<   2014年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧   

比良山系 天空の白き登山道(その2)   

2014年 02月 28日
比良山の西側の花折峠道から入山し、比良山系の権現山山頂まで登りました。

  そこまでのレポートはこちら

権現山から稜線を北上し、ホッケ山から小女郎ヶ池を目指します
d0231858_16131747.jpg


この辺りは、琵琶湖とはわずか5kmほどしか離れていません。
この縦走路は、右手に琵琶湖を臨む、まるで天空の登山道です。
d0231858_16464118.jpg


雪の稜線もいい感じです
d0231858_1648786.jpg


ホッケ山山頂に着きました。
よほど風が強いのか、山頂部だけ雪が吹き飛ばされています
d0231858_16501777.jpg


ホッケ山山頂はさえぎる物もなく、360度見渡せます。
先ほど登って来た権現山を見おろします。
d0231858_16541693.jpg


正面右側の山がびわ湖バレイスキー場の頂上部の蓬莱山、左側の台地には小女郎峠と小女郎ヶ池があります。
d0231858_1783425.jpg


小女郎ヶ池に向かいます
d0231858_17163370.jpg


いい感じの場所です
d0231858_1721216.jpg


小女郎峠の近くにお地蔵さんがおられました
d0231858_17384998.jpg


小女郎峠
d0231858_17523053.jpg


峠の西側の小女郎ヶ池に着きました。
池は凍っていて雪の下にあります。
d0231858_17393853.jpg


夏はこんな感じの場所です
d0231858_1741121.jpg


ここ、池の上です
d0231858_17424358.jpg


小女郎ヶ池からは西側の坂下集落に下りました。
今までの縦走路とは違い、踏み跡があまりありません。
地形図をにらみながらルートを探しますがトレースが無くなる時もあります。
時々動物の足跡があります。
d0231858_17483298.jpg


先行者のトレースを見つけてホッとします
d0231858_17503256.jpg


北に比良山系の主峰の武奈ヶ岳が見えます
d0231858_17514691.jpg


目印の赤テープを探しながら樹林帯の尾根道を西に下りていきます
d0231858_17542534.jpg


面白いつららを発見!
d0231858_2126585.jpg


下っていくと杉林の中に入って行きました
d0231858_21283139.jpg


この辺りから膝まで雪を踏み抜くようになってきて、時々股の付け根まで雪にもぐります。
輪かんじきもスノーシューも持たずにこのルートに入ったのを少し後悔しました。

下山路で初めて小さな標柱を見つけ、ホッとします
d0231858_21302330.jpg


どんどん下っていくと、沢に出ました。
この沢を渡ります。
d0231858_21381720.jpg


ようやく坂下の集落が見えてきてホッとしました
d0231858_21395540.jpg


車道に出て左に進むと国道に出合いました
d0231858_21431051.jpg


駐車地まで約40分の車道歩きです。
トンネルの歩道を歩くのですが、結構狭くて怖いです!
d0231858_21512510.jpg


ようやく最初の駐車地に到着
d0231858_6593163.jpg


小女郎ヶ池から坂下集落への道は道標が少なく、尾根道やジグザグの降下、トラバースや沢沿いなどとルートが判りにくいので緊張しました。
小女郎ヶ池から坂下集落へのルートは、トレースのない時は自信がなければ権現岳を経由するルートを引き返した方がいいと思います。
この日は軽アイゼンを持って行ったのですが、使う場面はなかったです。

権現岳から小女郎ヶ池へのルートは、琵琶湖をすぐ下に眺めながら進む天空の登山ルートです。
特にホッケ山の360度の眺望は素晴らしかったです。
お天気がいい時は最高の眺めですが、稜線の上ですので風が強い時は雪庇もあるので注意が必要です。

by k2hair | 2014-02-28 07:13 | | Trackback | Comments(2)

比良山系 天空の白き登山道(その1)   

2014年 02月 27日
d0231858_650029.jpg


快晴の今週月曜日に、比良山に登ってきました。
わたしの住んでいる近江八幡からは琵琶湖の対岸にある山なのですが、すぐ近くに大きく美しく見えます。
d0231858_653074.jpg


いつもは旧志賀町側から登るのですが、今回は鯖街道の花折峠道から登りました。

国道367号線を南側から朽木方面に向かい、花折トンネルを抜けてしばらく行くと国道の左側に駐車スペースがあります。
d0231858_71146.jpg


ここからもう少し北に向かい右側に花折峠道への入り口があります。
d0231858_754947.jpg

この道は、今は車は通行止めなのですが、私が子供の頃は花折トンネルがまだ開通していなくて、京都から朽木に行くにはここからの厳しい峠道を行くしかありませんでした。

花折峠道には雪がいっぱい積もっています
d0231858_71115100.jpg


しばらく行くと左にアラキ峠から権現山に向かう登山道があり、そちらに進みます。
d0231858_714361.jpg


杉の植林の中を登っていきます
d0231858_7154938.jpg


いい感じの雑木林が現れました
d0231858_7172054.jpg


アラキ峠に着きました。
ここからは左の尾根に上がります。
d0231858_7204749.jpg


杉林の中の急斜面を頑張って登ります
d0231858_7252543.jpg


だんだん明るくなってきました
d0231858_7263320.jpg


権現山の山頂に到着。
サングラスを忘れたので超まぶしいです。
d0231858_7323899.jpg


夏に登った時の同じ標柱です。
80cmぐらいは雪が積もっているようです。
d0231858_7355699.jpg


琵琶湖の狭い所に琵琶湖大橋が掛っています
d0231858_7391047.jpg


琵琶湖の向こうに沖島が見えます
d0231858_742592.jpg


沖島を眺めながらのランチ
d0231858_743307.jpg


この先は次回に続きます・・・

by k2hair | 2014-02-27 07:47 | | Trackback | Comments(2)

田上(たなかみ)トパーズ 再放送決定!   

2014年 02月 24日
去年の12月にNHKのBSプレミアムで放送された「田上(たなかみ)トパーズ」が、今週土曜日に再放送されます!

このドラマは以前にも紹介しました。
    前回の記事はこちら

ドラマは、滋賀県豊郷町を舞台に繰り広げられる、父と娘そしておじいちゃんとの物語です。

出演: 小島 藤子 小木 茂光 ミッキー・カーチス 中嶋 朋子 千原 せいじ

滋賀県のいろいろな場所でロケが行われました。
数年前、取り壊しか保存かで連日ニュースで取り上げられていた、ヴォーリズ建築で有名な旧豊郷小学校もドラマの舞台になっております。
d0231858_7371322.jpg

本当に素敵な建物です。

田上トパーズ
3月1日(土)午前11時~
NHK BSプレミアムにて放送


前回見ていなかった方は、ぜひ!

NHKさん、地上波でも再放送されるといいのですが・・・

by k2hair | 2014-02-24 07:50 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

親子でスキー   

2014年 02月 21日
先日、高校3年生の次男と2人で福井県のスキージャム勝山でスキーをしてきました。
去年のお正月にスキーに行く約束をしたのですが、大晦日に私が大掃除中に乗った台の足が折れ落下し負傷し行けませんでした。
年に1回ぐらいは私1人でスキーに行っていたのですが、次男は5年ぶりのスキーだと思います。
d0231858_955734.jpg

標高1300m以上の山頂部には雲がかかり時おり雪が舞い、中腹部は曇り、ゲレンデ・ベース近くは晴れと目まぐるしく天気の変わるコンディションでした。

山頂部は、寒くて木の枝には霧氷ができかかっておりました。
d0231858_11101036.jpg


次男、照れくさげにピース
d0231858_9551053.jpg

次男は、ずっと受験勉強ばかりで、運動がしたいと言っておりました。
スキーはどうだったかと聞くと、楽しかったそうです。
受験シーズンで3学期はほとんど授業がなく、大学入試も一応終わったのでスキーに行ったのですが・・・

朝イチから午後2時までほとんど休みなくず~と滑りました。
平日なので待ち時間もなく、コースもかなり長いコースで大きなコブのコース以外はほとんど滑りつくしました。

早めに切り上げて、スキー場から下山した道中のお店で、遅いお昼をいただきました。
福井名物のソースカツ丼です。
カツの下にキャベツの千切りがはさんであります。
d0231858_10141218.jpg

突然入店して、あまり期待していなかったお店ですが、カツが柔らかくて美味しかったです。
小さいころに食べているはずなのですが覚えていないようで、次男にとっては初めてのソースかつ丼で、ガッついて食べておりました。
福井名物ソースカツ丼、美味しかったです。

by k2hair | 2014-02-21 10:23 | Trackback | Comments(0)

大いなるレジェンド(伝説) 葛西紀明   

2014年 02月 18日
ソチオリンピック男子ジャンプ団体で、日本が銅メダルを獲得しました。
d0231858_65907.jpg

日本の団体で、最後にメダルを確定するジャンプを飛んだのは、世界のスキージャンパー達からレジェンド(伝説)と呼ばれている、41歳の不惑のエース葛西紀明選手でした。
d0231858_6554588.jpg

日本のメンバーは、決して万全ではなかったのです。
最初に飛んだ清水選手は今年のシーズン途中で調子を落とし、ワールドカップに出られない時もありました。
竹内選手もオリンピックの直前まで入院生活をおくっていて、今も薬を飲みながら試合にのぞんだそうです。
伊東選手は、膝に故障をかかえていて、個人ノーマルヒルを回避したぐらいの痛みで、団体のジャンプを飛び終えた時には倒れこむぐらいの痛みをこらえてのジャンプでした。
葛西選手も腰に爆弾を抱えている状態でのジャンプだったのですが、プレッシャーに飲み込まれず見事なジャンプを見せました。
葛西選手は個人戦の時に見せなかった涙を、団体でメダルを獲れた時に流しました。

団体では期待された金メダルではなく銅だったのですが、葛西選手は4年後にまだ獲得していない金メダルを目指して現役を続けるそうです。
その時には葛西選手は45歳、「大いなるレジェンド」となるのです。

by k2hair | 2014-02-18 07:20 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

近江八幡市スポーツ少年団交流大会   

2014年 02月 16日
今日、近江八幡市運動公園体育館で、近江八幡市スポーツ少年団交流大会がありました。
d0231858_21462048.jpg

午前中は、ジュニアリーダー・シニアリーダーの指揮にによる集団ゲームがあり、午後はスポーツテストがありました。

申し込みでは約500人弱に人数が参加予定だったのですが、インフルエンザの影響、団ごとの欠席もあり、かなりの人数がお休みでした。
わたしの周辺ではあまり聞かないのですが、小学校を中心にインフルエンザが猛威をふるっているのですね。

研修会でもあったのですが、子供たちのスポーツ離れが進んでいるそうです。
実際、サッカー以外のスポーツは団員が減っているようです。
少年剣道も以前に比べてこどもたちの人数が随分減って危機感を感じております。
剣道を始めてくれる子供たちがもっと増えてくれると嬉しいのですが・・・

ただ、いろんなスポーツに携わる子供たちの引率を受け持って大変だったのですが、多くの子供たちに出会えて楽しかったです。

by k2hair | 2014-02-16 22:17 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

被災地への思いを込めた「金」   

2014年 02月 15日
やった~!やりました!!
羽生結弦君が、男子フィギュアスケートでついに日本史上初の金メダルを獲得しました。
d0231858_705869.jpg

昨日の夜から寝ないでオリンピック中継をご覧になっていた方も多い事でしょう。
私は、今日仕事なので早起きしてニュースで見ました。

フリーの演技は、羽生君もさすがに緊張したようで、冒頭の4回転サルコウで転倒します。
しかし、このジャンプを回りきってからの転倒という事でこのジャンプで加点され、このことが金メダルに届く結果となりました。

NHKの刈谷解説委員は、羽生君は前半にミスをしたものの後半の演技は自分らしさを取り戻した、しかし、そのすぐ後を滑ったカナダのパトリック・チャンはミスを連発、最後まで世界選手権を3連覇したチャンらしい演技をすることはできず、この自分らしい演技の差が勝敗を分けたと分析していました。

そして、前日のショート・プログラムで羽生君が史上最高得点をたたき出したことも、フリーで羽生君の直後を滑るチャンに大きなプレッシャーを与えていたのではないかと・・・
後を滑るチャンはノーミスで滑らないと逆転できないのに、最初のミスで気持ちが切れたのかもしれませんね。

被災地の仙台出身の羽生君は、練習場所のスケートリンクは壊れ、避難所での生活も経験しているのです。
被災地の人のために、このオリンピックで金メダルを獲るという気持ちが、他のどの選手よりも強かったにちがいありません。
前日のショート・プログラムでの演技はまさにフィギュアの神様が乗り移ったかのような素晴らしい演技でした。

ソチのオリンピックの神様は、天から手を差し伸べて羽生結弦選手と握手をしたのでした。

by k2hair | 2014-02-15 07:29 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

まさかの・・・   

2014年 02月 12日
オリンピックのスキー女子ジャンプ競技で、高梨沙羅ちゃんがまさかの4位でメダルを獲れませんでした。

解説の原田雅彦さんによると、沙羅ちゃんが飛ぶ時だけにジャンプ競技に不利な追い風が吹いていたそうです。
でも、原田さん曰く、彼女はそんなことは言い訳になるので決して言わないだろうと言っていました。

3位に入ったフランスの選手よりも沙羅ちゃんが2本とも距離は飛んでいたのですが、テレマーク姿勢が入っていなかったという事で飛型点で下回ってしまいました。
モーグルの上村愛子選手も採点によりメダルを逃しましたが、沙羅ちゃんまでが採点に泣くことになろうとは・・・

上川町は人口わずか4000人余りの小さな町で、地元の沙羅ちゃんに対する期待は相当なものだったと推測されます。
原田雅彦さんも沙羅ちゃんも北海道の上川町出身です。
思い返すと、リレハメルオリンピックのジャンプ団体戦で、最初の3人が飛び終えた時でよほどの大失敗ジャンプでもない限り金メダルが確定している場面で、原田選手がアンカーで最後の1本を飛びました。
しかし、そのジャンプは失敗ジャンプで、日本は銀メダルに終わりました。
その後、原田選手には「お前のせいで負けた」との大バッシングがしばらく絶えなかったそうです。

その4年後の長野オリンピックの団体戦で日本が金メダルを獲得した時に原田選手が流した涙は、そのためだったのです。

沙羅ちゃんは今回惜しくもメダルを逃しました。
彼女への期待の大きさは、同じ経験をした原田さんには、痛いほどわかるのでしょう。
これは我々日本人が17歳の彼女に過剰な期待をかけ、大きなプレッシャーを与え過ぎたのかもしれません。
彼女が帰国しても、そっとしておいてあげたいものです。

高梨沙羅さん、4年後には日本のためなんて考えずに自分のためにオリンピックを楽しんでね!

by k2hair | 2014-02-12 08:01 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

疑惑の判定   

2014年 02月 10日
昨日の朝のオリンピックのニュースで、日本人の誰もが目を疑った判定で、上村愛子選手がメダルを奪われた。
女子モーグルの決勝に残ったのは6人で、最初に滑った上村愛子選手は難しいカチカチの不規則なコブ斜面を、神業的な完璧な滑りを見せた。
おそらく選手生活最後の滑りを終えた上村選手の目には涙が・・・
d0231858_7203078.jpg

やり終えた充実感の涙だと本人は言っていたが、点数の低さに対する無念の涙もあったのかもしれません。

3人が滑り終えた時点で上村選手がトップ、残りが3人の時点で1人でも上村選手が上回ればメダルを獲得できたのです。
この後に滑ったカナダの姉妹の滑りは正直良かったと思う。
しかし、最後に滑ったアメリカの女王ハナ・カーニーの滑りはいただけなかった。

スキーは外を向き、完全にターンが乱れている。
d0231858_854134.jpg


しかしターンの採点の結果は、次の通り
上村愛子
   USA  FRA  RUS AUS  CZE  Total
   3.5   3.6   3.5   3.5   3.6   10.6
ハナ・カーニー
   USA  FRA  RUS  AUS  CZE  Total
   3.9   3.7   3.6    3.6   3.8   11.1

この採点は、エアーじゃなく、滑りのターンの採点なのですが、アメリカのジャッジは、完璧な滑りの上村の採点は3.5とジャッジ5か国のうち最低の採点、カーニーの採点は3.9点と上村よりも0.4点も上回っている。
ジャッジは5か国中、最高点と最低点が切り捨てられ、間の3つの点の合計で決めるのですが、ジャッジの5か国全部が上村の点数がカーニーより下回っている。
これはどう考えてもおかしい。
愛子の滑りは銀メダル、もしくは金メダルでもおかしくないぐらいの滑りだったと思う。
この判定は、IOCに提訴してもいいぐらいの疑惑の判定だと思う。

18歳でオリンピックに初出場し、それ以来7位・6位・5位・4位と4大会連続で順位を1つずつ上げていき、今回こそメダルを獲得させてあげたかった。
ケガで、出場できなかった同じチームの伊藤みき選手のためにも、ぜひともメダルを獲りたかったのだと思う。

順位が決定し、3番目の椅子から立ち去る上村愛子選手の姿が寂しげだった。
d0231858_7521249.jpg

by k2hair | 2014-02-10 08:11 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

パリの散歩道   

2014年 02月 07日
今朝のニュースで、オリンピックのフィギュア・スケートの団体戦の男子ショートプログラムで羽生結弦君が1位となって、10ポイントを獲得しました。
d0231858_80534.jpg

このショートプログラムの曲を聞いて驚きました。
一昨年亡くなったロック界の名ギタリストゲーリー・ムーアの「パリの散歩道」だったんですね。
私、知りませんでした。

この曲は名曲中の名曲と言われています

歌も最高に上手いし、本当に惜しいギタリストでした。

by k2hair | 2014-02-07 08:18 | 音楽 | Trackback | Comments(0)