<   2017年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧   

春の嵐   

2017年 04月 30日
昨日の嵐にはビックリしました。

朝は爽やかな天気だったのに、午後2時前に突然空が真っ黒になり轟々と風が吹き荒れ出しました。
もしかして竜巻では?と思い外を見たのですが確認はできませんせした。

その後、窓を叩きつけるように雨が降り出し、雷まで鳴り出しました。

風が収まった頃、今度はめっちゃ大粒の雨が落ちてきました。
たぶん、上空で発生したひょうが、地上に落ちてくるまでに溶けて雨になったのではないかと思います。
それぐらい粒の大きな雨だったのです。

その後、夕方には嘘のように晴天になりました。

彦根気象台では昨日、最大瞬間風速21.1mもの風を記録しました。
琵琶湖でも昨日、ボートやカヤック・ヨットが6艇が転覆し、ボート1艇が沖に流されたそうです。
幸い、皆救助されてけが人はいなかったとの事。

とにかく、昨日の嵐は恐ろしかったです(驚)

by k2hair | 2017-04-30 11:38 | 天気 | Trackback | Comments(0)

「べっぴんさん」のスピンオフドラマ2本   

2017年 04月 28日
明日、4月29日(土)と、5月6日(土)に今月終了した朝ドラ「べっぴんさん」のスピンオフドラマが2本放送されます。

4月29日(土) BSプレミアム 午後7:00~
スペシャルドラマ「恋する百貨店」
d0231858_1511303.jpg

「べっぴんさん」の主人公すみれの女学校時代にクラスの女王様キャラだった悦子は、後に大急百貨店に進出したキアリスの売り子を務めます。

一方、百貨店のテナントであるキアリスに対して、無理難題を要求してくる大急百貨店の社員の小山はホンマに嫌な奴でした。

ところが数年後、子持ちでバツイチの悦子が、すみれ達に再婚することを報告します。
その相手が、なんと小山だったのです。
そしてさらにその後、小山は大急百貨店の社長にまで出世するのです。

悦子と小山がどう結びついたのか謎だったのですが、このスピンオフドラマで明かされます。


5月6日(土) BSプレミアム 午後7:00~
「忘れられない忘れ物 ~ヨーソローの一日~」
d0231858_15291245.jpg

すみれが足繁く通ったジャズ喫茶「ヨーソロ」、そのヨーソロにまつわる5つの物語
「勝二と五月の怪しい関係?」
「節子が怪事件に挑む!」
「キアリスにライバル登場?!」
「栄輔と武ちゃんが対決!」
「天国のあの人が再び…」
5つの短編物語をヒロイン・すみれが語り部となって届けます。

今回始めて ラジオでもスピンオフドラマが放送されます。
スピンオフラジオドラマ 「たまご焼き同盟」
NHKラジオ第1、5月4日 後10:10~10:50
ラジオなので、NHKのBS放送を契約していなくても聞くことが出来ます。
ラジオを持っていなくても、NHKのラジオをネットでも聞くことも出来るんです。

   ネットで聞ける「NHKラジオらじる」は、こちらです


朝ドラ「べっぴんさん」は主人公がさほど苦労せずに成功した物語でしたので、正直な所私にはあまり面白味のないドラマでした。
過去の朝ドラのスピンオフドラマは、結構はっちゃけたドラマが多かったのでこのスピンオフには期待したいですね。

by k2hair | 2017-04-28 15:44 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

高月駅前 十割蕎麦 坊主bar 一休   

2017年 04月 26日
滋賀県長浜市に高月駅という駅があります。
大阪の高槻とちゃいますよ高月駅です。

その駅の東口の目の前に「十割蕎麦 坊主bar 一休」という店名のログハウスのお蕎麦屋さんがあります。
昨年5月にオープンしたばかりの新しい店です。
d0231858_1821686.jpg


高月駅はのどかな駅で、親切なことに駅に無料の駐車場がありました。
結構な台数が置けるようで、電車通勤の人とかも使っているようです。
これなら田舎暮らしも出来ますね、この辺は雪が恐ろしいほど降るようですが・・・

話が横道にそれました(汗)
お蕎麦屋さんとは思えない、ログハウスの素敵な店内です。
靴を抜いであがるんですよ。
d0231858_11114396.jpg


このお店の本職はお坊さんで、お父さんが接客で息子さんが調理をされています。
ですので「坊主bar 一休」なのですね。

昼のメニュー
d0231858_11134466.jpg


ちょっと迷いましたが、オーソドックスに十割蕎麦(とわりそば)の大盛 1100円をいただきました
d0231858_11172276.jpg

めっちゃ細いお蕎麦です。
そうめんとひやむぎの中間ぐらいの細さで、こんなん初めてです。

この日の蕎麦の産地は、長浜市虎姫産とのこと。

「1口目はそのまま何もつけずに、2口目は塩で、3口目は少しつゆにつけて食べてみてください。」とお父さんが説明してくれました。

手打ち蕎麦というのははコシがあるものです。
オープン当初はもう少し太かったそうですが、「こんな硬い蕎麦は食べられへん」と地元のおばあさんに言われて細くしたそうです。
蕎麦は細いけど、コシはちゃんとあって美味しいです。。

普通盛りで150g、大盛りで200gだそうです。
大盛りにしましたが、大食いの私には少なかったです。
特盛り(1600円)というのもあったのですが・・・

小さなお茶碗で蕎麦米のご飯も付いていました。
ほんのすこしですが、塩を付けていただいたら美味しかったです。

平日の、13時から15時(LO14時半)の間、カフェとしても営業されていて、コーヒー(450円)や蕎麦アイス・チーズケーキやガレットなども提供されています。
d0231858_12254692.jpg


十割蕎麦 坊主Bar 一休
長浜市高月町落川54-1
TEL: 0749-85-8050
営業時間:11:30〜15:00
17:00〜21:00(ラストオーダー30分前)
定休日:火曜日
※お坊さんなのでお葬式とかでお店を休むことがあるのでFacebookで要チェック


by k2hair | 2017-04-26 12:45 | グルメ | Trackback | Comments(0)

山笑ふ   

2017年 04月 25日
d0231858_628126.jpg

昨日は晴天に恵まれました。
京都府の舞鶴市では最高気温が25度まで上がって夏日になりました。

私は、湖北のとある山奥に山菜を採りに行ってきました。

今回の本命はコゴミです
d0231858_6343733.jpg


コゴミは河原に生えます
コゴミは茎を全部採ってしまってはその株は枯れてしまいます。
1株のうち、2本ほど茎を残しておきます。
そうすると、来年またその株は生えてきます。

今年は雪が多かったので、雪解けで川の水量がめっちゃ多かったです。
d0231858_6394522.jpg


山では花が咲いていました

イチリンソウ
d0231858_6405721.jpg


ヤマブキ
d0231858_6421317.jpg


ヤブツバキ
d0231858_644577.jpg


「山笑ふ」というのは、俳句の季語で春を意味します。
木々が芽吹き、花が咲き始め、山菜が採れる春を昔の人は「山笑ふ」と表現したのですね。

by k2hair | 2017-04-25 06:52 | 山菜 | Trackback | Comments(0)

郵便はがきの値上げに(怒)   

2017年 04月 21日
今年6月1日から、郵便はがきの郵便料金が10円値上がりして62円になります。
でも、利用者の減っている年賀状は、52円に据え置きなんですね。
かもめ~るも10円値上げなんですね。

たかが10円、されど10円。
チリも積もれば山となります。
うちの店ではお客様への連絡にはがきをかなり利用しますので、正直痛いですね。

以前から配達の人員不足とか聞いてますから仕方がないと思うのですが、昨日こんなニュースが入ってきました。

【日本郵政が2015年に買収した豪物流会社の減損処理で数千億円規模の巨額損失が出る見込み】だと・・・

なるほど、そういう失態があったのですね。

今回の値上げで数百億円規模の効果があるそうです。
もしかして、外国の会社の買収の失敗のツケを国民から回収するという事なのですかね?

小泉内閣の時の郵政民営化で、郵便局は日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命の3社に分割民営化されました。
この3社は民営化されたからといって、何をしてもいいわけではありません。
元々は、国民の血税を元にした資本で成り立っている会社ですよ。
海外の企業の買収などもってのほかだと思うのです。
今後、経営陣はしっかりと肝に命じてほしいです(怒)

クロネコメールも参入してますが、はがきはほぼ日本郵政の独占ですよね。
今後も自由に値上げ出来るのかな~?

以前の郵便省の時代だったら、国会の承認が要りますもんね。
これも民営化のツケという事ですね(泣)

by k2hair | 2017-04-21 07:31 | コラム | Trackback | Comments(0)

名作の予感 ドラマ「ツバキ文具店」   

2017年 04月 19日
先週金曜日からNHK総合テレビで、「ツバキ文具店」という変わった名前のドラマが始まりました。
「ツバキ文具店」は小川糸さんの小説で、第14回本屋大賞にノミネートされた作品をドラマ化したものです。
d0231858_1701099.jpg


ツバキ文具店は鎌倉にある古い文具店なのですが、元々はこの地で10代続いた代書屋だったのです。
代書屋とは、手紙を依頼人の代わりに書く商売です。
主人公鳩子(多部未華子)は、祖母(倍賞美津子)に育てられました。
母は、鳩子が幼い頃に家を出て行き行方が知れません。

鳩子を代書屋の11代目とするべく、祖母に厳しく指導を受けてきました。
d0231858_0265073.jpg


鳩子が高校生になって友達から誘いがあっても断らなければならずに訓練は続きました。
d0231858_0292795.jpg


鳩子に代書屋を継がそうとする厳しい祖母に耐えきれずに反抗した鳩子は、祖母に平手打ちにされます。
怒った鳩子は、祖母と取っ組み合いの喧嘩になりなすが、逆に祖母に投げ飛ばされます。
d0231858_032538.jpg


投げ飛ばされて睨み返す鳩子
d0231858_14492638.jpg


その後、鳩子は祖母への反抗心からわかりやすい形でグレました
d0231858_14505879.jpg


鳩子は、地元の高校を卒業後一刻も早く家を出たくて、東京に行くことにしました。
別れの時に、祖母が「どうしても困ったらこのお金で帰っておいで」とお金を渡します。
「こんな家もう二度と帰ってこね~よ」と鳩子は道路に投げつけました。
これが鳩子と祖母との最後でした・・・
d0231858_1455786.jpg


8年後、祖母が亡くなりお葬式で鳩子は鎌倉に帰ってきました。
もちろん鳩子が喪主です。
d0231858_14572393.jpg

d0231858_14574228.jpg


葬式が一段落した頃、祖母が亡くなる直前に、お悔やみ状の代書を依頼したという客が・・・
d0231858_1513887.jpg


なんと亡くなったのは、権之助というお猿さんだったのです。
d0231858_1531985.jpg


代書なんてやったことが無かった鳩子でしたが、押しの強い婦人に押し切られ引き受けてしまいます。
d0231858_1595073.jpg

もっとも、「お猿さんのお悔やみだったら適当でいいや」という気持ちもあったのです。

鳩子が適当に書いたお悔やみの手紙が出来上がり、婦人に読んでもらいます。
d0231858_1512110.jpg


いい加減な文章の手紙に婦人は激怒し、やり直しを命じられます。
d0231858_15133643.jpg


鳩子は、お猿さんを亡くした砂田さん夫婦がとんな人なのか様子を見に行くのですが、奥さんに見つかります。
そして、「権之介さんに会いに来たんでしょ」と鳩子を庭に迎え入れます。
奥さんは、亡くなった権之介さんの死が受け入れられないほど憔悴しきっていたのです。
d0231858_15233638.jpg


ご主人は鳩子に権之介さんのアルバムを見せてくれました。
山登りの途中で、夫婦は親とはぐれた子猿を拾います。
子供のなかった二人は権之介と名付けて我が子のように育てたのです。
d0231858_1528373.jpg

d0231858_15281918.jpg


鳩子は家に戻り、祖母の書の道具のある蔵に入ります。
d0231858_15342174.jpg


鳩子は目を閉じました
d0231858_15365748.jpg


すると、祖母の言葉が聞こえてきたのです。
「鳩子、その手紙に合った一番の道具を選んで、身を清め真っさらな気持ちで筆を握る。
お前の心が真っ直ぐならば、自然と筆は動く。
それが代書屋だ」
d0231858_15415587.jpg


鳩子は筆をとり目を閉じました
d0231858_15435079.jpg


鳩子は、誰かに操られているような不思議な感覚になり、スラスラと筆が運んでいったのです。
d0231858_15484953.jpg

d0231858_15494258.jpg


手紙を読んだ婦人は大満足です
d0231858_155184.jpg


鳩子はお葬式の後、家を処分して東京に帰るつもりでした。
親戚のおじさんが家の取り壊しを依頼した業者を連れてきました
d0231858_15551854.jpg


ところが鳩子は、「私、この家継ぎますと」取り壊しを断りました。
そして、祖母の残したツバキの木を見てしみじみ思うのでした「私は、今ここにいたい」と・・・
d0231858_15583971.jpg


実は、1つ気がついた事がありまして、祖母のお葬式の時の遺影と
d0231858_1635628.jpg


鳩子がやり直しの手紙を書き終えた時の遺影の表情が優しく変わっているのですよ。
鳩子が11代目として代書屋をついでくれたのを喜んでいるようです。
d0231858_1645720.jpg


「ツバキ文具店」実にいい物語でした。
本屋大賞にノミネートされただけあって、名作ドラマの予感がします。
物語はまだまだ続きますよ

「ツバキ文具店」 (連続8回)
毎週金曜日 NHK総合 夜10時~


絢香がこのドラマのために書きおろした主題歌「コトノハ」もめっちゃいい曲です
画面をポチッとして下さい


1回目の放送を見逃した方に朗報です、再放送もあります 今晩ですが・・・
 NHK総合 4月20日(木)午前0時10分(水曜深夜)

by k2hair | 2017-04-19 16:43 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

今年は山菜が不作?   

2017年 04月 17日
今日は、お昼から雨が降る予報だったので、午前中に近郊の山に山菜採りに登ってきました。

1番の目当てはワラビだったのですが・・・
d0231858_1582228.jpg


いつも採れている斜面に下りてみても、なかなか見つかりません。
採れたのは、ほんの少しだけ・・・
どうしたことでしょう?

今年の冬は雪がめっちゃ多かったです。
春になってもなかなか暖かくならず桜も1週間ぐらい遅かったです。

東近江のアメダスでは、つい1週間前の4月10日では、最低気温はたったの5度で、最高気温も13.7度までしか上がりませんした。
ところが、昨日4月16日の最高気温は26.9度と1週間で13度以上も違うのですよ。
そら、山菜も出てきていいのやら、まだ出たらアカンのか判らんのやと思います。

山で見たミツバツツジも、キレイに咲いているかと思えば
d0231858_1527744.jpg


すぐ近くにはまだつぼみのままのミツバツツジも
d0231858_1528643.jpg


こういう天候がメチャクチャな年の山菜採りはホンマに難しいです(泣)

今日は朝からけっこう暑くてしんどかったです。
山菜の収穫は少なくて気分は落ち込んだのですが、帰りに見たキレイな満開の山桜に癒やされました。
d0231858_15341666.jpg

by k2hair | 2017-04-17 15:44 | 山菜 | Trackback | Comments(0)

満開の花桃   

2017年 04月 16日
d0231858_6102821.jpg

お店の花壇の花桃が、昨日満開になりました。
桃色とはまさにこの色の事だったのですね。
満開になるのは桜より少しだけ遅いのです。

お店の窓から額縁のように見えています。
昨日来られたお客様が、「かわいい~!」と言ってさっそく花桃の苗を購入されたそうです。

  今日は、第3日曜日ですのでお休みさせていただきます。
   よろしくお願いしますm(_ _)m

by k2hair | 2017-04-16 06:10 | | Trackback | Comments(0)

中学生の武道も戦前回帰?   

2017年 04月 15日
今年度の新学習指導要領で、中学校で必修化されている武道(柔道、剣道、相撲、空手、弓道、なぎなた、少林寺拳法、合気道)に新たに銃剣道も選択出来ることになりました。

私は、剣道をしているのですが、銃剣道のことは木銃を使うということしか知りませんでした。

  木銃とはコレです
d0231858_14492826.jpg


木銃は戦前の陸軍で使われて銃剣を元に銃剣道の用具にしたものです
d0231858_542334.jpg


銃剣道の試合では、「左胸」」・「喉」を突いて勝敗を競います。
相手よりも早く正しい姿勢で突いた時に1本になります。
「左胸」っておそらく急所の心臓を突くという事なのでしょうね。

平成28年度 全国都道府県対抗銃剣道大会 少年の部の決勝戦


剣道では中学生までは「突き」技は禁止されていますが、銃剣道の技は全て突く技です。
普段剣道の試合を見ている私でも、銃剣道の試合を見て「荒っぽい」と感じます。
でも、銃剣道の世界では、これが当たり前なのかもしれません。

銃剣道の競技人口の90%は自衛隊の関係者だそうです。
現在、銃剣道を授業に取り入れている学校は、全国でも神奈川県にある1校だけだそうですが、一般の教員で銃剣道を指導出来る人はほとんどいないのではないでしょうか。

年配のお客様の中には、戦時中に木剣で敵を突く訓練をした事がある方もいらっしゃいます。
私は銃剣道の木剣の形状から戦場での銃を連想してしまうのです。

中学での必修武道の中に銃剣道を入れることを提唱したのは、おそらく元自衛官のヒゲの隊長こと自民党の佐藤正久参議院議員ではないかと思います。
d0231858_6294367.jpg



森友学園問題で有名になった教育勅語ですが、先日の政府答弁書で教育勅語を学校教材に使うことが容認されました。

安倍総理や、稲田防衛大臣は、教育勅語は「親子、兄弟、夫婦が仲良くする」というくだりがあって、「大変素晴らしい理念が書いてある」と言っています。

ところが、教育勅語の後半では、「万一危急の大事が起こったならば、大義に基づいて勇気をふるい一身を捧(ささ)げて皇室国家の為(ため)につくせ。」というくだりもあるのです。

平和を誰よりも望まれる現天皇陛下にとっても、教育勅語が学校の教材として使われるという事は大変迷惑な話なのではなかと思うのですが・・・


また、道徳の教科書の検定で、教科書の中に出てくる「パン屋」が題材に使われた事に対し、文科省が「学習指導要領の示す内容に照らして、扱いが不適切」として、「パン屋」が「和菓子」に変更されたのです。
文科省は、パン屋では「我が国や郷土の文化と生活に親しみ、愛着を持つ」ことが出来ないとでも言うのでしょうか?
そんな事を言い出したら、総理を含めほとんどの人が来ている洋服では「愛国心が湧かないから着物を着なさい」と言うのと同じですよね。

政府は、秘密保護法を強行採決したり、戦前の悪法である「治安維持法」を連想される「共謀罪」を「テロ等準備罪」と名称を変更してまで制定しようとしています。

私には、これらの政府の政策が戦前回帰を目指しているのではないかと思てならないのですが・・・

by k2hair | 2017-04-15 06:33 | コラム | Trackback | Comments(2)

「孤独のグルメ Season2」無料配信   

2017年 04月 14日
テレビ東京で深夜に放送されている人気ドラマに「孤独のグルメ」という番組があります。
元々は漫画なのです。
主人公の井之頭五郎が本人の五感で旨い店を探し出し、常連客の注文を見聞きしてその店の名物メニューにありつくという物語です。

ドラマ化されて主人公の井之頭五郎の役を松重豊さんが演じていますが、この人がまた旨そうに食べるんですよ。
お酒は全く飲めないのですが食べっぷりもよく、ご飯はいつもお代わりをしています。
d0231858_632013.jpg


番組の最後に、作者の久住昌之さん自身がレポーターとして、ドラマで紹介されたお店に行ってその料理を食べます。
主人公の井之頭五郎はお酒は飲みませんが、久住昌之さんはお酒やビールをグイグイいっちゃいます。

2012年から始まったこのドラマは人気シリーズになり、過去5シリーズ(各12話)・さらにスペシャル版3話が放送されました。
主人公を演じる松重豊もこのシリーズが、まさかこんなに何回も続くとは思わなかったそうです。

この4月からは、関東で「孤独のグルメ Season6」の放送が始まりました。
その放送記念として、今日から5月19日(金)まで「孤独のグルメ Season2」の12話分が無料配信が始まりました。
  「孤独のグルメSeason2」の無料配信はこちら

東京では「孤独のグルメSeason6」の放送が始まりましたが、滋賀ではびわ湖放送で4月24日にスタートします。
「孤独のグルメ Season6」は、井之頭五郎の大阪出張編です。
大阪のうまいもんがいっぱい出てくるのかな?
       
   「孤独のグルメ」Season6 
   びわ湖放送で4月24日スタート 毎週月曜日 23:58~24:40

by k2hair | 2017-04-14 06:56 | ドラマ | Trackback | Comments(0)