ボヘミアン・ラプソディの高音パートを歌っているのは?   

2018年 12月 06日
3回続けてボヘミアン・ラプソディのネタです(^^)

映画「ボヘミアン・ラプソディ」の中で、クイーンの代表曲と言われる「ボヘミアン・ラプソディ」を制作している場面がありました。

まるでオペラのようなコーラスの部分は、メンバーがテープに20回以上も録音を繰りかえして作られました。

リード・ヴォーカルのフレディー・マーキュリーは、4オクターブの音域を持つ歌手と言われていましたが、ボヘミアン・ラプソディの1番高い声のパートを歌っているのはフレディーではなく、ドラム担当のロジャー・テイラーなのです。
d0231858_17185662.jpg
「ボヘミアン・ラプソディ」のビデオの4:10頃にロジャーが高いパートを歌う場面があります

映画「ボヘミアン・ラプソディ」でもロジャーが何回も繰り返してこのパートを歌い直して疲れきってぐったりする場面がありました。

「ボヘミアン・ラプソディ」も入っている、クイーンの最高傑作と言われる4枚目のアルバムの『オペラ座の夜』の中に、ロジャー・テイラーがリード・ヴォーカルをとっている「I'm In Love With My Car 」という曲があります

ロジャーは、顔に似合わずハスキーでいかつい歌声の持ち主です。
私はこの曲が好きで、数多いクイーンの曲の中でも個人的には最上位クラスに位置する曲です。

ロジャー・テイラーは、色男ですので映画「ボヘミアン・ラプソディ」の中でもめっちゃ女の子にもてている場面がありました。

ところが、ロジャーは「I Want to Break Free」という曲のPVでは女装しています
d0231858_17252740.jpg
これじゃぁフレディーのように男性にもモテそうですが、実際はどうだったんでしょうね(^^)

by k2hair | 2018-12-06 23:06 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://k2hair.exblog.jp/tb/27256010
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。