三上山 ↗ ↘ 半周回して戻ってくるコース   

2017年 08月 29日
色々と用事があって、1ヶ月ほど山登りに行けませんでした。
昨日、午後から用事があったので、近場でサクッと登れる滋賀県野洲市の三上山に登ってきました。
d0231858_6423455.jpg


三上山は近江富士と呼ばれ、どこから見てもそれと判る端正な姿をした名山です。
高さこそ432mと低いのですが、山頂近くは急斜面で低山の割に意外と登り甲斐のある山です。

三上山の登山道には、表道・裏道・近江富士花緑公園コースの3つがあります。
表道と裏道は登山口近くでつながっているのですが、近江富士花緑公園コースは反対側から登るコースなのです。

三上山の中腹を一周する「中段の道」を利用して、表道で登って、近江富士花緑公園コースで下って、中段の道南回りコースから裏道で下山するという、3つの登山道全てを使う欲張りなコースで半周回してきました。

今回は、初めて三上山に由来のある御上神社にお参りしてから登りました。
d0231858_1659564.jpg


御上神社の駐車場は広くトイレもあります
d0231858_19212946.jpg


国指定重要文化財 楼門  鎌倉時代
d0231858_1742298.jpg


国指定重要文化財 拝殿 鎌倉時代
d0231858_1761052.jpg


国宝 本殿 鎌倉時代
d0231858_1772499.jpg


いやぁ~、御上神社って由緒正しい神社だったのですね。
感動しました。

御上神社から国道8号線を渡ると三上山登山道の標識があり、それに従い進みます。
左にあるのは悠紀斎田(ゆきさいでん)で、昭和天皇即位式の後の大嘗祭に供える米を作った田んぼです。
d0231858_17161844.jpg


田んぼを渡ると左へ
d0231858_17191953.jpg


この先、右に進むと三上山の裏道登山道ですが、今回は道路を渡った所にある灯籠の間を進み、表口の登山口から登ります。
d0231858_17253561.jpg


民家の横の階段を登り
d0231858_17263038.jpg


猪よけのゲートを開けて入り、ちゃんと閉めます
d0231858_1729359.jpg


石段の登り
d0231858_17332153.jpg


左には朽ち果てた庵が
d0231858_17333753.jpg


さらに登ると妙見堂跡
d0231858_17375448.jpg


表登山道から山頂を目指します
d0231858_17392541.jpg


標柱に二越まで20mと書いてあるので、寄ってみます
d0231858_17422663.jpg


二腰からは野洲の市街地が見えました
d0231858_17433680.jpg


戻って山頂に向かいます。
少し進むと「割岩」の看板があります。
この看板、なかなかの力作ですね(笑)
d0231858_1747270.jpg


せっかくなので、久しぶりに割岩を通ってみました。
狭いですが、なんとか通れました。
めっちゃ太っている人は止めといた方がいいです。
d0231858_1748234.jpg


割岩から登山道に合流しました
d0231858_17501112.jpg


めっちゃでっかいコオロギだと思ったら、マダラカマドウマというバッタの仲間のようです
d0231858_17522610.jpg


割岩から先は、めっちゃ急な岩だらけの登りになります
d0231858_1753291.jpg

d0231858_17542433.jpg


喘ぎながら登るとポッカリと視界が開ける展望台
d0231858_17562013.jpg


山頂近くにある御上神社の奥宮
三上山は御上神社の御神体なのです。
d0231858_183247.jpg


磐座(いわくら)
d0231858_18494.jpg


奥宮からほんのちょっと登ると三上山の山頂(標高432m)です。
木陰でベンチもあるので夏でも休憩ができます。
d0231858_1894454.jpg


ここから今までと反対方向の近江富士花緑公園方面へ下ります。
d0231858_1884066.jpg


花緑公園方面は健脚コースと一般コースがあります。
健脚コースは階段ばかりですが、整備してあるので歩きにくくはないです。
でも、登りはキツイと思います。
d0231858_18191750.jpg


花緑公園まで830mの標柱のところから「中段の道」を目指します。
「中段の道」へは左の花緑公園方面へは行かず、「中段の道 打越 山出」へのルートを進みます。
d0231858_1844417.jpg


正面の木ににある赤いペンキのマークが目印です
d0231858_18471068.jpg


それなりに踏まれた道です
d0231858_18482515.jpg


さらに進むと三叉路に出会い、「中段の道 花緑公園 ← ⑬」 という案内がありました。
矢印に誘われて左に行ってしまいました。
d0231858_18543153.jpg


この後ウロウロして、こんな所に出てしまいました
d0231858_1856447.jpg


「これは違う」と思い、先程の三叉路に戻りました。
すると、足元に小さな看板を発見しました。
私は三叉路に出会った時に、左に行ったしまったのですが、ホンマは右に行かないとダメだったんです(泣)
d0231858_1913547.jpg


ミスしましたが、ちゃんルートに戻れました
d0231858_194453.jpg


「中段の道」はこの看板が目印です
d0231858_1953410.jpg


結構な登りです
d0231858_1965358.jpg


「打越」という裏道登山道との合流地点に着きました。
ここからは「中段の道」と別れ、裏道から下山しました
d0231858_1993282.jpg


しばらく下りると表道と裏道の分岐点に来ました
d0231858_19111317.jpg


さらに下ると左に工事現場が・・・
治山工事をしているようです。
d0231858_19135961.jpg


猪よけのゲート、出たらちゃんと閉めます
d0231858_19153522.jpg


裏道の登山口には7台ぐらい置ける駐車場があります
d0231858_19171368.jpg


狭い車道を進んで
d0231858_19182019.jpg


御上神社に戻りました
d0231858_1922280.jpg



三上山の登山道は木が生い茂り、ほとんど日陰なので暑い夏でも意外と大丈夫なんですよ。
三上山には過去何度も登っているのですが、中段の道は今回初めて歩きました。
中段の道を使って半周回することで、「表道」と「花緑公園コース」「裏道」の3つの登山道全てを楽しめて良かったです。

              御上神社の場所

# by k2hair | 2017-08-29 09:02 | | Trackback | Comments(0)

阿蘇神社の現在(いま)   

2017年 08月 28日
先週のお店の夏季休暇で、熊本県阿蘇地方を旅してきました。
昨年の熊本大地震で大きな被害を受けた阿蘇神社にお参りしてきました。

阿蘇神社は肥後国の一宮で、全国に約450社ある「阿蘇神社」の総本社であります。

地震で楼門と神社の中心にあった拝殿が倒壊してしまいました
d0231858_11311799.jpg


崩壊した楼門は重要文化財に指定されていて、「日本三大楼門」の内の一つでした。
高さが18mあり、神社では珍しい仏閣の様式で建てられた二層楼山門式だったのです。
見上げるような見事な様式ですが、重心が上方にあり、地震には弱かったのですね。
d0231858_11403236.jpg


楼門の解体スペースがを確保するために、まず崩壊した拝殿が先に解体されました

この動画を再生すると、その広告料が阿蘇神社ボランティアを通して全額阿蘇神社に寄付されます。
1回の再生につき約0.1円ほどが阿蘇神社に募金されますのでぜひご覧になって下さい
。 



現在の楼門は、まだ解体作業が続いているようで、囲いに覆われています
d0231858_120443.jpg

d0231858_12171485.jpg


その前に「神の泉」と呼ばれる名水の手水舎があります。
めっちゃ冷たい水がドバドバと出ています。
神社の手水舎でこれほど豪快に水が出ている所を見たのは初めてです。
この水は神社の手水舎ですので水汲みは禁止です。
d0231858_1232323.jpg


その右側に、ちゃんと「神の泉」の水汲み場があります。
d0231858_1271017.jpg


崩壊した拝殿の代わりに仮拝殿ができていました
d0231858_1282188.jpg

d0231858_1284486.jpg


地震の前は拝殿の後ろ側にあり、拝殿が崩壊しなければ正面からは見えなかったはずの一の神殿
d0231858_12152749.jpg


境内には立入禁止の場所があります。
おそらくここが楼門の解体スペースになるのかな?
d0231858_12165068.jpg


これが、大地震で大きく変わってしまった阿蘇神社の現状です。

全壊した重要文化財の楼門の再建には国費からの補助もあるのですが、拝殿は昭和23年に改築されたことで重要文化財に指定されておらず、全額を神社の自費で再建しなければならないそうです。
楼門と拝殿の再建には、10年の歳月と20億円ものの費用がかかる見込みだそうです。

 阿蘇神社の公式YouTubeを観て、再建への皆様のご協力をお願いしますm(_ _)m

# by k2hair | 2017-08-28 05:48 | | Trackback | Comments(0)

世界の阿蘇   

2017年 08月 27日
先週、お店の夏季休暇に嫁さんの実家のある熊本県に行ってきて、阿蘇の観光もしてきました。

菊池市から菊池阿蘇スカイラインで阿蘇外輪山にある大観峰に向かいました。

菊池阿蘇スカイラインは昨年の大地震による土砂崩れで、最近ようやく通行できるようになったばかりなのですが、現在でも夜7時~朝7時までは通行止めのままです。

途中、景勝地で有名な菊池渓谷のそばを通りました。
菊池渓谷は、かつてはとても美しい渓谷だったそうです。
d0231858_18113145.jpg


それが、大地震で無残な状況に・・・
現在、復旧工事中で当分立入禁止です。
d0231858_181345.jpg


菊池阿蘇スカイラインから大観峰に来ました。
大観峰展望台の無料駐車場から舗装された道を800mほど歩きます。
大観峰は日本有数の絶景が見られる場所で、中国系の観光客もめっちゃいました。
d0231858_18232480.jpg


大観峰は阿蘇外輪山の真北に位置します
d0231858_0392779.jpg


大観峰は、阿蘇外輪山が南に向かって突き出した場所で、大正時代までは「遠見ヶ鼻」と呼ばれていました。
d0231858_1846158.jpg


正面に見えるのが阿蘇五岳です。
お釈迦様が仰向けに寝ているように見えることから「阿蘇の涅槃像」と呼ばれています。
麓の田園地帯は、実は阿蘇外輪山の火口の中なのです。
阿蘇五岳があるのは広大な阿蘇外輪山の火口のど真ん中であって、阿蘇五岳の向こう側にも同じぐらいの広さの田園地帯が広がっているのです。
d0231858_18564337.jpg


右に目をやると、現在地が阿蘇外輪山の火口のへりにいるのが分かります
d0231858_192871.jpg

            大観峰の地図


やまなみハイウェイで下山し、火口の南側の南阿蘇村に移動して阿蘇五岳を南側から撮影しました
d0231858_1941132.jpg


さらに西に移動すると、阿蘇山が火山だというのがよく分かります
d0231858_191159100.jpg


阿蘇山の火口の大きさは世界最大級で、その広大な火口の中に阿蘇市・高森町・南阿蘇村の3市町村があり、5万人もの人が住んでいるのです。
さらに、阿蘇の火口の中にはJR豊肥本線や南阿蘇鉄道も走っています。
これは世界でも類を見ない場所なのです。

阿蘇山は日本一大きな火山なのですが、世界的な規模の火山でまさに「世界の阿蘇」でもあるのです。

# by k2hair | 2017-08-27 07:11 | | Trackback | Comments(0)

記憶にも記録にも残るキャッチャー   

2017年 08月 26日
私が過去に甲子園で記憶に残った選手や場面といえば、PL学園の清原・桑田のKKコンビ、早稲田実業の荒木大輔、星稜の松井秀喜、横浜の松坂大輔、ハンカチ王子とマー君のライバル対決です。
その後、数多く活躍した選手も出ましたが、私個人的には11年前の斎藤佑樹・田中将大選手以降、強烈に印象に残った選手はいませんでした。

ところが、今年の夏の広陵の中村奨成選手には度肝を抜かれました。
決勝戦では破れはしましたが、この夏の大会はまるで彼のためにあるような大会でした。

中村奨成君は32年前の1985年に清原和博さん(PL学園)が打った大会記録の5本塁打を上回る6本のホームランを記録しましたし、2008年の河合完治さん(中京大中京)の大会記録の28塁打を大きく上回る43塁打を記録。
さらに、2008年に萩原圭悟さん(大阪桐蔭)が記録した大会記録の15打点を上回る17打点を記録しました。

以上の3つの新記録の他に、通算19の最多安打数、通算6の最多2塁打というタイ記録も記録しています。

決勝戦では、花咲徳栄のバッテリーに警戒されてなかなか勝負してはもらえませんでしたが、3安打を打ちました。
10点差の開いた9回でようやく真っ向勝負してきた大会ナンバーワンピッチャーの清水君のストレートを見事に左翼に打ち返し2塁打としました。
打たれた清水君も、「1番自信のある真っすぐを簡単に打たれて、こんなにすごいバッターはいないと思いました」と、甲子園ナンバーワンのバッターの打球の凄さに脱帽したそうです。

中村奨成君の凄いのは打つだけではなく、キャチャーとしての守備能力の高さです
d0231858_1425788.jpg


広陵のショートの高田君とセカンドの吉岡君はとランナーが出るといつも緊張するそうです。
それは、キャッチャーの中村君からの送球がいつ来るかわからないからです。
ランナーが油断して離塁した時や1塁ランナーが盗塁した時には、地を這う矢のような送球が飛んで来るのです。
ワンバウンドするのではないかと思うほど低い送球は、「シューーーッ」と音をたててそのまま野手のグラブに吸い込まれるほどの見事な送球なのだそうです。
あまりの球の速さで、キャッチするとめっちゃ痛いそうです。

さらに、中村君は50メートル走6秒0、遠投120メートルと走攻守3拍子揃った選手なのです。
3歳で両親が離婚し、母方の家庭で育てられました。
早くお母さんや祖父母に孝行するために、先日プロ入り希望を表明しました。

プロ入りか進学か去就のはっきりしない早稲田実業の清宮君に代わって、中村君がこの秋のドラフトで最も注目される選手になるのは間違いないでしょう。

巨人の小林誠司選手は中村奨成君と同じ広陵高校のOBで、10年前に現広島の野村祐輔投手とバッテリーを組んで、甲子園夏の大会で準優勝しました。
小林選手も指導した広陵の中井監督は、小林選手と中村選手を比べてみて物が全然違うと中村君を評価してました。

今年の小林選手の本塁打はオールスターの1本だけで、公式戦ではまだ1本もありません。
WBCの有力候補だった楽天の嶋選手が辞退を表明したこともあるのですが、今年春のWBCで日本の正捕手は巨人の小林選手だったのです。
今の日本のプロ野球界には優れた捕手が少ないのが実情です。

現在のプロ野球は、自軍の投手の特徴や対戦する相手バッターのデータを全て覚えて、相手の弱点をつくというデータ重視の野球なのです。
そういうこともあって、高卒のキャッチャーをプロで活躍するまで育てあげるのは、非常に時間のかかる事なのだそうです。

中村奨成君なら、首位打者を獲ったこともある元ヤクルトの古田敦也さんのように打てて守れるキャチャーになる潜在能力が充分にあるのではないでしょうか?

ドラフト会議では多くの球団が彼を1位指名するでしょう。
足も早いし肩も強いし、外野なら即戦力で使えるかもしれません。
もし日本ハムが指名したら、中村君は球も速いから栗山監督に投手と打者の2刀流をさせられるかもしれません。

しかし、キャッチャーとしての中村奨成君こそ日本の宝だと思うのですよ。
高校生のキャチャーとしてあれほどの守備をできる選手は、世界のどこを探してもいないのではないでしょうか。
もし彼を指名するのなら、キャッチャーとして一流選手に育て上げる覚悟のある球団だけにしてほしいものです。

日本のプロ野球でキャッチャー出身の監督は、現在はパ・リーグのロッテの伊東監督と楽天の梨田監督だけです。
しかし、伊東監督は今季で退団します。
セ・リーグにはキャッチャー出身の監督はいません。
ヤクルトの真中監督は今季で退団を表明してますが、後任にもし古田敦也さんが復帰してヤクルトの監督にに戻るのなら、古田敦也さんこそ中村君を育てあげるのには最高の人物だと私は思うのですが・・・

甲子園の本塁打記録にあと1本に迫った準決勝の前に中村君はこう言いました。
「記憶にも記録にも残るキャッチャーになりたいと思います」と・・・

中村君は、甲子園でみんなの記憶にも残り、大記録も残しました。
しかしながら、深紅の優勝旗を手にすることはできませんでした。
今度はプロ野球のキャチャーとして「記憶にも記録にも歴史にも残る大選手」になってもらいたいものです。

# by k2hair | 2017-08-26 07:01 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

熊本で温泉三昧(その3) 人吉温泉 相良路の湯 おおが   

2017年 08月 25日
熊本温泉巡りの最後は、人吉温泉の「相良路の湯 おおが」に入りました
d0231858_1644136.jpg


「おおが」は、豊富な温泉を利用してスイミングスクールも経営している異色の温泉です。

お昼の12時から1時の間以外はず~っと営業している、珍しい立ち寄り湯です
d0231858_16551910.jpg


湯船は3つあり、右の大きいのがややぬるめ、真ん中が少し熱め、左が水風呂です
d0231858_16584244.jpg


ここも源泉かけ流しです
d0231858_16593559.jpg


ボディーソープとリンスインシャンプーもあります
d0231858_1755128.jpg


おおがの温泉は、「天然ラドン 植物性ミネラル 還元系(アンチエイジング)」と3つの要素がつまったツルツル、スベスベ系の温泉です
d0231858_743490.jpg


受付は無人で、券売機で入浴券を300円で買ってチケットをカウンターの箱に自分で入れる変わったシステムです。
お客さんの良心に任せる、野菜の無人販売みたいな感じですね。
監視カメラが設置されているそうですが・・・
d0231858_1792373.jpg


人吉温泉は1ヶ所にかたまった温泉街ではなく、市内のあちこちにいろいろな温泉が点在してあります。
人吉市に嫁さんの実家があって、私も今までいろいろな温泉に入りましたが、「おおが」は今回が初めてです。

人吉温泉では、他に200円で入浴できる所もあるのですが、そういうところはシャンプーはもちろん石鹸も持参するという昔ながらの施設で、シャンプーとボディーソープがあって300円の「おおが」は良心的です。

「おおが」の泉質はツルツルスベスベ系で本当に素晴らしく、人吉温泉生まれで温泉通の嫁さんも絶賛の温泉でした。

ここのお客さんに聞いたのですが、数多くある人吉市の温泉施設では「おおが」が1番気に入っていて、隣の鹿児島県から峠越えで30分もかけて毎週通っているそうです。

新しい施設ではなく無人でしたが、掃除もちゃんと行き届いていました。
23時間も営業しているというのもいいですね。

人吉温泉 相良路の湯 おおが
熊本県人吉市灰久保町21  地図

熊本県のツルツルスベスベ系の美人湯を3ヶ所入ってきてちょっとはキレイになったかな?
私の住んでいる滋賀県には源泉かけ流しで入れる温泉が無いので、温泉だらけの熊本県がホンマに羨ましいです。

# by k2hair | 2017-08-25 07:16 | 温泉 | Trackback | Comments(0)

熊本で温泉三昧(その2) 産山温泉 やなまみ   

2017年 08月 24日
  昨日まで連休をさせて頂きましたが、今日から通常通り営業しますm(_ _)m


熊本の温泉巡り、第2弾は、阿蘇山の北麓にある産山(うぶやま)温泉の「奥阿蘇の宿 やまなみ」の立ち寄り湯に入ってきました(泊まってません)

「やまなみ」は、日本秘湯を守る会の会員の宿です。
d0231858_1535334.jpg


アルカリ性単純泉のツルツルするお湯で、源泉かけ流しです。
d0231858_15392228.jpg


お湯もいいのですが、ここは湯船と雰囲気が素晴らしいのです。
男女別の2つの湯船があります。

男湯が内湯のかぼちゃ湯
大きなかぼちゃのような湯船です。
d0231858_15465091.jpg


女湯が露天風呂の四季の湯
d0231858_15504316.jpg


どちらもめっちゃいい感じです。
他のお客さんがいなかったので両方撮影できました。

2つの湯船は、時間で男女入れ替え制で、19時以降は入れ替わります
かぼちゃ湯(内湯)   男性 10:30~19:00  女性 19:00~21:00
四季の湯 (露天風呂) 女性 10:30~19:00 男性 19:00~21:00

立ち寄り湯 10:30~21:00(最終受付20:00)  ¥500
家族風呂 1時間貸し切り(¥2000)もあります

温泉は、スベスベの素晴らしいお湯です。
温度が結構熱くて、めっちゃ温たまるので、夏は汗が吹き出ます。

阿蘇山北麓には有名な黒川温泉の温泉街もあるのですが、産山温泉にはたった2軒の温泉宿しかないそうです。
でも、あまり有名でないぶん、貸し切りで鄙びたいい雰囲気の温泉を満喫できました。
もちろん宿泊もできますよ。

宿の方も、めっちゃ感じが良かったです。

産山温泉 奥阿蘇の宿 やまなみ  HP
熊本県阿蘇郡産山村田尻254-3  地図
TEL 0967-25-2414

# by k2hair | 2017-08-24 05:51 | 温泉 | Trackback | Comments(0)

熊本で温泉三昧(その1) 山鹿市 平山温泉フローラ   

2017年 08月 23日
  今日まで連休させていただいております
  明日、24日(木)より通常通り営業したします
 


お店の連休中、熊本県に行ってきました。
「火の国 熊本」と言われているように火山の阿蘇山があり、県内の至る所に温泉があるのです。

3日間で3ヶ所の温泉をハシゴして来ました

まず初日は、熊本県山鹿市の温泉へ。

ちょっと前の「探偵ナイトスクープ」で、山鹿市の男の子の依頼で、祖父と祖母が経営している家族湯の温泉が閉店する最後の日を、探偵の寛平ちゃんが取材したのを放送してました。
d0231858_12524068.jpg


そのおばあちゃんが、化粧水もつけていないのに毎日温泉に入って、めっちゃツルツルのお肌をしていたのです。
で、ぜひ山鹿市の温泉に入りたいと思ったので、市内の平山温泉の、「日帰りスパ フローラ 」に行ってきました
名前はオシャレですが、それなりに年季の入った施設です。
もしかして「フローラ」は、という名前は「風呂~ら」からのネーミングなのかな?
d0231858_125805.jpg


源泉かけ流しの看板に期待が持てます
d0231858_134221.jpg


内風呂
d0231858_138592.jpg


露天風呂
d0231858_13115638.jpg


打たせ湯、そのとなりに電気風呂もあります
d0231858_13125050.jpg


サウナもありました
d0231858_13131643.jpg


写真には誰も写ってませんが、たまたま人がいない奇跡の瞬間を慌ててとらえた画像です(笑) 
実際には、日曜日の夕方でお客さんがいっぱい入っていて、フローラは地元で大人気の温泉のようです。

泉質は、アルカリ単純弱放射能硫黄泉という温泉で、アルカリ性単純泉とラドン温泉と硫黄泉の3つが全部入っている欲張りな温泉なのです。
源泉をひと口含むと、ほんのり硫黄の匂いがありました。

掛け流しですので、湯船からお湯があふれていました。

浴室には、ボディーシャンプーとリンスインシャンプーも付いていました。
それで、入浴料は380円と激安です。
熊本県の源泉掛け流しの温泉は、だいたい安いです。
源泉の温度が結構熱いので、ボイラーで沸かさなくてもいいので、燃料代の経費がいらない分、料金が安いのかもしれませんね。

食堂もあって内容も充実しているようです。
650円払えば、大広間で休憩して1日中何度も入浴できます。

平山温泉は、山鹿市の中心部から外れた田舎の温泉地なのですが、このフローラ以外にもいっぱい温泉施設がありました。
どこも結構流行っているようですし、山鹿市内のいたるところに温泉施設がありました。
恐るべし、熊本の温泉!

まだ、続きますよ!

日帰りスパ フローラ
熊本県山鹿市平山5235  地図
TEL 0968-44-5888
営業時間 9:30~21:30
定休日:木曜日(祝日は営業)

# by k2hair | 2017-08-23 14:41 | 温泉 | Trackback | Comments(0)

カリカリのたこ焼 蛸安   

2017年 08月 18日
京都に出かけると、たこ焼が食べたくなるのです。
私のお気に入りは、堀川北大路を北に行ったところにあるジャンボたこ焼の「すずや」なのですが、行った日が月曜日で「すずや」が定休日でしたので、岡崎の「蛸安」に行きました。
d0231858_1335273.jpg


京都のたこ焼には大阪のたこ焼を違い、キャベツが入っているのが定番なのです。
蛸安は、京都出身のチュートリアルの徳井が「日本一」だと言うたこ焼店です。

テイクアウトだけではなく店内にはカウンターもあって、中で食べることも出来るし、ビールも飲めます。
蛸のお造り(700円)なんていうメニューもありました。
d0231858_13431394.jpg


たこ焼ができました。
やや大きめのたこ焼が8個で600円とちょっと強気の値段です。
蛸はまあまあ大きいです。
d0231858_1344212.jpg

外はカリッとしているどころではなく、かなりカリカリです。
作る所をちゃんと見てなかったのですが、もしかしたら仕上げに油を差してカリッとさせているのかもしれません。
ソースの辛さも選べて、「辛口のソースは京都一からいで~」とおっちゃんは言ってました。
甘辛と言って、甘いソースと辛いソースを混ぜたバージョンでお願いしました。

私個人的には、トロトロで柔らかくてより大きい「すずや」のジャンボたこ焼きが好きなのです。
でも、蛸安に買いに来ているお客さんも結構いましたし、カリカリのたこ焼が好きな方にアリでしょう。

蛸安
京都市左京区岡崎入江町57-3   地図
営業時間:午後4:00~翌1:30
年中無休

# by k2hair | 2017-08-18 14:20 | B級グルメ | Trackback | Comments(0)

会津藩士も見た? ファンキーな石仏   

2017年 08月 17日
先日、お墓参りに京都に行った時に面白い石仏を発見しました
d0231858_18571021.jpg

d0231858_18572972.jpg

めっちゃ盛り上がったアフロヘアーです。

この石仏はサタデーナイト・フィーバーが大ヒットした翌年の1978年に作られた(嘘です)訳はなく、江戸時代中頃の制作だと言われています。

「五劫思惟阿弥陀仏(ごごうしゆいあみだぶつ)」と言って、気の遠くなるような長い時間思惟をこらし修行をした結果、髪の毛が伸びてアフロの様になったという仏様です。

この石仏は、通称「黒谷さん」と言われる京都市左京区の金戒光明寺にあります。
私の母方が金戒光明寺の塔頭の檀家で、お墓が広大な墓地にあります。
d0231858_20362990.jpg

d0231858_2037514.jpg

d0231858_21375034.jpg


金戒光明寺は徳川家と同じく浄土宗の大本山で、幕末に新撰組の後ろ盾となった京都守護職の会津藩が駐屯した場所です。
城のような小高い丘に位置し、石垣や堅牢な門もあり、イザという時にはここに籠城して新政府軍に対抗出来うる場所だったのです。

アフロ石仏のある場所は、三重の塔に向かう階段に取り付いてすぐの左側にあります 場所
d0231858_21263859.jpg


その先には会津藩士の墓地もあります
d0231858_21273327.jpg


金戒光明寺は、幕末に日本の歴史が動いた場所でもあるのです。

# by k2hair | 2017-08-17 21:44 | Trackback | Comments(0)

大魔神のエトセトラ   

2017年 08月 16日
「大魔神」シリーズは大映が1966年に大ヒットし、3部作で発表した特撮時代劇です。

4月に「大魔神」、8月に「大魔神怒る」、12月に「大魔神逆襲」と発表しました。
いくらヒットしたからといっても、4ヶ月間隔で3作ものシリーズを製作するなんて、今では考えられないぐらいのハイペースですね。

その1
「大魔神怒る」で、悪い武将によって領主の娘の早百合が火あぶりの刑にさらされます
d0231858_17271417.jpg


この映画を見た時、私は子供だったのですが、この早百合がめっちゃ美しい女性だったことをよく覚えています。
映画のキャストを調べると、早百合役は藤村志保さんだったのです。
藤村さんは今も美しいですが、若い時はホンマにキレイだったのですよ。
d0231858_17303490.png



その2
「大魔神怒る」では大魔神が湖から現れるのですが、湖が割れその中を大魔神が歩いていきます
d0231858_17354232.jpg


これはモーセ「十戒」の海が割れるシーンをモチーフにしたそうです
d0231858_17383836.jpg



その3
「大魔神」で花房忠文の子役、「大魔神逆襲」では鶴吉を演じた二宮秀樹君は
d0231858_17431480.jpg


「マグマ大使」の息子のガム役だったのです。
右にいるのはフォーリーブスに入る前の江木俊夫です。
d0231858_1748436.jpg

二宮秀樹君は、「普通の生活がしたい」と中学に入学と同時に芸能界を引退しました。


その4
大魔神の目がめっちゃ怖いですよね
d0231858_1874999.jpg


大魔神の目は最初は電球仕掛けで動かす予定だったのです。
ところが、それだと頭の部分が大きくなりすぎるのでボツになり、大魔神の中に入っている役者さんの目を活かしたそうです。
中に入っていたのは、元プロ野球選手で役者になった橋本力さんでした。
d0231858_17594474.jpg

橋本さんの眼ヂカラが凄いですね。
大魔神を演じている時はまばたきを我慢したので目が充血してきて、より迫力のある大魔神の「目」になったという事です。

# by k2hair | 2017-08-16 18:13 | 映画 | Trackback | Comments(0)

京都市No.1 らぁ麺 とうひち   

2017年 08月 15日
食べログラーメンランキングで京都市で1番人気の「らぁ麺 とうひち」に嫁さんと行ってきました。
さすがの超人気店で、店内に着席するまで50分ぐらい待ったかな~。
d0231858_18332229.jpg


店内に案内されると、まずは券売機で食券を買います
d0231858_18402643.jpg


店内は、カウンターが7席と4人掛けのテーブルが2つと、あまり広くはないです。
d0231858_2143977.jpg


鶏醤油らぁ麺750円+大盛り100円
豚肉のチャーシューと鶏の胸肉のハムと極太メンマがドロップされています。
麺は塩元帥の麺によく似たタイプの自家製の中太ストレート麺です。
d0231858_18415492.jpg


もう1つは、鶏醤油つけそば ¥800+大盛り100円
いわゆるつけ麺なのですが、麺はなんと冷たいヌルヌルの昆布水に浸かっているのです。
茹でたワンタンの皮がトッピングされていて面白いです。
まず、つけ汁につける前に麺を沖縄の塩やワサビをつけていただきます。
滑らかな麺で、まるで手打ちの日本そばのような味わいです。
つけ汁のベースはや具材は、「鶏醤油らぁ麺」とほぼ同じだと思います。
麺を食べ終わってつけ汁は、残った昆布水で割ってワサビを混ぜて飲みほしました。
d0231858_21331937.jpg


唐揚げ定食300円もいただきました。
硬めに揚がった大ぶりの唐揚げが2個とライスのセットで300円はお得です。
唐揚げは下味がしっかり付いたタイプではなく、お塩を付けていただくタイプの唐揚げです。
d0231858_21383150.jpg


もちろん、すべて私がたいらげたのではなく、ラーメンも2種類いただきたかったので、嫁さんとシェアしました。

さすが、超人気のお店というだけあって、「らぁ麺 とうひち」はクオリティーの高いラーメン店でした。
ただ、空調が不調なのかクーラーの効きがイマイチで、熱いラーメンをいただくのは辛かったです。

今回食べてない、限定の「冷やしらぁ麺」や、「鶏油まぜそば」も食べてみたいです。

らぁ麺 とうひち
京都府京都市北区大宮北箱ノ井町33-6 セルリアンハイツ 1F  地図
営業時間 11:00~14:30(LO)
       18:00~21:30(LO)
定休日:火曜日  ※19日(土)までお盆休みをされます
d0231858_6225129.jpg

南側に少し行った所の月極駐車場内に7台分「らぁ麺とうひち」の駐車スペースがあります。
一杯の時には、その隣の角にコインパーキングもあります。

# by k2hair | 2017-08-15 22:16 | ラーメン | Trackback | Comments(0)

だいこんに花が咲いた   

2017年 08月 13日
d0231858_1433622.jpg

8月9日から12日まで、平成29年インターハイ剣道大会が宮城県仙台市で開催されました

結果
男子団体戦
優勝 高千穂(宮崎) 準優勝 島原(長崎)  3位 佐野日大(栃木)・本庄第一(埼玉)

女子団戦戦
優勝 中村学園女子(福岡) 準優勝 守谷(茨城)  3位 帝京第五(愛媛)・和歌山東(和歌山)

男子個人戦
優勝 岩切(九州学院・熊本) 準優勝 大平(佐野日大・栃木)  3位 藤本(玉島・岡山)・長尾(九州学院・熊本)

女子個人戦
優勝 妹尾(中村学園女子・福岡)  準優勝 安田(帝京第五・4愛媛)  3位 井手(国士舘・東京)・橋本(日吉ヶ丘・京都)

注目は男子団体戦の熊本県の九州学院高校で、優勝すれば大会5連覇だったのですが、ベスト8をかけた対戦で水戸葵陵高校に破れ、ベスト16に終わる波乱がありました。

男子団体戦で優勝したのは、宮崎県の高千穂高校で平成3年以来26年ぶりの3回目の優勝でした。

その決勝の前々日の男子個人4回戦で、高千穂高校の林拓郎君と九州学院高校の岩切勇磨君の試合があり1時間に及ぶ延長でも決着が着かず、過去前例のない引き分け再試合が次の日に行われました。

その再試合は高千穂・林君の思い切った逆胴が決まったように見えましたが認められず、その直後の岩切君の面に審判の旗2本が上がり勝負あり。

ビデオで見ると、岩切君の面は当たっていないように私には見えました。

2日間で1時間以上に及ぶ熱戦がこの判定では林君には気の毒でした。

結局この試合で勝利した九州学院高校の岩切君が、男子個人戦で優勝しました。

高千穂高校のメンバーには、林君の個人戦の悔しさを団体戦で晴らすという強い思いがあったのかもしれません。

今を溯ること31年前の昭和61年、故吉本政美先生の指導の元、高千穂高校は初優勝を史上初めて男女アベックで達成するという快挙を成し遂げました。
当時の高千穂高校剣道部を撮影したドキュメンタリー番組の「だいこんに花が咲いた」というビデオがあります。
今だけの期間限定の公開の貴重な映像です。
めっちゃ感動するビデオですので、ぜひご覧下さい。

吉本政美先生は、平成11年にわずか50歳で膵臓がんで亡くなられました。

うちの店のお客様で高千穂高校の出身の方がおられ、吉本先生の熱血ぶりはよく知っておられました。(剣道部ではありません)

今回の26年ぶりのの優勝を、亡くなられた吉本先生も草葉の陰で喜んでおられることでしょう。

# by k2hair | 2017-08-13 14:48 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

初めての映画「大魔神逆襲」   

2017年 08月 11日
私が子供の頃、京都の三条会商店街のすぐ近くに住んでました。
商店街には、今はなき大映の映画館があり、町内の地蔵盆で「大魔神逆襲」という映画に連れて行ってもらいました。
d0231858_2214592.jpg


当時は今の「ドラえもん」や「クレヨンしんちゃん」のように子供向け映画は無かったのです。
私の記憶では、生まれて初めて映画館で見た映画でした。

当時見た大魔神は衝撃的でした。
先日、この映画をBSプレミアムで放送していたので録画しました。


魔神の山には荒神様という神様の像があって、村の人は足を踏み入れてはいけないと言われる神域でした。
村のきこり達が悪い武将に捉えられ、火薬の原料となる硫黄の採掘場で無理やり働かされていました。
逆らったきこりは、斬られたり、恐ろしい硫黄の泉に突き落とされて殺されるのでした。

鶴吉・大作・金太・杉松の4人のきこりの子供達が親達を救けに行く事を決意しました。

里の道は悪い武将が見張りを立てているために、魔神の山を通って行くしかありません。
山には魔神の像がありました。
子供達は荒神様と言われる魔神の像を初めて見ました。
「荒神様と言う割には、案外やさしい顔」をしていると思いました。
d0231858_17123945.jpg


そして、「自分たちは、父ちゃんたちを救けるためにこの山に入ったのです。お許し下さい。」と・・・
d0231858_17383922.jpg

d0231858_1739259.jpg

d0231858_17394390.jpg

d0231858_17395891.jpg


険しい道中、金太は落ちそうになった年少の杉松を救けて、川に流されていってしまいました。
そして残された3人は野宿している間に、山はすっかり雪に覆われてしまいました。
雪山で眠ると死んでしまいます。
鶴吉は一生懸命起こしますが、大作と杉松は疲れ果て目を覚ましません。
d0231858_17484768.jpg


鶴吉は「自分の命と引き換えに2人を救けて下さい」と祈り、崖から雪の中に飛び降ります。
d0231858_17503216.jpg


魔神の像が動き出します
d0231858_17524710.jpg


温和な顔の魔神が恐ろしい顔に変わりました
d0231858_2201213.jpg


魔神は光りを放ち何処かに消えていきます
d0231858_17543914.jpg


鶴吉が飛び降りた雪の中から魔神がせり上がってきました
d0231858_17555663.jpg


鶴吉を手に抱えています
d0231858_17564062.jpg


鶴吉をそっと置くと「ドスーン」と足音を立てながら、硫黄の採掘場に向けて動きはじめました
d0231858_183872.jpg


悪い武将は驚きます
d0231858_1843841.jpg


大砲で攻撃を命じますが魔神はビクともしません
d0231858_19535513.jpg


大きな門の後ろに逃げ込んでもこの通り
d0231858_19554916.jpg


ついに武将を追い詰めます
d0231858_19572236.jpg


武将を睨む魔神、あ~怖っ!
d0231858_19583651.jpg


魔神の大きな手に捕まります
d0231858_200698.jpg


そして・・・
d0231858_2003329.jpg


こうなりました
d0231858_2011128.jpg


捉えられたきこり達は助かりました。
父と子の感動の再会
d0231858_2023942.jpg


みんな魔神に感謝です
d0231858_2034449.jpg


やがて魔神は・・・
d0231858_2044491.jpg


元のやさしいお顔に戻りました
d0231858_206233.jpg


そして、魔神は雪になって消えていったのです
d0231858_2072186.jpg

d0231858_208656.jpg


     めでたし めでたし

# by k2hair | 2017-08-11 20:28 | 映画 | Trackback | Comments(0)

まさかの滋賀県縦断台風   

2017年 08月 09日
迷走台風5号は7日、高知県の室戸岬をかすめ、和歌山県に上陸、その後奈良県を通り、信楽付近から滋賀県に入り、まっすぐ北上し琵琶湖を通り、長浜市付近に上陸し北東に向きを変え、岐阜県に抜けていきました。
d0231858_90587.jpg

この台風5号は記録的な鈍足台風で、滋賀県内をおよそ4時間もかけて抜けていきました。

私は滋賀県に引っ越してきてから約20年になるのですが、滋賀県内を台風が通ること事体が非常に珍しい事なのです。
しかも、台風が4時間も滋賀県に滞在した記録は過去に無いのではないかと思います。

長浜市では8日午前1時ごろ、姉川をあふれた水が、公民館の前の道路を激流のように流れました
d0231858_983458.jpg


8日の朝の時点では、長浜市の姉川では川をあふれた水がまだ引きませんでした
d0231858_9103635.jpg

d0231858_9105467.jpg

d0231858_911767.jpg


私の住む近江八幡市では台風がほぼ直撃だったにもかかわらず、それほどの被害はありませんでした。
今回の台風5号は、台風の目が大きかったので、中心よりも周辺ほどひどい雨が降ったのだと思われます。

台風の中心が通った長浜市の7日の雨量は1日で73.5mmとかなり多かったものの、それだけでは災害をおこすほどの雨量ではありませんでした。

ところが台風の中心から離れた岐阜と滋賀の県境に近い関が原では、7日だけで254.5mmも降っています。
これは、関ヶ原の1日あたりの降水量の観測史上歴代2位の記録の雨量で、滋賀と岐阜の県境に大量の雨が降ったと考えられます。

県境の山に大量に降った雨は、川に流れ多くの支流を集めた姉川に大量に流れ込み、長浜市の下流部の堤防を越えるほどに水量が増したのです。

ですが、長時間台風が通過したというのに、滋賀県では1人の怪我人も出なかったのは不幸中の幸いでした。

今回の台風による大雨で、滋賀と岐阜の県境にある滋賀県第2位の標高の山の金糞岳がどうなっているかめっちゃ心配です。
私がアプローチに使う鳥越林道ののり面は、おそらく崩れしばらく通行できなくなっているのではないかと・・・

先日登った湖北の名峰横山岳の白谷は先月の70mm程度の雨でもかなり荒れていましたが・・・
d0231858_12301128.jpg

今回の雨は、その4倍以上の雨が降っています。
あぁ、山が心配だぁ(泣)

# by k2hair | 2017-08-09 12:36 | 天気 | Trackback | Comments(0)

壊れた傘は持ち帰ろう!   

2017年 08月 07日
迷走台風5号は、当初九州の西部の東シナ海を通り抜け朝鮮半島に上陸する予想だったのですが・・・

まさかまさかの大迂回で、四国の南をかすめ、関西を直撃し、その後中部山岳地帯を縦断し、佐渡ヶ島近辺に抜ける予報に変わりました。
迷走台風というだけあって、ホンマにどこに行くのか判らない台風ですね(驚)

滋賀県では風はまだ大したことないですが、さっきから急に雨が強くなってきました。
その前に、ひさしぶりに家中の雨戸を全部閉めました。

先程、ニュースを見ていたら、「壊れた傘は持ち帰りましょう」とアナウンスしてました。
確かに、ニュースの台風中継で道行く人のさす傘が壊れて、一瞬にしてほうきが逆さまなったような状態になるのをよく見ます。

あの壊れた傘を放置しておいたら、台風の風で何処かに飛んでいって、非常に危険な事になる事でしょう。
壊れた傘は絶対に放置せずに、面倒でも家に持ち帰りましょう!

# by k2hair | 2017-08-07 10:07 | 天気 | Trackback | Comments(0)