K2 HAIR MENU   

2019年 02月 15日
滋賀県近江八幡市堀上町159-41  場所はコチラ
TEL(0748)32-3912
営業時間 朝9:00~夜7:00  
定休日 毎週月曜日 第3日曜日                  
カット 3,800円 高校生3,000円 中学生2,800円 小学生以下2,500円
パーマ ショート8,200円~ セミロング8,700円~ ロング9,200円~  
カラー ショート4,400円~ セミロング4,600円~ ロング4,800円~
ヘアマニキュア ショート4,400円 セミロング4,900円 ロング5,400円~ 
縮毛矯正 ショート15,000円 セミロング16,000円 ロング17,500円~
 
「ブログを見た」とおっしゃってくださった初来店の方には、
パーマ1000円、カラー500円、カット500円(学割カットを除く)割引します
※ご予約頂いた方を優先させて頂いております
初めてご来店頂いた方には、お好きなシャンプー(200ml)をプレゼント! 
 
便利な移動式のシャンプー台はこちらをクリック 

# by k2hair | 2019-02-15 14:10 | Trackback | Comments(0)

2月の休業日です   

2019年 02月 15日
4(月)・11(月祝)17(日)・18(月)・25(月)

# by k2hair | 2019-02-15 14:09 | Trackback | Comments(0)

2024年滋賀国体の費用511億円   

2019年 02月 15日
先日の朝日放送(関西ローカル)の夕方のニュースで、2024年に滋賀県で開催される国体にかかる滋賀県の経費 が511億円もかかる事を報道していました(驚)

その内訳は
d0231858_1814716.jpg


過去10年間に開催された(3都県が非公表)国体の費用が平均209億円ですから、滋賀県の511億円は突出して高い金額となっています。

費用の大半を占めるのが施設整備費で398億円で、その半分の200億円は彦根市に新たに建設される総合運動公園陸上競技場の建設費にかかります。

その陸上競技場は15000人以上が収容できて、なんと大型のビジョンまで付いています。
d0231858_18213712.jpg


今ある滋賀県立彦根総合運動場の既存の施設をほぼ全て潰して、新たに建設するそうです
d0231858_18265490.jpg


では、その511億円をどうやって捻出するのか?
国からの補助金が5億円、民間企業からの寄付金が1億円で、残りの505億円は県民からの税金で賄われます。
d0231858_18303895.jpg


今年国体が開催される茨城県は既存の施設を活用し、改修のみで新規の施設は作らないそうです。
2020年の鹿児島県・2021年の三重県・20222年の栃木県も同様です。

国体の開催は各都道府県の持ち回りで全都道府県の1巡目の開催が終わり、今は2巡目に入ってます。

1巡目の国体は、その地域の運動競技の振興の他に、各都道府県の運動施設を充実させる役割があったと思います。

滋賀県で初めての国体は、1981年に「びわこ国体」として大津市の皇子山陸上競技場をメイン会場として新設して開催されました
d0231858_18445691.jpg


2024年の滋賀県での2回目の国体では、彦根の総合運動公園陸上競技場の建設費200億円の他にも、交通の便の悪い大津市の文化公園に建設費90億円の新県立体育館、さらに今ある彦根市の県立プールを解体し草津市に新たに建設費65億円の可動床プールを建てる計画をしています。

国体では、開催地の都道府県が総合優勝するのが当然だという暗黙の了解があります。
1964年の新潟国体から2018年の福井国体まで、開催地の都道府県で天皇杯(総合優勝)を獲得していないのは、2002年のよさこい国体(高知県)・ 2016年 の☆希望郷いわて国体(岩手県) ・2017年 の愛顔つなぐえひめ国体(愛媛県) だけです。
他はすべて開催地の都道府県が天皇杯を獲得しています。

2024年の滋賀県で開催される国体の選手強化費は32億円の予算が計上されています。
その費用は、県内の有望な小学生を強化する事の他に、県外に在住している滋賀県出身の選手を県内の職業を紹介する事、県外の有力選手をスカウトして滋賀県の選手になってもらうための費用があります。

スカウトした県外の有力選手が、引退後も県に定住して指導者としてその競技の普及に貢献してもらえるのなら選手を強化した甲斐が充分あると私は思います。

しかし、中には渡り鳥選手と言って、大会ごとに開催地の都道府県に所属を転々としている選手も存在するそうです。
そういう選手をスカウトしても、県に残ってもらえないのなら、その競技の後の発展にはつながりません。
そこまでして開催県が優勝しなければいけないという事は無いと私は思うのですが・・・

国体を研究している立命館大学の権学俊教授によると、国体は地域を開発していく1つの手段で、建設業界にとっては大金を投資することができる絶好の機会となっているのだと述べていました。

国体が終わった後に、新しい彦根の陸上競技場をどうするのか滋賀県スポーツ局の担当者に聞いたら、高校生や中学生の練習場所になると答えてました。
200億円の競技場で練習できるとは、ずいぶん贅沢なことです(驚)

滋賀県は既存の施設が老朽化しているために、新たに豪華な運動施設を新設するのですが、今は高度成長期ではなく財政難の時代です。
2回目の国体にまで新しい施設が必要とは私には思えません。
大きな施設を建設すると、維持費もそれだけ多くかかるのです。

滋賀県が税金でまかなう国体の費用の505億円は、県民1人あたり35,000円になります。
もし今からでも撤回できるのなら、2024年の滋賀県の国体は既存の施設の改修か、もしくは新しくても豪華なのではなく簡素な施設でやってもらいたいものです。

元経産省官僚で評論家の古賀茂明氏は、今後団塊の世代が後期高齢者になっていく中で、介護や医療などにかかる費用がどんどん増えていく。
こういう箱物にお金をかける事は建設業界が喜ぶだけで、もうやめた方がいいと述べていました。

なんとかならないのものですかね~(泣)

# by k2hair | 2019-02-15 14:09 | コラム | Trackback | Comments(0)

馬見岡綿向神社の神猪   

2019年 02月 13日
d0231858_1433656.jpg


綿向山に登頂した帰りに馬見岡綿向神社に参拝しました。
綿向山には何回も登っているのですが、その山頂には大嵩神社があります
d0231858_14362928.jpg


綿向山山頂の大嵩神社の里宮として遷し祀られたのが馬見岡綿向神社なのです
鳥居の造作が同じですね。
d0231858_14341860.jpg


馬見岡綿向神社のことは以前から知っていたのですが、どこにあるかは知りませんでした。
去年の暮れのニュースで馬見岡綿向神社の今年の干支の猪の巨大絵馬が奉納されたことが報道されていたので、一度行ってみたかったのです。

拝殿に掛けられた猪の巨大絵馬
十二年に一度、イノシシ年にだけこの絵馬を出すのだそうです
d0231858_14463575.jpg


滋賀県有形文化財の本殿
d0231858_14475073.jpg


御祭神は、天穂日命(あめのほひのみこと) 、 天夷鳥命(あめのひなどりのみこと) 、 武三熊大人命(たけみくまうしのみこと) で、より神様に近い本殿の裏側からの裏参りもできます。
d0231858_14512355.jpg


神様の使いとされる神猪、大きいです
d0231858_14553045.jpg


その由来とは
今からおおよそ1500年前の欽明天皇6年(西暦545年)、蒲生の豪族であった蒲生稲置三麿(がもうのいなぎみまろ)と山部連羽咋(やまべのむらじはぐい)が綿向山に猟に来てい時、一天にわかに掻き曇り大雪となった。
二人は岩陰で雪の止むのを待ち、外に出て見ると大きな猪の足跡を見つけたという。
夢中になって足跡を追いかけていくうちに、何時しか頂上と導かれ、そこに白髪の老人が現れた。
その老人は「私は古くに出雲の国よりこの山に来ているが、誰も気付かずにいる。
この山の頂に祠を建てて私を祀れ」と言って消えたという。
二人は早速このことを時の朝廷に奏聞し、この綿向山の神様の御託宣に従い祠を建て、四季のお祭りを勤めたと伝わる。
この謂われをもって、猪は綿向大神の神使いといわれ、御社殿や神輿、石灯籠などの装飾としても使われているのです。


触れてご利益があるという「撫でイノシシ」
d0231858_18294437.jpg


馬舎にいたのは御神馬像で、本物のお馬さんではありませんでした
d0231858_18354759.jpg


入母屋造りの社務所
d0231858_1837228.jpg


衝立の前の像は、おそらく日野町ゆかりの武将の蒲生氏郷公でしょうね
d0231858_1839748.jpg


馬見岡綿向神社は、私が思った以上に壮大でした。
この地を支配し近江日野城主として城下町を築いた蒲生家が氏神として庇護し、江戸時代には近江商人の中の1つの日野商人が出世開運の神として崇敬し立派な拝殿や絵馬殿・石灯籠・石橋などを寄進しました。

めっちゃ立派な馬見岡綿向神社は、日野商人の底力を内外に知らしめるための場所だったのかもしれません。

馬見岡綿向神社
滋賀県蒲生郡日野町村井705番地  場所はコチラ

# by k2hair | 2019-02-13 06:25 | | Trackback | Comments(0)

綿向山の霧氷 間に合いました~   

2019年 02月 12日
d0231858_13353623.jpg

毎年冬の1番寒い頃、滋賀県日野町の綿向山に霧氷が発生するのです。
ここ数年、毎年この時期に通っているのですが、今年も行ってきました。

綿向山の霧氷は、昨年関西ローカルの情報番組「ちちんぷいぷい」でも紹介されました

で、真冬の土日祝には多くの車が来て登山者陽駐車場がいっぱいになるほどなのです。
2月11日(月祝)に行ったので、車が駐車できないと困るのです。
林道に雪が降ってないのはリサーチ済みでしたので、登山口前の広場に車を置きました。
d0231858_1337563.jpg

この北畑林道は、動物避けのゲートで鎖のの開け締めが2箇所あり、落石や杉の枝がいっぱい落ちてますので、あまりおすすめできません。

朝8:15にスタートしました。

登山口のすぐそばにあるヒミズ谷出合小屋
d0231858_13372512.jpg


橋を渡ります
d0231858_13373846.jpg


ジグザグに杉林の中登って林道に飛び出すと、三合目です
d0231858_13375693.jpg


林道を右に進みますと、登山道は左に登って行きます
d0231858_13381115.jpg


あざみ小舎
五合目の小屋は満員でしたので、登った帰りにここでカップ麺を食べました
d0231858_1339461.jpg


登山道に雪が出てきました。
登山者に雪が踏み固められて、ツルツルに凍っていますので、ここで軽アイゼンを付けました
d0231858_13392165.jpg


五合目の小屋
休憩する多くの登山者でにぎわっています
d0231858_13393770.jpg


小屋の横から近江盆地が見えます。
近江富士と呼ばれる三上山もうっすらと見えています。
d0231858_1340126.jpg


杉林に根開き(ねあき)ができていました。
まるで春のようですね。
d0231858_13402767.jpg


七合目に着きました
ここは行者コバと呼ばれる場所です
d0231858_1340457.jpg


不動明王と役行者がおられます
d0231858_134112.jpg


ここから夏道は通行禁止です
d0231858_13412047.jpg


冬期専用の急な尾根ルートを登ります
d0231858_13415933.jpg


今年から冬期ルートの八合目の表示ができていました
d0231858_13424119.jpg


ブナ林です
d0231858_1343025.jpg


最近まとまった雪が降っていないようで、ガリガリに凍っています。
ただ、階段状に固まっていますので、アイゼンを装着していれば歩きやすいです。
d0231858_13431921.jpg


九合目、この辺から霧氷が現れだしました
d0231858_13434051.jpg


キレイです
d0231858_1344354.jpg


霧氷のアップ
霧氷とは、樹木に雲や霧の中に含まれる水滴などが付着して凍りついた物です。
気温が氷点下で、風の強い時に風上側に発生します。
d0231858_13445237.jpg


バックが青空だとキレイなんですけど・・・
d0231858_13451990.jpg


左に竜王山経由の別ルートをがあります。
そっちからも下山できるのですが、天気がイマイチなので今回は行ってません
d0231858_13454723.jpg


標高1110mの山頂にあるの大嵩神社の祠
山麓にある馬見岡綿向神社の奥之宮です。
d0231858_1346719.jpg

d0231858_13462538.jpg


綿向山より128m高い雨乞岳(標高1238m)の山頂は、ガスの中です
d0231858_13472269.jpg


山頂には霧氷はありませんでした。
風で落ちちゃったのかな?
d0231858_13474210.jpg


祝日ということで、多くの登山者に出会いました。
私は比較的早い時間に登頂できたので、九合目付近の霧氷はまだ残っていました。

霧氷は気温が高くなると溶けちゃうし、風が強すぎても吹き飛ばされてしまいます。
今年の冬は温かい日が多く、霧氷が見られるのも、あと僅かでしょうか?

なんとか今年も霧氷を見ることができて良かったです。

# by k2hair | 2019-02-12 14:00 | | Trackback | Comments(2)

龍鳳園 のドレス・ド・天津飯   

2019年 02月 09日
d0231858_1643833.jpg


去年に新しくできた龍鳳園の竜王本店に初めて行きました
d0231858_15435247.jpg


龍鳳園は近江八幡店が本店だったのですが、近江八幡店は1月20から2月21日まで休業中です(改装かな?)
アウトレット滋賀竜王の近くに昨年オープンした竜王店が、本店になってました。

人気ラーメン店の塩元帥竜王店と駐車場が共用でした
d0231858_1550544.jpg


4人掛けのテーブルがいくつかあって、個室もありました。
龍鳳園は、中国人のスタッフが多いお店ですが接客はいいですよ。

平日のみの中華一品ランチのメニュー800円(税別)
d0231858_15522348.jpg


青椒肉絲のランチを選びました。
巨大な唐揚げが1個付いています。
青椒肉絲は牛肉ではなく豚肉でした、味付はイマイチかな?
d0231858_15563678.jpg


選べるラーメンと飯類の組み合わせのラーメンセットメニュー900円(税別)
ピンぼけ御免m(_ _)m
d0231858_1601757.jpg


台湾ラーメンと天津飯のセットを選びました
天津飯は、「ドレス・ド・天津飯」仕様になっていました
d0231858_1632580.jpg


「ドレス・ド・天津飯」って何?と思われる方は、コチラを見てみて下さい。

ラーメンセットは、ガッツリ1人前のラーメンとご飯物のセットでかなりのボリュームです。
「ラーメンセット」と「中華一品ランチ」をもちろん1人で全部食べたのではなく、嫁さんとシェアして私が7割食べました。
もう、お腹いっぱいになりました(笑)

 「WEBサイトを見た!」と言えば1グループに餃子が1皿無料で提供されます
餃子、美味しかったです(^^)
d0231858_16332731.jpg


龍鳳園は人気の店のようで、平日の訪問でしたがお昼の12時を過ぎた頃から次々にお客さんが入ってきました。
ラーメンセットはいろいろな組み合わせが選べるので、また行ってみたいと思いました。

龍鳳園 竜王本店
滋賀県蒲生郡竜王町薬師1170-1   場所はコチラ
営業時間 ランチタイム11:00~14:30(LO14:30)
       17:00~23:30(LO23:30)
【年中無休】

# by k2hair | 2019-02-09 06:18 | ランチ | Trackback | Comments(0)

パーラー白薔薇 朝ドラ「まんぷく」   

2019年 02月 07日
朝ドラ「まんぷく」で、ヒロインの福子がアルバイトしている、加藤雅也が演じるパーラー白薔薇のマスターと牧瀬里穂が奥さんを演じる川上アキラ・しのぶ夫妻
d0231858_17563142.jpg


店の上には写真の額が掛かっています
d0231858_17544173.jpg


アップで見ると
d0231858_1758518.jpg


奥さんは元タカラジェンヌ。
マスターは俳優を目指してニューフェイスのオーディションを受けたが落ちて、俳優を諦めた過去があるのです。
2人とも裕福な家に育ち、夫婦の間には6人の子供がいるとのこと(驚)

奥さんが、お客さんから注文を聞きマスターに伝えます
d0231858_1811111.jpg


するとマスターはお客さんに確認します
「ユー アー スパゲッティー」
d0231858_18144898.jpg


お客さんの岡(中尾明慶)
d0231858_18161029.jpg


マスター「オッケー!」
d0231858_18164992.jpg


マスターは客から注文を受けると必ずこのルーティーンをするのです。

マスターにはこんなエピソードがあります。
福子の近所のママ友3人がパーラー白薔薇に来て、「萬平さんって信用組合の理事長からラーメン屋に落ちぶれちゃったのよ~!」と萬平の悪口を面白そうに話しているのが聞こえてきました。
マスターは、聞き捨てならなくなり、「おいっ、金は要らんから帰ってくれ~!」とママ友達を追い出しました。
マスターの奥さんも、萬平さんと福ちゃんの悪口を言われてカンカンに怒ってました。

見た目はチャラそうなマスターですが、萬平が即席ラーメンを完成することを心から応援しています。
福子の家計を心配していて、奥さんからマスターの小遣いをカットしてまでも福子のアルバイト料を上乗せすることも了承した(福子から辞退)心優しい人物なのです。

パーラー白薔薇のマスターは、朝ドラ「まんぷく」の登場人物で私が1番好きなキャストです(^^)

# by k2hair | 2019-02-07 18:44 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

伊勢おはらい町の絶品てこね寿し   

2019年 02月 02日
先日伊勢神宮にお詣りした後、門前町の「おはらい町」にある老舗料理屋の「すし久(きゅう)」で、てこね寿しをいただきました
d0231858_14275329.jpg


江戸時代はこの地ですし屋だったのを、明治から太平洋戦争の頃までは料理旅館をして営業されていたのがこの建物です。

戦後休業されていたのですが、平成元年に田舎料理屋として「すし久」が復活したのです。

靴を脱いで上がります
d0231858_1529646.jpg


広い座敷でいただきますが、一部テーブル席もありました。
夕方近くでしたのですいてました。
d0231858_15301710.jpg


窓の外には五十鈴川が見えます
d0231858_15312780.jpg


てこね寿し 梅 1280円
小鉢2品と赤出しが付きます
d0231858_15362662.jpg

お出汁の利いた赤出しは、アオサ海苔が入っていてめっちゃ美味しかったです。

「てこね寿し」とは、昔鰹漁に出たこの地方の漁師さんたちが、釣ったカツオの身を、船上で醤油漬けにし、 あらかじめ用意していた酢飯と混ぜあわせ、手で豪快に混ぜて食べたことからこの名が付いたそうです。

手桶風の器に入った混ぜ飯風の酢飯の上に、醤油漬けのカツオの切り身がけっこういっぱい乗っています。
生姜のガリ・大葉・刻み海苔が添えられています。
d0231858_15463251.jpg


すし久のてこね寿し、めっちゃ美味しかったです。
他にひつまぶし・麦とろろ・フライ膳・干物の定食もありました。
接客も素晴らしかったです。

すし久
三重県伊勢市宇治中之切町20 場所はコチラ
営業時間 10:30~19:30(LO19:00)
年中無休(ただし、毎月1日、末日、毎週火曜日の夜間営業は休み)


「おはらい町」と「おかげ横丁」もぶらぶらしました。
「おはらい町」とは旧参宮街道である「おはらい町通り」の事で、「おかげ横丁」はおはらい町の横丁から突き出した街の一角です。
d0231858_1605164.jpg


今は風情のある「おはらい町」ですが・・・
d0231858_16183814.jpg


昭和の頃はこんな感じで、あまりにぎわってなかったそうです
d0231858_16215375.jpg


これではアカンということで、当時の赤福の社長さんの呼びかけで、伊勢の伝統的な町並みの再生が始まりました。
まず電線を地中化し、路面を石畳化しました。
「赤福本店」や「すし久」のように元々古いお店もあるのですが、ほとんどの店はそうではなく妻入り建築風にデコレーションをしているそうです。

昔ながらの伝統的な町並みに改築してからは、おはらい町は大繁盛し「内宮よりも多くの人が滞在しているのでは?」と思えるほどの多くの人がいました。

赤福本店は築130年の明治の建物です。
お客さんが途切れることのない大繁盛店で、できたての手作りの赤福餅が店内で味わえます。
d0231858_1724757.jpg


五十鈴川郵便局
d0231858_179845.jpg


銀行のATMもこの通り
d0231858_17104521.jpg


おかげ横丁にも寄りました。
おかげ横丁は、平成5年に完成した赤福が仕掛ける小さな横丁商店街です。
「おかげ横丁」の名の由来は、伊勢まいりを意味する「お蔭まいり」と「商いを続けてこられたのは伊勢神宮のおかげ」という2つの意味が込められているそうです。

おかげ横丁のシンボルの太鼓櫓
d0231858_17345383.jpg


一番人気の伊勢うどんの店の「ふくすけ」
d0231858_17365978.jpg


おかげ座
d0231858_17382355.jpg


大黒さんの型で焼いたたい焼き風の「横丁焼きの店」
d0231858_1741171.jpg


赤福のカリスマ社長(当時)の鶴の一声で、おはらい町とおかげ横丁は見事に再生したのでした。
歩いていて楽しい街並みです。
人気がありすぎて、駐車場が足りていないのが残念ですが・・・

# by k2hair | 2019-02-02 07:10 | ご当地グルメ | Trackback | Comments(0)

久~しぶりの伊勢詣り   

2019年 01月 31日
d0231858_8221563.jpg

先日久~しぶりに、お伊勢さんに、お詣りに行ってきました。
伊勢神宮に前回行ったのは、小学校の修学旅行以来ですので「ン十年ぶり」です(^^)
今の関西の小学生の修学旅行で広島の平和記念公園に行くことが多いようですので、私達の世代とは違うんですね。

九州育ちの嫁さんは伊勢神宮には1度も行ったことがなく、前々から行きたいと申しておりましたが、お伊勢さんはめっちゃ混んでいると聞いておりましたので、今まで敬遠しておりました。

伊勢神宮には内宮(皇大神宮)と外宮(豊受大神宮)があって、まず外宮からお詣りするのが正しいそうです。

まずは外宮へ
北御門口の前の駐車場には空きがありました。

火除橋を渡って外宮に入ります。
d0231858_15345184.jpg


おごそかな雰囲気で、まさにパワースポットという感じですね
参道の真ん中は神様が通られる場所で、端っこを歩きます。
外宮では左側通行です。
d0231858_10351158.jpg


まずは正宮(しょうぐう)からお詣りするのが作法なのだそうです。
鳥居の下をくぐる前に拝礼してからくぐります。
この鳥居の中は撮影禁止です。
正宮は感謝を伝える場で、他の神社のように願い事をする場ではないそうです。
d0231858_177567.jpg


正宮に詣った後に別宮をお詣りします。
別宮遥拝所のそばに「三ツ石」と呼ばれる結界があります。
近年、パワースポットとして手をかざす方がいるそうですが、縄の内側は結界なのでそういう事をしたらアカンそうです。
d0231858_7422242.jpg


別宮では、願い事をしてもかまいません。

まずは 多賀宮(たかのみや)に詣りました。
滋賀県にある多賀大社(たがたいしゃ)とは違う神様のようです。
d0231858_17334672.jpg


2つ目の別宮、風宮(かぜのみや)
d0231858_6503337.jpg

もう1つの別宮の土宮(つちのみや)もすぐ近くにありました。

御厩(みうまや)にいた神馬
あまりにもじっとしているので、馬の置物かと思いましたが瞬きをしたので本物でした。
可愛いくてみんなに写真を撮られてましたが、めっちゃおりこうさんの神馬でした。
d0231858_820826.jpg


外宮に詣った後、内宮に向かいます。
伊勢詣りで外宮や内宮の片方だけ詣るのは、「片詣り」と言って神様に失礼なことなのだそうです。

外宮から内宮までは、車で10分ぐらいかかります。
内宮のまわりには市営の有料駐車場がたくさんあるのですが、平日の午後2時過ぎなのに内宮に近い駐車場はどこも満車で約1時間待ちでした。

で、私はココに駐車しました。
平日なので、辛うじて駐めることができました。

内宮には五十鈴川のにかかる宇治橋を渡って向かいます
d0231858_7273457.jpg


神苑と呼ばれる広い場所
内宮では、外宮と違って右側通行で歩きます
d0231858_7305366.jpg


手水舎に寄った後、五十鈴川の御手洗場でも手を浸し体を清めます
d0231858_7344351.jpg


冷たくてきれいな水です
d0231858_824721.jpg


内宮でも、まず真っ先に正宮をお詣りします。
内宮はかなり広く、正宮までかなり歩きます。
d0231858_8271986.jpg


正宮に着きました。
鳥居の中では撮影禁止です。
正宮では願い事をする場ではないので、感謝の気持ちを伝えます。
d0231858_8283532.jpg


伊勢神宮の境内には巨大杉が何本もありました。
まさにパワースポットです。
d0231858_9254664.jpg


弥生時代には一般的だった高床式倉庫の御稲御倉(みしねのみくら)
d0231858_10313579.jpg


別宮の荒祭宮(あらまつりのみや)
願い事はここで伝えます。
d0231858_1033769.jpg


立派な入母屋造の内宮神楽殿(ないぐうかぐらでん)
d0231858_114517.jpg


内宮ではもう桜が咲いていました(驚)
d0231858_11462213.jpg


江戸時代では伊勢詣りのことを「お蔭参り」と言い、一生の内に1度は行っておきたい一大行事だったのです。
東北や九州からも何日もかけて歩いてお詣りしたのですね。
外宮や広大な内宮の境内を歩くだけでもかなりの距離ですが、昔の人は遠路はるばる歩いて詣るとは凄いことだったのですね。

うちの嫁さんも初めての伊勢詣りできたので「長年の念願が叶った~!」と喜んでました。

# by k2hair | 2019-01-31 12:05 | | Trackback | Comments(0)

チキン野郎の台湾まぜそば   

2019年 01月 29日
彦根市にある「チキン野郎」というラーメン屋さんに行ってきました。
前から行きたかったのですが、初めての訪問です。
d0231858_16422337.jpg


メニュー
チキン野郎では、すべてのラーメンに「野郎」という名称が付きます(笑)
d0231858_16443672.jpg


「台湾まぜ野郎」という台湾まぜそばをいただきました
具材の肉はサイコロチャーシューではなく鶏ミンチ(かな?)でした。
d0231858_17132121.jpg


値段は850円でミニライス付きです
d0231858_1714650.jpg


まず、麺と具を混ぜまぜします
d0231858_17273794.jpg


具を残して麺だけいただきます。
そこにライスを投入して、さらに混ぜまぜします
d0231858_17292539.jpg


ラー油のピリッとした味わいだけではなく、山椒のしびれる感じの辛さも効いています。
まぜ麺と、まぜご飯の2種類の食べ方が味わえて、なんか得した感じです(^^)


らーめんチキン野郎   
滋賀県彦根市大藪町21-22 メゾンインペリアル 1F  場所はコチラ
営業時間 11:30~14:30 18:00~22:00
       土日祝11:30~22:00
定休日 火曜日

# by k2hair | 2019-01-29 06:21 | ラーメン | Trackback | Comments(0)

クビトバの奇跡   

2019年 01月 27日
昨日の全豪オープンテニスで、大坂なおみ選手が初優勝し、日本ではもちろん、アジア人初の女子テニス世界ランキング1位になりました
d0231858_1540343.jpg


大坂選手と決勝で戦ったチェコのクビトバ選手は、準決勝まで1セットも落とさずに勝ち上がってきました。
アメリカのコストナー選手との準決勝では第1セットを先取して、第2セットでは6-0とコストナー選手を全く寄せ付けない完勝でした。

決勝では、182cmのクビトバ選手の長身から繰り出すサウスポーのサーブに、大坂選手は前半苦しめられました。
第1セットをタイブレークの末、辛うじて大坂選手が奪います。

第2セットで大坂選手がマッチポイントを迎えたのですが、クビトバ選手にしぶとくしのがれ、逆にこのセットを落としてしまいます。

クビトバ選手は普段は感情を表に出さず、淡々とプレーしているのですが、ゲームの大事なところでポイントを獲った時には凄まじい気合を発します
第2セットを奪い獲ったった時のクビトバ選手のこの表情(驚)
d0231858_15461240.jpg


第3セットは大坂選手が6-4で奪い全豪オープンの頂点に立ちました
d0231858_15515647.jpg


皆さんご存知かもしれませんが、クビトバ選手は2011年と2014年に全英オープンで優勝しています。
しかし、2年前に自宅で不法侵入した刃物を持った強盗に襲撃され、利き手の左手に重傷を負いました。
人差し指は深く切れてブラブラになってしまうほどで、神経の手術を受けるほどの重症だったのです。
 ※その写真がコチラにありますが、気の弱い方は閲覧注意です

強盗が刃物で襲ってきた時に、とっさに利き手の左手で刃物を握りしめたのでしょうね。
これほどの大怪我をしながら復活し、4大大会の決勝まで勝ち上がってくるとはまさに奇跡です。

「ラケットをもう一度、握ることができるかわからなかった」、という感動のスピーチは、世界中から称賛されました。
さらに、大坂選手とそのチームの優勝をを称えるという品格も持ち合わせていたのです。
d0231858_1681571.jpg


大坂選手とクビトバ選手、この2人がこれからも世界の女子テニス界を牽引していくのでしょうね。
2人のさらなる活躍を期待します。

   大坂なおみさん、世界1おめでとう! 

# by k2hair | 2019-01-27 16:43 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

本格的な担々麺   

2019年 01月 25日
三重県亀山市の住宅街にある「中国名菜しらかわ」は、本格的な担々麺がいただけるという評判のお店です
中国料理のお店ですが、思いっきり和風の外観です。
d0231858_11342792.jpg


オーナーシェフの白川貴久さんは、「中華料理コンテスト・世界大会」に出場経験のある中国料理人です。
お店のフェイスブックによると、先週も中国に料理の研究に行かれていたようです。

入口近くにテーブル席が3卓ありましたが、奥の座敷に案内されました
d0231858_1226257.jpg


中国料理店なのに外には日本庭園が・・・
d0231858_12273116.jpg


ランチセットメニュー
d0231858_11381146.jpg


お店の人気No.1の担々麺セット 880円(税抜き) をいただきました。
サラダとライスが付いています。
d0231858_11422795.jpg


麺はやや細めですが、のびにくいタイプの麺でした
d0231858_11433197.jpg


担々麺は今までいろいろいただきましたが、初めて食べるタイプの担々麺でした。
肉はひき肉ではなく,肉塊を包丁で叩いたような肉片でした。
「中国名菜しらかわ」ではジビエも扱っているそうですが、この肉はもしかしたらイノシシなのか?

かなりしっかりとした味付けで、これが本場の味なのでしょうね。
担々麺セットはご飯がついてくるのですが、味が濃いのでご飯が欲しくなります。
私は、ご飯をおかわりしました(無料)

担々麺は、見た目は辛そうなのですが、食べてみたらそれほど辛くはありませんでした。
プラス300円で激辛に、プラス1000円で超超超超超激辛に変更できます。
今回は、普通の辛さでオーダーしました。

テーブルに置いてあった辣油を担々麺に掛けてみました。
右側は高麗人蔘酢(たぶん)で、サラダに掛けました。
d0231858_12242599.jpg


本場の四川では、担々麺は汁ありではなく、「汁なし担々麺」なのだそうです。
「中国名菜しらかわ」では、プラス200円で担々麺を「汁なし担々麺」に変更できるそうですが、そちらはけっこう辛いそうで、私は辛いものが好きな私は興味ありです。

焼餃子 5個 300円(税抜き)も追加でオーダーしました。
小ぶりですが、めっちゃ美味しかったです。
d0231858_16184318.jpg


今回は食べてませんが、1000円(税抜き)で料理の小鉢2品・サラダ・ライス・スープ・デザート付きのサービスランチもあり、そちらも魅力的ですね。

中国名菜しらかわ
三重県 亀山市みずほ台14-318  場所はコチラ
TEL 0595-83-0397  (席の予約可)
営業時間 【昼】11:30~14:30(ラストオーダー14:00)
       【夜】17:30~21:30(ラストオーダー21:00)
定休日:毎週水曜、日曜昼(夜は17:30から営業)
 ※臨時休業される場合もあるのでフェイスブックでチェックして下さい

# by k2hair | 2019-01-25 11:52 | ラーメン | Trackback | Comments(0)

マニアックな温泉   

2019年 01月 23日
三重県鈴鹿市にある「天然温泉 ロックの湯」という温泉に入ってきました
日帰り温泉としては、かなり大きな施設で、一見きれいに見えるのですが・・・
d0231858_2053358.jpg


ロックの湯には、15年ぐらい前に行ったことがあるのですが、当時とかなり様子が変わっていました。

入り口が自動ドアであるはずなのですが、故障で手動ドアに・・・
d0231858_2132656.jpg


2階に休憩室と食堂があったのですが、2階は閉鎖されていました。

かなり広い内湯
d0231858_218693.jpg


サウナと水風呂もあります。
写真の右端に飲泉所があります。
ロックの湯は、温泉としては珍しい「飲める温泉」なのです。
d0231858_21112475.jpg


湯船のまわりはヒノキだと思われる浴槽
温泉の成分が浴槽の木に付着して、もはや何の木なのか判らなくなっています。
d0231858_714145.jpg


温泉はごらんのように、うす茶色がかっています。
ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉の温泉で、けっこうな量がかけ流しされています。
すべすべした肌さわりのいいお湯です。
湯口には布の袋がかぶせられていて、黒っぽい湯の花を濾すフィルターの役割をはたしています。
d0231858_6575695.jpg


露天スペースの左には打たせ湯もあります。
露天風呂の湯口には袋がかぶさっていないので、湯船の下には黒い湯の花がいっぱい沈んでいます。
モール臭と言うそうですが、茶色っぽい温泉は天かすの入った広島焼きを焼いたような香り(驚)がします。
「ロックの湯」は露天風呂の岩(英語でロック)風呂が由来なのか?
ロック(音楽)がガンガン流れていることは全くありません(^^)
d0231858_21133587.jpg


ジェットバスは壊れているのか誰も入っていませんでした。
右端の電気風呂に恐る恐る入ってみると、こちらはちゃんと通電してました(^^)
d0231858_8181835.jpg


スチームの塩サウナも壊れているのか休止中でした。
シャワーのカランも出が悪いものがいくつかあります。
高温サウナは大丈夫でしたが、備え付けのテレビがめっちゃ小さい画面でした(笑)

前に行った頃に比べて施設はかなりくたびれた感じになりすいてはいましたが、常連のお客さんがそこそこ来ている感じです。

泉質が変わったのか、以前よりもお湯はパワーアップした印象でした。
源泉の温度はなんと51度で、内風呂は43度、露天風呂は41度にまで冷まして利用していて良く温まる温泉です。
しかも源泉かけ流しですし、飲泉できるというのも非常に有り難い事です。

「天然温泉ロックの湯」は、施設はちょっとアレですが、お湯は本当に素晴らしい温泉です。
ひなびた雰囲気も温泉マニアにはたまらない温泉だと思います。
d0231858_101463.jpg



天然温泉ロックの湯
三重県鈴鹿市三日市町1531 場所はコチラ
TEL 059-382-8887
営業時間 9:00~23:00
定休日:なし
入浴料:平日550円 土日祝600円
 ※施設の老朽化が原因なのか、料金は以前よりも値下げされていました

# by k2hair | 2019-01-23 09:57 | 温泉 | Trackback | Comments(0)

激辛とんテキ丼   

2019年 01月 19日
とある町で、ランチをいただく店を探していると、こんな店を見つけました
d0231858_12273648.jpg

とんテキ丼ののぼりが目に入ったのです(^^)

入店すると強面(こわもて)のおっちゃんが、一見客の私をジロリ。
すかさず愛想のいい、おばちゃんが「いらっしゃ~い、何にしましょう」とお水を・・・

定食類など色んなメニューがあったのですが、私は店の前ののぼりを見て「とんテキ丼」と心に決めていました。

メニューを見ると、辛さがノーマルの上に、
・中辛(ビールに最適)、
・大辛(挑戦者向け)、
・超辛(マニア向け要注意!)
 の4段階が選べると書いてありました。
 その下に注釈で、※DEATHソース使用と書いてあったのです。

私は辛いものが好きなので、まあ大丈夫だろうと、たかをくくって大辛(挑戦者向け)を注文しました、しかも大盛りで・・・
おばちゃん、「辛いけど大丈夫ですか?」
私、「辛いの好きなんです」
おじさんが私を再びジロリと見て、とんテキ丼を作りはじめました。

とんテキ丼が出てきました
d0231858_12393089.jpg

この店のとんテキ丼は、私が想像していたヴィジュアルとはかなり違いました

とんてきというと、三重県四日市市の来来憲が有名です。
その店をインスパイアした「大阪トンテキ」はいただいたことがあります。
d0231858_13454911.jpg


こういうでっかいとんテキが乗っかっているのかと、勝手に思ってました。
まず、豚肉を一切れ食べてみて、「ちょっと辛いぐらいやん」と思ったのですが・・・
豚肉は、噛み切れないほど固いです。
そして10秒後ぐらいにお口の中が「ヒーハー」状態になりました。
汗がドバドバ吹き出してきます。

タレのかかったご飯まで辛いです。
ていうか、だんだん辛すぎて美味しいとかまずいとかの味が判らない状態になりました。
乗っかているキャベツの千切りも付け合せのマヨスパも辛く感じてきました。
最後は流し込んで、なんとか残さずに完食できました。

そういえば、メニューにDeathソース使用と書いてありました。
Deathって「死」やん!

デスソースって調べてみたら、アメリカの激辛ソースでドクロラベルにドクロのマスコットが付いてくるソースだったのです
d0231858_14255573.jpg

名前の由来は、このソースが原因で心臓発作による死者が出たことによるそうです(驚)

どうりで辛いはずでした(^^)

# by k2hair | 2019-01-19 14:39 | B級グルメ | Trackback | Comments(0)

絶景! 雪の霊仙山   

2019年 01月 15日
快晴の昨日、滋賀県米原市と多賀町にまたがる霊仙山に登ってきました
d0231858_7103291.jpg


米原市の醒井養鱒場から林道を4km弱進んだ標高382mのところに登山口があります。
今年は雪が少ないらしく、ここまで車で上ることができましたが、所々凍結している場所もあります。
d0231858_8223843.jpg


ここに休憩小屋があって、そちらに行きそうになりますが、本当の登山口は林道を100mほど進んだところにあります
d0231858_8282276.jpg

d0231858_10514034.jpg


今は廃村となっていますが、かつてここは榑ヶ畑という集落がありました。
石垣はその名残です。
d0231858_10532245.jpg


小屋があります。
無雪期が流水で冷やした缶ジュースの無人販売があるのですが、冬期はやっていません。
d0231858_11253620.jpg


雪が融けてドロドロになっている所があります
d0231858_1126336.jpg


ひと登りで汗拭き峠に着きました。
ここは2合目です。
d0231858_11282199.jpg


いい感じの尾根道です。
日当たりがいいので雪はありませんでした。
d0231858_1130361.jpg


5合目の見晴台に着きました。
ここで初めて琵琶湖が見えます。
d0231858_11314055.jpg


この辺から雪が多くなってきました
秋の台風で木が折れています
この先、ジグザグの急斜面になります。
d0231858_11331296.jpg


オブジェのような木が青空と雲に映えています
d0231858_11352263.jpg


山頂台地に上がってきました
d0231858_11363035.jpg


お猿岩のある7合目
お猿岩は雪の下です
d0231858_11381538.jpg


頑張って登ってきた小学生の女の子が、かわいい雪だるまを作っていました
d0231858_11394163.jpg


琵琶湖が見えます
d0231858_11423885.jpg


誰かが踏み抜いた穴がありました。
80センチぐらい掘れています。
d0231858_11441337.jpg


気持ちのいい、のびやかな景色です
d0231858_114552100.jpg


左に見えるのが経塚山、右奥が山頂です
d0231858_11484234.jpg


カレンフェルトという石灰岩が林立している場所
d0231858_11502444.jpg


正面に見えるのが山頂で左奥が霊仙山の最高点です
d0231858_11534571.jpg


経塚山に着きました、ここは9合目です。
このあたりからめちゃくちゃ風が強く寒いです
d0231858_11564966.jpg


経塚山から少し下りた所に避難小屋があります
d0231858_11581137.jpg


まず、霊仙山の最高点を目指します。
風の通り道で、雪が吹き飛ばされています。
d0231858_12314572.jpg


霊仙山の最高点(標高1094m)に着きました。
ここのほうが山頂よりも10mほど標高が高いです。
岐阜方面の濃尾平野が見えます
その奥に御嶽山と乗鞍岳が写ってましたが、風が強すぎて気がつきませんでした。
d0231858_12551382.jpg


最高点から多賀町の今畑方面につづく西南尾根
d0231858_12585468.jpg


霊仙山の山頂に向かいます
d0231858_1314988.jpg


霊仙山の山頂(標高1083.5m)に着きました
d0231858_1355427.jpg


滋賀県最高峰の伊吹山
d0231858_1373154.jpg


その左に滋賀県で2番めに高い金糞岳
d0231858_1382490.jpg


霧氷に覆い隠されそうな木がありました
d0231858_13102019.jpg

d0231858_13105257.jpg


帰りは高塚山には寄らず、谷沿いにいく冬ルートで下りました。
しばらく行って、右側の通常ルートに合流して下山しました。
d0231858_13143134.jpg


霊仙山には何回か登っているのですが、冬に登るのは初めてでした。
山頂付近は風が強かったのですが、晴天に恵まれ素晴らしい景色を観ることができて大満足の山行でした。

# by k2hair | 2019-01-15 13:28 | | Trackback | Comments(4)