カテゴリ:剣道( 228 )   

滋賀県剣道優勝大会   

2011年 11月 20日
今日は、滋賀県剣道優勝大会がありました。
男子は、東レ滋賀Aチーム、女子は、滋賀大学教育学部チームが優勝しました。

私は、この試合に近江八幡市チームの副将で出場しました。
1回戦の相手のチームは、二十歳前後の若さあふれるチーム。
うちのチームは、1人だけ20代であとはおじさんのチームです。
近江八幡には剣道をしている若い人があまりいないので私のようなおじさんに出場の依頼がありました。
おじさんチームとはいえ、うちのチームには七段の選手が2人もいるのです。
なんと、相手のチームの大将は棄権でした。
若いチームが相手とはいえ、相手は4人。もしかしたら勝てかもしれないと思ったのですが・・・
私は副将ですので、4番目の出場です。
しかし、私の出る前にもう勝敗は決してしまいました。
私は、開き直って戦いました。
私の対戦相手は、若くて身長180センチ以上はある選手。
試合の「始め!」の合図でなんと相手の選手は、いきなき上段に構えました。
「ええ~!聞いてないよ~」と思っていたら、長身からの上段の面を食らいました。
1本取られたあとは、気を取り直しました。
前日、もしかしたら上段の選手と当たるかもしれないと思い剣道の指導書で上段の選手に対する攻め方をちょこっと勉強していたのでした。
そのことを思い出しながら試合を進めました。
私も背は大きい方なのですが、自分より大きい上段の人と対戦したことは」ありません。
相手の左の小手や突きを攻めたのですが、相手の背が思いのほか高く、とても高い位置に打突の的がありなかなか当たりません。
まともに戦ってもうまくいかないので、相手の面に対する返し技を狙うことに切り替えました。
何度か試みるうちに、1本私の返し技が決まったと自分では思ったのですが、審判の旗は上がりませんでした。
そのまま試合時間の4分が過ぎ、結局1本負けをしてしまいました。
相手のチームは大将がいないので大将戦は不戦勝ちになったのですが、結局団体戦は1-4で負けました。

私は数年前にも近江八幡チームで出場したことがあるのですが、この時は高校の時以来20数年ぶりぐらいの試合だったので、非常に緊張してしまい若い選手にあっさり2本取られてしまって結局チームが敗退してしまう要因になったのでした。

今回は、私の出る前にもう勝敗が決まってしまっていたので緊張はしませんでしたが、相手の選手が上段の選手という予備知識がなかったので驚きました。
自分と親子ほどの年の差のある選手とはいえ、負けたことは非常に悔しかったです。
しかし、めったに対戦できない上段の選手と制限時間いっぱいまで戦いきれた事は、あとから思えば楽しかったです。

3回戦で、私の対戦した選手と、滋賀県ナンバーワンに何度もなった事のある選手が対戦していました。
私が手こずった相手にあっさりと2本勝ちしていました、さすがです。

上位に上がった選手達の戦いぶりは凄いスピードです。
気合も凄い!
しかし、K高校の顧問のM先生は上位の若い選手に対しても気後れすることなく見事な戦いぶりでした。
勉強させていただきました。

この大会で、試合中にアキレス腱をきった選手を2人見ました。
もう1人、ウォーミングアップ中にもアキレス腱を切った方がいたと聞きました。
剣道の動きというのは、静から動に一瞬の動きで転じるので、とてもアキレス腱を切りやすいスポーツなのです。
私も肉離れの経験はあるのですが、稽古の前にしっかり準備運動をしなければいけないとつくづく思いました。

by k2hair | 2011-11-20 22:00 | 剣道 | Trackback | Comments(2)

少年剣道   

2011年 11月 13日
今月から、少年剣道の道場の稽古回数が大幅に増えた。
基本的には稽古の日程は、火・金・土曜日なのだが先月までは稽古のない日が多かった。
小学生より中学生の会員の方が圧倒的に多くて、週末に中学生の剣道部で遠征とかがあると金・土の稽古がない週がたびたびあった。
中学生は、部活や出稽古などで稽古量は豊富なのだが、小学生は道場の稽古と毎週水曜日の市の稽古会でしか稽古できないので、先月まではかなり稽古量が少なかった。

ここ数年の小学生の会員数が減ってきている。
今年の6年生が中学に上がると来年は団体戦を組むのも大変なぐらいだ。
今、道場では小学生の会員を増やすために保護者の方たちに積極的に勧誘活動をしていただいている。
現在2名ほど体験入部していただいているが、もっと増えるといいのだが。

最近していなかった金曜日の少年剣道のあとの一般の部の稽古も今月から復活した。
今までは、金曜日の稽古のあとにO先生と私で二人稽古をしていたのだが、一昨日は久しぶりにT先生と稽古ができた。

今日は、滋賀県スポーツ少年団剣道大会が開催される日だ。
ここ数年は、入賞できていたのだが、今年の小学生のチームは今のところ結果が出せていない。
今月から小学生は、今までの日程通りにみっちり稽古ができている。
昨日の稽古のあと、全員で円陣を組んで、「優勝目指して頑張るぞー!」と気合を入れていた。
私は、またもや仕事で応援にいけないのだが、今日の試合の結果が楽しみだ

by k2hair | 2011-11-13 07:34 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

九州の剣道 強し!   

2011年 11月 06日
2日続けての剣道ネタです。
11月3日の全日本剣道選手権大会のベスト4のメンバーは、
 優勝    高鍋 進  神奈川 
 準優勝   東永 幸浩 埼玉
 3位     岩下 智久 千葉
 3位      内村 良一 東京
一見すると関東の選手ばかりですが、出身地で見ると準優勝の東永選手が鹿児島県出身。
あとの3人はすべて熊本県出身なのです。
ベスト8のうちでも出身地で見ると6人が九州出身。

さらに驚いた事に、最近の優勝者は、平成18年 内村良一 、平成19年 寺本将司 、平成20年 正代賢司 、平成21年 内村良一 、そして平成22年、23年と高鍋進と今回2連覇を達成した高鍋選手の快挙を含めて6年連続で熊本県出身の選手が優勝している。

おととしの剣道世界選手権大会では、団体戦で日本は前回の雪辱を果たし優勝したのだがそのメンバーは、
先鋒 正代選手、次鋒 木和田選手、中堅 内村選手、副将 高鍋選手、大将 寺本選手
次鋒の木和田選手が三重県出身なのだが、他はすべて熊本県出身。
熊本県出身の選手が、全日本剣道選手権大会を6年連続で優勝しているので必然的にそうなったのだろう。

今回の全日本剣道選手権大会で驚いたのは、準優勝した鹿児島県出身で埼玉県警の 東永 幸浩選手だ。
失礼ながら、今回の大会まで知らなかった選手だ。
身長も結構あるのだが、体重は95kgとアナウンスされていた。
明らかに今まで上位に入っていた選手と体格が違う。
準決勝では、過去に優勝を2回している内村選手に面2本で勝利した。
決勝で、高鍋選手に1本負けしたのだが、東永選手の打突でどうして旗が上がらなかったのか判らない打ちもあった。
大柄ながら打ち下ろしは非常に早く、中心を強くとり相手を圧倒する構えは迫力があった。
準々決勝で、対戦した相手の選手は東永選手の剣先に圧倒され場外に2回でて反則で1本取られていたぐらいだ。

自分とはレベルが違いすぎるが、いい勉強をさせていただきました。

by k2hair | 2011-11-06 08:08 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

全日本剣道選手権大会   

2011年 11月 05日
11月3日に日本武道館にて日本の剣道界の日本一を決める、全日本剣道選手権大会が行われた。
神奈川県の高鍋選手が昨年に続き2連覇を果たし優勝した。
全日本剣道選手権大会大会を連覇する事は非常に難しく過去に達成したのは、宮崎正裕さんが1990-1991年と1998-1999年に2度達成しただけである。
宮崎正裕さんの優勝回数6回は歴代最多優勝回数である。
今回の大会で高鍋選手は、かなり充実した稽古を積んできたようだ。
自信に満ちた表情は、厳しい稽古を積んだ表れだったのだろう。

某掲示板で今回の判定についてのさまざまな批判があった。
剣道の試合は3人の審判で判定を行い、2人以上が有効打突と判断すれば1本となる。
3人で審判する理由は、3方向から判定することで誤審をなくすというのが大きな理由だ。
肉眼で見ると有効打突が入ったように見えていてもスローモーションで見るとまったく外れていることもあるのです。
しかし、1番近く見ている審判の旗が2本以上挙がれば1本となる。
全日本剣道選手権大会の上位に上がってくる選手の竹刀さばきは非常に早い。
これを肉眼で見極めるのは非常に難しい。
実際、高鍋選手と学生で唯一上位に上がった早稲田大学の西村選手とのお互いの面と面の勝負は旗が2本と1本とに分かれるという際どい勝負だった。
スローモーションで見てもどちらが早かったが分からないぐらいの勝負だった。
しかし、打突の後に先に残心の構えをとったのは高鍋選手だった。
残心とは、打突のあとも相手に対してさらなる攻撃の構えを見せる事である。
世界最速の面打ちと言われる高鍋選手に対し、相面(あいめん)で勝負を望んだ西村選手の勇気も素晴らしかった。

上位に上がる選手に共通する事が判った。
それは有効打突になろうがなるまいが、邪念を捨て渾身の一撃を放ち、あとはしっかり残心をとる。
それこそが真の1本となる近道になる。
この、自分を捨てきった攻撃こそが1番大事だということ。
今の自分との違いがよくわかった。

日本を代表する選手達の素晴らしい試合を見せていただきました。

by k2hair | 2011-11-05 08:21 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

山形県左沢高校女子剣道部   

2011年 08月 28日
先日、NHK『にっぽん紀行』で、山形県左沢高校女子剣道部のドキュメンタリーを放送していた。
左沢高校女子剣道部は、山形県の県大会で28連覇しており今年も優勝すると29連覇というはずの放送だったと思うのだが、準決勝で敗れてしまい3位に終わる。
番組の意図としては恐らく29連覇を達成した場面を写し、どうすればこのような強豪チームを毎年作り上げる事ができるのか、という放送にしたかったのだと思う。
この番組のディレクターにすれば、優勝できなかったのは晴天の霹靂だったのだと思う。
団体戦は敗れたが、個人戦は五十嵐さんが優勝、もう1人の3年生工藤さんが準優勝している。
しかし、番組は個人戦の話題には触れずじまいだった。

この番組は、主将の五十嵐蕗さんにスポットライトを当てて番組が作られていた。
番組の取材の頃は、手の骨にひびが入っており、1ヵ月以上稽古できてなかった。
県予選の時も恐らく痛みをこらえての出場だったのだろう。

左沢高校女子剣道部は、全員が監督さんの家の隣に建てた寮で生活している。
しかも、メンバーは他県からの選手がほとんどだ。
左沢高校剣道部のホームページに7月の福岡で開催された、玉竜旗のメンバーが紹介されている。
 五十嵐 蕗(3年・新潟・燕中)
  工藤礼佳(3年・山形・陵南中)
  石附紗織(2年・新潟・石山中)
  平松萌花(2年・兵庫・和田山中)
  立澤優伊(2年・東京・立石中)
  図末杏菜(1年・千葉・幕張本郷中)
この試合が、五十嵐さんの高校の最後の試合だった。
4回戦で敗れ、五十嵐さんの高校での試合は終わった。

選手達は、みんな親元を離れ剣道のために遠い山形での生活を送っている。
寮では、5時に起きて、学校に行く前にも寮の隣に監督さんが建てた道場で稽古をする。
左右バランスよく使えるように、選手は利き腕の反対の手に箸を持ち食事する。
まさに、24時間剣道漬けの生活だ。
監督さんも大変だと思う。
35年も左沢高校剣道部の顧問を続けられていて、28連覇を成し遂げられたのだから・・・
番組では恐い監督さんに写っていたが、本当は心優しい方なのだと思う。
長年にわたり生徒達を預かって、親代わりになってずっと育ててこられた。
これは、生半可な気持ちではできないだろうし、家族も大変だったと思う。

五十嵐さんは、新潟の燕中3年のときに主将として全国大会で優勝している。
その時の優勝メンバーの高橋萌子さんは、茨城県の守谷高校に進み、今年のインターハイで、団体と個人のダブル優勝を成し遂げている。
五十嵐さんには、大学に行って、また次のステージで彼女達と戦って頑張ってほしいと思う。

by k2hair | 2011-08-28 07:22 | 剣道 | Trackback | Comments(2)

2011 インターハイ剣道 予選リーグの結果   

2011年 08月 12日
女子 団体
Aブロック 島原(長崎県)
Bブロック 守谷(茨城県)
Cブロック 草津東(滋賀県)
Dブロック 東奥義塾(青森県)
Eブロック 星稜(石川県)
Fブロック 白河(福島県)
Gブロック 帝京第五(愛媛県)
Hブロック 札幌日大(北海道)
Iブロック 阿蘇(熊本県)
Jブロック 本庄第一(埼玉県)
Kブロック 秋田北(秋田県)
Lブロック 三重総合(大分県)
Mブロック 和歌山東(和歌山県)
Nブロック 興譲館(岡山県)
Oブロック 樟南(鹿児島県)
Pブロック 小山(栃木県

男子団体
Aブロック 東海第四(北海道)
Bブロック 八幡工業(滋賀県)
Cブロック 東海大相模(神奈川)
Dブロック 島原(長崎)
Eブロック 桜丘(愛知県) 
Fブロック 東奥義塾(青森県)
Gブロック 小山(栃木)
Hブロック  鹿児島商(鹿児島)
Iブロック 高山西(岐阜県)
Jブロック 福大大濠(福岡県)
Kブロック 大分舞鶴(大分)
Lブロック  高輪(東京)
Mブロック 育英(兵庫県)
Nブロック 水戸葵陵(茨城県)
Oブロック 安房(千葉)
Pブロック  和歌山工(和歌山)

女子団体戦は、昨年度の優勝校で、去年・今年と玉竜旗連覇の筑紫台(福岡)が、予選リーグ敗退するという波乱があった。

わが滋賀県の代表校男子八幡工・女子草津東が共に決勝トーナメントに勝ち上がった。
近畿勢では、男子近畿大会優勝の奈良大付属が、なんと予選リーグ2敗と敗退。
近畿大会振るわなかった古豪 、育英(兵庫)は、予選リーグ2勝ときっちり立て直してこられました。
和歌山県勢も、男子和歌山工・女子和歌山東ともに勝ち上がった。
近畿の中では、レベルの高い大阪・京都・奈良が、男女ともに予選リーグ敗退、全国の壁の高さを痛感した。

勝ち残った、近畿勢の健闘を祈ります。

by k2hair | 2011-08-12 07:08 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

部内大会   

2011年 08月 07日
先日、道場内の部内大会があった。

小学生は、お互いに切り返しした後に稽古という、昇級審査と同じ形式。
中学生は、近畿大会、全国大会が控えているということもあって、試合形式だった。

小学生の部の決勝は、高学年に二人しかいない女子同士の決勝になった。
男の子たちよ、もっとがんばれ~。

中学生女子の部は、ほぼ順当な結果。
上位は、いつものメンバー。

中学生男子の部で、番狂わせがあった。
優勝したのはなんと、男子のレギュラーの選手ではなく、2年生の補欠のメンバーに入っている選手だった。
しかも、決勝は県大会個人戦の上位常連の選手を相手に、返し胴、出ばな小手と2本勝ち。
背は小さい子だけれど、小柄な選手のお手本のような戦いぶりでした。
レギュラーに漏れても、努力し続けた結果実った優勝でした。
もう1人の2年生の補欠の選手も負けはしたものの、上位選手相手に健闘してました。

今年の、近畿、全国大会もまだ終わっていないのに、こういうことを言うのも気が早いのですが、来年今の3年生2人が抜けてもかなりいいチームになると思った。
今年の県大会の決勝リーグで戦った、H中学も来年の戦力が、かなりいいらしい。(Oさんからの情報)
八幡西中生も切磋琢磨して、H中に負けないように頑張ってほしい。
来年の話をして、鬼に笑われそうな話題でした。

by k2hair | 2011-08-07 07:10 | 剣道 | Trackback | Comments(2)

悲願のアベック優勝   

2011年 07月 29日
滋賀県夏季中体連剣道大会の結果

 男子 優勝 八幡西
     2位 比叡山 
     3位 聖徳  
     4位 守山南

 女子 優勝 八幡西
     2位 彦根東 
     3位 比叡山
     4位 湖西     
   Oさんより情報提供して頂きました。

高1のうちの息子も高校の部活が終わってから、1人で電車に乗って応援に行きました。
珍しくニコニコしながら帰ってきて、自身の母校が、アベック優勝したことを報告してくれました。
昨年、女子のみが全中に出場し、男子は出れなかった悔しい思いを今年は後輩達が晴らしてくれました。

出場メンバーは全員、道場にも在籍している。
みんな夕方、部活が終わってからもほぼ毎日、道場での練習や他の日は出稽古、土日は遠征と努力に努力を積み重ねた結果、優勝を勝ち取る事ができたのだと思う。
試合の前日も大会前にもかかわらず、近江八幡市の稽古会にみんな来ていました。
「努力は、嘘をつかない。」というのは、本当だったのですね。

兵庫の全国大会でも思いっきり力を発揮して下さい。 003.gif 

by k2hair | 2011-07-29 06:55 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

少年少女剣士大募集!八幡西清流館道場   

2011年 07月 05日
八幡西清流館道場では、新規団員を募集しています。
剣道を通じて礼儀作法が鍛えられます。
姿勢が良くなります。

稽古する場所: 主に 八幡西中学校

稽古の時間: 火・金曜日 
          18:50~20;40ぐらい

会費: 月 2000円

顧問: 田中正三

代表: 戸川哲博 教士七段

当道場では、入会していただくと竹刀をプレゼントしております。
さらに、1ヵ月続けると剣道着と袴もプレゼントします。(1年以上続けると約束して頂ける方)

問い合わせ先:美容室 K2 HAIR(川井)まで 0748ー32-3912

近江八幡市内(旧安土町含む)にお住まいならどなたでもかまいません。
見学自由(ご連絡下さい)
さあ、君も LET'S 剣道!!

d0231858_17163264.jpg

by k2hair | 2011-07-05 06:33 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

道場の神様   

2011年 06月 13日
先日の事です。
少年剣道の子供達の練習が終わり、私ともう一人の先生と二人稽古をしようと思っていたら、出稽古にもう二人の方が来て下さいました。
この日は、一般の部の稽古はやっていなくて、体育館開放の終了の時間まで、私ともう一人の先生だけで二人で稽古をしようと思っていたのです。
せっかくよそから二人の方が来てくださったのですから四人で稽古することにしました。
稽古は、学校の体育館を借りてしております。
体育館の夜間開放は、半面づつの貸し出しになっていて、私達少年剣道の団体と、もう一組大人のクラブチームの団体の方たちが借りておりました。
少年剣道の方が先に始まるので、私達の当番が体育館の鍵を公民館に取りに行って、鍵を開けます。
あとから来られるもう一方の団体の方が、鍵をかけて公民館に返すというのが、今までの慣例でした。
少年剣道の子供達の練習が20:30頃終わり、子供達がモップや雑巾がけをして帰っていきます。
残った大人4人で、稽古をしました。
もう一方の団体の方たちが、練習を終わられたようなので、鍵をかけるのを待たせてはいけないと思い、私達も急いで稽古を終わり片付けて先に帰ろうとしました。
すると、一人の方が「剣道は、掃除もしないで帰るのか?」と聞いてこられました。
20:30に少年剣道の子供達の練習が終わった時点で掃除は済んでいる事を伝えました。
すると、「子供だけに掃除をさせておいて、大人はそのまま帰るのか?」と強い口調で諭されました。
剣道は、面の下に頭に手拭いを巻きつけているのと剣道着じたいが、非常に汗をよく吸う素材でできているので、汗がポタポタ床に落ちる事はまずありません。
ですが、私達はもう一度モップがけをしました。
私達の方が遅く終わったので、戸締りをして公民館に鍵を返しに行きました。
子供達は必ず掃除をして帰るので、このようなことを指摘されたのは初めの事でした。
しかしよく考えてみると、今まで子供達だけに掃除をさせておいて、我々大人の残り稽古のあとには掃除をしてきませんでした。
そのことに何の疑問も持っていなかったのですが、他の方に指摘され初めて気が付きました。
「トイレの神様」と言う曲では、トイレをきれいに掃除するとべっぴんさんになれると歌っていました。
「道場の神様」がもしいるとすれば、稽古のあとに毎回きちんと掃除を続けると、今までよりももう少し剣道が上手になれるのかもしれませんね。 006.gif

by k2hair | 2011-06-13 00:37 | 剣道 | Trackback | Comments(2)