<   2011年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧   

鹿の食害   

2011年 09月 30日
先日のニュースで、静岡県の安倍川流域の最高峰の山伏(やんぶし)という山で、貴重な高山植物のヤナギランが鹿の食害によって絶滅寸前まで追い詰められた事を伝えていた。
山伏は、富士山の展望と夏はヤナギランが咲き誇る人気の山でした。

通常ヤナギランが1000株ほどあったものが、1番少ないときは15株ぐらいまで減ってしまったそうです。
その後、土壌の改良や、ネットによる鹿からの防御で翌年にはなんと1500株まで増えたそうです。
d0231858_7564290.jpg

ヤナギランは、背が高くて色が鮮やかな赤紫なのでよく目立ちます。
私の大好きな花です。

南アルプスでも通称「お花畑』といわれる貴重な高山植物の楽園を鹿が食べあさって全滅した所もあるようです。
自然環境の破壊で、食べ物が減ってきたのと地球の温暖化で今までよりももっと高地で生息できるようになったのも原因かもしれません。

鹿の食害は、花だけではありません。
各地で、鹿が増えすぎて、植林したばかりの木の新芽や成長した木の皮をはいで食べたりしています。

昔は狼がいて鹿の天敵だったのですが、人間の手によって日本では狼が絶滅してしまったので生態系のバランスが壊れて鹿が増えすぎたのも原因です。

奈良公園では鹿は神様の化身として保護されているのですが、最近は、鹿、猪、猿が3大食害動物に数えられています。
滋賀県のカレー店「ココ壱番屋」では鹿カレーというメニューがあります。(まだ食べておりませんが・・・)

鹿を減らす為に駆除をして、将来は精肉店の店頭に鹿肉が並ぶ日が来るのかもしれませんね。

by k2hair | 2011-09-30 08:23 | Trackback | Comments(1)

足の甲の腫れ   

2011年 09月 29日
2週間ほど前に机の角で足を強打し、皮膚が裂けたように出血し、ばんそうこうを貼っていた。
靴のひもをゆるめて仕事はなんとかできました。
少し腫れてはいたのだが、1週間ほど様子をみていたら、剣道ができるぐらいまで痛みは快復した。
剣道は何とかできるのだが、足の甲が痛いので正座が超痛い。
少年剣道の場合、稽古の始めと終わりに子供達の前に座って礼をするのだが、もちろん正座だ。
ちょっと耐えられないぐらいの痛みなので、子供達の前に座って痛みをこらえるのは辛い。

傷口は治ったのだが、足の甲が腫れているので月曜日に外科に行った。
エコーで調べてもらったのだが、血液のようなものがたまっているとのこと。
注射器で2ccほど抜いてもらって、その穴から液を押し出してもらう。
緊張と痛みで大汗が出た。
注射器で吸い出したのは、サラダ油のような色をした液だった。

しかし次の日になってまた足の甲が腫れてきた。
昨日、また外科に行きました。
血液ではないかもしれないとお医者さんはつぶやいた。
もう1度液を抜いてもらう。
今度は、抜いた後に液が溜まらないように圧迫して包帯でぐるぐる巻きにしてもらいました。
しかし、まるで正座をしている時のように足の甲が、圧迫感でだんだん痛くなってきて30分ほどで耐え切れずに包帯をはずしました。
すると、また液が溜まってふくれていました。
こんどは、足の甲全体が痛くなったので、昨日の夜の剣道は休みました。
今朝起きると、腫れはあるものの痛みは少しましのような・・・
時間が経たないと直らないのだろうか?
早く直ってほしいものです。

by k2hair | 2011-09-29 08:52 | Trackback | Comments(0)

天才少年ギタリスト   

2011年 09月 28日
私の大好きなアメリカのバンドにカンサスというバンドがあります。
彼らの最大のヒット曲は、「ダスト・イン・ザ・ウィンド」(邦題 すべては風の中に)という曲があります。
まず、聞いてください。


この曲をアコースティックギターでカバーしている少年をYouTubeで見つけました。

なんと、メロディーとリズムを同時にひいています。
彼の名は、チョン・スンハと言って韓国の中学3年生の15歳の少年です。
9歳からギターを始め、YouTubeでいろいろなギタリストの映像を見て独学でギターを覚えたという天才少年です。

映画「タイタニック」のテーマソング

曲の途中で演奏しながらカポをずらすという高度なテクニックを披露しています。

去年の9月と今年の5月に来日公演が行われ、日本人アコースティックギタリストの第一人者押尾コータローとも共演しました。
YouTubeに14歳までに250曲をアップしたそうです。
彼はまだ、15歳になったばかり、正真正銘の天才少年です。

by k2hair | 2011-09-28 07:58 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

中古車探し   

2011年 09月 27日
昨日は、長男の中古車を購入するのに大阪まで出かけてまいりました。

長男は、家から自転車で駅まで行って、電車を降りてからもさらに駐輪所に預けた自転車で勤務先まで行っております。
9月は大きな台風が来て電車が動かなかったり、とても自転車を乗る事ができないぐらいの荒天の日もあり、3回も朝に彦根まで送っていったりしました。
結局、車で通勤するしかないという結論に至りました。

長男の欲しい車はコペンという車です。
軽自動車なのですが、自動で屋根が開くのです。
しかし、二人しか乗れないのと、屋根を開けるとトランクに屋根がしまわれるため、荷物がほとんど置けないという不便な車です。
私が普通の車を進めても、もう決めていると言って聞く耳を持ちませんね・・・

最初は、近江八幡から比較的近くの湖南市の中古車屋さんに見に行ったのですが、本人があまり気にいらなかったようです。
私も座ってみたのですが、その車はシートカバーを装着したいるせいか頭が天井につかえてうっとうしい。
長男は、私より背が5センチぐらい高いのに大丈夫なようでした。
いまどきの若者とおじさんとの座高の高さの違いを思い知らされました。

湖南市の車はあきらめ、大阪の狭山市(埼玉ではない)というあと少しで堺市の境界に近いところまで見に行きました。
こちらの車屋さんは、コペンを数多く取り扱っているようで、コペンがたくさんありました。
レカロシートといって、シートが低いタイプのものに交換してある車に乗ってみました。
長男は、ペーパードライバーに近い状態なので、私の運転で試乗してきました。
試乗した車は、5速のマニュアル車だったのですが、久しぶりにマニュアル車を運転しました。
17年ぶりのマニュアル車の運転だったので、最初の発進でいきなりエンスト。
しかし、気を取り直してその後は何とか運転できました。
わずか5・6分のドライブでしたが、マニュアル車のドライブはそれなりに楽しめました。

車屋さんもいい感じの人だったので、契約する事にしました。
私にはポーンと車を買ってあげる余裕もないので、長男には、ローンを組んで返してもらいます。
ローンもあることだし、これからは頑張って仕事を続けて一人前になってもらいたいものです。

by k2hair | 2011-09-27 07:47 | Trackback | Comments(0)

BS時代劇 「塚原卜伝」   

2011年 09月 26日
来週の日曜日 10月2日夕方18:45から、BS時代劇 「塚原卜伝(つかはらぼくでん)」が始まります。
d0231858_9515168.jpg

剣聖と言われた塚原卜伝をモデルにしたドラマです。
主人公の塚原卜伝を演じるのは、堺雅人さんです。
塚原卜伝は、39度の合戦、19度の真剣勝負に臨みながら一度も負傷しなかったという文献が残っています。
これが事実とすれば、日本史上最強の剣豪であったに違いありません。
史上最強の剣豪は、宮本武蔵とも言われています。
しかし、武蔵は自分が勝てると思った相手とだけ戦ったそうです。
その相手はほとんどが二流以下の相手であったと言われています。
塚原卜伝は、相手を選ばずに、そのすべてに勝利したということで、まさしく最強だったのでしょう。
ちなみに、宮本武蔵は塚原卜伝の死後に生まれておりますので、両者に接点はありません。

私は、このドラマの原作の津本陽が書いた「塚原卜伝 十二番勝負」を持っているので、誰が主人公になるか興味がありましたが、堺雅人とはちょっと意外でした。
しかし、昨日放送された『BS時代劇「塚原卜伝」みどころガイド』を見て、堺雅人も悪くないと感じました。
ドラマの決闘のシーンでは、スローモーションを効果的に使い、新しい時代劇の殺陣のシーンを演出することに取り組んで撮影しています。
間合いの見切りを迫力のスローで表現していて、剣道をする者にとって興味深い所です。

BSでしか放送されないのが残念ですが、時代劇が好きな人、剣道をする人は必見です。

by k2hair | 2011-09-26 09:35 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

子連れ登山   

2011年 09月 25日
子供が小さい頃は、子供をどこかに連れて行くのが習慣のように毎週休みには出かけておりました。
その頃の私の趣味は、山登り。
でも、子供とも出かけたい。
そうだ! 子供を山に連れて行けば一石二鳥だ!
と、いうことで子供と山にはよく行きました。
でも、子供が歩けないようなきびしい山のときはどうする?
そういう時は子供を背負えばいいんです。
d0231858_6473711.jpg

乗鞍岳にて

うちの長男はケラケラとよく笑う子だったので、山でおば様たちに出会うと可愛がられていました。
d0231858_6502159.jpg

d0231858_651621.jpg


雪山でもお構いなしで子連れ登山を決行してました。
d0231858_6522948.jpg


日本百名山の蓼科山や仙丈岳にも子供が2歳の時に登らせました。
家族に自分を合わすのではなく、自分の趣味に家族を巻き込むという自己中心的な男でした。
自分では普通だと思っていたのですが、他の方には珍しかったようで、当時住んでいた静岡市のミニコミ誌の「頑張る(変わった?)お父さん特集」で取り上げられた事もありました。

私は、デパートの中の美容室で働いていたので、平日にしか休みがとれませんでした。
子供と出かける時は、保育園を休ませて出かけておりました。
小学校を休ませるわけにはいかないので、子連れ登山も長男が小学校に上がると終了となりました。

by k2hair | 2011-09-25 07:24 | | Trackback | Comments(0)

ケイコちゃんの初恋実る 「おひさま」   

2011年 09月 24日
朝ドラ「おひさま」で、陽子が国民学校の教師だった頃の初めての教え子だった、ケイコちゃんと圭介君が、結婚披露宴を挙げました。

父親を戦争で亡くした二人は、結婚式は挙げないで親戚同士の顔合わせで済ますと言いました。
陽子たちは、丸山家の蕎麦屋「百白花」で手作りの披露宴を二人に内緒で開きます。
2階にいるケイコに、これを着て下に下りてきてと伝言があります。
箱に入ったその中身は、ケイコが憧れていた西洋人の花嫁が結婚式の時にかぶるベールでした。
そのベールは、裁縫の苦手な陽子が、女学校時代の望月先生に教わって苦労して作ったものでした。
ケイコがベールを被り圭介と二人で1階に降りてみると、そこには国民学校の同級生が二人を祝福するために集まっていました。
二人が予期しなかった披露宴は、同時に同窓会にもなりました。

国民学校時代のケイコちゃんは、父親を戦争で亡くし母親も病気がちで貧しかったのです。
家でまともに食事を摂っていなかったケイコは、みんなの目を盗んでヒロシ君のお弁当を盗み食いします。
それをたまたま圭介君に見られてしまう。
あとで教室でヒロシ君のお弁当がなくなったと大騒ぎになります。
その時、圭介君が「自分が食べました、ごめんなさい。」とヒロシ君に謝りました。
後で、ケイコちゃんが圭介くんにそのことで謝ると圭介君がケイコに言いました。
「おめ~、腹へって夢でもみてたんでないか~。食ったのは俺だよ。そのことはもう忘れろ」と。
その時、ケイコちゃんは圭介くんを尊敬しました。
それから、尊敬は愛情になっていき、ケイコちゃんはその時から圭介君のことがず~と好きだったと親友のヒロコに言いました。

ケイコちゃんの初恋は実ったのでした。めでたし、めでたし。

by k2hair | 2011-09-24 07:43 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

思いがけないプレゼント   

2011年 09月 23日
昨日の夕方に宅配便の車が店の前に止まり、けっこう大きめの荷物が運ばれました。
荷物の宛先は、私。
ネットショッピングも最近頼んでいないのになんだろうと思っていたら雑誌「山と渓谷」のプレゼント品と書かれています。
中身は最新の軽量リュックでした。
そうです、読者プレゼントに当選したのです。
たった1名のプレゼントなのに!!
d0231858_6401265.jpg

d0231858_6565048.jpg


990gと非常に軽いです。
しかも背面は、メッシュのネットになっていて、リュックは背中から完全に浮いているというハイテクな機能になっています。

実は私、かなりの汗かきなのです。
山登りすると、リュックを背負っている背中の部分がいつもびしょ濡れになります。
この背面システムは、ありがたい構造です。
涼しくなるリュックが当選したのに、昨日の夕方から涼しいのを通り越して寒いぐらいの気候になってきましたが、非常に軽いリュックなのでどんどん使って行きたいです。

実は、もうすぐ誕生日なのですが、少し早い誕生プレゼントになりました。(う~ん、何年ぶりのプレゼントだったっけ・・・)

by k2hair | 2011-09-23 06:59 | Trackback | Comments(2)

くろ谷さん 金戒光明寺   

2011年 09月 22日
先日、お墓参りに京都に行きました。

母方のお墓は、京都で通称「くろ谷さん」と言われる金戒光明寺にあります。

小高い山全体が墓地になっており、母方のお墓はその上の方にあるのでかなり登らなくてはいけません。
山の上に三重の塔があります。
d0231858_7114688.jpg

以前、文殊菩薩像が安置されていたため、文殊塔とも言われています。

時代劇などによく撮影される「山門」と言われる大きな門がありますが、5月2日に山門の丸瓦が落下したため、現在修復工事にはいっています。
d0231858_7243098.jpg


去年のJRの「そうだ、京都、行こう」のキャンペーンのポスターに使われました。
d0231858_7262173.jpg


この金戒光明寺は、幕末新撰組を管轄していた会津藩が、京都守護職として駐屯していました。
中には阿弥陀堂、本堂 など18もの塔頭寺院が建ち並び千人もの兵が収容できるほどでした。
徳川幕府は、この小高い山を含む大きな寺院を有事には立てこもれるように寺にしてはふつりあいなほど大きな高麗門やまるで城のような石垣などがあります。
d0231858_7315534.jpg

この山の上に上ると京都の街を一望でき、この寺に兵が入ると自然の要塞に成り得たわけです。

墓地には大河ドラマになった「江」の供養等や会津藩士の墓などもあります。
金戒光明寺には、見事な庭園もあり見ごたえ充分ですが、はたして山門の工事はいつ終わるのでしょうかね~。


by k2hair | 2011-09-22 07:44 | Trackback | Comments(0)

雨台風 再び   

2011年 09月 21日
今年の台風は本当に雨が多い。
昨晩、少年剣道から帰ってきて9時のニュースを見たら愛知県や岐阜県で雨が凄い事になったいるのを知った。
滋賀県では、雨は少し降っていたが大したことなかったので、お隣の岐阜などでそんなひどい事になっていたとは全然知らなかった。

滋賀県は昔から災害の少ない所と言われています。
紀伊半島には、標高1915mの大峰山を盟主とする紀伊山地が大きな城門のようにそびえ、その北側には台風や低気圧が容易に近づけない地形なのです。
しかし、昭和34年の伊勢湾台風では直撃ではなかったものの史上希に見る猛烈な台風だったために県内各地で河川が氾濫し大きな被害をもたらしました。

今日は、東海道線は運行しているようですが、この天気では自転車に乗る事もできないので、長男を彦根の職場まで送っていきました。

暴風警報も出ているので、次男は高校が休校になりそうなので家でまったりしています。

これから御前崎近辺に上陸しそうな感じなので、皆様もどうかお気をつけ下さい。

by k2hair | 2011-09-21 09:37 | Trackback | Comments(0)