It's a 翔 time   

2018年 04月 10日
なんという選手なんでしょう!
大谷翔平選手が、また凄い事をやらかしました。

ヒーロー・インタビューの大谷選手
d0231858_641869.jpg


昨日はお店の休みで、朝から早起きして大谷翔平選手が、始めてエンジェルスの地元で先発するピッチングをNHKのBSで見ておりました。

大谷選手は、昨日の試合、6回までにバッタバッタと毎回の11個の奪三振を奪うパーフェクト・ピッチングで、1人のランナーも出しませんでした。
どえらい事が起こりそうな予感がします。

こういう時、メジャーリーグではピッチャーにプレッシャーを与えないように、誰も話しかけなくするのが恒例なんだそうです。

7回に入って、先頭打者にいきなりライナー性のあたりを打たれましたが、幸いショートの正面に飛ぶショートライナーで1アウト。
そして、2人目の打者にこの試合始めてのヒットをレフト前に打たれました。

この時点で、パーフェクトもノーヒット・ノーランもなくなりましたが、観客はこれまでの大谷選手の素晴らしいピッチングにスタンディングオベーションを送リました。
日本の観客だと落胆しそうなものですが、こういう事がアメリカらしい応援の仕方だなぁと関心しました。

大谷選手は気落ちしたのか、次の打者には制球が全く定まらずにフォアボールで1アウト1・2塁。
その次の打者はピッチャーゴロで、ランナーが進塁して2アウト2・3塁。

相手の得点圏のピンチでしたが、最後はこの日冴えていたスプリットが見事に決まって空振りの三振に仕留めました。
d0231858_70244.jpg


ここまで投げたのは91球で、大谷選手は7回でマウンドを下りました。
アメリカでは、先発選手が完投することは、記録がかかっている場合以外はほとんど無く、100球までで降板するのが慣例です。

昨日の成績
d0231858_7231924.jpg



アメリカのボールは日本の物に比べてかなり滑るボールで、大谷選手は上手く対応できずにオープン戦では打たれまくりました。

ところが、昨日こんなシーンを見つけたんです
d0231858_714508.jpg


ほんの一瞬でしたが、指をペロッと舐めています。
投球中にも、右手の拳にむかって盛んに咳払いをするシーンを見ました。
たぶん、咳をしたフリをして、ツバキを吹きかけているのではないかと・・・

アメリカの投手の中には、帽子のツバの裏側に松ヤニを塗ってそこに指をやって滑り止めにする選手もいますし、露骨に指をペロペロする選手もいます。
メジャーで活躍するためには、そういった技も身に着けないといけないのですね(^^)

大谷選手は、今や地元で大人気ですね。
エンジェルスファンの青いカツラの男性
d0231858_772036.jpg


手に持った旗をアップで見ると
d0231858_78196.jpg


    翔 TIME !

大谷選手は、アメリカン・リーグの週間MVPに選ばれました。
彼の活躍を全米のみならず、世界中が注目しています。
ショウヘイ・オオタニは、今や日本の「大谷翔平」ではなく、世界の「ショウヘイ・オオタニ」になったのです。
[PR]

by k2hair | 2018-04-10 07:26 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://k2hair.exblog.jp/tb/26649902
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。