<   2016年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧   

剣友のライブに行ってきました   

2016年 12月 31日
  今日大晦日から1月3日まで連休させていただききます

昨日、今年最後の仕事が終わってから、嫁さんを誘って剣友のTさんがヴォーカルを務めるおじさん4人の「俄(にわか)バンド」のライブを観に、守山市のBLUEというライブハウスに行ってきました。

25年ぶりに再結成されて、夏と一昨日に彦根のCOCOZAでもライブをされていて、昨日で3回目の復活ステージです。

昨日のステージのために、おそろいのつなぎも新調されてそうです。
d0231858_9122193.jpg

d0231858_9123375.jpg


ジュリーの「勝手にしやがれ」や山口百恵の「ロックンロール・ウィドウ」やピンクレディーの「UFO]のアレンジ曲に昭和世代はノリノリでした。
そして、ザ・フーの「サマータイムブルース」やオリジナルソング「119」の5曲を披露してくれました。

4人共に凄くエネルギッシュで、とてもおっさんのバンドとは思えないほどです。
スポーツであれ、音楽であれ、何かに向かって頑張るって本当に素晴らしい。
T先生、素晴らしいライブをありがとう!

by k2hair | 2016-12-31 09:28 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

紅白にピコ太郎がやってくる!   

2016年 12月 29日
紅白歌合戦にピコ太郎の出場が決まりました。
といっても、歌での出場ではなく、紅白の前半と後半の間のハーフタイムショウで渡辺直美と一緒に何かやらかすそうです。

ピコ太郎が、昨日のNHK「あさイチ」に生出演してました。
d0231858_1614066.jpg


ピコ太郎の軽妙なトークにイノッチと有働アナも爆笑です
d0231858_16154853.jpg


紅白出場の記念にピコ太郎のプロデューサーの古坂大魔王とのツーショット
この写真、どうやって撮影したのでしょうね(笑)
d0231858_1685020.jpg


プロデューサーの古坂大魔王はNHKのお昼の番組「ひるブラ」に時々出演しています。
この人誰かに似てますね、でも右手にリンゴは持っていません。
d0231858_16104726.jpg


ピコ太郎の動画は世界中で再生され、YouTubeの「ミュージック全世界トップ100」の9月30日~10月6日付ランキングで1位を獲得したほどです。
d0231858_16271387.jpg


その派生動画も世界で作られました
イケメンドイツ人のバラード・バージョン


インド人のお笑いバージョンはめっちゃ面白いです


さて、ピコ太郎ブームはいつまで続くのか・・・

by k2hair | 2016-12-29 16:34 | テレビ | Trackback | Comments(0)

ジョージ・マイケル亡くなる   

2016年 12月 26日
今朝、驚きのニュースが入ってきました。
昨日、元 ワム! のジョージ・マイケルさんが亡くなったというのです。

私がワム!を初めて知ったのは、1980年台前半のこの曲でした。

阿波踊りの達人も真っ青になるほど、狂ったように踊りまくりながら歌う姿に、正直「唖然!」としたのを覚えています。

ところが日本でも郷ひろみや西城秀樹がカバーした名曲「ケアレス・ウィスパー」をジョージ・マイケルがソロで歌ったのを聴いて、「こんな曲も歌えるのか」と驚きました。


ワム!での後半は、ジョージ・マイケルは無精髭がトレードマークでした
d0231858_17231223.jpg


その後ジョージ・マイケルがやっぱりソロになりました。
と言うか、ワム!の頃でも相方のアンドリューの歌声を聴いたこと無かったですから・・・

ソロデビューアルバムのタイトル曲「Faith」

やっぱり踊りまくりながらギターを弾いています。
て言うか、ホンマに弾いているのかな~?

私は、ジョージ・マイケルを永らく見てなかったのですが、ロンドンオリンピックの開会式に出ていた時に見て、容姿の変貌ぶりには驚きました。
d0231858_17352714.jpg


昨日、53歳で亡くなったそうですが、はっきりした死因はまだ発表されていません。
過去に大麻を吸引して車を運転して逮捕歴もありますが、やはり天才ミュージシャンには薬物の噂が絶えませんね。

今年は、デビッド・ボウイやプリンスも亡くなったし大物ミュージシャンの相次ぐ死に驚いております。

by k2hair | 2016-12-26 17:44 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

北陸新幹線の光と影   

2016年 12月 25日
新潟県糸魚川市で22日発生した大規模火災がありました。
もうすぐ正月を迎えようと言う時に被災された方には、心からお見舞い申し上げます。

糸魚川市には、一度だけ訪れたことがあります。
20年ほど前、家族で長野県と新潟県にまたがる北アルプス白馬連峰の新潟県側の山中にある蓮華温泉にキャンプに行きました。

当時私達家族は静岡市に住んでいて、仕事が終わってから私は寝ないで車を運転して遠路はるばる新潟県の蓮華温泉を目指しました。
途中で長野県の白馬村あたりのコンビニに寄って朝食のおにぎりか弁当を買おうと思ってお店を探したのですが、当時は夜中に開いているお店がなく、仕方なく国道148号線をさらに北上しました。

キャンプは長野県から新潟県に入ってすぐの平岩という所から西に向かい深い山中にある蓮華温泉を目指すのですが、平岩まで行ってもお弁当を購入することができず、平岩からさらに22kmも北上して糸魚川まで行ってコンビニを探しました。

国道ではコンビニを見つけられなかったので、糸魚川駅の方に行ってみました。
夜中の5時頃、駅前に店内から明かりのもれている店舗がありました。
駅弁を作って売っている「たかせ」というお店でした。
まだ夜明け前の真っ暗な時間ですのでもちろん営業前です。
おそるおそる中を訪ねて、弁当を売ってもらえないか聞いてみると、快諾してもらえました。

売ってもらったのは、田舎寿司という笹ずしで新潟県の郷土料理でした
d0231858_1653745.jpg

駅弁ですので、結構いいお値段がしましたが、めっちゃ美味しかったです。

随分前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。
私は糸魚川の大火で、あの親切なお弁当屋さんがどうなったのかが心配でした。
今でもお店のホームページがあって懐かしい店の写真が出てました。
d0231858_1784062.jpg


ニュースの映像で火事のあった範囲を見てみると、お店のあった場所は火元のラーメン屋さんとはわりと近くですが、辛うじて類焼はしなかったようです。

しかし、グーグルマップのストリートビューで現在のお店の場所を確認したら、駅前の一等地なのに今は完全に更地になっていてお店がありません?
d0231858_17361114.jpg


検索してみたら、43年間も続いたお弁当屋さんの「たかせ」は北陸新幹線開業を待たずに平成25年11月30日で閉店されていたのです。

「たかせ」さんは、糸魚川駅内の売店や駅前の店舗での弁当の販売や、今はもう無い在来線の北陸線の特急はくたかの車内販売に弁当を卸されていたそうです。

北陸新幹線の開業で、在来線の北陸線はJRから経営分離されて新潟県が出資する「日本海ひすいライン」という第3セクターになりました。
そして、北陸新幹線糸魚川駅は今までの在来線の駅前だった北側ではなく線路の反対の南側へと移りました。

北陸新幹線では、お弁当の車内販売もありますが、荷物を積み込みやすい始発駅の東京や金沢の業者の弁当が比較的多いようです。

「たかせ」さんが廃業された本当の理由は私にはわかりません。

北陸新幹線の開業で得をする人もいると思います。
新幹線が開通して、地方都市の糸魚川市が本当ににぎわったのかどうか・・・
しかし、新幹線の開通が地元の人にとってすべて良いわけではなかったのも事実なのです。

by k2hair | 2016-12-25 18:28 | コラム | Trackback | Comments(0)

クリスマスソング   

2016年 12月 24日
d0231858_12502432.jpg

12月に入った途端に、有線放送ではクリスマスソングのオンパレードです。

我々スタッフは約1ヶ月間ず~っとクリスマスソングを聞いてきましたが、結構いい曲もあるんです。

「O Holy Night」という曲で、邦題は「さやかに星はきらめき」と言います。
クリスマスソングで、私が1番好きな曲です。
「O Holy Night」は賛美歌の中の1曲だそうです。

以前に、この曲をセリーヌ・ディオンが歌っているのを紹介したことがあるのですが、今回は「7オクターブの音域を持つ歌姫」と言われるマライア・キャリーの歌声をお聞き下さい。


「O Holy Night」は音域のめっちゃ広い曲で、この曲はよほど自信がないと歌えない曲だと思います。
マライア・キャリーは、出だしはめっちゃ低い声で歌いだすのですが、後半のサビの部分の超ハイトーン・ボイスはホンマに圧巻ですね。

by k2hair | 2016-12-24 12:52 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

湖西線を守れ!   

2016年 12月 23日
北陸新幹線の敦賀以西のルートが、敦賀ー小浜ー京都ルートに決まりました。
d0231858_12593998.jpg


滋賀県の主張する敦賀ー米原ルートや、京都府の主張する敦賀ー小浜ー舞鶴ー京都ルートは却下されました。
敦賀ー小浜ー京都ルートに決まったことで滋賀県にとってはさらに災難なことに、JRは湖西線が北陸新幹線の並行在来線になると言うのです。

並行在来線とは、整備新幹線が開通した路線と並行する在来線の事で、過去に整備新幹線のほとんどの並行在来線がJRから切り離されることになり、やむを得ずに各県が運営する第3セクターへとなっています。
第3セクターになることで、他府県とをまたぐ路線が極端に少なくなったり、運賃が上昇したり、路線の本数が激減して地域に住んでいる人は大変困ることになります。

上の図のように、北陸新幹線の敦賀ー小浜ー京都ルートは滋賀県を全く通りません。
新幹線の通る小浜駅と滋賀県を通る湖西線の線路との距離は約27kmも離れています。
JRの主張する、湖西線が北陸新幹線の並行在来線になるという言い分にはかなり無理があると思うのですが・・・
他府県を通る新幹線のために滋賀県の在来線が切り捨てられるのは湖西線を利用する人にとっては理解できないことだと思います。

北陸新幹線の敦賀ー小浜ー京都ルートが開通するのは、今から約30年後。
その時まで、私は生きているかどうかわかりません。
湖西線は比良連峰からの強風でよく通行止めになります。
しかし、琵琶湖近くを通り、その車窓からの眺めは特筆モノです。

時短が大義名分の新幹線だけではなく、時間はかかっても風情があって魅力的な湖西線をぜひとも後世に残していってもらいたいものです。

by k2hair | 2016-12-23 22:43 | コラム | Trackback | Comments(0)

マネキンチャレンジ   

2016年 12月 21日
マネキンチャレンジとは、映っている人が一斉に動きを止めて撮影する動画のことです。

ロバート・デ・ニーロやトム・ハンクスやあのビル・ゲイツなどアメリカの著名人がやったことで世界に拡散しました。


ということで、NHKのあさイチのスタッフもマネキンチャレンジをしてみました。
以前の放送で、生放送中に有働アナのつけまつ毛が取れた場面の再現からスタートします

動画の貼り付けができないのでこちらをクリックして下さい

約30秒のマネキンチャレンジですが、もう若くもないスタッフには動きのある場面での静止はキツそう(笑)

by k2hair | 2016-12-21 08:25 | Trackback | Comments(0)

真田丸 終   

2016年 12月 19日
大河ドラマ「真田丸」が昨日終わりました。
「真田丸」の全50話の期間平均は16・6%でした。
大河ドラマの平均視聴率が16%を超えたのは5年ぶりのことだそうです。

私自身、大河ドラマをいつも最初は見ているのですが、だんだん面白くなくなってきて途中で観るのを止めるのがこれまでのほとんどのパターンでした。
ですので、最後までちゃんと見たのは久しぶりです。

「真田丸」の視聴率がまずまずだったというのは三谷幸喜氏の脚本に対する世間の評価が良かったということなのでしょう。

私も最終回はかなり期待して観ました。

最終回の最大の見せ場は、家康の本陣目指して襲撃した幸村が家康を追い詰めた場面です。
d0231858_18194691.jpg

家康は死を覚悟します
d0231858_18203073.jpg

しかし、あと一歩で家康の首を獲るには至りませんでした。

本音を言うと、私は昨日の最終回の演出には不完全燃焼です。
傷ついた幸村は最後、本当は雑兵に討ち取られたのですが、、佐助の介錯で自刃したように美化されています。
さらに、秀頼や淀君が自刃する場面はカットされ、その事は最後にアナウンサーによるナレーションで伝えるのみでした。

前回の放送で、「真田丸」の真のヒロインは、長澤まさみ演じる「きり」だったのかと思わせる演出でしたが、最終回ではきりの落城後の安否は結局不明・・・

最も、きりというのは三谷幸喜氏がつけた名前で、信繁の側にそういう女性がいたらしいという事しか判っていません。

三谷幸喜氏の脚本では、あの有名な関ヶ原の決戦の場面を全部カットして、佐助からの報告のみで済ますという大胆な演出でした。
おそらくこれで、撮影費も大幅に節約できたはずです。

所詮フィクションなのですから、「真田丸」に佐助以外の真田十勇士も登場して欲しかったな~。
でも、キャストが増えすぎて余分に人件費がかかりますね(笑)

最終回はかなり盛りだくさんで、あの内容を45分に収めるのには時間が足りなさ過ぎると思いました。
せめて1時間半ぐらいのドラマにしないとアカンと思いましたよ。
「真田丸」は久々に盛り上がった大河ドラマでしたので、特別に最終回スペシャルにするとか思い切った事もアリだったと思うのですが・・・

by k2hair | 2016-12-19 19:10 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

アウトバストリートメント   

2016年 12月 18日
11月25日に「シャンプー剤は少なめで」というタイトルのブログを書きました。

このブログの最後に、シャンプーの後に髪を乾かす前に付ける「洗い流さないトリートメント」をブロー前につけるのがk2ヘアーのオススメと書きました。
「洗い流さないトリートメント」はアウトバストリートメントとも言い、お風呂から出たあとに使う、洗い流さないタイプのトリートメントのことです。

K2ヘアーでは、髪が短かくてカラーリングをしていない方以外のほとんどの方に、アウトバストリートメントを使用しております。

ボリュームを出したい方にはこちらのミルクタイプの物がオススメ
d0231858_15555454.jpg



逆にボリュームを抑えたい方にはこちらのエマルジョンタイプがオススメです。
d0231858_2234533.png

アウトバストリートメントは、ドライヤーの熱から髪を守り、スタイリングがしやすくなります。
特に、カラーリングをしている方やくせ毛の方には絶対オススメのアイテムです。

K2ヘアーで扱っているアウトバストリートメントは、甘い香りの残るタイプの物や髪を修復するタイプの物とか他にも色々あるので、ご来店の時にご相談下さい。

by k2hair | 2016-12-18 22:57 | 美容 | Trackback | Comments(0)

e-POWER   

2016年 12月 16日
日産がやっちゃいました。
新型ノートが、11月の登録車販売台数でトップになったのです。

日産車が月間登録車販売台数でトップになったのは、30年前のサニー以来の事です。
ここ数年はトヨタのプリウス・アクアのハイブリッド車のコンビで1・2位をほぼ独占してましたので、これはもう事件ですね。

今では当たり前のようにハイブリッド車がちまたにあふれていますが、1997年にトヨタがハイブリッドの初代プリウスを発表した時には、ビックリしました。
モーターで発進して、その後スルスルッとエンジンがかかりエンジンとモーターの両方の力で駆動するという発想は当時凄いと思いました。

ところが、今年の11月2日に日産ノートのマイナーチェンジで発表されたe-POWERというシステムは、モーターのみの力で駆動して、エンジンは駆動には使わずに発電のみに使うという全く新しいシステムなのです。
ハイブリッドとは違う、今までありそうで無かった方法に日産は目をつけたのです。

ノートe-POWERのパワートレインは、日産の電気自動車のリーフの物をそのまま流用し、従来のノートのエンジンで発電しています。

ノートe-POWERの燃費はトヨタのアクア並の燃費で、カタログ上は、リッター37kmも走ることができるそうです。

ノートには従来のガソリンエンジンのモデルもあるのですが、新型ノートを買う人の7割以上がe-POWERを選択しているそうです。
ノートがプリウスを抜いて月間登録車販売台数でトップになったのは、まさにe-POWERのおかげですね。

日産は、12月8日にノートe-POWERのスポーツタイプのニスモを発表しました。
d0231858_1829429.jpg

たまたまこの車を一昨日に見かけたのですが、なかなか格好良かったですよ。

e-POWERのノートは、ノーマルモードだと普通のクルマの運転感覚なのですが、エコモードとSモードの運転感覚が面白いとのことです。
アクセルを踏むと車が進み、離すと回生ブレーキの制動が掛かり、アクセルペダルのオンオフだけである程度車の速度を操れるそうです。
具体的に言うと、普通の車では減速する時に、アクセルペダルを離してブレーキペダルを踏まなければいけません。
しかし、e-POWERではアクセルペダルを離すだけで自然にブレーキが掛かるということなのです。
電車の先頭車両で運転手の操作を見たことがあれば判ると思いますが、これって電車の運転方法にも似てますよね。
感覚的には、マニュアル車のシフトダウンでエンジンブレーキが掛かる感じに近いそうです。
なんかバイクみたいで面白そう・・・
e-POWERは、来年にミニバンのセレナにも搭載するそうです。

エコで加速の素晴らしい電気自動車に乗ってみたいと思っても日産のリーフはめっちゃ高価格ということと、遠出では出先では充電できないという事がネックでした。
ノートe-POWERはエンジンの力で充電しながら走るのでその心配は要りません。
しかも200万円を切るモデルもあるのです。

私は、この前車検をしたばっかりなので、すぐには新車は買えないのですが、ノートe-POWERを冷やかしで試乗してみようかな?

by k2hair | 2016-12-16 18:46 | クルマ | Trackback | Comments(0)