居酒屋 赤坂自民亭   

2018年 07月 11日
居酒屋「赤坂自民亭」、もう多くの国民が知っているかと思いますが、そんな名前のお店はありません。

「赤坂自民亭」とは、自民党の7期生が中心になって赤坂宿舎で3か月に1回、酒やつまみや料理をそれぞれが持ち込みで開催される宴会のことです。

亭主は竹下亘自民党総務会長で、女将は上川陽子法務大臣で、先日の7月5日に約30回目の「赤坂自民亭」が開催されました。

この日のメインゲストは安倍総理、岸田文雄政調会長も参加し、めっちゃ楽しそうな雰囲気です
(写真は内閣官房副長官の西村やすとし氏のツイッターより)
d0231858_656311.jpg


この「赤坂自民亭」が開催された7月5日の午後2時、気象庁から重大な発表がありました

西日本と東日本では、記録的な大雨となるおそれがあります。
西日本から東日本にかけて、台風第7号の影響や、太平洋高気圧の縁に沿って暖かく湿った空気が流れ込み、梅雨前線の活動が活発になり、広い範囲で大雨が続いています。
この状況は、8日頃にかけて続く見込みです。
非常に激しい雨が断続的に数日間降り続き、記録的な大雨となるおそれがあります。


5日の時点では発令されていませんでしたが、今後間違いなく特別警報を発表するという事が読み取れます。

5日から8日頃まで記録的な大雨が降り続くと発表しています。
5日には高知県馬路村で24時間雨量469mmというとてつもない大雨が降っていますし、京都の嵐山の渡月橋でも大量の川の水が荒れ狂ってあふれそうな様子が度々中継されていました。


こういう状況の中の5日午後7時に「赤坂自民亭」は開催されました。

驚くことに「赤坂自民亭」の女将の上川陽子法務大臣の命令で、オウム真理教の死刑囚7名の死刑が、その翌日6日の早朝に執行されました。
死刑執行日の前日に、宴会の女将をかって出るとは上川陽子法務大臣はどういう神経をしてるんでしょうね?

記録的な西日本の豪雨の被害はその後広がり、今朝までに分かっているのは死者162人、行方不明57人と平成最悪の被害が出ています。
豪雨によって破壊された流域のインフラの被害は東日本大震災の被害に迫るのではないでしょうか。

安倍総理が「赤坂自民亭」に持ち寄ったのは、地元山口県の銘酒「獺祭(だっさい)」でした。
その蔵元の旭酒造も豪雨で甚大な被害を受け、当分の間休業することになりました。

国の舵を取る方々がこのように危機感が全然ないようで、この国の行く末が本当に心配です。

by k2hair | 2018-07-11 08:06 | コラム | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://k2hair.exblog.jp/tb/26977773
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。