<   2011年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧   

年越し稽古   

2011年 12月 31日
きょうは、八幡工業高校主催の年越し稽古に行ってきました。
高校1年生の次男も一緒に行きました。
八段の先生も参加されていました。
おもに湖東地区を中心とした先生方や学生さんが多く集まった活気ある稽古会でした。

普段は、あまり稽古しない高校生とたくさん稽古させていただきました。
私の世代では自分は剣士としては背が高い方だったのですが、現代っ子は自分よりかなり背の高い学生さんがけっこういますね。
ただ、普段は稽古したことがないいろんな学生さんとたくさん稽古できて楽しかったです。
若い方は、おじさんの自分よりバネがあるので来たと思ったら、あっという間に面に飛んできます。
気持ちでは負けないように気を張って稽古させていただきました。

以前個人で県で優勝した事がある学生さん(私の思い違いでなければ)との稽古では、いい所を何本か打たれたのですが、とても気持ちよく稽古することができました。
強い選手は、打突のときも邪念を捨てて思い切った打ちをするので、打たれても気持ちがいいです。
上の先生にも掛ろうと思ったのですが、稽古の時間が終わりになってしまいできませんでした。

八幡工業の生徒さんはとても礼儀正しく気持ちよく接待して頂きました。
保護者会の皆様にもお世話になりました。
お土産まで頂いて本当に恐縮です。
また、来年もよろしく御願いします。

by k2hair | 2011-12-31 20:16 | 剣道 | Trackback | Comments(4)

今年もありがとうございました。   

2011年 12月 30日
今朝も長男を彦根に送っていきました。
忙しい朝に送って行くのは、往復1時間以上かかるので大変です。
おかげでいつも朝に更新するブログが遅くなってしまいました。

今週は、とにかく忙しい一週間でした。
皆さん、正月前に髪を整えたいという方が多いので、どうしても最後の週に集中して来店されます。
来年にしていただいた方もあるのですが、先ほど今年の最後のお客様が帰られました。
無事に今年の営業が終了しました。
今年も1年間ありがとうございました。
また来年もよろしく御願いします。
来年は、1月4日(水)より営業します。

ブログをミタとおっしゃってくださった初めてのお客様は、
パーマ1000円、カラー500円、カット500円割引します。(学割カットを除く)


さらに、初めて御来店の方にはお好きなシャンプーをプレゼント!

by k2hair | 2011-12-30 18:45 | Trackback | Comments(0)

彦根の雪   

2011年 12月 29日
長男が怪我をして自転車を漕げなくなったので、今朝は彦根の職場まで車で送って行きました。
近江八幡では、まったく雪が積もってなかったのですが、愛知川を越えたぐらいから雪がふえてきて彦根に入ったら凄い雪でした。
彦根以北では、おとといと さきおとといに雪が降ったようですが、彦根の歩道は雪のために自転車に乗っている人は通るのが大変そうなぐらいの雪の量でした。
近江八幡と彦根は、距離が20キロぐらいしか離れていないのですが、雪の量の違いに驚きました。

滋賀県では、川を越えるごととに雪が増えると言われているのですが、まさにその事を実感したしだいです。

by k2hair | 2011-12-29 23:18 | Trackback | Comments(2)

特殊メイク 「坂の上の雲」   

2011年 12月 28日
NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」も終わりましたが、最終回での凄い特殊メイクを紹介します。

主人公秋山真之の母、貞(竹下景子)
d0231858_722559.jpg

秋山 貞は、79歳で没するのですが、この時代の人物ではかなりの長命だったのではないでしょうか。

兄の秋山好古(阿部寛)
d0231858_7285491.jpg

71歳で没するのですが臨終の間際の映像です。
しかし特殊メイクが凄すぎて、百歳万歳に出れそうです。
この写真だけみると、もう阿部ちゃんだと判らないぐらいです。

実在の秋山好古は顔の彫が深く、俗に言う偉人顔でした。
d0231858_735722.jpg

実際に顔の濃い阿部ちゃんが役に選ばれたのもそういう事も理由の1つだったのかもしれませんね。

by k2hair | 2011-12-28 07:38 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

  

2011年 12月 27日
彦根方面に通勤している長男は、朝食を取らずに早くに出て行きました。
車で通勤しているのですが、彦根の方と近江八幡とでは雪の量が全然違うようです。
今朝のニュースでも、彦根インター周辺の雪の様子が中継されていました。
今朝の彦根は、吹雪いていました。
近江八幡は、1センチあるかないかぐらいの積雪ですから、全然ちがいます。
昨日、長男は普段なら30分ぐらいで着くところが1時間10分ぐらいかかったそうです。
しかも、雪の降った日は雪かきをしなくてはいけないそうで、30分早く出勤しなくてはいけないと言っていました。
近江八幡でも年に2回ぐらいドカッと積もりますが、この辺の雪はベタ雪なので重いです。
雪かきって本当にたいへんです。

でも、雪が降るからスキーやスノボーもできるのだし、それによって生計を立てている人もたくさんおられるのですから、「雪なんか降らないで」と言ってはいけません。

今朝のアメダスによると、長浜市(余呉町)柳ケ瀬で99センチまで積もりました。
今年のスキー場の雪は、お正月に間に合いましたね。

ここ数年、子供もスキーについてこなくなりました。
小さい頃は、もう帰ろうと言っても、まだ帰らないと言っていたぐらいなのに・・・
今年も一度は1人スキーに出かけてみたいです。

by k2hair | 2011-12-27 08:04 | Trackback | Comments(0)

日本海海戦 「坂の上の雲」   

2011年 12月 26日
スペシャルドラマ 「坂の上の雲」が終わった。
毎年暮れの12月に足掛け3年にわたって放送されてきた。

最終回の「日本海海戦」は、戦闘シーン非常に迫力があり見ごたえがありました。
日本の連合艦隊は、主人公の海軍参謀 秋山真之の天才的な作戦で歴史的な大勝利を収める。
ロシア側の戦艦や巡洋艦は、沈没もしくは自沈、残る艦も戦闘不能になるなどすべての艦を失ったのに対して、日本側は、わずかに水雷艇3隻を失ったのみで、ほとんど無傷であったと言っていいほどの大勝利であった。
秋山真之のたてた作戦は11段構えであったが、その7段目のところでロシア海軍が降伏した。

私が印象的だったのは、ロシア側の司令部が、戦車の車内のように鋼鉄で守られた視野の狭い部屋の中で指揮していたのとは対照的に、東郷長官をはじめ日本側の司令部は、危険な甲板にずっと身をさらして指揮を執っていたという事だ。
ロシアの司令長官は自ら乗る艦が戦闘不能になったとき、負傷しながらも艦の上に上がった。
その時、ロシアの艦隊がほぼ全滅した事を初めて知る。
視界の狭い鋼鉄の室内では、戦況がよく判らなかったのであろう。

甲板では、敵の砲がどんどん飛んできて廻りの人が次々に倒れていく。
しかし、司令長官 東郷平八郎は、甲板を離れない。
虎穴に入らずんば、虎子を得ずということわざがあるが、危険を冒さないと勝利を得ることはできないという事を東郷は悟っていたのだろう。
東郷平八郎が後に名将であり英雄といわれた由縁であろう。

秋山真之は、降伏したロシアの艦に乗り込む。
そこで自らのたてた作戦によって多くの死者が出たことを目の当たりにする。
晩年の真之は、その事をずっと気に病んでいたようだ。
そして49歳でその生涯を終える。
盲腸をこじらせた事による腹膜炎が原因であった。
真之の最期の言葉は「みなさん、いろいろお世話になりました。これから独りでゆきますから」だった。
世界の海軍史上、希に見る天才の早すぎる死であった・・・

主人公を演じた本木雅弘は、このドラマに集中するために、3年間他の一切の役を断ってこの役を演じたそうだ。
今回の演技で、アイドルのシブガキ隊だったことを忘れるほどの本当に凄い俳優になったと思いました。

最後に、このドラマを非常に格調高いドラマにした要因のひとつに、渡辺謙の抑えのきいた渋いナレーションによる所も大きかった事を付け加えたい。

by k2hair | 2011-12-26 09:09 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

勘助の死 「カーネーション」   

2011年 12月 25日
糸子の同級生の勘助は根性無しで、子供の頃からいじめられているのを糸子に助けられたりしていた。
勘助の兄の泰蔵がだんじりの花形で近所の女の子の憧れの的だったのとは対照的だ。
ただ、糸子にとって「勘助は自分が守ってやらないとアカン」という自負があり、勘助のことが気になって仕方がない。
小さい頃から一緒に遊び、勘助の家で生まれて初めてのカレーライスを食べたりと、糸子のそばにはいつも勘助がいた。
戦争でうつになり、帰国させられた勘助を糸子が引っぱりまわして勘助のうつがより悪化して自殺未遂をおこしてしまう。
それ以来、糸子は勘助と会うことを禁ぜられてしまう。
逢うことはできなくなったのだが、糸子の胸の中にはいつも勘助がいた。
勘助の家の前にだまって野菜を置いていったりして、経済的に苦しい勘助の家庭を糸子は気遣っていた。
糸子と勘助の関係は、恋愛感情にも兄弟のような関係にも似ているのだろう。

その勘助が、再び戦地に駆りだされることになった。
勘助は、糸子にお別れも告げずに戦地に行く。
後でそれを聞いた糸子は勘助を追いかけるが間に合わなかった。
その後、勘助はわずか一ヶ月ほどで戦地からお骨になって帰ってきた。

糸子の胸にぽっかりと大きな穴が空いた・・・

by k2hair | 2011-12-25 08:34 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

出稽古   

2011年 12月 24日
昨日は、久しぶりに出稽古に行った。
今月は、仕事が忙しい日が多かったので、近江八幡市の稽古会にもあまり行けなかった。
普段の稽古では、小学生や中学生と稽古することが多いので久しぶりに大人の方と稽古した。
小・中学生との稽古では、待って応じる稽古が多い。
しかし、自分より上の先生と稽古するときにも待つ癖がついているので、なかなか自分から掛かることができない。
というか、隙がなくてなかなか攻めていけないのだ。
攻めきれていないし、見切られると面に届いていない。
この時期、寒くなってくると床が滑りやすくなってくる。
ただでさえ稽古不足で筋力が落ちているので、足が滑る感じで余計に面に届かない。
ところが、先生がたは見事に面にのってこられる。
自分の力不足を痛感したしだいです。

昨日は、仕事がとても忙しい1日でした。
出稽古に行けるかどうか微妙だったのですが、夕方のお客様が急きょキャンセルになって稽古にいける事になりました。
昨日は、稽古納めの日と言う事で、部外者の私にまでぜんざいやお菓子を頂き、歓待していただきました。
本当にお世話になりました。
また、稽古に行った時にはよろしく御願いします。

by k2hair | 2011-12-24 07:58 | 剣道 | Trackback | Comments(3)

甲本雅裕さん 「スタジオパークからこんにちは」   

2011年 12月 23日
朝ドラ「カーネーション」に出演していい味を出している俳優甲本雅裕さんが、今週の月曜日に 「スタジオパークからこんにちは」にゲストとして登場しました。
d0231858_67895.jpg


この日には、北朝鮮の金正日が死去したニュースが番組の直前に発表され、番組が30分短縮されると言う残念な展開になりました。

甲本雅裕さんは、岡山県出身の46歳。
兄は、ミュージシャンの甲本ヒロトさんです。

甲本雅裕さんの剣道についてのエピソードが紹介されていました。
甲本雅裕さんは、小学校に入ってから野球がしたかったそうです。
お母さんが間違えて野球ではなく剣道の入団届けを持ってきたために、間違いだと知らずに名前を書いたそうです。
集合場所は、なぜかグランドではなく体育館です。
そこでは、みんな竹刀を振っています。
少年野球に入団していると思い込んでいる甲本少年は、野球は最初はこのような竹の棒を振るのかなと、疑問に思ったまま続けたそうです。
しばらくして、どうやら野球ではなく剣道だと気づいた時には、もうやめるにやめられない状態だったそうで、そのうち試合で優勝したりして面白くなったそうです。
高校の時には死ぬほど稽古したそうで毎日やめたかったそうですが、少年剣道の時のようにやめられない性分だそうでなんとか続けたそうです。
d0231858_6442868.jpg

その甲斐あって、高校生の時に国体に出場されています。
大学で四段を収得されています。

サラリーマンになりますが、その後どうしても俳優になりたくてサラリーマンをやめます。
人生ではじめてやめることができたそうです。
その後は俳優をやめずに、現在のように名脇役として活躍されておられます。
剣道をやめずに続けた精神力が、俳優でも生かされたのでしょうね。

by k2hair | 2011-12-23 06:43 | Trackback | Comments(0)

バッテリー交換   

2011年 12月 22日
昨日は、朝からバタバタしていてブログを更新できませんでした。

ここからが本題です。
ここ最近、なんとなく車のエンジンのかかりが悪くなってきた。
うちの車の鍵は、インテリジェントキーと言って、鍵をポケットや鞄に携帯していると、ドアノブの所にあるポッチをポチッと押すだけで開錠できてキーを差さなくてもエンジンのかかる便利な鍵なのです。

しかし、先日剣道の稽古が終わった寒い夜、鍵を開けようとポチっとしても反応しない。
仕方がないので鍵穴に鍵を差して開錠したら、いきなりクラクションが連発で鳴った。
慌ててエンジンスタートの鍵穴に差してエンジンをスタートしたら、クラクションは止んだ。
あ~驚いた。鍵を開けて車を盗まれないための盗難防止の装置が働いたようだ。
寒さなどでバッテリーが弱ってくるとインテリジェントキーの電波を読み取りにくくなるらしい。

今の車に買い換えてからもう6年になるが、バッテリーは1度も交換していない。
ミニバンでスライドドアが電動なので、普通の車よりバッテリーは酷使していると思う。
ネットで調べると、バッテリーはホームセンターが安いとの事。
近くのカーマホームセンターで通常より2割引きのチラシが入っていたので自分で交換することにしました。
うちの車のボンネットを開けるとバッテリーを覆い隠すようにエアクリーナーのダクトがあります。
これをはずさないとバッテリーをはずせないのですが、ネットに親切に紹介してあるブログを見つけました。
まず、自宅であらかじめエアクリーナーダクトをはずす練習をしてからホームセンターでバッテリーを購入。
たしか13,400円ぐらいでした、ディーラーの半額ぐらいでしょうか。
ホームセンターの駐車場でボンネットを開けて交換しました。
きっと、まわりの人が見ると変な人に見えたでしょう。
20分ほどで無事交換を終えて、古いバッテリーをお店にもって行き回収していただきました。
家で作業すると、廃棄するバッテリーをまた持っていかなくてはいけないので、お店の駐車場でしたのでした。

その後、ディーラーでインテリジェントキーの電池を交換して、オイル交換もしてもらいました。
タイヤも前に換えたし、これで今年の冬対策はバッチリです。
今年の冬は雪が多そうな感じですね。
さて、今年は何回スキーにいけるのかな・・・

by k2hair | 2011-12-22 08:14 | Trackback | Comments(0)