源泉かけ流し 養老温泉 ゆせんの里   

2018年 06月 13日
養老温泉 ゆせんの里に行ってきました。
「ホテルなでしこ」に併設された日帰り温泉施設です。

ちょっとわかりにくい場所にあるので、スマホのグーグル・マップに導かれて行ったのですが、「ゆせんの里 本館」ではなく、ホテルなでしこの駐車場のほうに間違えて行ってしまいました。
d0231858_6592351.jpg


こちらには入浴料が1500円の温熱療法館があるのですが、私が行きたかったのは本館の方ですので、もう1度車に乗って移動しました。
ドーム状の建物は、温熱療法館の韓国式汗蒸幕(ハンジュマク)です。

移動しまして、こちらが養老温泉 ゆせんの里 本館です
d0231858_732387.jpg


フロントで受付をして浴場に入ります
d0231858_745133.jpg


ここから中は撮影禁止なのでHPの写真です
d0231858_746454.png


内湯には、源泉を沸かした高温風呂(42℃)と、源泉かけ流しの低温風呂(38℃)と水風呂(17℃)があります。
d0231858_80550.png


露天風呂(42℃)
d0231858_7562830.png


露天風呂の庭がめっちゃキレイでしたので写真を撮らせてもらいました。
養老山が後ろに見えています。
d0231858_831430.jpg


テレビ付きのサウナ
d0231858_7571420.png


源泉は、地下約1,700mから湧き出るカルシウム・ナトリウム塩化物泉です。
やや緑がかった茶色の温泉で、鉄分もはいっているのか鉄さびの香りがほのかにします。

内風呂のぬるい方の浴槽が、源泉かけ流しで私は主にそちらに入っていました。
加温している浴槽も循環はしておらず、かけ流しなのだそうです。

温泉が茶色がかった鉄さび臭で体に匂いが付くので、湯船から上った後で体を洗いました。
でも、よく温まる温泉だと思います。

こんな部屋があるとは私は気が付かなかったのですが、リラックスゾーンもあったようです
d0231858_759297.png


この温泉の存在を私は知らなかったのですが、温泉のお客さんと話していたら彦根から来る人もいるとおっしゃってました。
駐車場には、尾張小牧ナンバーの車もあり愛知県から来るお客さんもいるようですね。

受付の時に、7月31日まで使えるクーポン券をもらいました
d0231858_1092681.jpg


私は入ってませんが、本館とは別の場所にある温熱療法館は、基本コース(館内着タオルセット付)は、韓国式汗蒸幕(ハンジュマク)・療法浴場さらさ(水着着用の白湯の混浴)・紫雲の湯(天然温泉)です。

韓国式汗蒸幕の内部
d0231858_1019458.png

d0231858_1023790.png


もらったクーポン利用で1500円の温泉療法館が500円割引きになるので、1000円なら行ってみたいですね。

養老温泉 ゆせんの里 ホテルなでしこ
〒503-1316 岐阜県養老郡養老町押越1522-1  場所
電話:0584-34-1313

本館 
営業時間 8:00~22:00 (最終入館 21:30)  
定休日:毎月第2木曜日
利用料 平日700円 土日祝800円 朝10時までの入館550円

温熱療法館  ※小学生以下利用不可
営業時間10:00~23:00(最終入館 21:00)
利用料 1500円
[PR]

by k2hair | 2018-06-13 06:38 | 温泉 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://k2hair.exblog.jp/tb/26892698
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。