カテゴリ:旅( 15 )   

モネの池だけじゃもったいない(その3清流そば編)   

2017年 07月 14日
モネの池だけじゃもったいない(その1) 

モネの池だけじゃもったいない(その2 巨大株杉の森 編) 

からの続きです

お昼ごはんは板取小学校近くの「清流そば」でいただきました。
老夫婦2人でやっておられるログハウス風の小さなお店です。
d0231858_21184736.jpg


お店のすぐそばには店名の通り清流が流れていました
d0231858_217394.jpg


店内の様子
d0231858_55668.jpg

d0231858_5562410.jpg


川の見える涼しいテラス席に座りました
d0231858_558090.jpg


メニュー
d0231858_559550.jpg


ざるそば定食900円+大盛り300円=1200円
d0231858_61827.jpg

ざるそば定食には、ご飯・きゅうりの酢の物・ポテトサラダ・芋がらの煮物・煮豆・スイカが付いています。

めっちゃ小さいですが、鮎の甘露煮も付いていて盛りだくさんです
d0231858_651071.jpg


手打ちの蕎麦はコシがあり、バラエティーに富んだ太さで、つゆはやや酸味のあるタイプのつけ汁でした。
国産のそば粉が使われています。
d0231858_69469.jpg


清流そばは、おっちゃんとおばちゃんの2人だけでやってる素朴なお店です。
この辺のお店はモネの池の観光客の急増で、土日のお昼時はめっちゃ混む可能性があるかもです。

清流そば  
岐阜県関市板取岩本1982 - 2   地図
TEL 0581-57-2659
営業時間 月~木11:30~14:00 
       土日祝11:30~16:00
定休日:金曜日
     
   モネの池だけじゃもったいない(その4 湯元 すぎ嶋編)に続きます

by k2hair | 2017-07-14 06:29 | | Trackback | Comments(0)

モネの池だけじゃもったいない(その2 巨大株杉の森 編)   

2017年 07月 13日
 モネの池だけじゃもったいない(その1) の続き きです。

モネの池からさらに北に移動し、昨年行かなかった「21世紀の森公園」の奥の蕪山の登山道にある巨大杉を観賞しに行きました。
d0231858_1815368.jpg


巨樹鑑賞は、私のマイブームで最近ハマっております。
「21世紀の森公園」の巨樹は「株杉」と言って樹齢500年ほどの株立した大きな杉の巨木です。
株杉とは、この地域で根元が非常に太く、そこから枝分かれした幹が何本も出ている杉の木のことです。
数百年もの間、人間が幹を切って収獲しては萌芽更新を繰り返した結果できた大木なのです。
ですので、株杉は天然の杉ではなく人間と自然の合作で出来た巨大杉なのです。

昔の杣人の信仰があったのか、株杉を祀る祠がありました。
d0231858_18254616.jpg


「21世紀の森公園」の駐車場の所に株杉の看板があります
d0231858_14571482.jpg


その先の車道から「株杉の森」と書かれた看板から遊歩道に入ります
d0231858_14575261.jpg


巨大株杉群をご覧下さい
d0231858_15111248.jpg

d0231858_15113522.jpg

d0231858_151247.jpg

d0231858_15122473.jpg

d0231858_15124726.jpg

d0231858_1513965.jpg


巨大な株杉は恐竜のようで、まるでジュラシックパークに迷い込んだような不思議な景色です。

下の写真は、私が京都の小野村割岳を登山した時の樹齢1000年前後の「伏状台杉(ふくじょうだいすぎ)」と呼ばれる巨大杉です。
小野村割岳の巨大杉は樹齢が古いので、老支幹が枯死している木も多かったです。
d0231858_1845342.jpg


「21世紀の森公園」の株杉はまだ樹齢500年ほどで、太い幹から株別れした枝も元気に育ってました。

駐車場から歩きだして、「株杉の森」を時計と反対周りに一周して駐車場まで戻って30分ぐらいの短いコースです。
パンプスでは無理ですが、遊歩道はよく整備されているので、登山靴でなくてもスニーカーなら大丈夫です。

駐車場から株杉の森に向かう道路沿いには紫陽花がたくさん咲いていました。
d0231858_1527953.jpg

d0231858_15283634.jpg

d0231858_15285662.jpg

d0231858_15291770.jpg

d0231858_15293514.jpg

d0231858_15295254.jpg

d0231858_15301129.jpg


「モネの池」に向かう「あじさい街道」の紫陽花はすでに盛りを過ぎていましたが、「21世紀の森公園」は標高が400m以上あるので、ここの紫陽花はまだキレイでした。

ここは京都の北山のようにしんどい思いをしなくても楽に巨樹群に出会えるのでおすすめですよ!

21世紀の森公園のグーグル・マップ
岐阜県関市板取2340

 モネの池だけじゃもったいない(その3 清流そば編)に続きます

by k2hair | 2017-07-13 06:18 | | Trackback | Comments(0)

モネの池だけじゃもったいない(その1)   

2017年 07月 12日
先日、昨年に引き続き2年続けて岐阜県関市板取地区にある「モネの池」に行ってきました。

モネの池が誕生したいきさつはコチラに詳しく書きましたので読んで下さいね

昨年、大ブレークしたモネの池ですが池の由来の看板ができていました。
外国のお客さんも大勢来るのか、日本語・英語・中国語で書いてありました。
d0231858_1716194.jpg


この日は雨のあとで池の水が少し濁っていたのですが、写真を撮るとやっぱりクロード・モネの絵の「睡蓮」みたいに写るから不思議です
d0231858_17211334.jpg


睡蓮の花もキレイに咲いていました
d0231858_17225189.jpg


モネの池の生みの親の小林佐富朗さん
d0231858_1727418.jpg


小林さんのお店「フラワーパーク板取」はモネの池のすぐ横にある苗屋さんです
d0231858_17291899.jpg


フラワーパーク板取では、新鮮野菜なども置いてありました
d0231858_1731688.jpg


小林さんとお話したのですが、モネの池が有名になってからテレビの取材がたくさんあったそうです。
私達が訪問した次の日も取材が来るとか・・・

小林さんは、とても気さくな方で、苗のアドバイスもしてくれますよ。

モネの池の最新情報は「フラワーパーク板取」のホームページでチェック!

フラワーパーク板取
岐阜県関市板取440番地1
電話:0581-57-9021

帰りに見たすぐそばの清流の板取川がめっちゃキレイです。
この流れを見ているだけでも癒やされますよ!
d0231858_17501875.jpg


モネの池だけじゃもったいない(その2 巨大株杉の森 編) に続きます

by k2hair | 2017-07-12 07:06 | | Trackback | Comments(0)

生ゆばの食事処in黒谷   

2017年 03月 22日
京都の通称「黒谷さん」と言われる金戒光明寺に私の母方のお墓があります。

昨年、墓参りに行った時には無かった食事処が、突然出来ていました。
戀西楼(れんさいろう)というお店です。
d0231858_1144093.jpg


場所は、金戒光明寺の本堂にあたる御影堂(みえいどう)の目の前です
d0231858_1147579.jpg


メニュー
d0231858_11443665.jpg


ここに来る前に食事をすませていたのでお腹いっぱいで食べてませんが、生ゆばがメインの店のようです。
ゆばカレーという驚愕のメニューもあります。
店頭では、ゆばまんという肉まんの湯葉バージョンのような物が売られてました。

この建物は、昨年12月に出来てたようです。
お盆前から黒谷さんに参ってなかったものですから知りませんでした・・・(汗)

黒谷さんは普段は観光地というほどでもないのですが、時代劇の撮影によく使われる山門や
d0231858_11543348.jpg


墓地の1番高い所にある三重塔などがあります
d0231858_11564269.jpg


三重塔から京都の町並みが見えます
d0231858_11573525.jpg


御影堂の中には御本尊の他に、重要文化財の吉備観音や
d0231858_127388.jpg


運慶作と言われる文殊菩薩もあります
d0231858_1285186.jpg

御影堂のお参りは誰でも無料でできるのですが、午後4時には閉められます。

素晴らしい庭園もあるのですが、普段は非公開で特別公開の時にしか入れません。

外人さんもいたので、最近は外国からの観光客も増えているのでしょう。
すぐ近くに食べる所も無いので、食事処があるのはいいと思います。

御影堂の前に出来た、食事処の戀西楼は参拝者の休憩所も兼ねているそうですが、やっぱり何か食べないと休憩だけではちょっと入りにくいですね。
今度、戀西楼の生ゆば丼が食べてみたいです。

観光客は本当は境内に入ってすぐのコインパーキングに駐車するのです。
檀家は、ズンズン上まで入っていって御影堂の近くに駐車して墓参りします。
御食事処の前にも駐車スペースが新たにできていたので、たぶん食事をすれば一般の方も駐車OKなのかと・・・

浄土宗大本山 くろ谷 金戒光明寺
京都市左京区黒谷町121

by k2hair | 2017-03-22 08:09 | | Trackback | Comments(0)

進化する ラ・コリーナ近江八幡   

2017年 03月 16日
先日、ラ・コリーナ近江八幡に行ってきました。
この後、予定があり短時間での訪問でした。
平日のお昼頃訪れたのですが、それでもかなり賑わってました。

ラ・コリーナは2回目の訪問なのですが、去年リニューアルされてさらにいろいろ増えていました。
d0231858_17131640.jpg

この建物がメイン店舗です。
和菓子の「たねや」と洋菓子の「クラブハリエ」の店舗が入っています。
2階ではカフェがあり、焼きたてのバウムクーヘンがいただけます。

バウムクーヘンのコーナーでは長蛇の列があり断念・・・
どら焼きの実演販売のコーナーはそれほどでもなく、すぐにいただけました。
d0231858_12113944.jpg

d0231858_1023554.jpg

季節限定の生どらいちご 324円
生どら216円

d0231858_121154.jpg

生どらはお持ち帰り不可、店内のベンチでいただきます
生どら甘いものが得意でない私でも感動の美味しさです。
並んででも食べる価値アリです。

メインショップを通り抜けると不思議な空間が広がってました
広大な土の場所はやがて田んぼになります。
後ろの山を借景に従えて、圧巻の風景です。
d0231858_17122983.jpg

d0231858_1229189.jpg

d0231858_12314110.jpg

d0231858_1232955.jpg


このジブリの世界から抜け出たような建物は「たねや」グループの本社です
d0231858_1238146.jpg


渡り廊下もトイレもオシャレです
d0231858_12422598.jpg

d0231858_12425184.jpg


本当は、新しくできたカステラショップのカフェでトマトのあんかけオムライスを食べたかったのですが、時間がなく、すでに待っている人がいて断念しました。
コンテナショップのコーナーも新たにできていたのですが、やはり時間がなくて断念・・・

私達が訪問したのが、平日の12時頃だったのですが、大きな駐車場はすでに結構埋まってました。
滋賀ナンバーだけではなく、大阪ナンバーや京都ナンバーの車はもちろん、宮城ナンバーの車もありました。

土日祝の11~16時は、駐車場・店内が非常に混み合う状況です。
駐車場満車により敷地内へのご入場もできない場合がありますので、周辺道路までもが渋滞しています。
夕方はすいているのですが、生どらやカフェは午後5時には終わってしまいます。

ラ・コリーナは営業時間が、9:00~18:00迄ですので、土日祝に訪問するなら午前11時までには入っておいた方がいいです。
夕方はすいているのですが、生どらやカフェは午後5時には終わってしまいます。

実はこのラ・コリーナ、まだ3分の2しか出来上がっていないのです。
d0231858_12455233.jpg

敷地3分の1のの琵琶湖側の場所がまだ工事中で、今後、専門ショップ・野菜マルシェ・パン専門店ができるそうです。

ラ・コリーナは今や滋賀県で1番来客数の多い観光施設になりました。
今後も進化するラ・コリーナが楽しみです。

by k2hair | 2017-03-16 22:47 | | Trackback | Comments(0)

近江八幡の水郷めぐり   

2017年 03月 13日
d0231858_1931892.jpg

今日は、近江八幡の水郷めぐりに行ってきました。
近江八幡に引っ越して19年になるのですが、恥ずかしながら水郷めぐり初体験でした。

嫁さんの地元の九州から大勢の来客があり、水郷めぐりを案内しました。
近江八幡には水郷を体験できる所が4ヶ所あります。
船に乗るのは、われわれ夫婦を含めて全部で12人です。
12名まで乗れる船が、長命寺港の近くのびわ湖観光という会社にあるのです。
d0231858_1917429.jpg


貸し切りの12人乗りの船は手漕ぎ船ではなくエンジン付きの船です
d0231858_1923298.jpg


船は開け閉めできるガラス窓つきで、ストーブもありました
d0231858_19263537.jpg


所要時間1時間半のBコースでお願いしました。
d0231858_19331516.gif


船は、長命寺川から水郷に進みます。
d0231858_19374768.jpg


背の高いススキのような植物が葦(よし)と言って、すだれやよしずの材料になります。
d0231858_19395483.jpg


広い所に出てきました。
葦がいっぱい生えています。
d0231858_1941661.jpg


葦を立てかけて干しています
d0231858_19443524.jpg


水郷に中に、「よしの大龍神」という祠がありました。
d0231858_1947915.jpg


琵琶湖の内湖の中で最大の西の湖に出ました
d0231858_19483879.jpg


葦がいっぱいです
d0231858_19493127.jpg


たくさんの竿の下には、イケチョウ貝と言う貝が入っているカゴが沈めてあって、淡水真珠の養殖をしています。
d0231858_2046481.jpg


琵琶湖に出ると初めて見る大きな湖に、チビッコ達はハイテンションでした
d0231858_20502458.jpg


琵琶湖から対岸にある雪の被った比良連峰が見えます
d0231858_20522974.jpg


日本で唯一、淡水湖に人が住んでいる島の沖島が見えます
d0231858_20543397.jpg


戻ってくると長命寺港に最近オープンした長命温泉ずいかくの湯が見えました
d0231858_20582319.jpg


長命寺港から出発地点のびわ湖観光へはすぐそばです。
水郷めぐりは初めてだったのですが、約1時間半の水郷めぐりはのんびりした風情があり、琵琶湖に出ることもできて、思っていたより良かったです。
大きな琵琶湖にチビッコ達も喜んでました。
水郷めぐりの手漕ぎ船では、波があるので琵琶湖に出ることはできません。
びわ湖観光のエンジン付きの船では琵琶湖まで行けるので良かったです。

びわ湖観光
滋賀県近江八幡市中之庄639-1
TEL(0748)32-2131
  ホームページ

by k2hair | 2017-03-13 21:17 | | Trackback | Comments(0)

多度大社の上げ馬神事   

2017年 02月 17日
先日、岐阜県海津市の海津温泉に行く途中で偶然多度大社を見つけ、帰りにお参りしてきました。
多度大社は、天照大神の子の天津彦根を祀った神社です。
つまり、こういう事です。
d0231858_21261878.jpg


随分前にテレビで、多度大社の近くに住む少年が1ヶ月の乗馬特訓をして上げ馬神事に取り組むドキュメンタリーを見たことがあります。

この上げ馬神事というのが、人にも馬にも半端じゃなく危険な行事なのです。
多度大社に寄ったのは、ドキュメンタリーで見た、少年が馬に乗って駆け上がる急坂が実際にどんなものなのかを1度見てみたかったのです。

多度大社の上げ馬神事は、毎年5月4日・5日に周辺6地区(多度・小山・戸津・北猪飼・猪飼・力尾)から神占いによって選ばれた各地区の代表の少年騎手が武者姿にて馬にまたがり、急坂を駆け上がり最後は約2メートルの絶壁を駆け上がる勇壮な神事です。
この神事では、古くより人馬の上がり具合により、農耕の時期や豊凶が占われてきました。
d0231858_16524190.jpg


実際下から見上げると、ここを少年が馬に乗って駆け上がるなんて無茶やろ~と思うのですが、選ばれた少年たちは勇気を振り絞って駆け上がります。

ホンマに命がけですね。

多度大社は伊勢神宮や出雲大社のように大きな神社ではありませんが、背後にご神体でもある多度山をひかえて趣きのある所です。
d0231858_1720481.jpg

d0231858_17202044.jpg

d0231858_17211329.jpg

d0231858_17222893.jpg

d0231858_17224911.jpg

d0231858_17231023.jpg

d0231858_17232869.jpg


お馬さんの神様もいらしゃいます
d0231858_17244030.jpg


上げ馬神事の時は凄い人が集まるのですが、私達が訪問した時は平日の夕方でしたので、本当に静かでした。
こういう所を、パワースポットというのでしょうね。
心があらわれる思いのする神聖な場所でした。

多度大社
桑名市多度町多度1681番地

by k2hair | 2017-02-17 21:50 | | Trackback | Comments(0)

大阪城を歩く   

2016年 09月 17日
最近休みの月曜日のたんびに雨降りやら用事があったりして、もう2ヶ月近くも山に行けてません。

友人の個展が大阪の谷町2丁目であって行ったのですが、地図で確認するとなんと大阪城のめっちゃ近くではないですか。

大阪城には、子供の頃に一度行ったきりで、約20年前の平成の大改修以降は行ったことが無かったので、ウォーキングを兼ねて行ってみました。
同行した嫁さんも大阪城は初めてです。
d0231858_1128224.jpg


大阪府庁近くの大手門から入場します。
大阪城に入るのってお金いらないんですね(驚)
d0231858_11323485.jpg


場内をレトロな電気自動車が走っていました
d0231858_1133494.jpg


外堀
d0231858_1137452.jpg


巨大な石垣の石、大きすぎてまるでセメントのようです
d0231858_11393083.jpg


桜門に向かいます
d0231858_11421974.jpg


桜門の手前の内堀は空堀になっています
d0231858_11433632.jpg


レトロな旧大阪市立博物館、今は使われていないようです
d0231858_11475591.jpg


やっと天守閣が見えました。
周りはめっちゃ人が多いのですが、ほとんどが外国の方です。
その後、日本語ではなく外国語で城内放送があって、「ここはどこ?」って感じになりました(笑)
d0231858_11523275.jpg


大阪城と言えば「真田丸」、真田家のコスプレの有料写真撮影もありましたが、コスプレをやっているのは外国の方でした。
d0231858_1155974.jpg


天守閣に入るのには600円要ります。
子供の頃に登って、中が鉄筋のビルになっていてがっかりした記憶があるので、登りませんでした。
多分、天守閣の中は外国の方でいっぱいだと思います。

天守閣の西側を通り抜けて、内堀に掛かる橋から天守閣を振り返りました。
ここから見る眺めもいいですね。
d0231858_122455.jpg


さらに外堀を渡ると大阪城ホールが見えました
d0231858_1261469.jpg

さらに水上バス乗り場のある第二寝屋川沿いに進むと大阪城公園駅に到着です。

私達が通った、大阪城のウォーキングコース
d0231858_12381290.gif


地下鉄御堂筋線の本町駅からボタニカリー、谷町2丁目の友人の作品展のDoucatty展"COLORFUL" at THE 14th MOON、そして大阪城ウォーキング、うどんの梅田はがくれ本店と、久しぶりにいっぱい歩けて大満足です。
楽しい日帰り大阪ツアーでした。

by k2hair | 2016-09-17 07:26 | | Trackback | Comments(2)

阿蘇の絶景駐車場へ   

2016年 08月 23日
今日まで夏季休暇をさせていただいております。
明日24日(水)より、通常通り営業いたします。

d0231858_10491929.jpg

夏季休暇を利用して、嫁さんの実家のある熊本県に行ってきました。
実家に行く前に、ドライブで阿蘇山に立ち寄りました。

阿蘇山は、日本で2番めに大きな南北25km、東西18kmのカルデラを形成している火山です。
その大きさは、衛星写真を見るとよくわかります。
d0231858_10342742.jpg


真ん中に火口のある火山郡が見えます。
その最高峰は高岳(1592m)です。
じつは火山郡は、周りをぐるっととりまく大きな外輪山の中にあるのです。
この大きな外輪山を含めて阿蘇山と呼ぶのです。

熊本県大津町から通称ミルクロードよ呼ばれる阿蘇スカイラインで外輪山の上まで上がれるのです。
ミルクロードと呼ばれる理由は、おそらくこの道路沿いに乳牛の牧場が広がっているからだと思います。
誰かが「絶景駐車場」と名付けた標高950mの阿蘇スカイライン展望所に行きました。
d0231858_1049451.jpg

d0231858_10495850.jpg

d0231858_10502974.jpg


天気もよく、この日は熊本市では37度の猛暑日だったのですが、阿蘇の絶景駐車場は風が吹き渡り、めっちゃ涼しかったです。

上の写真では霞んで判りにくいのですが、火口の中に阿蘇五岳と呼ばれる5つの活火山があります。
その姿は、涅槃という仏さんが横たわった姿に例えられます。
d0231858_112128.jpg


これらの写真はすべて、阿蘇外輪山の火口の中なのです。
その火口の中には人がすんでおり、南阿蘇村・高森町・阿蘇市があります。
先の地震で、一部まだ運転が休止されていますが、豊肥本線や南阿蘇鉄道も走っています。

カルデラ火口の中に町があり、さらに鉄道まであるのは世界的にもかなり珍しいのです。

地震の影響は大きく、通行止めになっている道路がまだかなり多くあります。
ミルクロードは通れるのですが、阿蘇大橋の落橋のため、国道の迂回路になっており、通勤通学の時間には大渋滞がおこるそうです。

外輪山の山肌には土石流の物と思われる傷跡もありました。
d0231858_10505029.jpg


九州自動車道も地震後に開通はしていますが、今も補修しながらの利用で一部対面通行のところもありました。
益城町の震源地の近くはボコボコしている所もかなりあり、高速道路らしくない感じでした。
復興にはまだまだかなりの時間がかかるであろうというのが、正直な感想です。

by k2hair | 2016-08-23 11:25 | | Trackback | Comments(0)

2016 びわこ花火大会   

2016年 08月 09日
d0231858_6433832.jpg


混むのは嫌なので、車で行って穴場スポットから見ました。
13年ほど前にも子連れでこの場所で見たのです。
ホンマに久しぶりですが、もう子供はついて来ないので、嫁さんと行きました。

4時半に行って、おつまみとノンアルコールビールで3時間ねばりました。
長時間座りすぎて、お尻が痛かったです。

噴水がライトアップされたらそろそろ始まりです
d0231858_650483.jpg


最初はめっちゃ辛気臭い感じで、「アレ、こんなんだっけ?」という感じでした。
d0231858_6554978.jpg


15分ぐらい経つとようやくちゃんと始まりました。
安物のカメラで撮っているので画像はイマイチですが、ご覧下さい。

d0231858_6571777.jpg
d0231858_6573913.jpg
d0231858_6581583.jpg

d0231858_6592328.jpg
d0231858_6594166.jpg
d0231858_6595561.jpg

d0231858_6575570.jpg

d0231858_725553.jpg

d0231858_731642.jpg

d0231858_733694.jpg

d0231858_74531.jpg

d0231858_742824.jpg

d0231858_75451.jpg

d0231858_752899.jpg

d0231858_754956.jpg

d0231858_762159.jpg

d0231858_764051.jpg

d0231858_77020.jpg

d0231858_77257.jpg

d0231858_774314.jpg

d0231858_781189.jpg

d0231858_783179.jpg

d0231858_784670.jpg

d0231858_79894.jpg

d0231858_792756.jpg

d0231858_794492.jpg

d0231858_795824.jpg


迫力が凄かったです。
やっぱり「びわこ花火大会」っていいですね。

by k2hair | 2016-08-09 07:15 | | Trackback | Comments(2)