綿向山で霧氷ウォッチングのはずが・・・   

2018年 01月 17日
d0231858_17554160.jpg


晴天に恵まれた1月15日(月)、綿向山に霧氷ウォッチングに行きました。
綿向山は鈴鹿山脈の滋賀県側にある山で、霧氷を見るために他府県からも多くの登山者が訪れる人気の山です。

私は毎年霧氷を見るために、綿向山に登っているのですが、今回嫁さんも連れていきました。
嫁さんは、冬の綿向山は初めてです。

御幸橋駐車場に車を駐めてスタートします   場所
この写真は帰りに撮りました、なんと最後の1台です。
登る前に駐車した時には15台ぐらい駐まっていました。
嫁さんと一緒だと、とにかく出発が遅いのです(泣)
d0231858_18203546.jpg


林道を歩き
d0231858_18435261.jpg


巨大堰堤の横を登り
d0231858_18445737.jpg


北畑林道はツルツルに凍っていることが多いので、最初から軽アイゼンを着けて歩きました。
d0231858_18463389.jpg


駐車場から1.3kmほど歩いて、ヒミズ谷出合小屋に着きました。
無雪期はここが登山口になります。
d0231858_1857116.jpg


杉林のなかをジグザグに登っていきます
d0231858_18591370.jpg


やっと1合目ですが、ここまでけっこう距離があります
d0231858_191296.jpg


3合目で林道に合流します
d0231858_19252100.jpg


80mほど林道を歩いて再び山道へ上がります
d0231858_19533.jpg


林の中にアザミ小舎があります
d0231858_19636100.jpg


可愛らしい五合目小屋
d0231858_1973990.jpg


ここからは近江富士と呼ばれる三上山や琵琶湖が見えます
d0231858_79148.jpg


寒い時や雨の日は小屋の中で休憩できます
d0231858_741030.jpg


小屋の裏にはベンチとテーブルがあり、この日はいい天気でしたので私たちはここで食事をしました。
d0231858_772128.jpg


行者コバと言われる7合目
5合目からはあっけなく着きました
d0231858_7185814.jpg


一般ルートは雪崩の危険があるので、ここからは尾根にある冬季ルートを行きます。
この日の雪の状態ではアイゼンが無いと厳しいです。
d0231858_7213538.jpg


晴天の中、かなりの急斜面を登ります
d0231858_7235620.jpg


急坂と登りきると、竜王山からのルートに合流しました
d0231858_7263482.jpg


すぐに山頂です
d0231858_72805.jpg


正面に鈴鹿山脈で2番目に高い雨乞岳とその右に鈴鹿のマッターホルンを呼ばれる鎌ヶ岳が見えます
d0231858_7304229.jpg


北には鈴鹿山脈で1番高い御池岳
d0231858_7414630.jpg


南尾根にある1本だけあるオブジェのような木
d0231858_16502298.jpg


山頂をあとにし、竜王山方面へのルートに少しだけ進みます。
ここは雪庇が発生する場所です。
d0231858_749312.jpg


ブナの珍変木の看板があります
d0231858_7515789.jpg


くぐると幸福になると書いてあるのでくぐってきました
d0231858_7531737.jpg


よく見ると、霧氷のかけらが雪の上にたくさん落ちていました。
d0231858_7562992.jpg


帰りは竜王山の方面へは進まず、もと来たルートを戻りました。

残念ながら、この日は楽しみにしていた霧氷は見られませんでした。
午前中の山頂近くには、少しあったそうです(泣)
でも遅く出発したおかげで、途中から天気がめっちゃ良くなってきて、素晴らしい青空と雪山の景色を見ることができたので、「良し」としましょう!


これは、昨年に撮影した山頂の霧氷
d0231858_9231128.jpg



帰りに林道から見た夕日が、また素晴らしかった~
d0231858_821425.jpg

by k2hair | 2018-01-17 09:24 | | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://k2hair.exblog.jp/tb/26358788
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。