防災の日   

2011年 09月 01日
今日から9月、今日9月1日は防災の日です。
大正12年)9月1日に発生した関東大震災にちなんで、昭和35年に制定されました。
この前年の昭和34年9月26日に伊勢湾台風上陸したため防災意識を高める目的もありました。

関東大震災の死者・行方不明者は、10万5千人と言われています。
津波も発生し、その被害は太平洋沿岸の相模湾沿岸部と房総半島沿岸部で発生し、高さ10m以上の津波が記録されたと言われています。
千年に一度の揺れの強さと言われる東日本大震災による死者・行方不明者は2万人強ということから比較しても、都会で大きな地震が発生した場合の被害の恐ろしさがうかがえます。

伊勢湾台風も死者4,697人・行方不明者401人と明治以来最大の被害を出した台風です。

現在日本に向かっている台風12号は、どうやらまともに近畿地方を直撃しそうな方向に向きを変えてきました。
滋賀県は、紀伊山地が壁となってめったに台風の被害がない地域なのですが、まれに紀伊水道から大阪湾に台風が入り、淀川沿いに上陸してきた場合にのみ激しい風雨にさらされます。
今回の台風の予想進路は、どうもそのようになりそうな感じですね。

今回の台風は大型ということで、上陸するだいぶん前から雨が降るそうです。
今日は防災の日ということですので皆様ぜひ今日のうちに台風に対する備えをして、お気を付け下さい。

by k2hair | 2011-09-01 07:36 | 震災 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://k2hair.exblog.jp/tb/14466604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。