カテゴリ:ドラマ( 172 )   

名作の予感 ドラマ「ツバキ文具店」   

2017年 04月 19日
先週金曜日からNHK総合テレビで、「ツバキ文具店」という変わった名前のドラマが始まりました。
「ツバキ文具店」は小川糸さんの小説で、第14回本屋大賞にノミネートされた作品をドラマ化したものです。
d0231858_1701099.jpg


ツバキ文具店は鎌倉にある古い文具店なのですが、元々はこの地で10代続いた代書屋だったのです。
代書屋とは、手紙を依頼人の代わりに書く商売です。
主人公鳩子(多部未華子)は、祖母(倍賞美津子)に育てられました。
母は、鳩子が幼い頃に家を出て行き行方が知れません。

鳩子を代書屋の11代目とするべく、祖母に厳しく指導を受けてきました。
d0231858_0265073.jpg


鳩子が高校生になって友達から誘いがあっても断らなければならずに訓練は続きました。
d0231858_0292795.jpg


鳩子に代書屋を継がそうとする厳しい祖母に耐えきれずに反抗した鳩子は、祖母に平手打ちにされます。
怒った鳩子は、祖母と取っ組み合いの喧嘩になりなすが、逆に祖母に投げ飛ばされます。
d0231858_032538.jpg


投げ飛ばされて睨み返す鳩子
d0231858_14492638.jpg


その後、鳩子は祖母への反抗心からわかりやすい形でグレました
d0231858_14505879.jpg


鳩子は、地元の高校を卒業後一刻も早く家を出たくて、東京に行くことにしました。
別れの時に、祖母が「どうしても困ったらこのお金で帰っておいで」とお金を渡します。
「こんな家もう二度と帰ってこね~よ」と鳩子は道路に投げつけました。
これが鳩子と祖母との最後でした・・・
d0231858_1455786.jpg


8年後、祖母が亡くなりお葬式で鳩子は鎌倉に帰ってきました。
もちろん鳩子が喪主です。
d0231858_14572393.jpg

d0231858_14574228.jpg


葬式が一段落した頃、祖母が亡くなる直前に、お悔やみ状の代書を依頼したという客が・・・
d0231858_1513887.jpg


なんと亡くなったのは、権之助というお猿さんだったのです。
d0231858_1531985.jpg


代書なんてやったことが無かった鳩子でしたが、押しの強い婦人に押し切られ引き受けてしまいます。
d0231858_1595073.jpg

もっとも、「お猿さんのお悔やみだったら適当でいいや」という気持ちもあったのです。

鳩子が適当に書いたお悔やみの手紙が出来上がり、婦人に読んでもらいます。
d0231858_1512110.jpg


いい加減な文章の手紙に婦人は激怒し、やり直しを命じられます。
d0231858_15133643.jpg


鳩子は、お猿さんを亡くした砂田さん夫婦がとんな人なのか様子を見に行くのですが、奥さんに見つかります。
そして、「権之介さんに会いに来たんでしょ」と鳩子を庭に迎え入れます。
奥さんは、亡くなった権之介さんの死が受け入れられないほど憔悴しきっていたのです。
d0231858_15233638.jpg


ご主人は鳩子に権之介さんのアルバムを見せてくれました。
山登りの途中で、夫婦は親とはぐれた子猿を拾います。
子供のなかった二人は権之介と名付けて我が子のように育てたのです。
d0231858_1528373.jpg

d0231858_15281918.jpg


鳩子は家に戻り、祖母の書の道具のある蔵に入ります。
d0231858_15342174.jpg


鳩子は目を閉じました
d0231858_15365748.jpg


すると、祖母の言葉が聞こえてきたのです。
「鳩子、その手紙に合った一番の道具を選んで、身を清め真っさらな気持ちで筆を握る。
お前の心が真っ直ぐならば、自然と筆は動く。
それが代書屋だ」
d0231858_15415587.jpg


鳩子は筆をとり目を閉じました
d0231858_15435079.jpg


鳩子は、誰かに操られているような不思議な感覚になり、スラスラと筆が運んでいったのです。
d0231858_15484953.jpg

d0231858_15494258.jpg


手紙を読んだ婦人は大満足です
d0231858_155184.jpg


鳩子はお葬式の後、家を処分して東京に帰るつもりでした。
親戚のおじさんが家の取り壊しを依頼した業者を連れてきました
d0231858_15551854.jpg


ところが鳩子は、「私、この家継ぎますと」取り壊しを断りました。
そして、祖母の残したツバキの木を見てしみじみ思うのでした「私は、今ここにいたい」と・・・
d0231858_15583971.jpg


実は、1つ気がついた事がありまして、祖母のお葬式の時の遺影と
d0231858_1635628.jpg


鳩子がやり直しの手紙を書き終えた時の遺影の表情が優しく変わっているのですよ。
鳩子が11代目として代書屋をついでくれたのを喜んでいるようです。
d0231858_1645720.jpg


「ツバキ文具店」実にいい物語でした。
本屋大賞にノミネートされただけあって、名作ドラマの予感がします。
物語はまだまだ続きますよ

「ツバキ文具店」 (連続8回)
毎週金曜日 NHK総合 夜10時~


絢香がこのドラマのために書きおろした主題歌「コトノハ」もめっちゃいい曲です
画面をポチッとして下さい


1回目の放送を見逃した方に朗報です、再放送もあります 今晩ですが・・・
 NHK総合 4月20日(木)午前0時10分(水曜深夜)

by k2hair | 2017-04-19 16:43 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

「孤独のグルメ Season2」無料配信   

2017年 04月 14日
テレビ東京で深夜に放送されている人気ドラマに「孤独のグルメ」という番組があります。
元々は漫画なのです。
主人公の井之頭五郎が本人の五感で旨い店を探し出し、常連客の注文を見聞きしてその店の名物メニューにありつくという物語です。

ドラマ化されて主人公の井之頭五郎の役を松重豊さんが演じていますが、この人がまた旨そうに食べるんですよ。
お酒は全く飲めないのですが食べっぷりもよく、ご飯はいつもお代わりをしています。
d0231858_632013.jpg


番組の最後に、作者の久住昌之さん自身がレポーターとして、ドラマで紹介されたお店に行ってその料理を食べます。
主人公の井之頭五郎はお酒は飲みませんが、久住昌之さんはお酒やビールをグイグイいっちゃいます。

2012年から始まったこのドラマは人気シリーズになり、過去5シリーズ(各12話)・さらにスペシャル版3話が放送されました。
主人公を演じる松重豊もこのシリーズが、まさかこんなに何回も続くとは思わなかったそうです。

この4月からは、関東で「孤独のグルメ Season6」の放送が始まりました。
その放送記念として、今日から5月19日(金)まで「孤独のグルメ Season2」の12話分が無料配信が始まりました。
  「孤独のグルメSeason2」の無料配信はこちら

東京では「孤独のグルメSeason6」の放送が始まりましたが、滋賀ではびわ湖放送で4月24日にスタートします。
「孤独のグルメ Season6」は、井之頭五郎の大阪出張編です。
大阪のうまいもんがいっぱい出てくるのかな?
       
   「孤独のグルメ」Season6 
   びわ湖放送で4月24日スタート 毎週月曜日 23:58~24:40

by k2hair | 2017-04-14 06:56 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

松平健がじいじ役のドラマ「PTAグランパ!」   

2017年 04月 08日
BSプレミアムで日曜夜放送の「PTAグランパ!」というドラマが始まりました。
d0231858_9473622.jpg


何気なく見てたのですが、これが面白いんです。
松平健がおじいちゃんの役なのです。

松平健の娘がバツイチで、孫娘を連れて実家に帰ってきていて同居しているのですが、大手商事会社にフルタイムで働いています。
ところが、その娘がくじでPTA副会長の大役を引いてしまったのです。
企業戦士だったじいじの松平健は、定年になり暇を持て余していました。
仕事が忙しい娘に代わってPTA副会長の役をじいじの松平健が引き受けることになったのですが・・・
d0231858_13314289.jpg


自分を曲げることを知らず、世の中の理不尽に真っ向から立ち向かう熱血おじいちゃんが、孫のためにと飛び込んだPTAという初めての世界で、今まで出会ったことがない人々と関わることで少しずつ変化していく涙と笑いのドラマです。

PTAグランパ!(全8回)
BSプレミアム 毎週日曜日午後10時~
  (再放送 BSプレミアム次週日曜日午後4時半~)

by k2hair | 2017-04-08 05:33 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

「アオゾラカット」西成生まれの美容師の息子と父のヒュウマンドラマ   

2017年 03月 14日
明日15日(水)NHKのBSプレミアムで、林遣都と吉田鋼太郎が親子の美容師を演じる「アオゾラカット」というドラマがあります。
d0231858_18273298.jpg

d0231858_18275172.jpg


舞台は大阪市西成区。
海外から多くの観光客が安い宿を求めて、この街を訪れる。
そう、西成には、いまの大阪の風景が生き生きと広がっているのだ―。
そんな今の西成を舞台に、パリでの修行帰りの美容師の息子が、西成人の美容師の父との葛藤と和解を通じて、生まれ育った街の素敵さを再発見するヒューマンコメディです。

私も美容師なので、このドラマ楽しみにしてるんです(^^)
もしかしたらめっちゃ泣けるドラマかも?

「アオゾラカット」
3月15日(水)
BSプレミアム 22:00〜22:59

by k2hair | 2017-03-14 18:36 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

林遣都主演 芥川賞受賞ドラマ「火花」 本日スタート!   

2017年 02月 26日
お笑い芸人又吉直樹が芥川賞を受賞した小説「火花」 が、林遣都が主演でドラマになりました。
d0231858_6114458.jpg

d0231858_6121959.jpg

2001年夏、売れないお笑いコンビ・スパークスの徳永(林遣都)は、先輩芸人の神谷(波岡一喜)に熱海の花火大会の営業で出会う。
徳永は神谷の激烈な漫才に衝撃を受け、弟子入り志願する。




「火花」に主演の林遣都さんは滋賀県大津市出身です。
先日のNHK「あさイチ」で、林さんの特集をしていました。
d0231858_6153367.jpg


子供の頃の林さん、お母さんとソックリですね
d0231858_617264.jpg


ついでに、NHKの高瀬耕造アナにも似ているとよく言われるそうです
d0231858_6244442.jpg


その林さんの反抗期がひどかったそうです。
家の中に居るのにお母さんと直接話さず携帯で「アレ持ってきて」と言っていたと、琵琶湖の畔で友人が暴露してました。
d0231858_62002.jpg


林さん朝ドラ「べっぴんさん」では格好いいドラマーの二郎を演じていました
d0231858_6265632.jpg

ドラマで使っている音は先生の演奏なのですが、林さんはたった1ヶ月の特訓で本当にドラムを叩いているのです。

林さんのデビュー作は16歳の時、3000人のオーディションの中から選ばれた、映画「バッテリー」で主人公原田巧を演じました。
d0231858_632298.jpg


林さんを見いだした滝田洋二郎監督が語りました
d0231858_6351535.jpg

撮影の中で、数多くの応募者の中から林遣都を選んで間違いなかったと確信したそうです。
監督は、オーディションでこの世界に誘った以上、林さんをずっと見守っていく責任があると・・・
林遣都も覚悟を持って俳優として生きていただきたいと・・・

林さんは現在放送中の大河ファンタジー「精霊の守り人」にも出演しています
d0231858_644221.jpg


来月の3月15日にBSプレミアムで放送される大阪発 地域ドラマ「アオゾラカットにも主演しています
d0231858_6471844.jpg


市原悦子と共演で、林さん主演の映画「しゃぼん玉」も春に公開されます
これ、絶対いい映画ですよ・・・


本当に引っ張りだこですね。
これからも林遣都さんから目が離せませんね。

芥川賞受賞ドラマ「火花」は、NHK総合で本日2月26日(日)放送スタート
毎週日曜 午後11時ですよ!

by k2hair | 2017-02-26 07:01 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

最高のドラマ「受験のシンデレラ」BSで再放送始まる!   

2017年 01月 14日
人生の希望を失ったカリスマ予備校講師の五十嵐と落ちこぼれの女子高生・真紀が挑戦する、とてつもなく無謀な目標! はたして彼らは、わずか1年で難関・東大合格を手に入れることができるのか? 

写真は、真紀が五十嵐にお好み焼き屋さんの奥にある席で勉強を教わっている場面
d0231858_1525516.jpg


私が昨年見たドラマの中で、1番面白かったドラマが、小泉孝太郎と川口春奈のダブル主演のBSプレミアムドラマ「受験のシンデレラ」でした。

番組掲示板には数多くの再放送の希望が殺到しました。
        「受験のシンデレラ」の掲示板

そしてついに、今週週月曜日から再放送が始まりました。
ただ、残念ながら地上波ではなくBSプレミアムでの放送で、NHKのBS放送を契約しないと見ることができません。

このドラマの最終回は、涙なしでは見ることができません。
受験のツボも随所に出てきますので、受験生はもちろん、まだ受験に関係のない学生さんや、おっさん・おばさん・大学生・社会人など、誰が見ても素晴らしいドラマなのです。

再放送は2話まで終わりましたが、途中から見ても面白いはずです。
月曜日に2話ずつ放送されます。

BSプレミアムでの放送日程
第1回 1月9日(月)午後4時から4時49分
第2回 1月9日(月)午後4時49分から5時38分
第3回 1月16日(月)午後4時から4時49分
第4回 1月16日(月)午後4時49分から5時38分
第5回 1月23日(月)午後4時から4時49分
第6回 1月23日(月)午後4時49分から5時38分
第7回 1月30日(月)午後4時から4時49分
最終回 1月30日(月)午後4時49分から5時38分


NHKさん、もしこのブログを見ていたらお願いがあります。
再放送が始まったのはとっても嬉しいのですが、お客さんや知り合いなど、すべての方に紹介できるように、NHK総合かEテレビの地上波での放送をどうかお願いしますm(_ _)m

by k2hair | 2017-01-14 16:16 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

大河ドラマ「おんな城主直虎」 大ピンチ!   

2017年 01月 08日
d0231858_16123064.jpg

今日から放送の大河ドラマ「おんな城主直虎」が、大ピンチです。

もうご存知の方も多いと思いますが、京都にある井伊美術館の館長の井伊達夫氏が、昨年12月にドラマの主人公井伊直虎は男性説を主張したのです。
井伊達夫氏は、彦根藩初代藩主の井伊直政の直系後裔です。

井伊達夫氏によると、戦国時代に駿河国と遠江国を収めていた今川氏の家臣の関口氏経の男子に井伊谷の領主の「井伊次郎」と名乗らせ、治めさせたとする新史料が見つかったというのです。

これに対し各紙新聞では、

「読売新聞」筆跡から信憑性が高い。出家した人(次郎法師)は本名を名乗らないので、次郎直虎と署名するはずがなく、井伊次郎は男性。

「毎日新聞」直虎の正体は、今川家から派遣された男性だったと考えられ興味深い。直虎は関口氏経との連名で領地に徳政令を出しているが父が子を補佐したという見方も成り立つ。

これに対し、NHKの反応は、「ドラマはあくまでもフィクションです。1年間視聴者の皆様に楽しんでいただけるドラマを制作して参ります。」とちょっと苦しい回答。

大河ドラマ「おんな城主直虎」の脚本は「仁-JIN-」や朝ドラ「ごちそうさん」の脚本を手掛けた森下佳子さんです。
NHKいわく、脚本は森下佳子さんのオリジナルなのだそうですが、おそらく梓澤 要氏の著「井伊直虎 女にこそあれ次郎法師 」を元に話をふくらませて脚本を書いていくのだと思われます。
d0231858_16484552.jpg


最近の女性を主役とした大河ドラマの傾向として、「八重の桜」の新島八重や「花燃ゆ」の杉文など歴史上あまり知られていない女性にターゲットを当てていいます。

今回の井伊直虎もイマイチよく判っていない人物ですので、NHKとしては好きなように話を書くことができるという算段だったのでは・・・

ドラマの放送前に井伊直虎男性説が浮上してしまったのですが、今さらヒロインをすげ替えるわけにもいかないし、タイトルが「おんな城主・・・」なのですから、話を大きく転換させるわけにもいかず、NHKとしてはこのまま「フィクションですので・・・」のスタンスで押し切るしかないのでしょうね。

by k2hair | 2017-01-08 16:36 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

真田丸 終   

2016年 12月 19日
大河ドラマ「真田丸」が昨日終わりました。
「真田丸」の全50話の期間平均は16・6%でした。
大河ドラマの平均視聴率が16%を超えたのは5年ぶりのことだそうです。

私自身、大河ドラマをいつも最初は見ているのですが、だんだん面白くなくなってきて途中で観るのを止めるのがこれまでのほとんどのパターンでした。
ですので、最後までちゃんと見たのは久しぶりです。

「真田丸」の視聴率がまずまずだったというのは三谷幸喜氏の脚本に対する世間の評価が良かったということなのでしょう。

私も最終回はかなり期待して観ました。

最終回の最大の見せ場は、家康の本陣目指して襲撃した幸村が家康を追い詰めた場面です。
d0231858_18194691.jpg

家康は死を覚悟します
d0231858_18203073.jpg

しかし、あと一歩で家康の首を獲るには至りませんでした。

本音を言うと、私は昨日の最終回の演出には不完全燃焼です。
傷ついた幸村は最後、本当は雑兵に討ち取られたのですが、、佐助の介錯で自刃したように美化されています。
さらに、秀頼や淀君が自刃する場面はカットされ、その事は最後にアナウンサーによるナレーションで伝えるのみでした。

前回の放送で、「真田丸」の真のヒロインは、長澤まさみ演じる「きり」だったのかと思わせる演出でしたが、最終回ではきりの落城後の安否は結局不明・・・

最も、きりというのは三谷幸喜氏がつけた名前で、信繁の側にそういう女性がいたらしいという事しか判っていません。

三谷幸喜氏の脚本では、あの有名な関ヶ原の決戦の場面を全部カットして、佐助からの報告のみで済ますという大胆な演出でした。
おそらくこれで、撮影費も大幅に節約できたはずです。

所詮フィクションなのですから、「真田丸」に佐助以外の真田十勇士も登場して欲しかったな~。
でも、キャストが増えすぎて余分に人件費がかかりますね(笑)

最終回はかなり盛りだくさんで、あの内容を45分に収めるのには時間が足りなさ過ぎると思いました。
せめて1時間半ぐらいのドラマにしないとアカンと思いましたよ。
「真田丸」は久々に盛り上がった大河ドラマでしたので、特別に最終回スペシャルにするとか思い切った事もアリだったと思うのですが・・・

by k2hair | 2016-12-19 19:10 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

大河ドラマ「真田丸」のキャスティング   

2016年 11月 09日
昨日のブログで、大河ドラマ「真田丸」の後藤又兵衛のキャストに異議あり!と書きました。
こんな事を書いたら怒られるかもしれないのですが、実はまだ他にもあるのです。

大河ドラマ「真田丸」の主人公の真田信繁のちの真田幸村は、今最も勢いのある俳優の堺雅人が演じています。
d0231858_2143249.jpg


堺雅人は、演技は抜群に上手いしドラマの主人公を演じるのには申し分ない俳優なのですが、戦国武将としてはどうなのかな~というのが私の印象なのです。
1番引っかかるのが43歳の年齢にしてはかなり童顔だということです。
それと声が高い。
天下の真田幸村があんなに高い声だとは・・・

私の思い描く真田幸村は、この人です。
d0231858_2151179.jpg

いい面構えでしょ、でも実はこの人は大河ドラマ「真田丸」で上杉家の家老の直江兼続を演じた村上新悟です。
声も低くて通る、武将らしい声質です。

村上新悟はあまり目立たない役を演じているのですが、大河ドラマに4作続けて出演していて、過去5作品に出演してきた実力派なのです。
視聴率の事を考えなければ、私は堺雅人の真田幸村と村上新悟の直江兼続の役を入れ替えたらバッチリだと思うのですが・・・

でも、今のNHKの籾井会長は視聴率をめっちゃ気にする人だそうですから、ドラマ「半沢直樹」で抜群の数字を獲った堺雅人ありきのキャスティングだったのかもしれません。

でも、堺雅人は素晴らしい役者であることには間違いないです。
これは、あくまでも私の勝手な私見ですので堺雅人のファンの方はご容赦下さいね。

by k2hair | 2016-11-09 22:19 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

真田丸 現る   

2016年 11月 08日
大河ドラマ「真田丸」も大阪冬の陣も間近で、物語も佳境に入ってきました。

主人公の真田幸村は、難攻不落と思われた大阪城の唯一の欠点である城の南側に出城を築く事でさらに盤石の守りをできると提案し、豊臣秀頼の賛同も得てようやく完成しました。
d0231858_18314021.jpg

これが後に真田丸と言われた出城です。

真田丸の大きさは東西180m南北220mで、甲子園球場のホームベースからセンターのフェンスまでの距離が118mですので、真田丸はそれよりはるかに規模の大きいものだったのです。
この真田丸が大阪冬の陣で、徳川方を大いに苦しめる事になるのです。

ところで、大河ドラマ「真田丸」には特に原作はなく、演出家の三谷幸喜氏のオリジナルの作品なのだそうです。
とは言え、大河ドラマ「真田丸」の脚本は司馬遼太郎の三部作「新史太閤記 上・下」「関ヶ原 上・中・下」「城塞 上・中・下」の全8巻をまとめたものに三谷幸喜氏独自の脚色を加えたものではないかと私は思っております。

私は司馬遼太郎のファンでこの三部作の8巻は全て持っていまして、過去に3回は通しで読んだかな? (だいぶ前ですが・・・)

今までの大河ドラマ「真田丸」のキャストに私はあまり違和感は感じなかったのですが、最近登場した後藤又兵衛役の哀川翔には「ちょっと違うんじゃないの?」と違和感を感じております。
d0231858_1972869.jpg


哀川翔のファンの方には申し訳ないのですが、Vシネマの帝王と言われた頃と違って、イマドキのネガネをした最近の哀川翔にはちょっと軽いイメージがあるのですよ。
d0231858_199403.jpg


私の思い描く後藤又兵衛は猛将のイメージがあるのですが、哀川翔の声はルパン三世みたいに高すぎるんですよね。
私的には、本田忠勝を演じた藤岡弘の猛将のイメージが後藤又兵衛にはピッタリなのですが・・・
d0231858_19192693.jpg


大河ドラマ「真田丸」もあと6回で終わります。
歴史はもう変えられないのでバラしちゃいますが、真田幸村も後藤又兵衛も大阪夏の陣で戦死するはずです。
おそらくその回がドラマの最終回になるのでしょうね。

by k2hair | 2016-11-08 21:57 | ドラマ | Trackback | Comments(0)