<   2012年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧   

狼の目   

2012年 07月 31日
柔道女子57kg級で、松本薫選手が金メダル第一号をとなった。
男子の中矢選手も決勝まで勝ち残り、男女アベック金メダルかと期待しましたが、中矢選手は惜しかった。

日本人選手が勝ち残っているのに眠るわけにはいかないので遅くまで応援しております。
おかげで少々寝不足ぎみです。

ところで、松本選手の試合を待っている時の顔は怖い!
d0231858_6561133.jpg

何か呪文を唱えるようにつぶやいているかと思えば、写真のように時々ガッと歯をむき出して気合をいれている。
隣で試合を待っている対戦相手の選手は、できるだけ松本選手を見ないようにしているが、気になるようでと時々チラッと見ては、見てはいけないような物を見てしまったような表情をする・・・
この時点で、勝敗は決しているのかもしれない。
今回の松本選手の試合では、派手な立ち技での1本勝ちはなかったが、ほとんど危なげなかった。
気迫あふれる見事な勝利だった。

中矢選手も絶好調だった。
決勝で開始早々に腕ひしぎ逆十字を決められるまでは・・・
背負い投げをかけてくる中矢に対して、相手のロシア選手は最初から腕を取ることを狙っていたのだろう。
中矢は、開始直後にいきなり腕ひしぎ逆十字を決められる。
本当ならあれで降参して終わりだったはずだが、中矢はギブアップせずよく耐えた。
しかし、古傷の右肘を痛めてしまう。
本当のところは痛くて試合のできる状態ではなかったのかもしれない。
その後、寝技が得意な中矢にとって、めったにかけられることの少ない寝技を掛けられてしまう。
しかし、中矢は相手を跳ね返し上になり、逆に相手を抑え込む。
しかし、痛めた右肘の抑えが利かないのか抑え込みをはずされてしまう。
あそこで抑えこめきれば1本だったが、本当に残念でした。
でも、銀メダルおめでとう!
中矢選手は、まだ23歳と若い。
4年後に雪辱を果たして欲しい。

by k2hair | 2012-07-31 07:31 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

ジュリーの囁き オリンピック柔道   

2012年 07月 30日
柔道男子66キロ級の準々決勝での海老沼とチョ・ジュンホの試合は延長戦に入り、どちらかにポイントが入るとその時点で試合は決まるという状況だった。
海老沼は延長戦の1分過ぎに小内刈りを放ち、有効と判定され試合は終わるはずだった。
しかし、ジュリーと言われる審判委員の天の声が、主審のイヤホンのレシーバーに囁く。
「今のは、有効ではない・・・」と。
主審によって、判定は取り消され、海老沼の喜びは一瞬で消え去る。
海老沼は、気持ちを切り替えて再び試合に臨む。
その後時間が切れ、旗判定に。
判定は、主審と副審2人の3人ともに3-0でなんと、チョに勝ちが告げられた。
しかし、またジュリーが主審の耳に囁く。
「今の判定はおかしい、もう一度やり直せ」と。
主審、副審ともに協議のあと2回目の判定。
今度は、3人ともに海老沼の優勢に変わった。

1度下された旗判定が、試合場全体の審判を統括するジュリー(審判委員)の判断で、覆される前代未聞の事態になった。
これには、韓国のマスコミも黙っていないだろう。
今後大きな問題になるに違いない。

海老沼は、準決勝で相手選手の帯をつかんだ投げで敗れた。
柔道では立ち技で相手の帯をつかむのは、一定時間なら認められる。
しかし、帯をつかんで投げるというのは、もはや本来の柔道ではなく「JUDO」になってしまったようだ。
柔道とは本来お互いにしっかり組み合って技をかけあう競技だったはずだ。
しかし、現在の「JUDO」では容易に襟を取らせてくれない。
それに、今回の審判の問題・・・

いずれ、「JUDO」の副審はいらなくなり、ロボットの主審をジュリーが操って審判する時代がやってくるのかもしれない。

by k2hair | 2012-07-30 07:02 | スポーツ | Trackback | Comments(2)

金メダルの重圧   

2012年 07月 29日
ロンドンオリンピックが、いよいよ始まりました。
柔道女子48kg級・男子60kg級が早くも行われ、日本の女子の福見選手が5位、男子の平岡選手が銀メダルを獲得した。

平岡選手は、決勝で敗れ銀メダルとなったが、本当によく頑張ったと思う。
準々決勝でフランス選手相手に苦しみ、指導を取られポイントでリードされる。
残り7秒というところで小内刈りで相手に尻餅をつかせポイントで追いつき、その後の延長で判定勝ちした。
あきらめない気持ちが大切だということを見せてくれました。
準決勝で一本勝ちし、メダルを確定する。
決勝では、相手の技をこらえ相手が浮き上がったところを勝機ととらえ、抱え込み投げようとしたところを、うまく返された。
あそこで攻めたのは間違いではなかったと思う。
ただ、相手がうまかっただけ、平岡選手は胸を張っていい。

福見選手は、対戦相手にかなり研究されていたのかまともに組ませてもらえなかった。
彼女は、ヤワラちゃんを2度も破った唯一の選手として注目されていた。
試合に勝っても過去の実績で谷亮子が代表に選考されるなど、苦汁を舐めやっと今回27歳にして初めてのオリンピック出場だった。
インタビューで金メダルしか頭になかったと言っていたが、準決勝で敗れてしまう。
3位決定戦に出場したのだが、最後は延長で一本負け。
5位となりメダルにも届かなかった。
前回の北京オリンピックでは、谷亮子が出場して銅メダルに終わったのだが、世界選手権の選考会では福見が勝利したものの、過去の実績を考慮され谷が世界選手権に出場し優勝し、福見は北京オリンピックに出場できなかった。
過去のことを言っても始まらないが、彼女には前回の北京で勝負させてあげたかった。
その時に出場してメダルを獲って実績を積んでいれば彼女の柔道もその後変わっていたのかもしれない。
私には、彼女が失った過去を取り戻そうとあせるあまり、不十分な体制にまま技を仕掛けたために、技のキレがもう一つだったのではないだろうか?
27歳の福見選手が今後どうするかは判らないが、4年後には彼女も31歳になる。
はたしてその時まで彼女はモチベーションを保ち続けられるのだろうか・・・
とりあえず、今は彼女にお疲れ様でしたと言いたい。

by k2hair | 2012-07-29 07:23 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

暑い夜   

2012年 07月 28日
昨日も暑い日だった。
次男は、午前中は部活で午後から中体連の団体戦の応援に行った。
草津駅の近くの体育館だと思ったら、そこじゃなくてかなり遠いほうの体育館で歩くの大変だったそうだ。
残念ながら、八幡西中は優勝できなかったそうだ。
それでも準優勝となって県で2校しか出ることができない近畿大会に出場できるのだ。
胸を張っていいと思う。
今日の個人戦でも頑張ってほしい。

昨晩は、久しぶりに出稽古に行った。
車で走っている時、夜8時前の時でもまだ32度もあった。
一般稽古にT先生も来ておられた。
久しぶりのT先生との稽古、なんとか稽古になったのは最初の3分ぐらいだけ・・・
そのあとはヘロヘロになって、面に届かない。
おそらく暑さで足にきていたのだろう。
それにしてもT先生、お強い!
ヒャックマンは3人いたそうだが、もしかしてこの人もヒャックマンの中に入っていたのだろうかと思うぐらい多彩な技が出てくる。
T先生が中学生と稽古しているところを見させてもらったが、構えが柔らかくて攻めが強い!
勉強させていただきました。
T先生、一昨日と一昨昨日と2日連続でジョギングしたそうだ、あの暑い夜に・・・
どうりでT先生スタミナが切れないのだ。
自分も走るのは苦手だが、稽古のない日はできるだけ歩こうと思う。

もう1人、初めてお会いしたS先生とも稽古させていただきました。
うかがうと、週に3回も稽古しているそうだ。
仕事をリタイアされて滋賀に戻ってこられて時間はたっぷりあるそうだ。

昨日の稽古の後、とても疲れました。
恐らく、軽い熱中症になりかかっていたのだと思う。
夜でも大変なのに、中学生たちはもっと熱い昼間に試合していたのか・・・
こんな日は、技も大事だが体力ももっと大事なのだと思った。

稽古が終わって夜10時前でも、道路の温度表示は29度もあった。
夜中、目が覚めてリビングの温度計を見ると30度もあった。
今年は、節電のために仕事でお店にいるとき以外はクーラなしの生活をしております。
夜、クーラー入れようかと思いましたが、何とか扇風機で耐えました。

早く涼しくなってくれるといいのですが・・・

by k2hair | 2012-07-28 08:02 | 剣道 | Trackback | Comments(2)

剣道ヒャックマン   

2012年 07月 27日
面白いビデオを見つけました。
約15年前の「ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャー」の中で、剣道やスカイダイビング・カーレース・スケート・モトクロスなどのスポーツでヒャックマンと勝負をし、勝てば100万円を獲得できるという企画でした。
今やっている「炎の体育会TV」は、おそらくこのヒャックマンシリーズを参考にしているのでしょう。
    ヒャックマン①

それにしてもヒャックマンのいでたちは凄いですね。
ヒャックマンのゼッケンのネームは、「百萬男」つまり、ヒャックマンですね。
掛け声もすべて「ヒャークッ!」
ヒャックマンの目が見えないので、深沢君じゃないけど視線が読めない!
ヒャックマン役の方、現在は某強豪高校の監督さんだそうです。
それにしてもヒャックマン強い!
竹刀さばきも超早い!
カーボン竹刀だとのことですが、何か特別な細工の竹刀なのでしょうか?

もう一つあります
   ヒャックマン②

昔、スマップのテレビで剣道経験者の芸能人とキムタクが対戦する企画もありましたね。
このヒャックマン剣道や、芸能界イケメン剣士(お笑い以外)の剣道の企画がまたあると、もっと剣道を始めたい子供が増えると思うのですが・・・

by k2hair | 2012-07-27 06:52 | 剣道 | Trackback | Comments(6)

竹夫の行く末「梅ちゃん先生」   

2012年 07月 26日
朝ドラ「梅ちゃん先生」で、まさかの展開・・・
梅子に多大な影響を与えた坂田先生(世良公則)が交通事故で亡くなってしまったのです。
梅子が、若くして医院を開業したのは、坂田医師の姿を見て決意したのに他ならないからなのです。
坂田の「医者は、ただそこに居さえすればいい」という言葉は、梅子の胸に大きく響きます。
当時、医師の少なかった蒲田で、医師が必要とされている事を梅子は感じ取り、開業に至ります。
その矢先での坂田の死・・・
梅子の胸に大きな穴があいた・・・

私は、竹夫が奮起して医師になり、坂田医師が引退したそのあとの医院を看護婦の静子(木村文乃)とまもっていくのではないかと勝手に予想していたのですが・・・

竹夫と看護婦の静子は以前からどうにかなると思っていたのですが、ついにその時が来ましたね。
さてこの二人、これからどうなるのやら・・・
d0231858_6105040.jpg


看護婦役の木村文乃さん、どこかで見たことがあると思ったら、2008年の朝ドラ「だんだん」で主人公のひとりののぞみをライバル視する、綺麗だけど意地悪な舞妓さんの役をやっていたのですね。
今やCMにもたくさん出ていて注目の女優さんのようですよ。
d0231858_7345719.jpg

by k2hair | 2012-07-26 06:12 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

チビッ子と少年剣道   

2012年 07月 25日
火曜の夜は、少年剣道の日。
昨日の夜も蒸し暑かった~。
普段、仕事で涼しい環境にいるので、仕事を終えて分厚い剣道着に着替えて体育館に入っただけで汗が噴き出してくる。
昨晩は、風がほとんどなかったので熱かった。

来週に、東京の日本武道館で全国大会があるのだが、金曜日の稽古がないために昨日が試合前の最後の稽古となった。
低学年の子も3人試合に出るので、T先生の奥さんが付きっきりでその3人の指導にあたった。

最近うれしいことに、未就学の子供さんを含め4人のチビッ子たちが入門してくれました。
昨日は、その4人と従来の基本組の小学生の3人を一緒に、全部で7人を1人で指導することになった。
この2つのグループは本来別々に稽古しているのだが、指導者が少ないこともあって、昨日は一緒に稽古しました。
基本組の1番年上の子は、5年生。
大きい子の稽古にチビッ子を合わすわけにはいかないので、小っちゃい子供さんのレベルに合わせて稽古した。
1番小さい子は、まだ3歳。
3歳でこちらの言うことをちゃんと理解するのは、不可能に近いので半分遊び感覚で稽古することにした。
そうすると何をかん違いしたのか、5年生の子までが一緒になってふざけてしまう・・・
みんな暑いので、集中力にも欠けているので、も~大変な稽古だった。
めちゃくちゃ大きい声を出さなくてはいけないので、自分の稽古をするより疲れた・・・

小学生の基本組の子には、剣道着が支給されて、昨日から全員剣道着を着ての稽古となった。
早く、小っちゃい子のお手本になるようにビシッとしてくれる日がくるといいのだが・・・

by k2hair | 2012-07-25 07:01 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

ひこにゃん V2!   

2012年 07月 24日
民間調査会社RJCリサーチ(東京都)が、PRキャラクターのインターネットによる調査を2千人を対象に実施した。

 調査は企業や自治体などのPRキャラ300体を対象に、地域やスポーツなど5部門でPR認知力やイメージアップ力、インパクト力などで検証された。

総合順位は、1位はお父さん犬(ソフトバンク)、2位はASIMO(本田技研工業)、3位はキューピー(キューピー)だった。
この総合順位で、彦根市のゆるキャラの「ひこにゃん)が、昨年の12位から6位になり、テレビでおなじみの広告キャラがひしめく中、初のトップ10入りを果たした。

5部門の中の地域部門では、「ひこにゃん)が昨年の調査に引き続き、堂々の2連覇を果たした。
2位の「せんとくん」(奈良県)、3位の「くまモン」(熊本県)を大きく引き離した。

「くまもん」(熊本県)は、昨年46位から3位に急浮上した。
「くまもん」の動きは、とても面白い。
関西では九州新幹線が開通後のPRでたびたびお目にかかった。
「くまもん」人気急上昇ということで、来年あたり「ひこにゃん」の強力なライバルになるのかもしれませんね。

ただ、熊本をはじめ九州には熊はおりません。
ツキノワグマは、以前はいたのですが、駆除されて現在は絶滅してしまったと思われます。

by k2hair | 2012-07-24 07:34 | Trackback | Comments(0)

顔と声がそっくりな歌手   

2012年 07月 23日
エアロスミスは、1970年代に活躍し、80年代前半は低迷するのですが1985年に復活を果たし、その後映画「アルマゲドン」の主題歌を担当するなど現在でも精力的に活躍しています。
1973年のデビューアルバムに収録されていた彼らの代表曲「ドリーム・オン」

ヴォーカルのスティーヴン・タイラーは、現在64歳の大ベテランです。
このビデオの当時は56歳ですが、若々しいですね。

フォリナーは、1970年代後半から80年代にかけて大ヒットを連発したイギリス人とアメリカ人3人ずつ6人で結成されフォリナー(外国人の意味)と名付けられました。
デビューしてまもなくの頃日本公演もあり、私は学生でしたがその当時東京に遊びに行っており、ちょうどフォリナーの武道館公演があって、運良く見ることができました。
後に剣道の応援で武道館に行きましたが、この時が初めての武道館デビューでした。
10週連続全米2位の「Waiting For A Girl Like You」

フォリナーは、ヴォーカルのルー・グラムの卓越した歌唱力で人気を維持してきたのですが、2003年にバンドを脱退します。
2005年にケリー・ハンセン という新しいヴォーカルが加入しました。
前置きが長くなりましたが、これからがこの記事の本題です。
このケリー・ハンセンさん、顔がエアロスミスのスティーヴン・タイラーそっくりなのです。
しかも、声はフォリナーの前任ヴォーカルのルー・グラムそっくりです。

歌は上手いし、声も晩年のルー・グラムよりもかなり出ています。
リーダーのミック・ジョーンズは年いってしまいましたが、まだまだ頑張っています。
日本に来てくれたらまたライブに行きたいものです。

by k2hair | 2012-07-23 07:22 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

謎の元料理人 藤本健二氏が訪朝へ   

2012年 07月 22日
藤本健二氏が、後継者のキム・ジョンウン第1書記から招待を受けたとして、昨日11年ぶりにピョンヤンへ向かった。

藤本健二氏は、北朝鮮で2001年まで去年亡くなったキム・ジョンイル総書記の専属料理人を務めていた人物です。
まだ子供だった現在の第一書記であるキム・ジョンウン氏の7歳のころからの遊び相手に指名されていました。
2001年に日本に帰国してからは、頭にバンダナを巻いてサングラスをかけた姿でたびたびマスコミに登場しました。
キム・ジョンイル総書記が亡くなった後の後継者候補について、藤本氏は早くから三男のキム・ジョンウン氏になるであろうと予想しておりました。

最近、北朝鮮でキム・ジョンウン第一書記主催によるアメリカナイズされたステージが披露されました。
また、事実上の北朝鮮ナンバー2である李英鎬(リ・ヨンホ)人民軍総参謀長を最近解任するなど、北朝鮮は確実に変わってきている。

藤本氏が北朝鮮に呼ばれた理由はよく判らないが、キム・ジョンウン第1書記から何かの相談を受けるのでしょうか?
民主党政権になって、拉致問題担当大臣なる名称の大臣も存在するのだが、この問題に対して民主党は全くアクションを示していない。
藤本氏が、キム・ジョンウン第1書記の信頼が厚いのなら、もしかしたら拉致問題が今後大きく発展していく期待がもてます。

藤本健二という名前は仮名であり、本名は非公開だそうです。
2001年に北朝鮮を脱出したいきさつがあり、北朝鮮のスパイに命を狙われる可能性もあるために、テレビに出演する時にあの様に変装したいでたちにしているそうです。
彼が今回、北朝鮮で殺される可能性も否定できない。
2週間での帰国予定ということだが、もう帰ってこれない可能性もあるだろう。
今回の訪朝には非常な勇気を要した事でしょう。
今後の動向が注目されます。

by k2hair | 2012-07-22 07:44 | Trackback | Comments(0)