<   2014年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧   

SK発祥の店   

2014年 07月 30日
先週、福井県大野市から石川県の別山に登った帰りにSKをいただきました。

SKとはなんぞや!!
SKとは、福井県大野市が発祥の「醤油カツ丼」のことです。
大正時代に同じ福井県の福井市で創業した「ヨーロッパ軒」が「ソースカツ丼」発祥の店としてとても有名なのですが、「醤油カツ丼」は、2010年に大野市で生まれたカツ丼のニューウェーブなのです。

醤油カツ丼には定義があるそうです。
  ・福井県内産の醤油で作られた醤油カツ丼のタレを使用すること
 ・カツを盛ること ※揚げる素材は問わない
  ・野菜を盛ること ※薬味的なものでなく、主役級の盛り方が必要

醤油カツ丼のタレは、福井県大野市の野村醤油にて開発されました。
大野市やお隣の勝山市では醤油カツ丼の事を「SK]と呼ぶらしい・・・

去年、やはり登山の帰りに勝山市の「道関そば」でSK初体験をしました。
今回はSK発祥のお店の「お食事処しもむら」さんに行ってきました。

これが元祖SK 780円
d0231858_14255971.jpg

右手前にあるのがSK専用の「醤油タレ」です。
お店のお姉さんによると、「いっぺんにかけてしまうとしょっぱいので、少しづつかけてくださいね」とのとこ。

おろしそばとセットにすると1000円ととってもお得なのですが、激しい登山の後で胃袋も少し弱っていたので単品で注文しました。

ご飯の上には細かいキャベツの千切りが敷き詰められています。
大根おろしと青しそとネギをカツにのせて、醤油タレをかけていただきます。
カツがサクサクでいい食感です。
ご飯の上のキャベツの歯触りもグッドです。
「お食事処しもむら」のSKは、SK元祖のお店にふさわしい美味しさでした。
SKはカツ丼ながら、ヘルシーであっさりしていて女性にもおススメできます。

「お食事処しもむら」の外観はいたって普通ですが
d0231858_14382668.jpg


中はきれいで居心地のいいお店でした
d0231858_14392384.jpg


「お食事処しもむら」は、中華のメニューが多かったので本来は中華屋さんなのかもしれませんが、オムライスなどの洋食メニューやカツ丼などもあり、お酒も飲めます。
休日の夕方に訪問したのですが、どんどん家族連れのお客さんが入ってきてとてもはやっているお店です。
大野市の中心からは外れているのですが、店員のお姉さんたちも愛想がよく、繁盛するのもなるほどと理解できました。

「お食事処しもむら」
福井県大野市新庄15-22-2
営業時間 11:00~14:30  17:00~21:00
[日曜日]11:00~15:00  16:30~20:30
定休日 水曜日

by k2hair | 2014-07-30 06:14 | B級グルメ | Trackback | Comments(0)

激突! 剣道親子バトル   

2014年 07月 29日
福島県いわき市で毎日地元の中学校で指導していている馬目桂一さんは、剣道七段。
中学での指導が終わるとすぐさま地元の剣友会で自身の稽古をするという、剣道が好きで好きでたまらないお父さんです。

馬目さんの自宅は、漏電による火災で全焼。
大震災による度重なる余震の影響でした。

そのため息子の健次郎君は地元を離れ、現在は宮城県の仙台育英高校で2年生ながらレギュラーとして活躍し、仙台育英高校は、見事に今年のインターハイ出場を勝ち取りました。

そんな親子の剣道対決が実現しました。
親子の試合での対決はこれが初めてです。
d0231858_6375044.jpg


その親子剣道対決が、先週土曜日のNHK「突撃アットホーム」で放送されました。

その再放送が、今週木曜日にあります。
親子で剣道をやっている方は必見です!

「突撃アットホーム」
7月31日(木)NHK総合で
午後4:05より再放送されます

by k2hair | 2014-07-29 06:46 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

暑さ日本一   

2014年 07月 27日
うちの最寄りのアメダスが東近江(旧蒲生町)にあるのですが、昨日の最高気温がなんと38.8度!!!
昨日の最高気温が日本で1番暑い場所だったようです。(驚)

一昨日、岐阜県の多治見市の最高気温が39.3度とニュースで聞いて驚愕!していました。
39度近くなんてよその話だと思っていたら、昨日の東近江はその暑~い多治見よりも暑かったのですね。

今日から滋賀県の中体連の剣道の県大会が始まります。
この大会を制した者が全国大会へ進めるのです。

剣道は、動かなくても防具を付けているだけで暑いのです。
この時期の試合は相手との戦いもあるのですが、暑さとの戦いでもあるわけです。

中学生剣士の皆さん、暑さに負けないでガンバレ!

by k2hair | 2014-07-27 07:21 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

今日から放送! 期待のドラマ 「芙蓉の人」   

2014年 07月 26日
今日、7月26日(土)からNHK総合で新しいドラマが始まります。
新田次郎原作の「芙蓉の人」です。
d0231858_18223956.jpg

明治28年、正確な天気予報のためには恒久的な高層気象観測の実現が不可欠と、前人未踏、厳冬期の富士山頂気象観測を果たした民間人・野中到(いたる)と「一人では必ず死んでしまう」と、夫の命を守るため、その後を追って登頂、寄り添い続けた妻・千代子との、実在の夫婦の感動物語。

野中到(いたる)役には佐藤隆太。
到を支えた妻・千代子役を松下奈緒が演じます。

私は新田次郎の山岳小説が好きで何冊か持っていますが、この「芙蓉の人」はまだ読んでいません。
この物語のもう少し後年に富士山測候所の開設に尽力した佐藤順一郎の物語の「凍傷」は短編集に収められているので読んではいたのですが、さらにその前に冬季の富士山で観測するという暴挙とも思える挑戦をした夫婦がいたのなんて・・・

明治28年といえば今から120年も前の話です。
現在の登山装備で冬の富士山に登って命を落とす人も多数いるのに、当時のお粗末な装備で冬富士に挑むとは凄すぎます。

実は新田次郎自身は54歳まで気象庁の職員であり、冬の富士山測距所に勤務した経験もあるのです。
登山と気象のプロである新田のペンによるこの物語は、きっと凄い作品なのでしょうね。
ドラマ「芙蓉の人」期待しています!

土曜ドラマ『芙蓉の人 ~富士山頂の妻~』
2014年7月26日(土)スタート [連続6回]
総合テレビ 毎週土曜・午後9時00放送

by k2hair | 2014-07-26 06:41 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

三ノ峰・別山で出会った花   

2014年 07月 24日
7月21日の海の日、福井県大野市の上小池から三ノ峰と別山に登ってきました。
とても多くの花に出合いましたのでまとめてみました。

掲載順は基本的に、標高の低い所の花から高い所の順です。

ヤマアジサイ
山ではまだアジサイが咲いていました
d0231858_7252266.jpg


アカモノの実
果実酒にできるそうですが、ここは国立公園内なので採取禁止です
d0231858_7265696.jpg


ササユリ
可憐な花です
d0231858_7401666.jpg


ミヤマシシウド
1m以上もある非常に大きな植物です
d0231858_7312131.jpg


ヨツバヒヨドリ
三ノ峰に向かう途中で多く見かけました
d0231858_7323559.jpg


シモツケソウ
まだこれからですね
d0231858_7342045.jpg


ハクサンボウフウ
白山周辺には「ハクサン」と名の付く花が多いです
d0231858_7352085.jpg


ノハラアザミ
d0231858_736024.jpg


アマニュウ
d0231858_7362350.jpg


タテヤマウツボグサ
d0231858_7371054.jpg


クガイソウ
尻尾のような形をしています
d0231858_7383572.jpg


クモマニガナ
d0231858_741711.jpg


オオバギボウシ
d0231858_7422628.jpg


ミネウスユキソウ
綿毛に覆われた花でエーデルワイスの仲間です
d0231858_7451972.jpg


シナノキンバイ
d0231858_7462513.jpg


ハクサンタイゲキ
この花もたくさん見かけました
d0231858_7471311.jpg


ヨツバシオガマ
d0231858_7481873.jpg


シロバナタカネグンナイフウロと判明!
d0231858_7484717.jpg


ハクサンフウロ
d0231858_7494158.jpg


ニッコウキスゲは主役の花です
花は1日しか咲きません
d0231858_752640.jpg


ミヤマハハコ
d0231858_753753.jpg


ミヤマキンポウゲ
群生して咲きます
d0231858_7535650.jpg


センジュガンピ
白いナデシコです
d0231858_7561219.jpg


マルバダケブキ
フキの仲間です
d0231858_7575123.jpg


ミヤマダイコンソウ
高山植物には「ミヤマ」と名の付く花が多いです
d0231858_7593763.jpg


ミヤマダイモンジソウ
小さい花ですが、大の字に見えます
d0231858_801833.jpg


コバイケイソウ
去年は白山でたくさん見かけましたが、今年は不作のようです
d0231858_814055.jpg


ハクサンシャクナゲ
小さな白いシャクナゲです
d0231858_824486.jpg


ゴゼンタチバナ
d0231858_842320.jpg


ツマトリソウ
小さくて可憐な花です
d0231858_852981.jpg


クモマニガナ
d0231858_862719.jpg


ナナカマド
秋には葉は真っ赤に紅葉します
d0231858_87442.jpg


オンタデ
d0231858_882531.jpg


ハイマツの花
d0231858_891982.jpg


苦しくて辛い登りでしたが、非常に多くの花に癒されました。

by k2hair | 2014-07-24 08:23 | | Trackback | Comments(0)

別山は遠かった~!   

2014年 07月 23日
去年、石川県と岐阜県の県堺にまたがる日本百名山の白山に登りました。
甚ノ助避難小屋から見えた別山が見事でした。
d0231858_6252386.jpg


そして、今年の海の日に別山に登ってきました。
別山に登るのには、石川県の白山登山口近くの市ノ瀬から登るのが一般的なのですが、福井県側の上小池から福井県の最高峰の三ノ峰にまず登り、そこからさらに別山に登り、同じ道を戻るコースを選びました。
ただこのコースは、標準コースタイムで10時間を超えるロングコースなので、体調によっては三ノ峰で引き返すことも選択肢に入れました。

国道158号線の福井県大野市の西勝原を左折し林道に入ります。
ここから17km山奥に進み登山口の上小池の駐車場に朝7時に着きました。
海の日ということですでに駐車場には車がいっぱいです。
d0231858_785521.jpg

この駐車場がいっぱいだと、少し下に下小池の駐車場もあります。

上小池の駐車場から少し進むと、樹齢350年の大きな栗の木がありました。
d0231858_711471.jpg


道はゆるやかに下り、下小池からの林道に合流します。
合流地点に、紅葉で有名な刈込池への遊歩道の入り口があります。
d0231858_7222984.jpg


打波川沿いの林道を進みます
d0231858_7132737.jpg


大きな崩壊地がありました
d0231858_7174820.jpg


駐車場から約1km歩いて三ノ峰の登山口に着きました
d0231858_7215696.jpg


地図があります
d0231858_7323916.jpg


登山道はいきなりぬかるんだ階段の苦しい登りが続きます
d0231858_7352838.jpg


400m進むと山越邸跡の休憩場所がありました。
ベンチがあり、ここで一息いれます。
d0231858_7392230.jpg


しばらく進むと大きなミズナラの木がありました
d0231858_741787.jpg


苦しい登りを登りきったら稜線に出ました。
赤兎山から三ノ峰につづく稜線で大きな桧の木がありました。
d0231858_7435627.jpg


登って来た道のりを見おろします。
川沿いの低い所からけっこう登ってきました。
d0231858_746386.jpg


ここから右に稜線を進みます。
三ノ峰に向かって登った所から歩いてきた稜線を振り返ります。
d0231858_750072.jpg


目指す三ノ峰が見えますが、遠いです(泣)
d0231858_7505784.jpg


三ノ峰が近づくと、黄色いユリのニッコウキスゲがたくさんありました。
もの凄い急な角度で登山道は登ってます。
d0231858_7555834.jpg

苦しい登りですが、次々といろんな花があらわれて癒されます。

剣ヶ岩を見おろします
d0231858_8161428.jpg


三ノ峰の避難小屋が見えてきました。
ここに泊まって別山を登ることもできます。
ただし、トイレはありますが水場がないので水を担ぎ上げなくてはいけませんが・・・
この一角の2095mのピークが福井県の最高峰です。
d0231858_7584963.jpg


避難小屋からひと登りで三ノ峰の山頂(標高2128m)に着きました
d0231858_805448.jpg

多くの人はここで引き返すのですが、まだ行けそうなので頑張って別山まで行くことにしました。

ここから道は急に細くなりました。
人とすれ違う時は、笹の中に入らないとすれ違うことができません。
d0231858_1153276.jpg


せっかく登って来たのに、別山に行くのにはここからいったん標高差で100mも下ります(泣)
d0231858_891482.jpg


目指す別山が見えますがまだまだ遠いです。
山頂の手前の平らになっているところが別山平です。
d0231858_8115777.jpg


ミヤマキンポウゲの群落がありました
d0231858_8101210.jpg


きれいな尺取虫
d0231858_8131326.jpg


別山平に着きました
d0231858_8142451.jpg

ここはニッコウキスゲの大群生地で、わざわざこの長いコースを選んだのはニッコウキスゲの大群落に出合うためでした。
去年は爆発的に咲いていたそうなのですが、今年は不作なのでしょうか?
ちょっと残念です。
それとも満開はもう少し先なのかな?

別山平にある御手洗池と別山
お天気がいいと逆さ別山が見えるそうです。
d0231858_8183919.jpg


石川県側の登山道があるチブリ尾根が見えます。
ここにも避難小屋があります。
d0231858_11552023.jpg


ようやく別山山頂(標高2399m)に着きました
d0231858_8204100.jpg


別山神社
d0231858_8212014.jpg


標柱には上小池の登山口から9.7kmあると書いてあります。
どおりで遠いはずです。
d0231858_8232985.jpg


この日近畿地方では梅雨明けしたのですが、北陸地方はまだ梅雨明けしていなくて楽しみにしていた白山の展望は得られませんでした。
d0231858_8262926.jpg


振り返って御手洗池と三ノ峰
d0231858_8281089.jpg


帰りの三ノ峰の登り返しが足にこたえました。
おじさんには長い長い下りもきつかった~~!
林道歩きも含めて20km以上の道のりは遠かったです。
でも、多くの花に出合えたのと念願の別山に登れて大満足でした。

朝、2:30に起きての寝不足でイマイチ調子が上がらなかったのですが、長~い10時間の道のりをなんとか頑張りとおしました。

大野市で食事して、帰りも節約で高速には乗らずに下道で走りとおし、家に帰り着いたら夜10時前でした。
久しぶりに「自分で自分を褒めてあげたい!」と思いました。

by k2hair | 2014-07-23 08:33 | | Trackback | Comments(0)

水口温泉つばきの湯   

2014年 07月 17日
滋賀県甲賀市の水口温泉つばきの湯に行ってきました
d0231858_7195437.jpg

2年前にオープンしたまだ新しい温泉です。

場所は、海鮮ちらしを食べた水口の卸売市場の目の前にあります。
d0231858_8313059.jpg


料金
d0231858_7435077.jpg


こちらの温泉は、守山市の「ほたるの湯」と同じ経営のようです。
でも、利用料金は守山の「ほたるの湯」の方が200円も高くて平日850円・土日祝950円です。
ただし「ほたるの湯」は平和堂のホップカード提示で100円引きになるのですが、「つばきの湯」はその割引はなしです。
「ほたるの湯」は天然温泉のようですが、「つばきの湯」は人口温泉です。
利用料金が200円も違うのは、天然温泉と人口温泉の差なのでしょうか???

「つばきの湯」は温泉の掘削をしたけど温泉が出なかったという噂もありますが、真偽のほどは判りません・・・

内湯の施設
足湯・熱~いサウナ・超~冷たい水風呂・ぬる湯・電気風呂・ジェットバス

露天風呂の施設
人工温泉・あつ湯・壺湯・炭酸風呂・ミストサウナ

露天風呂にある人工温泉は、「長寿の湯」といいます。
白く濁った湯で、全国の有名温泉の成分をブレンドしているそうです。
硫黄の匂いも少ししました。

畳の休憩所もありますがあまり広くはないです。
テレビが見られる安楽イスはありません。
メニューが豊富な食堂もありますので、風呂入って→飯食って→風呂入ってなんてこともできます。

「つばきの湯」入浴施設はかなり充実しています。
私は熱~いサウナが好きなのですが、ここのサウナの熱さは最強レベルです。
他のところでは10分以上平気で入っているのですが、ここのサウナは6分でギブアップしました。
それでも水風呂と交互に3回入りました。
ちなみに水風呂の冷たさも最強レベルでした。

私は「つばきの湯」、けっこう気に入りました。

滋賀県甲賀市水口町水口5572
TEL:0748-65-1126
営業時間 平日・祝日9:00~24:00 受付23:00まで
       土・日曜日7:00~24:00 受付23:00まで

by k2hair | 2014-07-17 06:55 | 温泉 | Trackback | Comments(0)

水口寿志亭市場の食堂 の海鮮ちらし   

2014年 07月 15日
昨日、滋賀県甲賀市の水口寿志亭市場の食堂 で海鮮ちらしをいただきました。
d0231858_6465962.jpg

すし飯に、マグロ・タイ・サーモン・イカそうめんなどがのっています。
並盛で690円、写真は大盛でたった50円増しの740円です、やっすぅ~!

安いのには理由があります。
実はこのお店、水口卸売市場の中の食堂なのです。
d0231858_1158295.jpg


チョー殺風景で、知らなかったらここに食堂があるなんてわかりません。
d0231858_6533544.jpg


店内もあっさりしています
d0231858_656433.jpg


メニュー
d0231858_6564631.jpg

大盛は50円増しです。
暖かいご飯だと「丼」で、冷めたすし飯だと「ちらし」でどちらも同じ値段です。
丼やちらしには、味噌汁・おかず・漬物が付きます。
d0231858_71007.jpg


お会計は店内ではなく、市場の手前の売店で支払います。
d0231858_72441.jpg

魚だけでは」なく、フライものやお惣菜やお寿司も売っています。
ついでにいろいろ買っちゃいました。

お昼だけの営業ですが、回転すしよりもコスパはいいと思います。

水口寿志亭市場の食堂
滋賀県甲賀市水口町水口5606
営業時間 11:00~14:00
定休日 水曜日

by k2hair | 2014-07-15 07:11 | ランチ | Trackback | Comments(0)

ビリー・スクワイア   

2014年 07月 13日
d0231858_7124693.jpg

ビリー・スクワイアは、1980年にソロデビューしたロッカーです。
1970年代後半には「ハイパー」というアイドル系のバンドでデビューしたのですが、あまりパッとしませんでした。

1981年にソロになって2枚目のアルバム「DON'T SAY NO」を発表しました。
邦題は、「ハードライダーの美学」???
当時の日本のレコード会社は、勝手に訳の判らないタイトルをイメージで付けていました。
d0231858_7244345.jpg

それはともかく、このアルバムが凄かった。
今までのアイドル路線の呪縛から逃れてハードかつポップなロックに変身しました。
このアルバムは捨て曲なしの名盤でした。

アルバム第1弾シングルの「In The Dark 」


第2弾シングル「The Stroke 」 ドラムがバナナマンに似ています(笑)


実はビリー・スクワイアは、あのコンバース社の御曹司なんですよ。
コンバース社は2003年にナイキ社に買収されていますが・・・

ビリー・スクワイアは今もミュージシャンをやってるようですよ。
d0231858_7382319.jpg

痩せちゃって、ちょっと年いった沢村一樹みたいになってますね。

「DON'T SAY NO」のアルバム、もう売ってないのですよね(泣)
カセットテープは持っているのですが、なんせカセット・プレーヤーがもうないので・・・
アマゾンでは中古品しかないので、もう1回発売して欲しいです!

by k2hair | 2014-07-13 07:46 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

土石流の恐怖   

2014年 07月 11日
台風8号の影響で、一昨日の9日の夕方に長野県南木曽町で発生した土石流の映像は衝撃的でした。

これは国土交通省が設置した定点カメラによる映像です。
土石流が流れた後の写真は見たことがありますが、実際に発生した動画は初めて見ました。
自然の猛威をまざまざと思い知りました。

この土石流で住宅1棟が流され、家の中にいた母親と男の子3人の家族が外に押し出され、このうち中学1年生の男の子が死亡しました。

土石流が発生した梨子沢に掛かる橋の上には、人の背丈ほどの大きな岩がゴロゴロと積み重なっていました。
d0231858_654312.jpg


こんな大きな岩が流れてきたら家などひとたまりもありません。

この地域には昭和28年にも、同じような土石流があったことを伝える「蛇抜けの碑」という石碑が残っていました。
地域では土石流が起こった後の現象が、まるで大蛇がすべてをなぎ倒しながら通り過ぎたように見える事から「蛇抜け(じゃぬけ)」と言われていたそうです。

石碑には、「白い雨が降ると蛇抜けが起こる」
「大雨の降り続いているのに沢の水が止まると蛇抜けが起こる」
「蛇ぬけの前にはきな臭い匂いがする」などと書いてありました。

土石流の発生したのは、雨が降り出してからわずか1時間ほどの事だったそうです。
大雨で周りが見えなくなるほど白く煙る雨が短時間で大量に降りました。
大きな岩が動いて岩と岩がこすれるときな臭い匂いもしたそうです。
石碑は過去の災害を戒めたものでしたが、雨が降り始めてから「蛇抜け」が発生するまでにあまりにも短時間だったので、過去の教訓は生かされませんでした。
南木曽町役場から避難指示が出たのは、すでに土石流が発生した後でした。

今後、行政は「蛇抜けの碑」の教訓をもっときちんと受け止める必要があるべきだと思います。

by k2hair | 2014-07-11 07:23 | Trackback | Comments(0)