ハロウィン狂騒曲   

2018年 11月 01日
ハロウィンの10月31日、渋谷駅前はハロウィンに集まった大勢の人達で大混乱し、13人もの逮捕者が出ました。

先週末には、軽トラックがハロウィンに集まった若者達に横転させられる騒動がありました
d0231858_11494398.jpg

(ゆうきゆうさん撮影)

仮装して乱痴気騒ぎを起こすのが日本ではハロウィンと勘違いされてますが、アメリカでは子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習なのだそうです。

ハロウィンに人々が集まった渋谷のお店の経営者や働く人や住人にとって、これほど迷惑な騒ぎはないのでしょうね。
翌朝には、残されたゴミやお酒の瓶や缶が散乱していて、同じ日本人として恥ずかしい限りです。

こうなったら、来年からは渋谷区などの自治体が主催して、神宮球場とかの大きな会場に集めて開催しないと収集がつかないと思います。


ところで、ハロウィンと言えば私が思いつくのはハロウィンというドイツのバンドです。
1987年にリリースされた『守護神伝 -第一章-』の中にはバンド名の「Halloween」という曲が収録されています。

13分23秒と長くて騒さいビデオですので、最初から観ると疲れますので、11分10秒ぐらいから観てもらっても「ハロウィン狂騒曲」の感じが出ています。




もう30年以上も前の映像なのですが、当時若くて細かったヴォーカルのマイケル・キスクはこんなになっちゃいました(驚)
d0231858_12133195.jpg

時代の流れを感じます。
[PR]

by k2hair | 2018-11-01 12:43 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://k2hair.exblog.jp/tb/27195593
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。