「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧   

朝の散歩   

2012年 08月 31日
最近、朝に散歩をしています。
散歩といっても、できるだけ速く歩いています。
大体2.5kmを25分ぐらいのペースです。
普通、60分で4kmが標準のペースですので、普通の人の1.5倍ぐらいのペースですね。
歩くだけなのですが、結構汗をかきます。
多分、前の晩に飲んだ酒が汗で出ているだけだと思うのですが・・・
朝の6時代は、車も少なく、今日のように晴れていると比良連峰がきれいに見え、空気も清々しくて気持ちいいものです。
まだ、歩き始めて10日ほどなのですが、9月に昇段審査を控えておりますのでそれに向けて取り組んでおります。
去年の夏から、週に2回は剣道の稽古をしようと思い、道場の稽古のないときは、出稽古に行くことにしました。
そこの道場に、滋賀に転勤されてから出稽古にこられている七段の先生に出会いました。
お話を伺うと、なんと私と同い年でした。
なんと、10年前に七段に合格されて、今年の秋以降の八段の審査に向けて取り組んでおられるとの事。
受審されるのは、来年にするそうですが、稽古のないときは夜にジョギングされたり、稽古をしたあとでも物足りないと、そのあと走りに行くと聞いて驚きました。
私なんか、稽古のあとはフラフラになって、それから走るなんて考えられません。
その先生、車は持たずに野洲から草津まで自転車で往復して稽古に行くこともあるという凄い方です。

自分は審査までに、週に2回ぐらい稽古しとけばいいのかなと思っていましたが、上を目指している人の取り組みは凄いことを知りました。
これではいけないと思い、私は朝に歩くことにしました。
犬の散歩は毎朝行っているのですが、犬を連れていると運動にはなりません。
ジョギングすればいいのですが、走るのは苦手なのと、正座すると膝が痛くなったりするので、今はとりあえず速歩きに取り組んでおります。

審査の前だけではなく、これをずっと続けることができるといいのですが・・・

by k2hair | 2012-08-31 08:00 | Trackback | Comments(0)

キレイになるお得セット   

2012年 08月 30日
4月に新発売された時にあっという間に売り切れてしまった、オリリーのスーペリア・カバーファンデーションのお得なセットが、数量限定ですが再登場しました。
d0231858_9573148.jpg


この、スーペリア・カバーファンデーションは4月にリニューアルされて新製品になったのですが、今までの製品は、下地クリーム・ファンデーション・パウダーと3品を使わないといけなかったのですが、今回の製品はファンデーション1品だけでよくなったのです。
d0231858_10125339.jpg

しかも、しみ等をしっかりカバーできて、なおかつ今までの製品よりもさらにキレイに見えるというメリハリパウダーを使用しております。
つまり、簡単!完璧!快適! と3拍子そろった究極のファンデーションなのです。


 セットについてくるプレゼント5品

ジェントルクレンジング50ml(メイク落とし)
d0231858_10162294.jpg


化粧直し用フェイスパウダー(ブラシ付き)
d0231858_10185598.jpg


非常に使いやすいファンデーション用ビッグスポンジ
d0231858_10204121.jpg


ファンデーションケースカバー
d0231858_10214587.jpg


ミニ・トートバッグ
d0231858_10222719.jpg


これらの5品約7,000円相当のプレゼント品が付いて
 お値段は¥7,350

このセットは絶対お得です。
ただし、数量限定ですので無くなりしだい終了です。
シミが気になる方、ファンデーションを変えてみたい方は、当店に試供品がありますので是非お試し下さい。

by k2hair | 2012-08-30 10:36 | 美容 | Trackback | Comments(0)

4分間で泣ける美しくも悲しい物語   

2012年 08月 29日


              争い事は、いけません

ジュリエットの役を演じている美しい女性は、一時期布施明の奥さんだったオリビア・ハッセーです。
d0231858_84248.jpg

どことなくアジアンテイストのエキゾチックな顔立ちだと思ったら、アルゼンチンとイギリスのハーフだそうです。
今はアメリカの男性と三度目の結婚をされています。

by k2hair | 2012-08-29 08:12 | 映画 | Trackback | Comments(0)

びわ湖よし笛ロード   

2012年 08月 28日
びわ湖よし笛ロードは、近江八幡市・旧安土町・東近江市(旧能登川)を縫って走る全長26.6㎞のサイクリングコースです。
d0231858_9444375.jpg

昨日、ほんの一部だけ行ってきました。

その起点は近江八幡市のサンロードという商店街と白鳥川の交差したところからはじまります。
ここは、うちの近所なのです。

本当の起点は、サンロードから80mほど入ったところから自転車専用道路になります。
d0231858_9464050.jpg

サンロードからびわ湖よし笛ロードまでの間は、車も通りますので気をつけて下さい。

びわ湖よし笛ロード沿いに桜並木があり、春にはお花見しながらサイクリングができます。
d0231858_9481176.jpg


しばらく進むと官庁街通りを渡ります。
左に近江八幡市総合医療センターが見えます。
d0231858_9505375.jpg


やがて左に見えてくる新しい住宅街は、小舟木エコ村と言って、家庭菜園付きの住宅地です。
d0231858_9525266.jpg


県道2号線(通称:朝鮮人街道)を渡ります。
d0231858_95747100.jpg


ここから先は、ほとんど建物はありません。
のどかな田園風景が広がります。
d0231858_9585992.jpg


右に見えてきた山は、八幡山です。
山頂に見える建物は、豊臣秀次やその子や孫の菩提を弔うために建てられた村雲門跡瑞龍寺です。
d0231858_107642.jpg


葦(よし)が栽培されています。
葦は、すだれなどに加工されます。
びわ湖よし笛ロードのよしとは、葦で作った縦笛が名前の由来です。
d0231858_1015017.jpg


白鳥川は、琵琶湖が近づいてくると、運河のような感じになってきます。
d0231858_109631.jpg


湖周道路に出ると、右に曲がります。
d0231858_10302833.jpg

反対側から見たところ
d0231858_1011412.jpg


湖周道路をわたって琵琶湖に出ました。
d0231858_1017565.jpg


このあとまだまだ続くのですが、ちょっと時間がなかったのでとりあえず琵琶湖まで往復してきました。
普段、自転車にはあまり乗らないのですが、肌で風を感じとれて思ったほど暑く感じませんでした。
行きは、琵琶湖に向かって若干下りなのですが、帰りはゆるい登りになるのと向かい風で、行きときつさが全然違いました。
今度時間のある時に、全線制覇に挑戦してみたいです。

by k2hair | 2012-08-28 10:45 | Trackback | Comments(0)

幻のドラマ三浦友和の「剣道一本!」   

2012年 08月 27日
私は知らなかったのですが、1972年に三浦友和主演で「剣道一本!」というドラマがあったそうです。
三浦友和は、このドラマが初主演でした。
1974年に山口百恵と共演した映画「伊豆の踊子」で一躍有名になるのですが、それよりも1年以上前のドラマでした。

実は、別のトピックスのコメントにて、このドラマに私の知り合いのいわうちさんが小学生の時、エキストラで出ていたことが判明。
いろいろ調べてみたのですが、このドラマあまり人気が出なかったらしくこのドラマの画像も見つかりませんでした。

・相手役の女優は中田喜子で、三浦といちゃついている時に少年剣士にメーンと一喝される場面もあったらしい。
・主人公は、亡き父の遺志を継ぎ剣道日本一を目指した。
・三浦と日本一を争ったのは女性剣士。
・悪役をよく演じていた南原宏治が、主人公の成長を温かく見守る頑固な防具職人という善人役をやっていた。
・主題歌「剣道 一本」を歌うのは、ムサシ合唱団。ムサシとはなんか出来過ぎのようだが・・・
・2005年にスカパーのホムドラchで放送したらしい。

まあ、このぐらいしか判りません。
このドラマの始まる1年前に終わった桜木健一主演の「柔道一直線」という大ヒットしたドラマがありましたが、ドラマの題名がそっくりだと思うのは、私だけでしょうか?

同じ年、現在千葉県知事の森田健作主演の「俺は男だ!」という高校剣道のドラマも大ヒットしましたが、こちらは「柔道一直線」とは違い、スポ根ドラマではありませんでした。
当時「ウーマン・リブ」という言葉が流行っていたのですが、男対女の主導権争いを面白おかしく描いた学園ドラマでした。
d0231858_1840065.jpg

私が中学生の頃、「俺は男だ!」が再放送されており、砂浜を裸足で走る森田健作の真似をして、我々剣道部員も胴着袴姿で裸足で校庭をランニングしておりました。
そして、私も「吉川くーん」と甲高い声で森田健作を真似したりしておりました。

サッカーブームや少子化の影響で、少年剣士の数も激減しております。
少年剣士を増やすには、実写版で剣道物のドラマを放映するのが1番だと考えております。
全剣連の方がもしこのブログを御覧になっていたのであれば、ぜひジャニーズ事務所に掛け合って嵐のメンバー主演でドラマを制作して頂いてもらいたいものです。
私は、主演は大野君がいいと思うのですが・・・(メンバーで1番剣道が似合いそう)
ママさんのハートをがっちり掴んで少年剣士をもっともっと増やすのです。
どんな勧誘活動よりも効果絶大だと思うのですが・・・

三浦友和の「剣道一本!」についてご存知の方コメントよろしくお願いします。
剣道ヒャックマンは削除されたけど、誰かYouTube に「剣道一本!」アップしてくれないかな~・・・

「千葉周作 剣道まっしぐら」というドラマもあったらしい(全然知らなかった)が、こちらの情報もよろしく。

by k2hair | 2012-08-27 06:46 | ドラマ | Trackback | Comments(2)

BS時代劇「薄桜記」   

2012年 08月 26日
BS時代劇の「薄桜記」にはまっています。
d0231858_7561638.jpg

このドラマの原作は、五味康祐の同名小説。
脚本はジェームズ三木とくれば、面白くないはずがありません。

ドラマのみどころ
主人公・丹下典膳(山本耕史)は、旗本にして、卓越した一刀流の剣豪。
典膳が大阪城に勤めている時に、妻千春(柴本幸)が幼馴染に凌辱されてしまう。
妻の名誉を守るために典膳は、愛する妻を離縁する。
しかし、そのことに逆上した千春の兄に左腕を切り落とされ、家も断絶してしまう。
浪人となった典膳を助けたのが、のちに赤穂藩の家臣の堀部家の入り婿となる中山安兵衛。
武士としての筋を守るために、典膳は片腕ながら吉良上野介の用心棒となる。
運命のいたずらに翻弄され、典膳は赤穂浪士たちと立ち向かうことになる。
千春は、自分のために全てを失った夫を生涯愛し、支え続けようと心に決める。
このドラマを貫くのは、武士社会の掟により、お互いに愛しながらも別れざるをえなかった典膳と千春の美しくも切ないラブストーリなのです。
d0231858_756453.jpg


全11回のうちこ7回目まで終わって、松の廊下の刃傷沙汰があり、これから最後の赤穂浪士討ち入りまで、ドラマは佳境に入っていきます。

放送: BSプレミアム毎週金曜日 午後8時~8:45
              再放送 日曜日午後6:45~

BS時代劇は地上波でやらないのがもったいないぐらいの良作の作品が結構あります。
評判の高い作品は地上波で再放送されることもありますので「薄桜記」も期待しましょう。

by k2hair | 2012-08-26 08:07 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

インターハイでリベンジ   

2012年 08月 25日
今年の全国中学生剣道大会、男子団体で優勝したのは、和歌山県の西和中学で熊本県の九州学院中を3-1で破りました。
その3年前、熊本県人吉市で行われた平成21年全国中学生剣道大会の決勝の舞台にも和歌山の西和中は立っていました。
相手は、地元熊本県の高森中でしたが、西和中は1-2の接戦で高森中に敗れました。

しかし、男子個人戦の決勝の舞台に立ったのは、西和中の平井君と加納君。
同じ中学の選手が、全国の決勝で戦ったのです。
嫁さんの実家が、この試合の会場の近くだったので、当時中2だった次男とこの会場にいました。
全中の最終日、ベスト4を決める戦いは、4試合同時にやるので、じっくり試合を見ることができなかったのですが、結果が判って驚きました。
勝ち上がった4人は、西和中の2人と京都北宇治中の森本君、大阪上宮中の森田君と4人とも関西勢でした。
そして西和中どうしの決勝、お互いに手の内は知り尽くしている者どうしの戦いでやりにくかったでしょうが、勝ったのは平井君でした。


その3年後今年のインターハイの男子団体決勝は神奈川の桐蔭学園と福岡第一高校の戦い。
桐蔭学園の副将と大将は、加納君と平井君。
そう、3年前全中の個人戦決勝で戦った、西和中の二人です。
対する福岡第一高校は、3年前の全中を制した熊本の高森中のメンバーが主力です。
まるで、3年前の決勝の再来のようです。
結果は、桐蔭学園が5-0で圧勝。
西和中出身の二人は、3年前の全中団体決勝のリベンジを果たしたのでした。

追伸: 今年全中優勝の西和中の大将の加納君は、桐蔭学園高校の加納君の弟さんです。
3年前に団体で熊本県勢に決勝で敗れたお兄さんたちのリベンジも弟さんたちが果たしました。

by k2hair | 2012-08-25 08:33 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

なにわのダルビッシュの1番長い夏   

2012年 08月 24日
甲子園では、史上初の春夏同一カードによる決勝となった。
春の選抜大会優勝の大阪桐蔭高校と、青森の光星学院高校。
大阪対青森の対決だが、光星学院のベンチ入り選手のうち7名が大阪の中学出身です。
大阪桐蔭の藤浪投手と光星学院の4番の北條選手は大阪府堺市の出身、光星学院の3番の田村選手は堺市の隣の大阪狭山市出身と、この3人の出身地は近い。
田村選手は中学の時に藤浪君と対戦もしているそうです。

ホームランを量産している光星学院の田村君・北條君対なにわのダルビッシュこと藤浪君との対決だったが、結果は光星学院を2安打完封した藤浪君が、リベンジを目指した光星学院を退けた。
d0231858_19464553.jpg


今年の夏の甲子園は面白かった。
大阪桐蔭と光星学院の決勝対決を誰もが期待しながら、本当にそのような対戦になるとは、神様の演出は心憎い。

1試合三振奪取新記録を記録した桐光学園の松井君のピッチングも素晴らしかった。
光星学院に敗れはしたものの、終盤まで0対0の緊迫した投手戦で三振を次々に奪っていた。
松井君はまだ少年っぽさの残る2年生、来年また甲子園に帰ってこい!(偉そうにすいません)

この大会で残念だったのは、みちのくのダルビッシュと言われる花巻東の大谷投手を見ることができなかったことだ。
彼は予選で160キロとプロを含め日本人最速級の剛腕投手だが、なんと岩手県予選の決勝で敗れた。
夏の甲子園で彼を見ることができなかったのは残念だが、甲子園で連投しすぎて肩が壊れずに済んだ。
甲子園で活躍してその後プロ入りしても、故障を抱えたまま泣かず飛ばずで引退していった選手はたくさんいた。
彼の可能性は未知数だ・・・
日本のプロのみならず、メジャーリーグも大谷君に注目しているという。
もしかしたら、日本の球団には入らずにいきなりメジャーデビューなんてこともあり得そうな逸材だ。

私が高校生の頃「なんで高校野球ばっかり注目されて、剣道はなんてマイナーなんだ」と高校野球そのものに嫉妬すらしていました。
しかし、座っていても倒れそうなぐらいの炎天下で一心不乱に白球を追いかける高校球児の姿に、感動を覚えない人はいないでしょう。

大阪桐蔭と光星学院の1番長い夏が終わりました。
両校の皆さんおめでとう、そしてお疲れ様でした。

by k2hair | 2012-08-24 07:30 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

全国中学校剣道大会   

2012年 08月 23日
今週の月曜日、全国中学校剣道大会が終わりました。

男子団体
優勝 西和中(和歌山) 準優勝 九学中(熊本)
三位 大蔵中(兵庫)、三股中(宮崎)

女子団体
優勝 燕中(新潟) 準優勝 大沼中(埼玉)
三位 東和中(和歌山)、高山中(鹿児島)

男子個人
優勝 高木 梅香中(茨城) 準優勝 熊倉 小池中(新潟)
三位 黒河 九学中(熊本)、山本 押原中(山梨)

女子個人
優勝 木澤 玉島東中(岡山) 準優勝 渡邊 國士舘中(東京)
三位 久徳 城辺中(愛媛)、西口 潮田中(神奈川)

   詳しい結果は、こちら

T先生のお話によると、八幡西中が今年の近畿大会に出場した時に、全中男子団体優勝の西和中(和歌山)と、同じリーグで戦ったそうです。
横綱、西和中を相手に八幡西中なんと引き分けたそうです。
リーグでの順位は、西和中も八幡西中も1勝1引き分けだったのですが、もう1校との勝者数の差が1勝差で、八幡西中はリーグを勝ち上がれなかったそうです。
近畿大会で西和中は3位だったのですが、10日後の全国大会では見事に優勝されました!
西和中の皆さん、優勝おめでとうございます。

女子団体優勝の燕中(新潟)は、3連覇(5回目)です。
3連覇というのは本当に凄いことです。
燕中の皆さん、優勝おめでとうございます。

by k2hair | 2012-08-23 07:57 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

久しぶりの少年剣道   

2012年 08月 22日
昨日は久しぶりの道場の稽古でした。
中学生が近畿大会に出場したのとその後のお盆休みで、2週間ぶりの稽古でした。
ちょっと長め休みでしたが、休み明けはほとんどの子供たちが元気に稽古に来てくれました。

昨日は新しく見学に来てくれた子もいました。
稽古が終わってから、見学のお母さんと少しお話しましたが、剣道の見学は初めてだったようで、ちょっと圧倒されたとのこと。
小学生の部員が減っているので、体験入部のお子さんも含めてたくさん入ってくれるといいのですが・・・

八幡西清流館道場の母体は、桐原少年剣道道場で、1番部員が多かった時は100人以上もいたそうです。
小学校の体育館に入りきれず、公民館の2階のホールを借りて、基本の部のみ場所を分けてしないとできないぐらいの時代もあったようです。

今、県内のよその道場のお話を聞くと、多くの道場が部員の確保に苦労しているそうです。
以前は県内で無類の強さを誇った道場でも、部員の減少で以前ほど勝てなくなってきているところもあります。
この地域は桐原学区というのですが、30年ぐらい前は新興の団地があちこちにあってどんどん人口が増えて、新たに八幡西中ができたのです。
八幡西中は、一時は滋賀県で1番人数の多い学校だったそうです。
1番多い時に、13クラスもあったそうですが、今は5クラス。
その半分にも遠く及ばず地域の子供の数も以前とは比べ物になりません。

道場の育成会のお母さんたちは、一生懸命勧誘活動をされていますが、今は小学生より中学生の方が部員数がかなり多いのが現状。

稽古の様子は、このブログの左のリンクにある「八幡西清流館道場 育成会日記」にアップされております。
近江八幡(安土も含む)にお住まいで剣道に興味のある方は一度見学に来てみて下さい。
  
           連絡先:0748-32-3912 K2ヘアーまで
d0231858_752593.jpg

by k2hair | 2012-08-22 07:55 | 剣道 | Trackback | Comments(10)