岐阜でのちょっといい話   

2018年 06月 03日
うちのお客さんが、去年の夏に岐阜市に行かれた時の話です。

岐阜県庁に用があって、電車で西岐阜駅まで行かれました。

そこから歩いて行くつもりで、近くにいたおばさんに道を尋ねました。

おばさん「歩いたら30分ぐらいかかるわよ。 こんな暑い日に歩いて行ったら熱中症になるわよ。 私の車に乗っていきなさい!」

「大丈夫です、歩いて行きますので・・・」

「いいから乗っていきなさい!」
おばさんは強く言います。

「じゃあ・・・お言葉に甘えて乗せていただきます」
と、仕方なくお客さんは、おばさんの車に乗せてもらいました。

すぐに車は岐阜県庁に着きました。

お客さん「ありがとうございました、お礼をさせていただきます」
と言うと・・・

おばさんは「お礼なんて、そんなの私が勝手に送っていったのだからダメ!」
と、まったく受け付けてもらえません。

お客さんが困っていたら
「じゃあ、もしあなたが今度困っている人に出会ったら、あなたもその人を助けてあげて!」
と言って、車は走り去って行きました。

お客さんは、今まで岐阜に行ったことがほとんど無かったそうです。
でも、岐阜で出会ったおばさんの優しさにふれ、
「岐阜が大好きになった」とおっしゃってました。
[PR]

by k2hair | 2018-06-03 07:18 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://k2hair.exblog.jp/tb/26853679
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。