カテゴリ:剣道( 221 )   

チームメイトとの奇跡の全国決勝対決   

2016年 08月 05日
今日、岡山県で剣道インターハイの決勝がありました。

個人戦男子決勝は、共に熊本県の九州学院高校の星子選手と梶谷選手の対戦で、星子選手が優勝しました。

個人戦女子決勝も、共に青森県の東奥義塾高校の小松選手と浅野選手の対戦で、小松選手が優勝しました。

全国大会の決勝を同じ学校のチームメートと戦うってホンマにホンマに凄い事です。
まず、インターハイ個人戦に出場できるのは、各都道府県で2名だけです。
つまり、都道府県の個人戦の優勝者と準優勝者しか出場できない訳です。
都道府県の個人戦の決勝をチームメイトと戦う事もめっちゃ凄い事です。

インターハイの個人戦に出場できるのは、全国で96名。
Aブロック48名・Bブロック48名に分けられます。
同じ都道府県の選手2名は、AかBの別々のブロックに振り分けられます。
それぞれのブロックで1位にならないと、同じ都道府県の選手とは当たりません。

同じ都道府県の選手同士で決勝を戦う事も珍しい事なのに、それが同じ学校のチームメイト同士というのは、もの凄い確率ですよね。
まさに奇跡的です。

2008年の中学の全国大会の女子個人決勝を新潟県の燕中の村山さんとチームメイトの高橋さんが戦って村山さんが優勝した事があったのです。
この年、燕中は団体戦でも全国制覇を果たしています。

高校インターハイで男女共にチームメイト同士の決勝というのは過去にあったのかな?
おそらくインターハイ剣道史上初めての事ではないかと思います。

男子個人戦決勝を共に戦った九州学院高校は、団体戦でも優勝と、団体個人と完全優勝を果たしました。
九州学院高校は前人未到のインターハイ団体4連覇です、ホンマに凄いです!

女子個人戦の決勝を同校同士で戦った東奥義塾高校は、予選リーグで1位抜けする事ができなかったので、決勝トーナメントに進むことができませんでした。
団体戦予選敗退という悔しさを個人戦にぶつけて、2人共に見事な結果を生んだのでしょうね。

男女個人戦に進まれた4人の選手の皆さんの偉業は素晴らしいです。
剣道史上にずっと語り継がれていく事でしょう。
本当におめでとうございました。

by k2hair | 2016-08-05 18:33 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

久しぶりの稽古会   

2016年 07月 28日
昨日、久しぶりに水曜日に八幡中学で行われている近江八幡市の稽古会に行ってきました。

剣道の稽古や登山の時には、右膝がぶれないようににバンドで締め付けるタイプのサポーターを装着しています。
以前よりは良くなっていると思うのですが、あまり頑張りすぎると右膝に痛みが出るんです。
仕事が終わってから急いで稽古に行って、サポーターを付けるのを忘れちゃう時もたびたびあるんですよ・(ノД`)・

先週までほぼ毎週のように休みの月曜日に山に登っていたので、膝を休めるためという口実をつけて水曜日の稽古会をサボっておりました。

先週金曜日の少年剣道の後に、有志で残り稽古をしたんですよ。
カメラの3脚を持って行って、その様子をビデオに撮りました。
自分の稽古姿を見るのは、4年前の昇段審査の立ち会いを撮ってもらって以来です。

普段、自分の稽古している姿って見られないじゃないですか。
ビデオを観ると、自分のイメージしている姿とは違い愕然としました。
なんちゅうかね、楽をしているんですよね。

その後、YouTubeで埼玉の八段の先生の立ち会いを見たんですよ。
八段の先生と自分とを比べるのも厚かましいのですが、あまりにも違いが・・・
やはり八段の先生は凄い、もっともっと稽古しなきゃと思ったわけです。

昨日の稽古では、ビデオを見た反省点の「もっと踏み込みを鋭く」することを意識してやりました。
昨晩はそれほど暑い日ではなかったのですが、自分としてはけっこう頑張ったので、久しぶりに稽古して体がほてってくるのを感じました。
体脂肪も少しは燃えてくれたでしょうか?

明日からもっと頑張ろ・・・

by k2hair | 2016-07-28 06:59 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

少年・少女剣士大募集!   

2016年 07月 28日
近江八幡で剣道をはじめたい人はクリック!

by k2hair | 2016-07-28 06:56 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

スーパー女子高生剣士   

2016年 07月 11日
昨日、9月に開催される全日本女子剣道選手権大会の静岡県の予選会がありました。
優勝したのは38歳の内田さくらさんで2連覇です。

この大会で準優勝したのが、なんとうちの道場のOGで磐田東高校3年生の戸川あやめさんです。
社会人や大学生がいっぱい出場する大会で、高校生が2位なんて凄いです。
d0231858_8264851.jpg

さらに驚いたことに、優勝した内田さくらさんは戸川あやめさんの高校のコーチで決勝は師弟対決でした。

私は、全日本女子剣道選手権に高校生が出場できるとは知りませんでした。
男子は、一昨年大学3年生の竹之内選手が史上最年少で優勝したり、昨年は大学2年生の梅ケ谷選手が3位に入賞する活躍をしていたので高校を卒業すれば出場できるのだと思い込んでいました。

ところで、全日本女子剣道選手権では過去に4人高校3年生が優勝してるんですね。
去年の全日本女子剣道選手権でも高校3年生が3人出場しています。

昭和57年に優勝した鹿児島県の高校3年生福之上里美さんは高校卒業後警視庁に入り、2年後の全日本女子剣道選手権で2回目の優勝を果たします。

福之上里美さんは、その後結婚されて寺地里美さんとなって全国警察剣道選手権大会では過去最多の5回優勝されています。

もっと驚いたことに、寺地里美さんは昨年の全日本女子剣道選手権に51歳で出場されているのです。
41歳の選手も2人出場しているのですが、その10歳上の51歳での出場はめちゃめちゃ凄いですね。

寺地里美さんは、全日本女子剣道選手権に高校3年生で初出場で優勝、そして51歳での出場と、まさに女子剣道会のレジェンドです。

by k2hair | 2016-07-11 08:51 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

少年・少女剣士大募集!   

2016年 07月 11日
近江八幡で剣道をはじめたい人はクリック!

by k2hair | 2016-07-11 08:51 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

今時の体育館   

2016年 07月 06日
おとといの月曜日の夜、近江八幡剣道連盟主催の安土稽古会に行ってきました。

安土中には立派な格技場がありました。
行ってみて驚いたのですが、なんと2階建てです。
剣道場はその2階の部分でした。
中は結構広くちゃんと板張りで、小学校の体育館をひと回り狭くしたぐらいの広さでした。

建物が新しくていい感じなのでもったいないのですが、残念ながら安土中には剣道部がないそうです。
武道の授業で使う以外は、屋外で活動する運動部が雨の日に利用するぐらいだそうです。

しかし、この立派な剣道場がめっちゃ暑いんですよ。
2階にあるので建物の長辺の片側が廊下になっていて窓がないのです。
建物の長辺の反対側と、短辺の両側には窓があるのですが、生徒の転落防止のためなのか、窓の位置が床の高さではなく、胸の高さよりも上に位置しているのです。
窓が上の方にあるので、足元からの風がまったく来ないです。
当日は夕立の後で、外はけっこう涼しかったのですが、残念ながら格技場の中は蒸し暑かったです。

大きな換気扇と、小さな扇風機が壁にたくさん備え付けてありました。
扇風機は動いているのですが、小さくて全然効かないので、待っている保護者の方もかなり暑そうでした。
安土中の格技場の建物は近代的できれいなのですが、剣道にはつらいですね。

今年新築された桐原小学校でも2回ほど道場の稽古をしました。
新しい学校は複合施設になっていて、コミュニティセンター・体育館・多目的ホール・校舎と4つの建物が長屋のように並んで建設されています。
たぶん、有名な建築事務所の設計なので、外からの見た目は建物がつながってスッキリしてオシャレです。
体育館の横に小さな中庭があって、そこから風を取り込む設計だと思うのですが、所詮建物がつながっているので、風が入るといっても少々で、やっぱり風通しは悪いです・・・

うちの道場が主に稽古しているめっちゃ古~い八幡西中の体育館はもちろん1階建てなのですが、建物の長辺のほぼ全てが床面からの低い位置の窓になっています。
まわりは田んぼで、遮るものがないので風がめっちゃ吹き抜けます。
昨日の稽古でも、風がサァ~~~っと入ってきて気持ち良かったです。
その分、冬は超寒いです。
でもね、考えてみてください。
寒い季節は動けばそれなりに暖まりますが、暑い夏は裸になっても暑いですよ。
剣道というのは、分厚い剣道着や防具を装着するので、体を動かさなくても着ているだけで暑くて汗だくになりますので、古くても夏に涼しい建物の方がやりやすいです。

安土中の格技場や桐原小学校の建築案は、コンペでいくつか出させたのかな?
体育館や格技場を設計する場合は、見た目の美しさよりも、シンプルでいいから館内の熱や湿気をこもらさない実用性を重視したほうがいいと思うんですが・・・
でも実際に決めるのは現場の人ではなく、お役所の偉いさんが決めるのでしょうね。

市長が変わって、近江八幡市内の小中学校は数年前から教室はすべて冷暖房完備になりました。
体育館や格技場には冷暖房はありません。

地球の温暖化で気温は年々上昇してきています。
将来的には体育館や格技場も冷房も必要になってくるのかもしれません。
でも、近江八幡市は財政的に苦しいらしいし、電気代かかるんで難しいかな・・・

by k2hair | 2016-07-06 07:22 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

暑っつぅ~!   

2016年 07月 02日
昨日は、暑かった~!
昨日のアメダスの最高気温は33.5度で今年最も暑い日でした。
前日の最高気温が29.2度だったので1日で4度以上も気温が上がったのです。
急に気温が上がったので体がまだついて行かないですね。

昨晩は少年剣道がありました。
体育館にはもちろん冷房などありません。
剣道着を着ているだけでも暑いんです。
稽古に行く直前まで冷房の効いたお店にいるので、体育館とのギャップで汗がふきだします。

私は、昨日は基本組の子達を指導しました。
熱中症の予防のため、子供たちには普段よりもこまめに水分を摂らせました。
でも、みんな汗びっしょりです。

少年剣道のあとは、一般稽古もありました。
暑くてしんどかったと思うけど、有志で何人かの小中学生は稽古に参加しました。

私も暑さで最後はヘロヘロでしたが、稽古を頑張りました。
おっさんの私にはこういう天気は辛いですね。
まだ、冬の凍えるような気温の方が動けば温まるのでましかな?

今日は近江八幡市の錬成大会。
私は、仕事なので試合を見に行けませんが、子供たちには今日の試合どうか頑張ってほしいです。

by k2hair | 2016-07-02 07:31 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

少年・少女剣士大募集!   

2016年 06月 22日
近江八幡で剣道をはじめたい人はクリック!

by k2hair | 2016-06-22 06:58 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

うれしい報告   

2016年 06月 04日
昨日・おとといは滋賀県のインターハイ予選がありました。
昨日の少年剣道に、大会に出場した道場OB・OGの高校生たちが報告に来てくれました。

それぞれ、いろいろな高校に進学したのですが、男子たちはインターハイ出場はあかんかったそうです。
しかし、女子で八幡商業に進学した2年生の村松怜奈さんが個人で準優勝してインターハイ出場を決めました。

彼女は道場には、お兄ちゃん2人と一緒に小学生の時に3人で道場に入門しました。
その時に基本の指導を私が担当してたのですが、末っ子の彼女がめっちゃ大変だったのですよ。
新しいことを教えると、納得がいかないと固まって全然動くかなくなっちゃうのですよ。
「どうしたの?」と聞いても泣いちゃうので教えるのがホンマに大変でした。
まあ、今ではそんな時もあったな~という笑い話ですが・・・

高校は、八段の熊瀬先生が指導する八幡商業に進学しました。
私も以前、出稽古に行ったことがあるのですが、熊瀬先生との稽古がめっちゃしんどいのですよ。
熊瀬先生が恐ろしく強く、どこも打てないどころか逆にどんどん打たれてしまいます。
最後は必ず息も絶え絶えでヘロヘロになります。
そういうしんどい指導を受けてきたのですよ。

高校に入ってから、久しぶりに村松さんと稽古したのですが、彼女が確実に力をつけているのを実感しました。
きびしい稽古を続けた努力は嘘をつかなかったのですね。

村松さん、インターハイ出場本当におめでとう。
大会での活躍を滋賀から応援しています。

by k2hair | 2016-06-04 08:02 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

かんさい熱視線「極めてなお磨く~剣道八段・最高峰の戦い~」   

2016年 06月 01日
d0231858_2154814.jpg

久々の剣道ネタです(^O^)
T先生に教えていただいた番組ですが、関西在住の剣道愛好家の方は、拡散お願いします。

関西限定なのですが、6月3日(金)午後7:30からNHK総合の番組「かんさい熱視線」で、剣道の聖地、京都武徳殿で今年のゴールデンウィークに行われた京都大会に出場する剣道八段の剣士の大会への取り組みが放送されます。

かんさい熱視線「極めてなお磨く~剣道八段・最高峰の戦い~」

年に1度、京都で開かれる全日本剣道演武大会
 人生をかけて技を磨いてきた達人たちが激突する。
 最初の 一撃で倒す。
 その一撃をかわし打ち負かす。
 最高峰の戦いに迫る。

京都・平安神宮のほど近くで毎年5月に開催される全日本剣道演武大会、通称「京都大会」。
参加するのは剣道の達人のみ。試合時間はたった2分。
年に一度の立会で、自分の「最高の勝ち方」を目指す。
中でも注目されるのが、剣道人口の中でもほんの一握りの者しかなれない、最高段位「八段」同士の戦いだ。
最高段位の彼らが「京都大会」にかける思いとは。
達人が追い求める、さらなる高みとは。
剣士たちの日々に密着する。

全国の剣士から見れば雲の上の存在の剣道八段の先生方の京都大会に向けての取り組みを取材した貴重な番組です。
関西在住の剣道愛好家は必見です。

by k2hair | 2016-06-01 21:06 | 剣道 | Trackback | Comments(0)