美山かやぶきの里へ   

2018年 06月 18日
昨日は、第3日曜日でお休みを頂いておりました。
で、父の日でもあります。

私の父を連れて京都府南丹市の美山町へ行ってきました。

今は同居しておりますが、近江八幡市に来る前は父と母はずっと京都市に住んでおりました。
父の趣味は鮎釣りで、美山町の美山川にはしょっちゅ行ってました。
父はもう今は年老いて鮎釣りなどできませんが、美山川の流れを見せてあげようと思い、連れて行きました。

私も子供の頃に父に連れられて、美山川で鮎釣りをしたことがあるのです。
当時は、なんにも無いのどかな田舎でした。

昔は茅葺きの家なんてどこの田舎にもありましたが、美山町北地区では、積極的に茅葺きの家を保存して守り続けているのです。
d0231858_635944.jpg

d0231858_642196.jpg


地面が舗装されていなかったら、昔にタイムスリップしたような風景です
d0231858_673123.jpg


昔懐かしいポストがよく似合います
d0231858_685273.jpg


茅葺きの家を火事から守る放水銃がこの箱の中にあります
d0231858_6125251.jpg


バス停も昔風です
d0231858_693042.jpg


その美山の里がえらいことになっています
凄い人と車とバイクの数です
d0231858_6112020.jpg


おそらくここに移築したのでしょう。
茅葺きのお蕎麦屋さんの中はお客さんでいっぱいでした。
d0231858_6145449.jpg


久しぶりに訪れた美山の里は、人がごった返す観光地になってました。

父が、鮎釣りによく通った美山川
きれいな流れは、今も昔も変わりませんが、里の変遷ぶりには父も驚いておりました。
d0231858_655187.jpg


美山町へは、京都からはいい道の国道162号線で行けますが、滋賀から向かうとなるとけっこう大変なのです。

琵琶湖大橋を渡り、朽木に向かう途中の梅の木という所から久多峠・佐々里峠を超えて美山町へ行きました。
帰りは国道162号線から京北町を経由して国道477号線で花背峠・百井峠・途中越を経由しました。
帰りの百井峠の前後は国道(酷道)マニアにも有名なひどい道で、父もビビっておりました。

往復共に狭い、急坂・急カーブの山道で、180kmものルートは、年老いた父には疲れるドライブだったかもしれませんが、昔懐かしい美山川に連れて行くことができて、ちょこっとだけ親孝行ができたのかな?

by k2hair | 2018-06-18 06:55 | | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://k2hair.exblog.jp/tb/26917422
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。