<   2012年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧   

今年もありがとうございました   

2012年 12月 31日
12月31日から1月3日まで連休させて頂きます

昨日で、今年の営業が終わりました。
今年1年ありがとうございました。
今年中の予約に対応できない方もおられてご迷惑をおかけしました。

来年は4日(金)より営業しております。
来年の予約はまだまだ余裕があります。
休業中も留守番電話にての予約も承っております。(なるべく早く返信したします)

皆様のご予約をお待ちしております。

by k2hair | 2012-12-31 08:34 | Trackback | Comments(2)

「プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達」   

2012年 12月 30日
年の営業は、今日までです。
明日12月31日から1月3日まで連休させて頂きます。


先日、「プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達」という番組をやっていた。
松井秀喜選手のように華々しい活躍をして、引退の記者会見を開くことができる選手もいるかと思えば、プロ野球シーズンが終わった途端に、突然来年の契約はしないと「クビ」を宣告される選手もいる。
その選手たちのドキュメンタリー番組だった。

来年も他の球団でプレーする意思のある選手は合同トライアウトと言って、野手投手が実戦形式で4人ずつの対戦をして、そのプレーを見て獲得する意思のある球団が、1週間以内に選手に連絡する。
一週間経っても連絡のなかった選手は、海外でのプレーを目指すか、独立リーグでのプレーを目指すか、引退するしかない。

番組で紹介された5選手の中で、今年の合同トライアウトで、再契約を勝ち取った選手は、ロッテを戦力外通告されてオリックスに再入団する松本幸大選手と、富山のクラブチームからロッテに再入団するG.G.佐藤の2人だけだった。

G.G.佐藤の入団したロッテは、来季から監督が元西武の伊東監督に変わることになった。
G.G.佐藤と伊東監督は、西武時代の師弟関係もあり、ロッテへの契約はほぼ約束されていたのかもしれない。

松本幸大投手は、社会人野球から26歳でようやくプロの座を掴んだ苦労の人。
15歳からずっと付き合ってきて結婚した奥さんの献身的な努力があった。
保育士を辞め、夫の体作りのため栄養学を勉強し、プロで通用するための食事を作ってきた。
夫婦2人3脚で掴み取った再契約だった。

プロの世界は厳しい。
華々しい活躍を遂げる選手の影で、毎年多くの選手がプロを去っていく現実を見せつけられた。

by k2hair | 2012-12-30 08:16 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

松井秀喜の引退   

2012年 12月 29日
昨日、大リーガーだった松井秀喜選手が引退した。
d0231858_80052.jpg

引退の記者会見で私が印象的だったのが、「なぜ、日本の球界に復帰しないのですか?」という質問に対して、「10年前に渡米してたのですが、今でも10年前と同じプレーをする自信が持てなかった。」という答えだった。
ここ数年は、膝に故障を抱えたままで自分本来のプレーをするのにはほど遠い状態だったのだろう。

あだ名はゴジラと言われ、私は松井がジャイアンのような暴れん坊なのかと思っていたのです。
しかし、違いました。
甲子園で5打席連続で敬遠されてチームが負けてしまった時でも「作戦だから仕方がない」と相手の投手のことを全く悪く言わなかった。
その投手は、松井の紳士的な態度に感銘し、松井が出場した試合をテレビですべて観戦するほどのファンになったそうです。

松井がプロに入った時、オープン戦で三振ばっかりだったのですが、「これ以上悪くなることはないから」と高卒ルーキーとしてはずいぶん大口たたく選手だと思いましたが、その後1軍に上がったあとは大活躍でした。
松井といえば、ホームランの飛距離も凄かった。
東京ドームの天井に当たってからスタンドインしたり、横浜スタジアムでの場外ホームランとか信じられないほどの飛距離だった。
でも私が印象的だったのは、低めの玉を膝が地面にスレスレになりながらすくい上げて、ライトライナーかと思ったらそのままスタントまで届いてしまうというとてつもないパワーに驚かせられた。

ワールドシリーズでMVPに選ばれたが、その年がヤンキースでの最後の年になった。
「20年のプロ野球生活で最も印象に残っている事は?」と質問されて、ワールドシリーズのMVPになった事だと言わなかったのは意外だった。
松井はヤンキースを放出されたことが、よほど悔しかったのだろう。
松井にとってヤンキース時代が、最も輝いていた時代だった。
今は、ゆっくり休んで下さい。

by k2hair | 2012-12-29 08:19 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

ネパール料理 パラティクレストラン   

2012年 12月 28日
クリスマス・イブの日に、近所のパラティクレストラン近江八幡店にランチを食べに行ってきました。
d0231858_854455.jpg

先月も行ったのですが、2回目の訪問です。

ランチメニュー
d0231858_884476.jpg


Aランチ750円
d0231858_895022.jpg

ナンの大きさにビックリします。
トレーからはみ出しています。

これはチーズナンセット1200円
d0231858_813283.jpg

チーズナンもおいしいです。

この若いイケメンが店長さんです
d0231858_8104743.jpg


クリスマス・イブという事で、チキンティッカ850円を持ち帰りして夜にいただきました。
チキンティッカとは、骨なしチキンをタレに漬け込んで串焼きにした料理で、結構ニンニクが効いてスパイシーです。

ランチも持ち帰りできます。
そのほかにもいろいろ持ち帰りメニューもあります。
車は、お店の裏側の駐車場に15台ぶんあります。

パラティクレストラン近江八幡店
近江八幡市堀上町187-5
TEL 0748-32-8312
営業時間 ランチ11:00~14:30
       夜  17:00~22:30

by k2hair | 2012-12-28 08:24 | ランチ | Trackback | Comments(0)

「薄桜記」今日が最終回   

2012年 12月 27日
d0231858_821518.jpg

NHKのBSで好評だった「薄桜記」(11回放送)が10月からNHKの総合テレビで再放送されているのですが、いよいよ今日最終回を迎えます。

BSで放送されていたのを録画して2回見ました。
そして、再放送もまた見てしまっております。
そのくらいいい作品です。

今年、中村勘三郎さんが亡くなって、主演されていた大河ドラマ「元禄繚乱」という忠臣蔵の作品の最終回を再放送していました。
最終回は、お馴染みの赤穂浪士の討ち入りの場面です。
赤穂藩主の浅野内匠頭が、城中の松の廊下で吉良上野介に切りかかり、その結果切腹させられ、赤穂藩は取り潰しになります。
その藩主の仇討ちとして浪人となった元赤穂藩士47人が吉良邸に押し入り吉良上野介の首を持ち帰るもです。
それが、一般的な忠臣蔵です。
しかし、「薄桜記」は吉良側から見た忠臣蔵の話です。
吉良サイドに立って考えてみると、とても迷惑な話だったのかもしれません。
吉良上野介が収めていた愛知県の西尾市では、吉良上野介はいい殿様だったそうです。

「薄桜記」を見たあとで、「元禄繚乱の最終回や映画「四十七人の刺客」を見て、これが現代ならテロ行為なのかもしれないと、ちょっと考えさせられました。

「薄桜記」の最終回、丹下典膳と千春は悲しい結末を迎えます。
番組のエンディングに流れる、奄美大島出身のシンガー“城南海(キズキミナミ)さんの「Silence」が、このドラマの物悲しさにとてもマッチしています。

「薄桜記」は、大石内蔵助が登場しない異色の忠臣蔵のお話です。
私が今年1番心に残るドラマでした。

「薄桜記」最終回 NHK総合 今夜8時放送

by k2hair | 2012-12-27 08:56 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

おはよう関西のお天気キャスター   

2012年 12月 26日
NHKの朝7:45からのニュース「おはよう関西」の気象予報士のお姉さんが変わりました。
d0231858_7491091.jpg

左がメインキャスターの大沢幸広さん、右が新しいお天気キャスターの菊池真以さん

昨日の放送から、菊池真以さんが登場しました。
昨日の放送はかなり緊張されていた様子。
番組の最後の「今日も1日、お元気で!」と2人で言うのもちょっと息が合っていなかったが、今日はバッチリでした。

前任の虫鹿里佳さんが突然の降板。
虫鹿さん、番組に登場してすぐの頃はニュースを読むのもあまり上手じゃなかったのですが、すっかり上手になって、もう1本のレギュラーの「ぐるっと関西おひるまえ」でも頑張っておられたのに残念でした。
結婚されていたそうで妊娠のつわりで降板されたそうです。
虫鹿さんがお休みの間、土日祝担当の吉村さんが代理登板されていました。
吉村さんは、ほとんどお休みなしで大変だった事と思います。

菊池さんは、茨城県出身で慶應義塾大学卒業の才媛です。
前任の虫鹿さんもお茶の水女子大学大学院修了と、この番組のお天気キャスターは皆さん高学歴なのですね。

菊池さん、慣れない関西での仕事ですが頑張って下さいね、応援します。

by k2hair | 2012-12-26 08:16 | Trackback | Comments(0)

パラパラ漫画家 鉄拳    

2012年 12月 25日
日曜日の夜放送の「情熱大陸」という番組で、お笑い芸人の鉄拳のことを紹介していた。
d0231858_658268.jpg


アメリカのロックバンドキッスのようなメイクをほどこし、スケッチブックを持ち自筆のイラストを見せながら笑いをとるというのが芸風だ。
実は人前に出るのが苦手で、あのメイクを施すことで克服できるそうです。
お笑いブームが下火になった時にもう芸人はやめようと思ったそうですが、ユーチューブでパラパラ漫画が話題になり、再びブレイクしました。

鉄拳のパラパラ漫画の代表作「振り子」

この作品、泣けます。
バックミュージックには、イギリスのロックバンドMUSEの曲が使われているのですが、MUSEのメンバーがこの作品を気に入って、この映像をこの曲のプロモーションビデオに採用しました。
そのことで、この「振り子」という作品は、ユーチューブの視聴回数が最高レベルにまでなったそうです。
その後も次々にパラパラ漫画の作品の依頼が殺到し鉄拳の仕事のほとんどがパラパラ漫画の製作になりました。

私は、鉄拳の「振り子」という作品は知っていたのですが、まさかお笑い芸人の鉄拳の作とは知らずに、誰か他の人が鉄拳というペンネームを使っているのだと思ってました。

鉄拳は、高校の時に週刊ヤングマガジンのちばてつや賞を受賞するなどその漫画の実力は本物です。
ひとつのパラパラ漫画を作り上げるのは1000枚以上の漫画を書かなくてはいけないそうです。
鉄拳のパラパラ漫画は、他にもいい作品がたくさんあります。
これからも鉄拳の忙しい毎日が続きそうです。

by k2hair | 2012-12-25 07:27 | Trackback | Comments(0)

ホワイトクリスマス   

2012年 12月 24日
今日は振替休日なのですが、月曜日ですのでお休みさせて頂きます

今日は、クリスマス・イブなのですが、次男は昨日と今日と草津で剣道の錬成会。
先ほど近江八幡駅まで送っていきました。
外に出てビックリ!!
雪が積もってるではないですかw(゚o゚)w
平日ではないので交通量が少ないので、バス通りでも積もり始めました。
車の中で、次男の携帯に彦根方面の剣道部員から電話が・・・
始発の米原が大雪で電車が遅れているそうです。

本当にホワイトクリスマスになりました。
車の運転には気をつけましょう。

by k2hair | 2012-12-24 07:20 | Trackback | Comments(2)

ウルトラセブン   

2012年 12月 23日
フェイスブックで見つけた【昭和ってよかったなぁ倶楽部】でのプロフィール写真を見て、ハッとした。
ウルトラセブンに登場する地球防衛軍のメンバーのアンヌ隊員ではないか。
d0231858_6405476.jpg


当時、私は子供でアンヌ隊員がきれいな人だと思っていたが、今あらためて見ると本当に美しい。
「ウルトラセブン」は、再放送ではなく私がリアルタイムで見ていた番組でした。

地球防衛軍の戦闘機ウルトラホークの発進の場面がアメリカの人形劇「サンダバード」を彷彿とさせてかっこよかった。
「ウルトラセブン」は、戦闘ものというよりはドラマ性が強く、私的にはウルトラシリーズの中での最高傑作だと思っております。

最終回では、モロボシダンがアンヌに自分がウルトラセブンであることを告白します。


「ウルトラセブン」は単なる戦闘ドラマではなく、ダン(ウルトラセブン)とアンヌのラブストーリーでもあったのです。
d0231858_6422272.jpg

by k2hair | 2012-12-23 08:09 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

久~しぶりの出稽古   

2012年 12月 22日
昨日は、隣街の野洲市の悠紀剣良会さんの一般稽古に参加した。
振り返ると、2ヶ月ぶりの出稽古だった。
大人は私1人で、中学生達と稽古しました。
中学生といっても、こちらの中学生はなかなか手強い。
1年生ばかりなのだが、県でも上位クラスだそうだ。
うかうかしているとポンポンッと竹刀が飛んできます。
この中学生の中にかなり遠くから出稽古に来ているY君も来ていた。
夜9時過ぎまで稽古して、それから1時間近くかけて帰らなくてはいけないのに、毎回出稽古に来ているのだろう。
本人も大したものだが、毎回送迎してくれるお母さんの努力も忘れてはいけません。

一般稽古の時間は、30分ほどでしたが5人の中学生と稽古できました。
いい稽古ができました。
ありがとうございました。

by k2hair | 2012-12-22 08:02 | 剣道 | Trackback | Comments(0)