佐和山散策   

2018年 09月 06日
d0231858_15181581.jpg

戦国時代の武将石田三成の居城があった、滋賀県彦根市の佐和山に登ってきました。
佐和山にはかつて立派な石垣のある佐和山城がありました。

若くして佐和山城の城主になった石田三成は、こう言われました。
「三成に過ぎたるものが二つあり、島の左近に佐和山の城」
佐和山城は、そう言われたほどの名城であったのです。
島の左近とは、三成の禄高4万石のうちの半分の2万石という破格の禄高で家来に迎え入れられた名将、島左近の事です。

井伊家の菩提寺のある龍潭寺(りょうたんじ)の前に大きな東山観光駐車場がありキレイなトイレもあります  場所
d0231858_7432898.jpg


龍潭寺の門
d0231858_11543472.jpg


門の右側に佐和山ハイキングコースの入り口があります
d0231858_12313785.jpg


石田三成の銅像
d0231858_12325860.jpg


このあたりモミジがたくさん植わっていて秋の紅葉はキレイでしょう
d0231858_12341557.jpg


階段を登ると山門が
d0231858_12371696.jpg


佐和山城址への地図
ここから先は龍潭寺の拝観時間外は通行禁止になります
拝観時間:9時から16時
d0231858_1239349.jpg


山門の中にもモミジがあります
d0231858_12425439.jpg


左手に龍潭寺の方丈(ほうじょう)があって拝観できます(有料)
d0231858_12452658.jpg


七福神
d0231858_12464412.jpg


墓地の中を通ります
d0231858_12475879.jpg


ホンマでっか~?
d0231858_12481729.jpg


墓地を通り抜けると山道が始まります
d0231858_12495790.jpg


登山道ですのでサンダルでは無理っ!
d0231858_12521286.jpg


切通しと呼ばれる場所で尾根に出ました。
山頂へは右へ
d0231858_12544291.jpg


しばらくは平坦な道です
d0231858_12553612.jpg


出会いたくない!
d0231858_1256399.jpg


広い場所に出ました
西の丸です
d0231858_12581427.jpg


竹林、この辺は西の丸の中段になります
d0231858_1259765.jpg


最後の登り
d0231858_1314153.jpg


佐和山城址(標高233m)に着きました
d0231858_1334958.jpg


山頂付近は結構広いです
d0231858_1372865.jpg


佐和山城址は、木陰でベンチもたくさんあります
d0231858_1391664.jpg


雲がかかっていますが、滋賀県で1番高い伊吹山
d0231858_13101215.jpg


真ん中右が滋賀県で2番目の金糞岳
d0231858_13121560.jpg


琵琶湖で1番大きな沖島
d0231858_1313484.jpg


彦根沖に浮かぶ多景島(たけしま)
d0231858_13161630.jpg


琵琶湖がキレイ
d0231858_13171934.jpg


近江富士の三上山
d0231858_1318619.jpg


彦根城を見下ろす
d0231858_1318414.jpg


龍潭寺に戻りました
d0231858_13195350.jpg


龍潭寺で出会った花
d0231858_6122516.jpg

d0231858_6125946.jpg

d0231858_6132916.jpg

d0231858_613549.jpg



佐和山城は、石田三成が関ヶ原の戦いで敗れた後落城します。
石垣は後に井伊直継が入城した彦根城に再利用されたので、佐和山城址には石垣はほとんどありませんでした。

関ヶ原の戦いで、小早川秀秋の裏切りが無ければ西軍が勝利していたかもしれないと言われています。
もし西軍が勝利していれば、間違いなく歴史が変わっていたでしょう。
そしたら今頃大阪が首都になっていたのでしょうね。

佐和山城址へは龍潭寺から20分ほどで着きます。
墓地を過ぎると山道になりますので靴はせめてスニカー、もしくはトレッキングシューズのほうが歩きやすいです。

by k2hair | 2018-09-06 22:17 | | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://k2hair.exblog.jp/tb/27093846
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。