無料)
d0231858_13142160.jpg

d0231858_1328559.jpg


日銀の黒田総裁は、5年前の就任以来物価の2%上昇をず~~~っと目標に掲げていますが、いまだに達成できてません。
安倍総理もデフレの脱却が喫緊の課題だと宣言してました。

小麦粉の価格がどんどん値上がりすれば、外食産業にも大きな影響を与えるのは明白です。
デフレ解消に1番手っ取り早い方法は、政府主導による小麦粉の値上げなのではないでしょうか?

もしかしたら、安倍総理・麻生財務大臣・菅官房長官の3人で、「物価よ上がれ!上がれ!」と念じていたりして・・・

by k2hair | 2018-09-21 06:47 | コラム | Trackback | Comments(0)

無理でしょ! 大阪万博とIR   

2018年 09月 11日
7月20日に、自民党・公明党・日本維新の会の賛成で、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案が成立しました。

IRの施設数は当面は全国3カ所までなのですが、1番有力な候補地が大阪府の松井知事が猛烈に誘致をアピールしている、大阪湾に浮かぶ人工島の夢洲(ゆめしま)です。

夢洲はコンテナターミナルが2つあるのですが、ほとんどが広大な空き地の平べったい島です
(夢洲の南にある咲洲の大阪府咲洲庁舎からの画像)
d0231858_1443313.jpg


大阪府は2025年の万博(国際博覧会)開催の立候補しました。
その会場が夢洲です。
(夢洲での万博の開催イメージ画像)  
d0231858_1542933.jpg


夢洲にはバス停がたった2ヶ所あるだけで、国際博覧会を誘致するのには交通手段が全然足りません。
最寄りの駅は、南にある人工島の咲洲(さきしま)にある地下鉄中央線のコスモスクエア駅です。

ちょっと分かりにくいのですが、図の中段の左端にある島が夢洲です。
その南側の咲洲にコスモスクエア駅があります。
d0231858_151138100.jpg

夢洲までの交通手段として、南のコスモスクエア駅からトンネルを経由して地下鉄中央線を延伸して夢洲駅(仮称)まで伸ばす計画と、USJの最寄り駅のユニバーサルシティ駅のあるJR桜島線(ゆめ咲線)の終点の桜島駅から延伸して、人工島の舞洲(まいしま)を経由して夢洲駅まで伸ばす計画があります。

地下鉄中央線の延伸案は540億円。
JR桜島線の延伸案は1700億円もかかります。
実はもう1つの案があって、京阪電車中之島線の中之島駅から夢洲駅まで延伸する案では、なんと約3500億円もの大金がかかります(驚)

ただ、万博の開催期間は半年だけですので、せっかく鉄道をひいてきても万博が終わった後の夢洲が閑散としてしまうのが目に見えています。
そこで、当時大阪維新の会に所属していた大阪府の橋下知事は、カジノを誘致して夢洲に恒久的にお客さんを呼べるようにする計画を立ち上げました。

安倍総理の悲願とも言える憲法改正案に大阪(日本)維新の会が賛成する事と、大阪(日本)維新の会がプッシュするIR(カジノ)法案を与党が賛成して成立さす事を取引としたのです。
結局、国民の70%が反対したIR(カジノ)法案は与党の自民党・公明党と、日本維新の会の賛成多数で、成立しました。

関西経済同友会による夢洲のIRリゾートの完成イメージ画像
d0231858_15342372.jpg



前置きが長かったのですが、ここからが本題です。

先日、台風21号が関西を襲いました。
関西空港第1ターミナルのある人工島が高潮で水没、さらに連絡橋にタンカーが激突しエライことになったのはご存知の通りです。

JRと南海電車が通っている線路には、高潮による海水が大量に流れ込んで、まるで水路のようになりました
d0231858_15424343.jpg


関空のある人工島は、高さ5mの防波堤で囲まれているそうですが、台風によって荒れ狂った高潮はいとも簡単に第1ターミナルのある人工島を水没させてしまったのです。

その翌々日の9月5日、北海道を震度7の猛烈な地震が襲いました。
地震というのは不思議なもので、けっこう離れた場所でも連鎖的に誘発することが多いのです。

2011年の東日本大震災の津波の被害が凄すぎてあまり知られていないのですが、震災の翌日の3月12日に長野県北部を震度6強もの巨大地震が起こっています(長野県北部地震)

先日の北海道の大地震で日本中の地下の歪みが生じ、いろんな場所で地震が誘発されることも十分考えられます。

1番恐ろしいのは南海トラフによる大地震で、今後30年に発生する確率が70~80%と言われています。
これは30年後に起きる確率ではなく、今後30年以内に発生する確率で、もしかしたら大地震が明日にでも発生するのかもしれないのです。

台風21号による高潮で関西空港の人工島がいとも簡単に水没したのですが、もしも巨大地震による津波が襲って来たならそんなものではすみません。
南海トラフによる津波は、大阪の繁華街にある道頓堀川をもさかのぼると予想されています。

もしも万博の開催中に南海トラフの津波が夢洲を襲ったら・・・
平べったい夢洲にある万博の低い建物がどうなってしまうかは想像がつきます。
地下鉄中央線は、延伸案では夢洲と咲洲がトンネルでつながる予定なのですが、もし津波が来れば地下鉄のトンネルは水没してしまうでしょう。

地震の可能性の大きい危険な場所での無駄な出費は慎むべきだと思います。
夢洲のような低い人工島での万博の開催は、安全上無理だと私は思います。

関西空港が台風で数日間使えなくなっただけで、海外からの観光客は激減。
海外の観光客頼みの関西の経済は、今や大ピンチに陥っています。

ギャンブル依存症の患者を誘発するIRリゾート建設に金をかけるよりも、災害に脆弱な関空の耐震補強にこそお金をかけるべきだと私は思います。

2025年の国際博覧会は大阪以外にも、アゼルバイジャンの首都のバクーとロシアのエカテリンブルクの3都市が立候補しています。

どうか、2025年の万博に大阪が落選しますように・・・と私は祈ってます。

by k2hair | 2018-09-11 16:59 | コラム | Trackback | Comments(0)

東京オリンピック考   

2018年 07月 13日
先日、西日本の各地を猛烈な豪雨が襲いました。
新たに決壊のおそれがある場所も見つかったり、未だに避難指示の出ている場所も多数あります。
復旧までどれほどの期間がかかるのか、全くわからないほどの甚大な被害です。

あと2年で東京オリンピックが始まります。
2020年の開催に向けて急ピッチで建設工事がされています
d0231858_19433736.jpg


でも、このまま東京オリンピックの建設工事を続けてもいいのでしょうか?

今年4月に行われた近江八幡市長選は、建設費90億円という豪華な新庁舎を建設し始めた現職市長を、コンパクトな庁舎を公約に掲げた小西理氏が大差で破り、新市長になりました。
小西市長は工事を直ちに中止し、建設費の高騰している東京オリンピックが終わるまでは工事を凍結し、その後に計画を見直す方針を示しました。

東京オリンピックには建設に関わる多くの人材が投入され、その他の工事は人材難になり建設費の高騰が問題になっているのです。


西日本豪雨の被害は、全容がまだ分かっていません。
そのインフラの被害総額は、東日本大震災に迫るのではないかと推測されます。
一刻も早い復旧を被災地は望んでいます。

現在、多くのゼネコンが利益率の高いオリンピックの施設の建設工事に携わっています。
日本の建設会社は数が限られていて、西日本豪雨のインフラの整備に当たる事のできるゼネコンは少ないのかもしれません。
豪雨の被害が広範囲にわたり、さらに甚大すぎて復興どころか出口すら全然見えないというのが現状だと思います。

オリンピックが開催される2020年に、西日本豪雨の復興が道半ばのままで本当にいいのでしょうか?

これは、素人の私個人の考えです。
オリンピックには様々な競技があり、たくさんの新たな競技場が建設されます。
以前にも協議されましたが、既存の施設が利用できる競技も多数あると思います。
既存の施設で代用できる競技は、新規の競技場の建設をストップして、担当しているゼネコンには西日本豪雨の被災地の復興整備に当たってもらう。
西日本豪雨の被災地や東日本大震災の被災地を、東京オリンピックが開催されるまでには完全に復興をさせる。
既存の施設の利用で建設中止になった競技場は、オリンピックが終わってから建設を着手する。

これは、オリンピックを目指しているアスリートに対して、大変失礼な事を言っているのだと思います。

しかし、世界各国から来るオリンピック選手が、新しい競技場ではなく既存の施設で競技をすることになったとしても、東日本大震災の被害や、今回の西日本豪雨の被害の現状をお伝えすれば理解してもらえると思うのですが・・・

オリンピックのメインスタジアムは国の顔でもありますし、現在急ピッチで建設されています。
そのメインスタジアムでの開会式で日本らしさを思いっきりアピールし、東日本大震災や西日本豪雨から復興した事を宣言できれば素晴らしい事だと思います。
それこそが真の復興五輪だと私は思うのですが・・・

by k2hair | 2018-07-13 06:52 | コラム | Trackback | Comments(0)