キムラ緑子さん「スタジオパークからこんにちは」に出演   

2013年 11月 13日
朝ドラ「ごちそうさん」で主人公のめ以子を強烈にいびる小姑の和枝を演じるキムラ緑子さんが登場しました。
d0231858_14421255.jpg


「ごちそうさん」では、怖~い小姑の役です。
まったく笑いません。
d0231858_1455472.jpg

司会の伊藤アナは、キムラさんを「いけず」役をやらせたら日本一と称えていました。
「いけず」とは関西で、けっこうきつい意味の「意地悪」という意味です
「いけず」役がハマっているドラマは間違いなく面白いと私は常々思っております。

そんなキムラさんですが、本当は明るい人なんです。
ドラマと全然感じが違いますね。
d0231858_14592859.jpg


主人公の杏さんがキムラさんについてインタビューを受けました
d0231858_1513255.jpg

キムラさんは現場の盛りたて役なのだそうです。
キムラさんの「いけず」のシーンにスタッフのみんなが絶賛なのだそうです。

「いけず」のシーン
め以子が、洋食屋の父親仕込みのメンチカツを作ってふるまったのですが、小姑の和枝は西門家の料理と違うものが出てきて気に入りません。
d0231858_15143553.jpg

和枝さん、「こんなもん食べられまへん」とお膳をひっくり返します。
d0231858_15173663.jpg

これにはめ以子もムッとし、「食べ物を粗末にしていいんですか?」と食って掛かります。
d0231858_15204593.jpg

「もったいないなら、あんさん食べなはれ」
d0231858_15222366.jpg

め以子、気丈にもメンチカツを拾って食べたのでした
d0231858_15234572.jpg


こんなシーンもありました。
め以子にとって、ぬか床の入った壺は嫁入り道具の中で1番大切なものです。
め以子は知らないのですが、め以子が子供の頃亡くなったおばあちゃんの魂は、このぬか床を住みかにしています。
そのぬか床を和枝さんは「捨てろ」とめ以子に命じます。
d0231858_15301020.jpg

おばあちゃんから受け継いだ大切な「ぬか床」を捨てるなんてめ以子は断固拒否します。
ある日、和枝が勝手にぬかを捨てているのをめ以子が発見!
d0231858_15331594.jpg

危うい所でしたが、ぬかは少し残っており新しいぬかを足すことで、おばあちゃんの味は守られたのでした。
危険を感じため以子は、それ以降ぬか床を幼なじみの源太に預けたのでした。

キムラ緑子さんの経歴
d0231858_1537971.jpg

演劇の最初は同志社大学の演劇サークルからだそうです。
キムラさんは元々舞台女優だったのです。

2007年の舞台、キムラさん西部劇の女ガンマンの役です
d0231858_15481797.jpg

キムラさん迫真の演技です。
d0231858_1550151.jpg

キムラさんは、今でも舞台が大好きなのだそうです。
お客さんとの距離が近い舞台では、客席からのパワーが伝わってくるのが快感なのだそうです。
それにしても「ごちそうさん」の和枝とのギャップが凄いですね。
まさに役者ですね。

朝ドラ「ごちそうさん」、め以子と和枝との対決は今後どのようになるのでしょうね。
これからが楽しみですね。
[PR]

by k2hair | 2013-11-13 06:20 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://k2hair.exblog.jp/tb/19954661
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。