<   2014年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧   

ゆず塩鶏ちゃんぽん   

2014年 06月 28日
今から40年以上前に、滋賀県彦根市で生まれた「近江ちゃんぽん」を提供する「ちゃんぽん亭総本家」は、現在では滋賀県を中心に多くのお店があります。
近江ちゃんぽんとは、長崎ちゃんぽんとは全くの別物で魚節や昆布などの白だしをベースに仕上げたあっさりスープが特徴のちゃんぽんです。
麺も長崎ちゃんぽんのように太くはなく、普通のラーメンの麺です。

ちゃんぽん亭は、滋賀県内では30店舗もあり、京都・大阪・兵庫・岐阜・福井・愛知・静岡そして東京でも2店舗あるそうです。
東京の1店舗は、私がずいぶん前に勤めていた美容室のある、学芸大学駅の近くにあるそうです。

そのちゃんぽん亭の新メニューの「ゆず塩鶏ちゃんぽん」を食してきました。
定価は780円ですが、100円増しで麺の量が1.5倍の大盛でオーダーしました。
d0231858_633381.jpg


野菜がたっぷりの塩ベースの近江ちゃんぽんです。
ちゃんぽん亭のちゃんぽんを食べると1杯で1日に必要な分の野菜が摂取できるそうです。

柚子の皮は所どころにあります、箸でつまんでみました。
d0231858_6374955.jpg


鶏ミンチが入っています。
「ゆず塩」というほど柚子はたくさん入ってはおらず、スープに柚子の果汁はあまり感じられませんでした。

最近関西で大人気の「塩元帥」というラーメンチェーンのラーメンにも柚子が入っているのですが、そのラーメンの方が柚子が効いていますね。
ただ、野菜たっぷりなのが「近江ちゃんぽん」の売りなので、野菜不足の方にはもってこいですね。

「ゆず塩鶏ちゃんぽん」は、8月17日までの期間限定メニューです。
これから暑くなるので、熱~い「ゆず塩鶏ちゃんぽん」はタオル必携ですねヽ(゚∀゚)ノ

by k2hair | 2014-06-28 06:54 | ランチ | Trackback | Comments(0)

夜叉ヶ池はニッコウキスゲのパラダイス(登山編)   

2014年 06月 26日
d0231858_6414415.jpg

前回の続きです。
岐阜県側の夜叉ヶ池登山口からスタートします。
駐車場にはトイレもあります。

登山道の案内図
d0231858_6463651.jpg


駐車場からいったん下って、沢を3回渡ります。
d0231858_6492554.jpg


ここから急な登りが続きます。
d0231858_6524660.jpg


「夜叉ヶ池まで2500m」の標示がぶら下がっていました。
この表示は500mごとにあり、ペース配分の参考になります。
d0231858_656418.jpg


しばらく頑張ると、登山道はほぼ水平になります。
d0231858_6575935.jpg


美しいササユリが咲いていました。
d0231858_6592735.jpg


水場があります
d0231858_713528.jpg


ヤマツツジが咲いていました
d0231858_7202753.jpg


先日、秋田県で軽飛行機に間違えられたヤマボウシ
d0231858_7211627.jpg


上から見ると大きな花です
d0231858_7215940.jpg


ヤマアジサイ、この登山道でたくさん咲いていました。
d0231858_723584.jpg


大きなブナに癒されます
d0231858_723527.jpg


夜叉ヶ池に身を捧げた夜叉姫が身を清めたと言われる幽幻の滝
d0231858_7305488.jpg


しばらく行くと昇龍の滝が見えてきました。
空梅雨の影響で流れが例年より細々としています。
d0231858_7332846.jpg


夜叉壁に近づいてきました、いかついです。
d0231858_7352137.jpg


この辺から登山道は急な岩場になります。
危険なところにはロープが掛っています。
d0231858_7413824.jpg


岸壁にニッコウキスゲがいっぱい咲いていました
d0231858_744076.jpg


岩場を登りきると稜線に出ました
d0231858_7455677.jpg


イブキトラノオがいっぱい咲いていました
d0231858_747211.jpg


お目当てのニッコウキスゲ
d0231858_1815955.jpg

ユリ科の花で、日光が当たっている日中にだけ咲いて夜にはしぼんでしまうのでニッコウキスゲと言います。
近縁種で夕方から咲き朝にしぼむのはユウスゲと言います。

まず夜叉ヶ岳を目指します。
少し登ると夜叉ヶ池が見えてきました。
d0231858_749365.jpg


稜線の岐阜県側の斜面にはニッコウキスゲが大群落を作っていました
d0231858_7502356.jpg


メチャメチャいっぱい咲いています
d0231858_18295373.jpg


夜叉ヶ池まではよく歩かれているいい道なのですが、夜叉ヶ岳までの道はほとんど歩かれていなくて、ヤブ漕ぎを強いられます。
d0231858_7542913.jpg


標高1210mの夜叉ヶ岳に着きました。
ガスっていて何も見えません。
d0231858_7554833.jpg


夜叉ヶ岳を下りて、夜叉ヶ池に寄りました。
夜叉ヶ池へは木道の階段を降りていきます。
d0231858_7565466.jpg


池の畔ではサワフタギの花が咲いていました
d0231858_759286.jpg


池の周りの木には、泡のようなモリアオガエルの卵がありました。
卵がかえったらオタマジャクシは自動的に池にダイビングです。
d0231858_845587.jpg


雲がかかって池はガスっています
d0231858_8537100.jpg


特別天然記念物のヤシャゲンゴロウの保護のために池には立ち入り禁止になっています
d0231858_814768.jpg


池にはイモリはいたのですが、ヤシャゲンゴロウは見つけられませんでした。
d0231858_8153919.jpg


池の畔にあった奥宮夜叉龍神社が無くなっていました。
去年の台風18号でやられたのでしょうか?
d0231858_812891.jpg


登山をスタートしたのがおきて破りの午後2時過ぎで、お昼には大にぎわいの夜叉ヶ池も私が着いた頃には誰もいませんでした。

今までで4回目の夜叉ヶ池でしたが、ニッコウキスゲの最盛期にドンピシャリだったのは初めてでした。
大群落のニッコウキスゲに会えて大満足でした。

by k2hair | 2014-06-26 08:26 | | Trackback | Comments(0)

夜叉ヶ池はニッコウキスゲのパラダイス(プロローグ)   

2014年 06月 25日
d0231858_1684634.jpg

6月23日(月)にニッコウキスゲに会うために岐阜県と福井県の県境の夜叉ヶ池に登って来ました。

夜叉ヶ池はニッコウキスゲの群生地で有名で過去3回登っているのですが、未だ最盛期に巡り合ったことがありません。
さて、今年のニッコウキスゲはいかに・・・

夜叉ヶ池への登山ルートは、岐阜県側と福井県側の2つのルートが一般的です。
去年は福井県側から登ったのですが、今年はニッコウキスゲの群生が見られる岐阜県側から登りました。

湖周道路で長浜方面まで進みます。
4月の下旬から湖北方面への山菜採りや福井県や石川県や岐阜県方面の山に行っており、最近はほぼ毎週のように長浜市を通っています。

滋賀県長浜市の旧木之本町の国道303号線を東に進み、長さ3kmもある八草トンネルを抜けるとそこはもう岐阜県です。
トンネルを出てからわずか2kmほどの距離で、←「夜叉ヶ池」の案内があります。
ここから林道を延々13kmも進みます。
途中までは快適なのですが、最後の7kmほどはガードレールもない狭い道になります。
すれ違い困難で、落石やアスファルトが陥没した所もあり、常に対向車を意識して緊張して運転しなければいけません。

終点の3kmほど手前で、太った黒い子犬のような動物を見ました。
写真を撮ろうと思ったのですが、車が近づくとあわてて逃げていきました。
なんと子熊でした(驚)
ということは、近くに母熊がいたのでしょうね。
好奇心旺盛な子熊が車を見に来たのかも?
私、長い事山登りをしていて過去に鹿やカモシカや猿は見かけますが、野生の熊は初めて見ました。
林道があるといってもここはとんでもない山奥で、熊さんなどの野生動物のテリトリーなのですね。
しかし、登山道で会わなくて良かった!
もし、登山道で出会っていたら子熊を守ろうとする母熊が襲ってきたかもしれません。

林道を13km進んでようやく駐車場に着きました。
実は道中でランチをしてからの到着でしたので、登山口に着いたのは午後2時過ぎという掟破りの遅さです。
何回か来ていてコースは熟知しているつもりなのと、今は1年で1番日が長い時期なので横着して遅いスタートとなりました。
良い子は真似しないでね。
人気のコースなので、登山口に着いた時にはたくさんの車が止まっていましたが、帰りには私の車たった1台でした。
d0231858_16441676.jpg


登山口の案内表示
d0231858_1653539.jpg

ここから夜叉ヶ池への一般的な到着時間は1時間40分ほどです。

前置きが長くなりましたが、登山の様子は次回に続きます・・・

by k2hair | 2014-06-25 04:55 | | Trackback | Comments(0)

福井名物のガッツリランチ   

2014年 06月 23日
福井名物の食べ物の両横綱と言えば、私が思いつくのは「ソースカツ丼」と「越前おろしそば」です。
この両横綱が同時にいただけるお店があるのです。
d0231858_6493228.jpg


十阡萬(じゅっせんまん) 福井インター入口店 です
牛さんがお出迎えしてくれます。
d0231858_6475366.jpg

福井に行った時に私がよくいく店で、3回目?の訪問です。

広々とした店内
d0231858_6502498.jpg


ソースカツ丼 デカいカツが2枚もドド~ンと乗っかってご飯が隠れています
d0231858_6522070.jpg


こちらは越前おろしそば
越前おろしそばというと、普通盛りが少な目が当たり前なのですが、ここのお店のは丼で出てきます。
d0231858_656613.jpg


両方のセットで1365円ぐらい?だったような・・・
とにかく凄いボリュームです。

ソースカツ丼のタレが結構甘いタレで、関西人の私には辛かったですが辛子を付けていただきました。
カツがデカくて2枚もあるので、最後は苦しかったです。
めずらしくご飯をちょっと残しました。

おろしそばは、結構太めのモッチリした歯ごたえのあるそばで、あっさりしたおつゆと共にいただくと、めっちゃ美味しかったです。
洋食屋さんのおそば?と思っていたら、いい意味で期待を裏切られるおそばです。

ソースカツ丼・おろしそば共に、ハーフサイズやフルサイズのいろいろな組み合わせのセットメニューもあります。

本来は洋食屋さんなので、平日限定の国産サーロインステーキランチ1000円(15食限定)という驚きの安さのメニューもあったのですが、私たちが訪問した時は、すでに売り切れていました。(泣)
隣のテーブルのおじさんが同じ値段のハンバーグ定食を食べていたのですが、結構なボリュームで、こちらも美味しそうでした。
今度は早めの時間に訪問してこれらのサービスランチをいただくのもいいですね。

十阡萬 福井インター入口店
福井県福井市栂野町28-5-1

by k2hair | 2014-06-23 07:21 | ランチ | Trackback | Comments(0)

二人稽古   

2014年 06月 21日
昨日の少年剣道は、中学生はお休みで小学生のみの参加でした。
一般稽古は昨日はなかったのですが、せっかく体育館を借りているので、子供たちの稽古が終わってからOさんと示し合わせて2人で稽古をすることにしました。

大人の一般稽古では、基本稽古の時間が短かったり、基本稽古をしないままで地稽古をすることも多いのですが、昨日はひたすら基本稽古をみっちりやりました。
学生の頃はしんどいなんて感じなかった基本稽古がやればやるほどしんどい!
気がつけば40分ほどやってました。

そのあとは10分ほど地稽古をしました。
基本稽古の時に意識した左足に重心をかける位置を確認しながら・・・
いつもよりいい感じで打てた気がします。

子供たちが帰った後、贅沢にもたった2人で体育館を思う存分に貸切で稽古しました。
たまにはこういう稽古もいいですね。

by k2hair | 2014-06-21 07:09 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

軽飛行機に間違えられた花   

2014年 06月 18日
一昨日、滋賀県と福井県の県境近く余呉高原スキー場付近で、ヤマボウシという木の花が咲いていました。
d0231858_631320.jpg

この季節、雪深い山中でこの花をよく見かけます。
花が咲いていないと全然気がつかない木なのですが、花が咲くと結構目立ちます。

先週の13日、秋田市の山中で「山の崖に軽飛行機が引っかかっているのを見た」と住人から110番通報がありました。
警察は軽飛行機が墜落した可能性もあるとみて調べたのですが、住民が白い花が咲いたように見える樹木を、尾翼と見誤って通報していたことが分かりました。
d0231858_7191649.jpg

この花こそヤマボウシの花だったのです。
確かに飛行機が引っかかっているように見えますね。

今年は滋賀県の比良山系のシャクナゲが当たり年で近年になく多くの花が咲いたのです。
もしかしたら秋田県の山でも地元の人が見間違えるほどのヤマボウシの花の当たり年だったのかもしれませんね。

by k2hair | 2014-06-18 06:46 | | Trackback | Comments(0)

白山高山植物園   

2014年 06月 17日
昨日の6月16日(月)石川県の白山高山植物園に行ってきました。
雲の中に白山が隠れています。
d0231858_649547.jpg


高速道路のETCでの通勤割引が登録制となり、レジャーでの利用が事実上不可能に近くなったことで、高速道路を使わずに下道で片道約200kmの遠征となりました。
近江八幡から走りやすい湖周道路を最北部の旧木之本町の大音の交差点まで行き、国道8号を右折し、すぐ先の木之本インターの入り口を左折し、国道365号に入ります。
この道が途中ヘアピンカーブも一部あるのですが、敦賀まで遠回りせずに木之本から今庄を通り、越前市の国道8号の行松の交差点まで直線的にショートカットできるので、高速代を節約できます。
そこからは国道8号線を利用するのですが、この道は片側2車線の道で走りやすい道です。

恐竜博物館で有名な勝山市から国道157号線を金沢方面に向かいます。
この道は言わば山岳道路でどんどん登っていきます。
石川県との県境の谷トンネルを出たところから2kmほど走ると左に白山高山植物園の入り口があります。
d0231858_656181.jpg


車でどんどん上がっていくと駐車場に着きます。
そこからさらに遊歩道を歩き登ります。
d0231858_658126.jpg


砂利道で途中少しぬかるんだところもあるので、歩きやすい靴で行った方がいいです。
10分ほど歩くと、受付のテントで協力金200円を払います。
d0231858_714825.jpg


白山高山植物園というのは、白山に自生する絶滅のおそれのある高山植物の種を採取し、白山市の通称西山と言われる山地で栽培し保全していく実験をされている場所なのです。
常に解放されているのではなく、オープンガーデンとして6月20日(金)から土日を中心に、年間15日だけ一般公開をされる予定でした。
ただ、今年は五月下旬からの急激な高温で、ニッコウキスゲの開花が予想以上に早まり、予定を早めて6月14(土)、15(日)、16(月)の3日間プレオープンされ、その最終日に行ってきました。

ニッコウキスゲ
d0231858_724378.jpg


ハクサンフウロ
d0231858_7244339.jpg


タカネナデシコ
d0231858_7322843.jpg


ヤマブキショウマ
d0231858_7262122.jpg


ササユリ
d0231858_7264499.jpg


ハクサンタイゲキ
d0231858_7271774.jpg


ヤマホタルブクロ
d0231858_728879.jpg


シモツケ
d0231858_7284789.jpg


ミヤマダイモンジソウ
d0231858_7301614.jpg


イブキジャコウソウ
d0231858_7314044.jpg


ヤマブキショウマとニッコウキスゲ
d0231858_7331574.jpg


【白山高山植物園一般公開】
6月20日(金)21日(土)22日(日) 23日(月)、 27日(金)28日(土)29日(日)30日(月)
7月4日(金) 5日(土) 6日(日) 7日(月)、11日(金)12日(土)13日(日)の全15回。
入場は9:00〜15:00(16:00閉園です)
土日中心の4週に渡る開催です。


白山高山植物園は、規模はそれほど大きくないのですが、白山に5時間かけて登らなくてもわずか10分ほど登るだけで白山の高山植物を見ることができるお手軽な植物園です、めっちゃ遠いですが・・・(汗)

by k2hair | 2014-06-17 07:43 | | Trackback | Comments(3)

高校生との稽古   

2014年 06月 14日
昨日は、道場の剣道体験会だったのですが残念ながら参加者は少なかったです。
役員の方にはチラシを配布していただいたりしていたのですが、今年はワールドカップ開催の年ということで、サッカーが人気なのかな~。
でも、道場の見学は随時OKなので、興味のある方は K2ヘアー(0748)32-3912までご連絡下さい。

さて、少年剣道のあとは一般稽古、昨日は大勢の高校生が参加してくれました。
みんな道場のOB達です。
久しぶりに高校生と稽古すると、中学の時よりもずいぶん背が伸びて、打ちも力強くなっていました。
中学生と比較すると打突の強さが全然違いますね。
いっぱい稽古してるんでしょうね。

高校生との稽古は、まったく気が抜けません。
なにせスピードではかないませんので出ばなや居つくところを捉えないと打てません。
でも、高校生との稽古は自分自身も勉強になるし、とても気持ちのいい稽古ができました。

ところで、先日の滋賀県インターハイ予選の男子団体で、八幡工業高校が優勝しました、バンザ~イ!
優勝メンバーの5人の内、道場のOBが2人、あと2人も近江八幡の選手で地元の選手が活躍してくれるのは喜ばしいかぎりです。
女子の個人戦で優勝した草津東高校の大橋優香さんも道場のOGです、おめでとうヽ(o´∀`o)ノ
滋賀県代表の皆さん、神奈川県小田原市でのインターハイでも頑張って下さい、応援しています!

by k2hair | 2014-06-14 08:02 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

日本剣道形の稽古   

2014年 06月 12日
昨日は、近江八幡市の稽古会。
稽古が終わってから、2人の中学生の子が今度の昇段審査で二段を受審するので日本剣道形の稽古を見てほしいと頼まれました。

日本剣道形というのは、昔の刀の刀法を表した演武のことです。
本来は刀でやるものなのですが、普段の練習や審査では木刀を使います。
昇段審査では防具をつけた実技審査のあと、日本剣道形の審査、そして学科試験すべてに合格して初めて昇段できるのです。
私自身、普段は日本剣道形をしないので超久しぶりなのですが・・・(汗)

2人の生徒の通っている中学の剣道部の顧問の先生が剣道をしない先生なので、学校では教えてくれる人がいないそうです。
おまけに今日から土曜日まで修学旅行で、その次の日の日曜日が審査の日。
3日間稽古なしの、まさにぶっつけ本番です。

二段の審査は、日本剣道形の五本目まであります。
聞いてみると、2人の内1人は三本目までしか知らないとのこと・・・(驚)

2人に日本剣道形をやらせてみると、声が小さいし、全然気迫が感じられない。
「木刀を使っているのだが、刀を持っているつもりで」と伝えました。
ちょこっとやって終わるつもりが、結局1時間ぐらい費やしました。

日本剣道形の稽古も一生懸命やると汗をかきます。
「真剣にやる」という言葉がありますが、「真剣」の本来の意味はズバッと切れる本物の刀の事です。
日本剣道形の稽古をして思うのは、昔の侍は真剣で勝負をするなんて、本当に凄かったのだと感じます。
「手に汗握る」といいますが、もし日本剣道形を刀でやっていたら汗がダラダラ出てくるに違いありません。

中学生2人とも受かってくれるといいのですが、かなり心配です。
それより日本剣道形の審査に進む前に、実技審査に合格してくれるかもっと心配・・・

ところで、凄まじい気迫の日本剣道形の演武のビデオがあります。
女性2人が演じているのですが、後半の9分47秒あたりで小太刀がへし折れますが、何事もなかったのように刀を取り替えて続けられました。
昔の真剣勝負というのは、こんな感じだったのでしょうね(恐)

by k2hair | 2014-06-12 11:12 | 剣道 | Trackback | Comments(2)

日本三百名山 冠山   

2014年 06月 10日
d0231858_10483625.jpg

6月9日(月)に、岐阜県と福井県の県境にある冠山に登って来ました。
冠山は、標高1257mの日本三百名山の中の1座ですが、烏帽子のような特徴のある形の男前の山です。
この山の標高が、もし2000mを超えていたら、「日本百名山」の著者深田久弥はこの山を百名山に選んでいたかもしれません。

冠山はけっこう遠いです。
滋賀県からだと、長浜市の旧木之本町の国道303を通って、岐阜との県境の長さ3km以上の八草トンネルを通り、揖斐川町の横山ダムから国道417を北上し、日本最大のダム湖である徳山湖に出ます。
d0231858_1121640.jpg

ここからは長さ1km以上のトンネルの連続です。
ダム湖をつり橋で渡り、最後は3km以上もあるトンネルで国道の終点です。
ここから冠山林道に入るのですが、一部舗装の状態がめっちゃ悪い所もありますのでパンクさせないように慎重に運転しましょう。
この林道は、福井県池田町につながるのですが、福井県側はゲートが閉まっており、現在は岐阜県側しか通行できません。
冠山峠まで自宅から下道で約135km、飛ばし気味で3時間かかりました。

終点の冠山峠から歩きはじめます。
峠周辺ではタニウツギが、きれいに咲いていました。
d0231858_11171967.jpg


冠平までは登ったり下ったりしながら緩やかに登っていきます。
ただ、この時期毛虫が木の上からいっぱいぶら下がっていました。
d0231858_11261771.jpg

毛虫をよけながら進みますが、時々ザックに付着してきます。

冠平と呼ばれる平坦地
d0231858_11301961.jpg

ここから急激に登ります。

このような岩場を登ります。
危険なところにはロープもありますので慎重に進みます。
d0231858_11333540.jpg


ひと踏ん張りで冠山山頂(1257m)に到着
d0231858_1136439.jpg

とんがり山だけあって、360度見渡せます。

冠平を見おろします
d0231858_11374322.jpg


山頂では小さく可憐なアカモノが咲いていました
d0231858_11431890.jpg


帰りに冠平に寄りました、ここの標高はおそらく1148mかと・・・
d0231858_11391980.jpg


冠平ではコバイケイソウが咲き始めていました
d0231858_11413261.jpg


ニッコウキスゲはもう少し先か・・・
d0231858_1144133.jpg


そのほか見かけた花たち
イワカガミ
d0231858_1147099.jpg


ジシバリ タンポポを小さくしたような花です
d0231858_11475281.jpg


ナナカマド 葉は秋には真っ赤に紅葉します
d0231858_11485678.jpg


キジムシロ
d0231858_1149505.jpg


シロバナヘビイチゴ
d0231858_11503849.jpg


ノアザミ 葉っぱに触ると軍手の上からでも痛い
d0231858_11514585.jpg


帰りの登山口の近くで、マムシがお出迎え。
杖で触るとシッポを震わせて威嚇してきました。
d0231858_1255746.jpg


下山した帰りに寄り道をして、道の駅「星の降る里 ふじはし」に初めて立ち寄りました。
滋賀県側からだと通りませんが、横山ダムから2kmほど岐阜県側に行ったところにありますが、山の中にしてはずいぶん立派な道の駅ですね。
d0231858_11555580.jpg


お蕎麦屋さんや
d0231858_11575585.jpg


天然温泉もありました
d0231858_11583851.jpg


下着の替えを持って行かなかったので、温泉には入らずに足湯に浸かってきました。
d0231858_11594215.jpg

アルカリ性単純泉ということでツルツルとした肌触りのいい温泉でした。
今度は嫁さんを連れて来よう!

by k2hair | 2014-06-10 12:07 | | Trackback | Comments(0)