<   2018年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧   

岐阜県大垣市 ラーメン ガチブタ(我一豚)   

2018年 01月 31日
岐阜県大垣市の天然温泉「湯の城」 に行く前に、人気ラーメン店のガチブタに行ってきました。
「我一豚」と書いて「ガチブタ」と読むそうです。
一見、屋台風の店構えです。
d0231858_102722100.jpg


お昼の午後1:40頃という遅めの訪問だったのですが、7台置ける駐車場が満車で少し待ちました。
店の外にも待ちスペースが有って、かなりの人気店のようです。

待ちスペースにはひざ掛けも置いてありました。
d0231858_10312545.jpg


店に入ったら、券売機でメニューを選びます。

まずは、看板メニューの「ガチブタラーメン」790円
豚骨ベースのスープに大量のモヤシにキムチも入っています。
そして、ビロ~ンと長いバラ肉のチャーシューが鎮座しています。
このチャーシューが箸で切れるほど柔らかいのです。
d0231858_1039851.jpg


麺はかなり太めの縮れ麺で、ゴリゴリとした麺の食感がまた面白いです。
たまには、こういう麺もアリかと・・・
d0231858_10405166.jpg


「台湾まぜそば」もいただきました780円
ニラ・生卵・豚ミンチ・モヤシ・ネギ・刻み海苔を混ぜ混ぜしていただきます。
麺は、こちらも太縮れ麺でした。
最初はやや甘いかな?と思ったら、これが結構ピリ辛で、後から汗がジワジワ出てきます。
d0231858_10453554.jpg


ランチタイムは、小さいお茶碗1杯分のライスがサービスになります
d0231858_10464311.jpg


辛子高菜・紅しょうが・にんにくスライスの醤油漬けがトッピング自由で、ご飯やラーメンに入れて食べられます。
d0231858_11101958.jpg


辛子高菜はご飯にめっちゃ合うのです(^^)
d0231858_11111572.jpg


「台湾まぜそば」の麺をたいらげた後で、ご飯をダイブします
d0231858_11144230.jpg


100円で替え玉もできます。
替え玉は細麺です。
d0231858_11161054.jpg


ガチブタラーメンの麺をたいらげた後で、細麺の替え玉をダイブし、ゴマ・紅しょうがを添えて、博多ラーメン風にしてみました。
d0231858_11181379.jpg


あ、これ全部1人で食べたんとちゃいますよ!
嫁さんとシェアしました。
でも、「食べ過ぎ注意」の中毒性のあるラーメン屋さんです。
店員さんもめっちゃいい感じでした(^^)

ラーメン ガチブタ (我一豚)
岐阜県大垣市中川町1-732-3   地図はコチラ

TEL 0584-51-2895
営業時間 11:30~14:00
       18:00~22:00
定休日:水曜日

by k2hair | 2018-01-31 07:03 | ラーメン | Trackback | Comments(0)

大垣天然温泉 湯の城   

2018年 01月 29日
大垣天然温泉 湯の城に行ってきました。
2016年の8月にオープンしたての、イオンモール大垣の西隣にある新しくて大きな温泉施設です。
d0231858_20271296.jpg


内湯
d0231858_212595.png

d0231858_2115246.png

d0231858_2123317.png

d0231858_21104122.png

d0231858_21114548.png

d0231858_2117352.png

d0231858_21233621.png

d0231858_2124414.png


外湯
d0231858_2132555.png

d0231858_2125405.png

d0231858_2126572.png


外湯にある名湯風呂は、全国各地の名湯の成分を人工的に作り出した人工温泉です。
約1ヶ月交代で泉質が変わるのですが、今回は栃木の塩原温泉の食塩泉でした。
d0231858_2112597.png


大垣天然温泉の泉質は、ナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉ですが、サラサラとかスベスベとかのお湯に対しての印象は特に感じられませんでした。
ですが、大垣天然温泉 湯の城は、非常に新しくて大きな温泉施設で、とても気持ちよく利用できました。

別料金500円で、ロウリュウサウナ・スチームサウナ・岩盤浴・冷却の間・ヒーリングホール のある癒やしのヒーリングサロンもあるのですが、今回は体験しませんでした。

広くて湯船がいっぱいあり、「次はどれに入ろうかな~」と迷うぐらい、たくさんの浴槽があり、まるで温泉のテーマパークのような施設でした。

平日の訪問だったのですが、お客さんがけっこう多かったです。
土日はかなり混むのではないかと思います。
火曜日以外は、朝6時から営業というのも凄いですね(驚)

豪華な割にリーズナブルな利用料金で、また行きたいと思える施設でした。

大垣天然温泉 湯の城
岐阜県大垣市外野 2-16 (キャッスルタウン大垣内)   場所はコチラ
tel.0584-87-1126
【営業時間】
[OPEN] 月・水・木・金・土・日・祝 → 朝 6:00より / 火曜日のみ → 朝 9:00より
[CLOSE] 月・火・水・木・日 → 深夜 12:00まで / 金・土・祝前日 → 深夜 1:00まで
入泉料金:平日680円  土日祝日750円
ヒーリングサロン癒の城:500円 ※入泉料は別途必要

by k2hair | 2018-01-29 22:10 | 温泉 | Trackback | Comments(0)

氷の世界   

2018年 01月 28日
おはようございます。めっちゃ寒いです。
今日、1月28日(日)の最寄りのアメダスの最低気温はマイナス7.6度です。

昨日は今年1番の大雪で、わが家の前でも25cmぐらい積もりました。
店の駐車場と前の道路を2時間かけて除雪しました。
今朝もベランダではまだ雪が残っています。
d0231858_755637.jpg
昨日は彦根市では41センチも積もりました。
長浜市(旧余呉町)の柳ヶ瀬では100センチ積もりました。
さらに山奥の旧余呉町の中河内では今も182センチ積もっています。

最低気温マイナス7.6度ということで、わが家の前の道路はバリバリに凍っています。
夕方また雪が降るそうです(泣)

ということでこの曲を


by k2hair | 2018-01-28 07:23 | 天気 | Trackback | Comments(0)

小麦粉の値上げ   

2018年 01月 24日
先日京都に行ったついでに、いつものたこ焼き屋の「すずや」さんに立ち寄りました  
                   場所はコチラ
d0231858_15224014.jpg


すずやさんのたこ焼はとにかくタコがデカいんです!
d0231858_15334969.jpg


たこ焼は普通の2倍ぐらいの大きさです。
キャベツもいっぱい入っています。
d0231858_15275321.jpg


ところが、去年は7個400円だったのが、今回は450円に値上がりしてました(泣)
すずやのジャンボたこ焼は普通の店の2倍ぐらいの大きさでタコもデカいし、450円でも充分安いのですが・・・
たこ焼がこれだけデカいと、小麦粉もたくさん使うのでしょう。

実は、日清製粉など大手4社が昨年12月20日出荷分から業務用小麦粉を値上げしたのです。
その理由は、政府が10月から製粉会社への輸入小麦の売り渡し価格を引き上げたからです。

しかし、すずやのいか焼きは値上げせずに、従来通りの300円のままでした
d0231858_1310525.jpg


いか焼きには小麦粉をちょこっとしか使いませんので、ジャンボたこ焼の値上げは小麦粉の値上げが原因なのでしょうね。

小麦粉の値段が上がれば、パン・うどん・ラーメン・ケーキや、お好み焼やたこ焼などの「粉もん」の値上げにつながります。

でもね、もしかしたら輸入小麦の売り渡し価格の引き上げは、官邸の主導なのでは?と私は思っちゃうのです。
3月からはビール系飲料も値上がりしますし、外食の値段も上るでしょう。
そうすれば、今後物価が上昇しますよね。

そして、「ついに長年のデフレを脱却することができました」と、来年あたりに菅官房長官が記者会見する姿を私は想像しちゃうのですが・・・

by k2hair | 2018-01-24 16:36 | コラム | Trackback | Comments(0)

京都円町 山崎麺二郎   

2018年 01月 22日
第3日曜日の21日、京都にお墓参りに行ったついでに前から気になっていた、うちのお寺の近くの「山崎麺二郎」というラーメン屋さんに行って来ました。

カウンター席のみの店で、カウンターの後にも8席ほどの待ちイスがあります。
カウンターに着席するまで外と中で、合計30分ぐらいは待ちました。

メニューの基本は3つ、らーめん・塩らーめん・つけめんの3つです。
他に、トッピングの味付け玉子100円・メンマ増し100円・チャーシュー増し200円・かえ麺100円・チャーシューごはん200円・ビンビール450円だけのシンプルなメニューです。
d0231858_12455011.jpg


ミシュランガイドの三つ星、二つ星、一つ星はご存知だと思いますが、その他にビブグルマンというのがあるのはご存知ですか?
ミシュランガイドのビブグルマンとは、5000円以下で利用できて、おすすめできる店舗に与えられる印なのです。
山崎麺二郎は、そのミシュランガイド京都2016 ビブグルマンに選ばた店です。

当然人気の店ですので行列必至です
d0231858_1744857.jpg


私はらーめん(醤油)650円をいただきました。
あっさりとしたまろやかなスープです。
出汁が効いていて、岐阜県の高山ラーメンを彷彿とする美味しいスープです。
d0231858_1819022.jpg


このお店の麺は、すべて自家製の麺のようで、店の奥には製麺機が鎮座していました。
らーめん(醤油)の麺はやや細めです。
d0231858_18291687.jpg


嫁さんは、塩らーめん750円
こちらはやや太めの平縮れ麺で、柚子の皮が乗っています。
d0231858_18351085.jpg


塩らーめんの方が100円高いのですが、その理由は帆立の干し貝柱とか高級な素材を使っているからなのかもしれません?

麺のお代わりの「かえ麺」も頂きました。
小さいながらもチャーシューも付いて100円とはめっちゃお値打ちです。
d0231858_18422760.jpg


店主はまだ30歳代ぐらいの若い方で、若い女性と2人で営業されていました。
寡黙に、まるで修行僧のようにらーめんを作られていました。
あまり愛想を振りまくタイプの方ではなく、一生懸命仕事をするタイプの方でした。

山崎麺二郎は意外なことに、行列のラーメン屋さんにも関わらず、年配のお客さんが多かったのです。
あっさり系の美味しいラーメンを求めて、年配のお客さんも集まる店なのですね。

他のお客さんが食べていたつけ麺(700円)も太めのモッチリした感じの麺で、めっちゃ美味しそうでしたので、今度はそれも食べてみたいです。

山崎麺二郎
京都市中京区西ノ京北円町1-8   場所はコチラ
営業時間 11:30~14:00 18:00~22:00
定休日:月曜・火曜

by k2hair | 2018-01-22 19:42 | ラーメン | Trackback | Comments(0)

大河原温泉 かもしか荘   

2018年 01月 19日
滋賀県日野町の綿向山に登った後で、大河原温泉 かもしか荘で汗を流してきました
d0231858_11331814.jpg


以前は、「国民宿舎かもしか荘」だったのですが、老朽化のために廃業されていました。
その後水口センチュリーホテルが買い取って、2013年の7月に「大河原温泉 かもしか荘」としてリニューアルオープンした新しい宿泊施設です。

玄関に入ってすぐにカモシカ君がお出迎えです
d0231858_11342444.jpg


源泉は19度で、41度に加温してあります。
お湯は少しツルツルする感じで、炭酸水素塩・放射能泉です。
胃腸病、高血圧、痛風に効果があると言われています。
女性に嬉しい美肌効果も期待できそうです。

内湯
d0231858_1136228.jpg


露天風呂
d0231858_11365759.jpg


小さいですが、サウナもあります
d0231858_11374633.jpg


清潔な洗い場
d0231858_11382332.jpg


畳の休憩スペース
d0231858_11415250.jpg


ラウンジもあって、屋外にはイルミネーションがありました
d0231858_11465679.jpg


レストランもあります
d0231858_11481581.jpg


メニューには、今話題のダムカレーもあるようです(^^)
d0231858_1151574.jpg


かもしか荘は、基本的に宿泊者のための温泉施設なので、混み合っている土日祝は入浴制限をする事もあるそうです。
私たちは平日の夕方に行ったので、すいていました。
こじんまりした温泉ですが、清潔感があって、これで入浴料500円は良心的です。
また行きたいです。


大河原温泉 かもしか荘
滋賀県甲賀市土山町大河原1104  場所
TEL 0748-69-0344
 
温泉利用料:大人(12歳以上)500円、大人(65歳以上)400円、小人/幼児(12歳未満)250円

日帰り入浴時間:土曜日及び祝祭日の前日 11:00~17:00(最終入店16:30)
           日曜日~金曜日 11:00~20:00(最終入店19:00)

※大河原温泉 かもしか荘 冬の臨時休館日
 1月22日(月)・29日(月)
 2月 5日(月)12日(月)・19日(月)・26日(月)

by k2hair | 2018-01-19 07:54 | 温泉 | Trackback | Comments(0)

綿向山で霧氷ウォッチングのはずが・・・   

2018年 01月 17日
d0231858_17554160.jpg


晴天に恵まれた1月15日(月)、綿向山に霧氷ウォッチングに行きました。
綿向山は鈴鹿山脈の滋賀県側にある山で、霧氷を見るために他府県からも多くの登山者が訪れる人気の山です。

私は毎年霧氷を見るために、綿向山に登っているのですが、今回嫁さんも連れていきました。
嫁さんは、冬の綿向山は初めてです。

御幸橋駐車場に車を駐めてスタートします   場所
この写真は帰りに撮りました、なんと最後の1台です。
登る前に駐車した時には15台ぐらい駐まっていました。
嫁さんと一緒だと、とにかく出発が遅いのです(泣)
d0231858_18203546.jpg


林道を歩き
d0231858_18435261.jpg


巨大堰堤の横を登り
d0231858_18445737.jpg


北畑林道はツルツルに凍っていることが多いので、最初から軽アイゼンを着けて歩きました。
d0231858_18463389.jpg


駐車場から1.3kmほど歩いて、ヒミズ谷出合小屋に着きました。
無雪期はここが登山口になります。
d0231858_1857116.jpg


杉林のなかをジグザグに登っていきます
d0231858_18591370.jpg


やっと1合目ですが、ここまでけっこう距離があります
d0231858_191296.jpg


3合目で林道に合流します
d0231858_19252100.jpg


80mほど林道を歩いて再び山道へ上がります
d0231858_19533.jpg


林の中にアザミ小舎があります
d0231858_19636100.jpg


可愛らしい五合目小屋
d0231858_1973990.jpg


ここからは近江富士と呼ばれる三上山や琵琶湖が見えます
d0231858_79148.jpg


寒い時や雨の日は小屋の中で休憩できます
d0231858_741030.jpg


小屋の裏にはベンチとテーブルがあり、この日はいい天気でしたので私たちはここで食事をしました。
d0231858_772128.jpg


行者コバと言われる7合目
5合目からはあっけなく着きました
d0231858_7185814.jpg


一般ルートは雪崩の危険があるので、ここからは尾根にある冬季ルートを行きます。
この日の雪の状態ではアイゼンが無いと厳しいです。
d0231858_7213538.jpg


晴天の中、かなりの急斜面を登ります
d0231858_7235620.jpg


急坂と登りきると、竜王山からのルートに合流しました
d0231858_7263482.jpg


すぐに山頂です
d0231858_72805.jpg


正面に鈴鹿山脈で2番目に高い雨乞岳とその右に鈴鹿のマッターホルンを呼ばれる鎌ヶ岳が見えます
d0231858_7304229.jpg


北には鈴鹿山脈で1番高い御池岳
d0231858_7414630.jpg


南尾根にある1本だけあるオブジェのような木
d0231858_16502298.jpg


山頂をあとにし、竜王山方面へのルートに少しだけ進みます。
ここは雪庇が発生する場所です。
d0231858_749312.jpg


ブナの珍変木の看板があります
d0231858_7515789.jpg


くぐると幸福になると書いてあるのでくぐってきました
d0231858_7531737.jpg


よく見ると、霧氷のかけらが雪の上にたくさん落ちていました。
d0231858_7562992.jpg


帰りは竜王山の方面へは進まず、もと来たルートを戻りました。

残念ながら、この日は楽しみにしていた霧氷は見られませんでした。
午前中の山頂近くには、少しあったそうです(泣)
でも遅く出発したおかげで、途中から天気がめっちゃ良くなってきて、素晴らしい青空と雪山の景色を見ることができたので、「良し」としましょう!


これは、昨年に撮影した山頂の霧氷
d0231858_9231128.jpg



帰りに林道から見た夕日が、また素晴らしかった~
d0231858_821425.jpg

by k2hair | 2018-01-17 09:24 | | Trackback | Comments(0)

御在所岳の樹氷(霧氷)予想   

2018年 01月 12日
昨日のNHKの朝のニュース「おはよう日本」で、御在所岳の霧氷(むひょう)の予想をする関谷さんを紹介していました。
d0231858_17484378.jpg

和久田アナと雪の写真、リアル「アナと雪の女王」です(笑)

三重県と滋賀県の県境にある御在所岳は、麓の湯の山温泉からロープウェーで登る事もできる山です。
山上にはスキー場もあります。
d0231858_17524292.jpg


ところが、年に数回だけ霧氷に覆われることもあるのです
(樹氷と書いてありますが、樹氷とは蔵王山や八甲田山などのアイスモンスターの事で、気象学的には御在所岳で出来る現象は霧氷と呼びます)
d0231858_17541773.jpg


この霧氷の予報を湯の山温泉で働く関谷不二夫さんが始めたのです
d0231858_17582394.jpg


関谷さんは独学で気象予報士の資格をとり、自宅には風速計や百葉箱も備えるほどの気象マニアです
d0231858_1831546.jpg


御在所岳は日本海から80kmしか離れていなくてその間には高い山もなく、冬には琵琶湖の上を通り湿った風が吹き付け霧氷ができるのです。
d0231858_1881473.jpg


関谷さんは気象データを分析し、気温マイナス3度以下で風速10m以上の時に霧氷ができやすいことを見つけました。
d0231858_18124663.jpg


霧氷のできる可能性をA・B・Cの3段階で表して旅館に張り出しました。
d0231858_18143882.jpg


関谷さんが霧氷ができると確信した日、お客さんを連れてロープウェイで御在所岳にガイドに行きました。
初めて霧氷を見たカップルのお客さん、大喜びでした。
d0231858_18182185.jpg


私も御在所岳の近くの滋賀県の綿向山に、霧氷ウォッチング登っています。
この冬はまだ行っていませんが、霧氷が楽しみです(^^)

関谷さんのこの日のブログはコチラ

by k2hair | 2018-01-12 18:35 | | Trackback | Comments(0)

成人の日に思う   

2018年 01月 08日
今日は成人の日。
近江八幡市でも成人式があり、セットにご来店いただきましたm(_ _)m

成人の日は今は1月の第2月曜日ですが、1999年までは1月15日に行われていました。
これは、大人になる日と言われる「元服の儀」が小正月の1月15日に行われていたことが由来だと言われています。

成人式は、過去には大雪に見舞われたことも多々ありました。
元服が今では過去の儀式になっている現在、成人式をこの真冬の1月にするのはナンセンスだと私は思います。

成人式は今やリアル同窓会になっていて、故郷に帰って式典に出席して同級生と集まり共に祝う式典となっています。

地元にいる新成人は問題ないのですが、遠方に住んでいる新成人は今の日程ですと元旦を故郷で過ごし、大学や仕事に戻り、また成人式で故郷に戻らなくてはいけないことになります。
交通費も大変ですよね。


天皇陛下が生前退位されて皇太子さまが新天皇に即位される日が、来年の5月1日になるのだろうという説が有力です。
おそらくその即位の日が新しい祝日になると思われます。

祝日法では祝日と祝日に挟まれた平日は休日となるので、5月1日が祝日になると、来年の2019年のゴールデンウィークが4月27日(土)から振替休日の5月6日(月)までの10連休になります。
最も連休が短い年でも、4月29日から5月5日までの7連休になります。

雪がめっちゃ積もっているかもしれない真冬に成人式をするよりも、いっそのこと気候的にも晴れ着に向いているゴールデンウィーク中の4月30日あたりを成人の日にすればいいのではと私は思うのですが・・・

by k2hair | 2018-01-08 12:48 | コラム | Trackback | Comments(0)

稽古納めと新春稽古会   

2018年 01月 03日
大晦日から1月3日まで、4連休を頂いておりました。

大晦日は、近江八幡市内の八幡工業高校の稽古納めに参加してきました。
この稽古会は、おそらく滋賀県内で1番大勢の剣士が集まる稽古会ではないかと思います。

近江八幡市内だけではなく、近隣の市町から多くの方が稽古に来られていました。
滋賀県出身で、県外の大学や高校に進学した学生さんも大勢集まっていました。

3日は、東近江市剣道連盟の新春稽古会に参加してきました。

毎年両方の稽古会に参加しているのですが、どちらの稽古会も普段稽古していない先生方と稽古できるので楽しみにしております。

ホンマに凄い先生方を稽古すると、自分の不甲斐なさを実感いたします。

今日は、滋賀県の剣道界のレジェンドのI木先生(八段)と稽古できました。
I木先生は、けっこうなお年なのですが、ホンマに強いしタフで若々しい剣道をされます。
稽古の後で、お褒めの言葉をいただきオッサンの私でも嬉しかったです。

稽古会では、いろいろな先生の稽古を見ているだけでも勉強になるのです。
目からウロコがポロポロ落ちました。

多くの先生方と稽古できたことを今後の剣道に活かしたいと思います。

by k2hair | 2018-01-03 22:03 | 剣道 | Trackback | Comments(0)