カテゴリ:山菜( 17 )   

ワラビ採り   

2018年 04月 27日
先日、山にワラビを採りに行ってきました

ワラビはシダの一種で、私達が山菜のワラビとして食べているのは、葉が開く前の生えてから数日の状態で採取している物です。

私がいつもワラビを採る山で登山道から藪に突入!
ですが、「あれっ?」、ワラビが伸びすぎて、すでにシダになっちゃっています。
春になってから気温の高い日が続き、あらゆる花が早く咲いたのですが、今年は山菜も早かったようです。

仕方がないので標高を上げて山の上の方の藪に突入!
するとワラビがありました。
d0231858_6583394.jpg


ちょっと遅かったので、採れるのが思ったよりも少なかったのですが、今年もなんとか確保できました。
ただ、ワラビはそのまま料理することはできなくて、アク抜きしないと食べられません。

ボールに採ったワラビを並べて重曹の粉をふりかけます。
90度ぐらいのお湯に浸し、かき混ぜて重曹を溶かしてフタをして6時間放置します。
その後、きれいな水で洗って2回ぐらい水を取り替えて漬け置きして、アク抜きが終了です。

そうすると、加熱しなくてもそのまま味付けして食べられます。
煮込みすぎるとワラビがグニャグニャになってしまって、せっかくの歯ごたえが無くなってしまいます。

わが家では、アク抜きの終わったワラビを濃いめのめんつゆ。刻み土生姜・刻み塩昆布に漬け込んだものが定番です。
シャキシャキとした歯ごたえと、噛んだ時のワラビのヌメリが美味しいです。
うどんやそばに入れても美味しいです。
d0231858_1156895.jpg


             春の山の恵みに感謝です m(_ _)m

ワラビは、農協の産直市場(近江八幡ではきてか~な)などに売っているときもあります。
[PR]

by k2hair | 2018-04-27 12:12 | 山菜 | Trackback | Comments(0)

山菜シーズン到来   

2018年 04月 20日
明日(4/21日)、京都は気温30度の予想で、京都の観測史上最速の真夏日になるかもしれないそうです。

今年は桜がアット言う間に散ってしまい、山菜も桜同様例年のよりも10日ぐらい早いようです。

先週に福寿草を見るために山に登る予定だったのですが、手を負傷してしまい行けませんでした。
ワラビの採取期間は比較的長いのですが、コゴミの採取時期はめっちゃ短いです。

福寿草にも会いたいし、コゴミも採りたい。
でも今しかない!
で、今週の月曜日に両方行くことにしました。

山に登って福寿草を見て、山を下りてから大急ぎで湖北地方のとある河原にコゴミを採りに行ってきました。
d0231858_14153045.jpg


ここは数年前に私が見つけたとっておきの場所なのですが、今年は異常にコゴミの個体数が少なかったです。
河原に下りて見渡したら全然無かったので、「早すぎたのか?」と思ったのですが、よく探すと少しありました。
時期的にはちょうど採り頃だったのですが、コゴミの株数がかなり少なかったです。

原因として考えられるのは、
①冬が異常に寒かったのに、春が急に暑くなってコゴミが異常気象に付いていけなかった。
②昨年秋の大型台風の影響で川が増水してコゴミの株が流された。
③昨年にコゴミを採取した人が根こそぎ持って行った。

③について補足しますが、コゴミは上の写真のように一株から数本の茎が生えます。
これを全部採っちゃうと、その株は絶えてしまいます。
でも、一株に2本程度の茎を残しておくと、来年またちゃんと生えてきますが、それを知らずに全部採っちゃった?

専門家でないので理由は判りませんが、来年はまた復活してほしいですね。

コゴミは天ぷらもいけるのですが、私のオススメはさっと湯がいてゴマ・しょう油・マヨネーズのあえ物
d0231858_15155042.jpg


ちょっとしか採れなかったので、量を増やすために湯がいたコゴミとおからとちくわをマヨネーズであえた物も嫁さんが作ってくれましたが、なかなか美味しかったです(写真撮り忘れ)


オマケ画像、河原で見つけたエンゴサクの花
青と
d0231858_1446666.jpg



d0231858_14465086.jpg


赤いヤブツバキ
d0231858_1447432.jpg


さて、今度の休みはどこに行こうかな(^^)
[PR]

by k2hair | 2018-04-20 15:22 | 山菜 | Trackback | Comments(0)

秋の恵み   

2017年 11月 14日
晴天に恵まれた昨日、京都の北山エリアの某山にキノコを採りに行きました
d0231858_23432863.jpg


私の休みは月曜日なのですが、その前の土日に山に人が入ります。
ですので、道のある山はキノコは採られた後なので、人の入らない道のない所で採るしか無いのです。
地形図とにらめっこしながら尾根をたどり、キノコを探すのは楽しいです。

山では紅葉が終盤を迎えています
d0231858_23425439.jpg


先月の台風21号の影響が山でもかなりあり、倒れた木や折れた木がかなりありました。
d0231858_2348572.jpg


10月は記録的な大雨だったのですが、キノコの採れる時期の11月に入ってからほとんど雨が降らずに心配しておりましたが、先日雨が降りようやく収穫できました。

山の恵みに感謝ですm(_ _)m
[PR]

by k2hair | 2017-11-14 07:14 | 山菜 | Trackback | Comments(0)

山笑ふ   

2017年 04月 25日
d0231858_628126.jpg

昨日は晴天に恵まれました。
京都府の舞鶴市では最高気温が25度まで上がって夏日になりました。

私は、湖北のとある山奥に山菜を採りに行ってきました。

今回の本命はコゴミです
d0231858_6343733.jpg


コゴミは河原に生えます
コゴミは茎を全部採ってしまってはその株は枯れてしまいます。
1株のうち、2本ほど茎を残しておきます。
そうすると、来年またその株は生えてきます。

今年は雪が多かったので、雪解けで川の水量がめっちゃ多かったです。
d0231858_6394522.jpg


山では花が咲いていました

イチリンソウ
d0231858_6405721.jpg


ヤマブキ
d0231858_6421317.jpg


ヤブツバキ
d0231858_644577.jpg


「山笑ふ」というのは、俳句の季語で春を意味します。
木々が芽吹き、花が咲き始め、山菜が採れる春を昔の人は「山笑ふ」と表現したのですね。
[PR]

by k2hair | 2017-04-25 06:52 | 山菜 | Trackback | Comments(0)

今年は山菜が不作?   

2017年 04月 17日
今日は、お昼から雨が降る予報だったので、午前中に近郊の山に山菜採りに登ってきました。

1番の目当てはワラビだったのですが・・・
d0231858_1582228.jpg


いつも採れている斜面に下りてみても、なかなか見つかりません。
採れたのは、ほんの少しだけ・・・
どうしたことでしょう?

今年の冬は雪がめっちゃ多かったです。
春になってもなかなか暖かくならず桜も1週間ぐらい遅かったです。

東近江のアメダスでは、つい1週間前の4月10日では、最低気温はたったの5度で、最高気温も13.7度までしか上がりませんした。
ところが、昨日4月16日の最高気温は26.9度と1週間で13度以上も違うのですよ。
そら、山菜も出てきていいのやら、まだ出たらアカンのか判らんのやと思います。

山で見たミツバツツジも、キレイに咲いているかと思えば
d0231858_1527744.jpg


すぐ近くにはまだつぼみのままのミツバツツジも
d0231858_1528643.jpg


こういう天候がメチャクチャな年の山菜採りはホンマに難しいです(泣)

今日は朝からけっこう暑くてしんどかったです。
山菜の収穫は少なくて気分は落ち込んだのですが、帰りに見たキレイな満開の山桜に癒やされました。
d0231858_15341666.jpg

[PR]

by k2hair | 2017-04-17 15:44 | 山菜 | Trackback | Comments(0)

周回登山のはずが・・・   

2016年 11月 24日
先日、とある山に登って来ました。
ぐるっと周回登山の予定だったのですが・・・

特に道は無い山で、最初はこんなプチ崖みたいなところから登り始めます。
見た目以上に急で、ずり落ちそうになりながら登ります。
d0231858_15314737.jpg


なんとか尾根に出られました。
尾根にはかすかに踏み跡があります。
d0231858_15331376.jpg


尾根をたどって登っていくのですが、めちゃくちゃ急なんですわ・・・
d0231858_1535281.jpg


どのぐらい急かと横の方を角度を見たら判るかな?
d0231858_15377100.jpg

実際に図ったら30度ぐらいの角度なのでしょうが、体感的には45度ぐらいの急斜面に感じます。

続きはコチラ
[PR]

by k2hair | 2016-11-24 16:23 | 山菜 | Trackback | Comments(2)

雨の収穫   

2016年 11月 14日
今日は、キノコを採りに山に行ってきました。
先週、枯れ枝に足を掛けたところ枝ごと落下し、足をしたたか打ち付けました。
まだ、少しは痛むのですがボチボチ歩いて行きました。

2年前に山でキノコ採りの名人に出会った時に、登山道ではキノコ採りは難しいと教わりました。
初めて行く場所で、全く人が来ないであろうかと思われる場所に行ってきました。
もちろん、道はありません。
国土地理院の地形図を拡大して一生懸命に地形を読みとって進んで行きます。

たまに、めっちゃ高い場所にいっぱいキノコがある場合もあるのですが、残念ながら全く届かないぐらい高い場所にあるので、これはあきらめるしかないです。
d0231858_21101268.jpg


途中で雨がけっこう降ってきて心が折れそうになりました。
私、けっこう晴れ男なのですが、昼前から雨が降ってきて、久しぶりにレインウェアの上下を途中で装着する事態になりました。
昼食も立ったままパンをがじって短時間で済ませました。

今年は、8月にほとんど雨が降らなかったので、キノコは不作のようです。
キノコを探して山をさまよって、もう帰ろうかと思った時にようやくナメコを少し見つけました。
わかりにくいですが、この木にナメコが付いています。
この1週間で雨が降ったので、先週採ったような乾燥した物ではなく、今回の物はヌメヌメの新鮮なナメコでした。
d0231858_21134468.jpg


山では紅葉がかなり進んできました。
今年は、8月の少雨で、9月後半に紅葉するような高い山では、葉がチリチリに乾燥して紅葉はイマイチだったそうです。
ところが、低山では色付きが例年よりいいようです。
d0231858_1263286.jpg

d0231858_21215627.jpg


収穫したナメコを、少量の水でさっと湯がいて、大根おろしとポン酢でいただきました。
ナメコの栽培物はスーパーで手に入りますが、天然モノの味は全然違います。
天然ナメコを採るのは大変ですが、プリップリの食感とヌメリの感じが栽培物の比ではありません。
自然の恵みに心から感謝です m(_ _)m
[PR]

by k2hair | 2016-11-14 22:20 | 山菜 | Trackback | Comments(0)

今年はきのこが不作?   

2016年 11月 07日
今日は、某所某山にきのこ採りに行ってきました。
1番の狙いはナメコなのですが、今年は8月にほとんど雨が降らなかったせいか、ナメコが不作なのです。

去年見つけたナメコはヌルヌルしていてみずみずしかったのに、今年の物はこんな感じで乾いたナメコなのです。
d0231858_2193071.jpg

それでもコレはかなり状態のいい物でほんの少ししか採れませんでした。
他は、めっちゃ干からびちゃっていて、とても採る気のしない物がほとんどでした(泣)

木の高い所に鈴なりにあるのもありました。
d0231858_211334100.jpg

でも、全然手が届かないので残念ながら諦めるほかありません。

代わりに今年多かったキノコがムキタケです。
d0231858_2118051.jpg

今年の少雨の気候がこのキノコに合ったのかもしれません。

このキノコは毒キノコのツキヨタケと間違えられる事もあるので注意が要ります。
割ってみると根本近くに黒いシミがあるのがツキヨタケで、天然のヒラタケにも似ています。
ツキヨタケは、一昨年に「道の駅朽木本陣」でヒラタケと間違えて販売されていて中毒騒ぎがあった毒キノコです。
まだ食べていないのですが、根元を割っても黒いシミが無いので、たぶん大丈夫でしょう。

キノコを採る時に、枯れた枝を踏み台に木に登ったのですが、枝が折れて枝ごと落下しました。
運悪く、折れた枝に足首を下敷きに体ごと落下し、足首をしたたか打ち付けました。
びっこを引きながらなんとか下山しましたが、まだけっこう痛いです。
でも、自力で歩けたので骨には以上は無いと思います。

不覚にも負傷しましたが、欲張りはホンマに禁物ですね(泣)
[PR]

by k2hair | 2016-11-07 21:37 | 山菜 | Trackback | Comments(0)

人喰い熊の恐怖   

2016年 06月 14日
先月から今月にかけて、秋田県鹿角市の山林で山菜採りに来ていた4人が相次いでクマに襲われた事故がありました。
4人目の女性が襲われた現場近くで射殺した熊を県で昨日解剖しました。
すると、胃の中から人の体の一部が見つかったそうです。

4人目の犠牲者は74歳の女性だったのですが、遺体が発見された時には性別が判らないぐらいひどい状態だったそうです。
胃の中から大量のネマガリタケと、人の体の一部が見つかったということで、熊が人を食べたことが判明したわけです。

北海道に生息しているヒグマは人を襲うこともあるのですが、本州に生息している熊はツキノワグマで通常人を襲うことはありません。
しかし、ヒグマはまれに人を食することもあるそうです。
1度でも人を食べたヒグマは、人を襲う傾向があるそうです。

今回の秋田の事件で射殺された熊はツキノワグマでしたが、もしかしたらツキノワグマが人を食するという事が判明した初めての例なのではないでしょうか?

ツキノワグマは本来肉食ではなく、木の実などの植物性の餌を主にしていますが、死んだ動物を食べることもあるそうです。
ツキノワグマは人を怖がる習性があるので、山登りでも鈴をぶら下げて鳴らしていれば、熊の方がひとの気配を察知して逃げてくれるので、熊と出会うことはまずありません。

今回の秋田の被害者たちはネマガリタケという山菜を採りに来ていた方たちです。
山菜のプロのような方達で、ネマガリタケは大量に採るといい小遣いになるそうです。

ネマガリタケはこのように地面に生えるので、なれた人は膝まづいてとるそうです。
写真の真ん中近くの鬼の角のようなのがネマガリタケで、いわゆる笹のタケノコです。
d0231858_13402956.jpg

ネマガリタケを採るのには膝を付いて進むので鈴はなりません。
ネマガリタケは熊も大好物なので、笹ヤブの中で熊をはち合わせすることもあるそうです。
驚いて悲鳴をあげると、熊も威嚇されていると思って人を攻撃するわけです。

今回熊を駆除した時に、複数頭を発見したそうです。
去年の秋は、熊の餌となるブナの実が大豊作で、冬眠中に熊の出産ラッシュがあった可能性も考えられるそうです。
今回射殺された熊は6~7歳のメスということで、子供を連れていたのかもしれません。
熊も子育てには大量の餌が必要なわけですが、春の餌のネマガリタケは今年は不作だそうです。
熊たちの好物を人間が横取りしているわけで、それも人を襲った原因の1つかもしれません。

私は、熊のいる山で山登りをする時は熊よけの鈴の他にラジオを持っていきます。
ラジオが入る場所ならラジオの音量を最大にして熊を近づけないようにしています。

しかし、秋田で人を襲った熊は人の味を覚えているので、好んで人を襲ったのかもしれません。
そうすれば、鈴やラジオを鳴らしたところで逆に熊を引き寄せるだけでクマよけの効果は全くありませんね。

先日、飛騨市宮川町の池ヶ原湿原でも男性が熊に襲われました。
ネマガリタケの不作で熊も腹をすかせていて気が立っているのかもしれません。

私は、これまで山登りや山菜採りで熊に出会ったことは1度もありません。
今年は不作と思っていたので、ネマガリタケを採りにいかなかったのですが、今回の事件で来年はネマガリタケを採るのをどうしようかと思案しているところです。
[PR]

by k2hair | 2016-06-14 14:42 | 山菜 | Trackback | Comments(0)

こ・ご・み   

2016年 04月 29日
先日、湖北地方の某所にコゴミを採りに行ってきました。

生えているのは川沿いのこんな場所です
真ん中に写っているシダがコゴミです。
こんなに伸びちゃうと採り頃を過ぎちゃってますね。
d0231858_13303596.jpg


こういうふうに先っちょがクルクルっと巻いている物が採り頃です
d0231858_13381894.jpg

全部摘んじゃうといけません!
1株のうち、茎を2つほど残しておきます。
そうすると来年また出てきてくれます。

今年は降雪が少なく、気温も高かったので、山菜は例年よりもかなり早いようです。
私が毎年行く秘密の場所には、残念ながら人の入った痕跡が・・・(涙)
で、今年はちょこっとしか採れませんでした。

コゴミは天ぷらにもできるのですが、我が家ではさっとゆでて、マヨネーズ・醤油・ゴマで和えるのが定番です。
d0231858_13425596.jpg


コゴミはクセがなくシャキシャキした食感で、とっても美味しいです。
残念ながらたくさんは取れませんでしたが、コゴミを食べると今年も春が来たのだと実感するのです(^O^)
[PR]

by k2hair | 2016-04-29 07:00 | 山菜 | Trackback | Comments(0)