マダニに咬まれる   

2014年 06月 06日
マダニというのは家庭にいる小さいイエダニと違って、野山にいるダニで、大きさも普通は3mmぐらいなのですが、人や動物に咬みついて血を吸うと大きくふくれて1cmぐらいになるそうです。
d0231858_6431170.jpg


昨日の朝太ももに、かさぶたができていると思ってよく見ると、足のような物が出ています。
     「ゲッ!!」 
d0231858_6424332.jpg

                                写真はイメージです!

見つけた時に写真を撮る余裕などなく、すぐに取り除きティッシュで潰して殺りました。
幸い咬みつかれてからそれほど時間が経ってなかったようで、簡単にとれました。
月曜日に天然の葉わさびを採りにヤブに突入してきたのですが、リュックや山菜かごに付いてマダニを持ち帰ってきたのかもしれません。

10年以上前に、うちの次男が小さい頃山登り中に転んでマダニに背中を咬みつかれました。
気が付いたのは次の日でその時にマダニを取ったのですが、頭が背中に残って取れなくなって結局外科の病院に行ってメスで切って取ってもらいました。

私も昨日皮膚科に行って、抗生物質を処方してもらいました。
咬まれたところから毒が入ったのか、押さえるとまだちょっと痛いです。

ここ数年マダニによる感染症で、重症熱性血小板減少症候群で亡くなった人が西日本を中心に数人出ていると報道されていました、お~怖っ!

これから山菜を採るのも命がけですね。

by k2hair | 2014-06-06 07:14 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://k2hair.exblog.jp/tb/20782485
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。