カテゴリ:コラム( 27 )   

郵便はがきの値上げに(怒)   

2017年 04月 21日
今年6月1日から、郵便はがきの郵便料金が10円値上がりして62円になります。
でも、利用者の減っている年賀状は、52円に据え置きなんですね。
かもめ~るも10円値上げなんですね。

たかが10円、されど10円。
チリも積もれば山となります。
うちの店ではお客様への連絡にはがきをかなり利用しますので、正直痛いですね。

以前から配達の人員不足とか聞いてますから仕方がないと思うのですが、昨日こんなニュースが入ってきました。

【日本郵政が2015年に買収した豪物流会社の減損処理で数千億円規模の巨額損失が出る見込み】だと・・・

なるほど、そういう失態があったのですね。

今回の値上げで数百億円規模の効果があるそうです。
もしかして、外国の会社の買収の失敗のツケを国民から回収するという事なのですかね?

小泉内閣の時の郵政民営化で、郵便局は日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命の3社に分割民営化されました。
この3社は民営化されたからといって、何をしてもいいわけではありません。
元々は、国民の血税を元にした資本で成り立っている会社ですよ。
海外の企業の買収などもってのほかだと思うのです。
今後、経営陣はしっかりと肝に命じてほしいです(怒)

クロネコメールも参入してますが、はがきはほぼ日本郵政の独占ですよね。
今後も自由に値上げ出来るのかな~?

以前の郵便省の時代だったら、国会の承認が要りますもんね。
これも民営化のツケという事ですね(泣)

by k2hair | 2017-04-21 07:31 | コラム | Trackback | Comments(0)

中学生の武道も戦前回帰?   

2017年 04月 15日
今年度の新学習指導要領で、中学校で必修化されている武道(柔道、剣道、相撲、空手、弓道、なぎなた、少林寺拳法、合気道)に新たに銃剣道も選択出来ることになりました。

私は、剣道をしているのですが、銃剣道のことは木銃を使うということしか知りませんでした。

  木銃とはコレです
d0231858_14492826.jpg


木銃は戦前の陸軍で使われて銃剣を元に銃剣道の用具にしたものです
d0231858_542334.jpg


銃剣道の試合では、「左胸」」・「喉」を突いて勝敗を競います。
相手よりも早く正しい姿勢で突いた時に1本になります。
「左胸」っておそらく急所の心臓を突くという事なのでしょうね。

平成28年度 全国都道府県対抗銃剣道大会 少年の部の決勝戦


剣道では中学生までは「突き」技は禁止されていますが、銃剣道の技は全て突く技です。
普段剣道の試合を見ている私でも、銃剣道の試合を見て「荒っぽい」と感じます。
でも、銃剣道の世界では、これが当たり前なのかもしれません。

銃剣道の競技人口の90%は自衛隊の関係者だそうです。
現在、銃剣道を授業に取り入れている学校は、全国でも神奈川県にある1校だけだそうですが、一般の教員で銃剣道を指導出来る人はほとんどいないのではないでしょうか。

年配のお客様の中には、戦時中に木剣で敵を突く訓練をした事がある方もいらっしゃいます。
私は銃剣道の木剣の形状から戦場での銃を連想してしまうのです。

中学での必修武道の中に銃剣道を入れることを提唱したのは、おそらく元自衛官のヒゲの隊長こと自民党の佐藤正久参議院議員ではないかと思います。
d0231858_6294367.jpg



森友学園問題で有名になった教育勅語ですが、先日の政府答弁書で教育勅語を学校教材に使うことが容認されました。

安倍総理や、稲田防衛大臣は、教育勅語は「親子、兄弟、夫婦が仲良くする」というくだりがあって、「大変素晴らしい理念が書いてある」と言っています。

ところが、教育勅語の後半では、「万一危急の大事が起こったならば、大義に基づいて勇気をふるい一身を捧(ささ)げて皇室国家の為(ため)につくせ。」というくだりもあるのです。

平和を誰よりも望まれる現天皇陛下にとっても、教育勅語が学校の教材として使われるという事は大変迷惑な話なのではなかと思うのですが・・・


また、道徳の教科書の検定で、教科書の中に出てくる「パン屋」が題材に使われた事に対し、文科省が「学習指導要領の示す内容に照らして、扱いが不適切」として、「パン屋」が「和菓子」に変更されたのです。
文科省は、パン屋では「我が国や郷土の文化と生活に親しみ、愛着を持つ」ことが出来ないとでも言うのでしょうか?
そんな事を言い出したら、総理を含めほとんどの人が来ている洋服では「愛国心が湧かないから着物を着なさい」と言うのと同じですよね。

政府は、秘密保護法を強行採決したり、戦前の悪法である「治安維持法」を連想される「共謀罪」を「テロ等準備罪」と名称を変更してまで制定しようとしています。

私には、これらの政府の政策が戦前回帰を目指しているのではないかと思てならないのですが・・・

by k2hair | 2017-04-15 06:33 | コラム | Trackback | Comments(2)

高浜原発のクレーン倒壊事故は人災だった   

2017年 01月 27日
福井県にある関西電力高浜原子力発電所で今月20日、強風で大型クレーンが倒れ、核燃料を保管する建物の屋根の一部などが損傷しました。
d0231858_13421623.jpg

硬い鉄でできているはずのクレーンが、飴のようにグニャリと折れ曲がって建屋にへばりついています。

一昨日判った事ですが、今回の事故はクレーンメーカーのマニュアルを無視していたから起こった事故だったのです。
マニュアルでは、風速10メートル以上ではバランスを取るため、重心があるクレーンの後部を風上に向けることが記載されています。
さらに、風速が30メートルを超えると予想される場合はアームを地上に下ろさなくてはいけないとされています。

当日このクレーンは、本来強風の時に駐車すべき方向とはまったく反対の風下側にクレーンの重心を向けていました。

福井地方気象台は事故当日、「20日夜遅くから急速に北の風が強まる」として高浜原発周辺に暴風警報を発令し、最大瞬間風速35メートルと予想していました。
風速が30メートルを超えると予想されたにもかかわらず、クレーンのアームを下ろす事をしませんでした。
クレーンのマニュアルを2つも無視しています。

関西電力がとった措置は、クレーンのおよそ100メートルの高さにある先端部分を地上に置かれた5トンの重りとワイヤーで結び固定した事でした。
関西電力は、5トンの重りで固定することで、計算上瞬間風速42mまで耐えられると説明してますが、35mの風で倒れたという事は、関西電力の計算は机上の空論だったという事ですね。

茨城県東海村であった臨界事故しかり、福島第一原発の汚染水問題しかり、そして今回のクレーン倒壊事故などは、現場の人間の危機意識の欠如が起こした人災だと思うのですよ。

私達外部の人間からすれば原発はとても危険な所という意識があるのですが、普段からその現場にいる人にとってはもう慣れっこになってしまっているのではないでしょうか?

倒壊したクレーンによって損傷した「燃料取り扱い建屋」には、使用済み核燃料が入っていたそうです。
今回は、たまたま屋根の損傷だけですんだのですが、もし建屋が壊れて使用済み核燃料が浸っているプールの水が流れ出していたらただ事では済みませんでした・・・

高浜原発は滋賀県にめっちゃ近いし、雪が飛んでくるコースと一緒で放射能がこっちに飛んで来るんですよ(怒)

そもそも、なんで原発のそばに100m以上の巨大なクレーンがあるのかというと、使用開始から40年を超えた原発の運転をさらに20年間の期間延長するための安全対策工事を施工していたようです。

40年しか使えないとされている原発を改修しただけでホンマに20年も運転を延長できるのかはなはだ疑問です。
ていうか、原発、もうホンマに止めたほうがいいです。
運転を開始する前に、核のゴミの捨て場所の問題をちゃんと解決してからだと思うのですが・・・

by k2hair | 2017-01-27 07:16 | コラム | Trackback | Comments(0)

高齢者は75歳以上というのはホンマでっか?   

2017年 01月 12日
先日、日本老年学会が65歳以上とされている高齢者の定義を75歳以上に見直すべきだとする提言を発表しました。

確かに最近は、元気な方が増えてきて60代後半でもお年寄りと呼べない方が多いと思います。
でもね、元気かそうでないかって、めっちゃ個人差があるじゃないですか。

65歳からの高齢者の定義をいきなり10歳も引き上げるのは、ちょっとやり過ぎというか私は違和感を感じます。

そもそも、この10歳の引き上げを提言した日本老年学会って何?

で、調べてみました。
日本老年学会とは、1959年に日本老年医学会、日本老年社会科学会の2つの学会の連合体として、発足しました。
その後、日本基礎老化学会、日本老年歯科医学会、日本老年精神医学会、日本ケアマネジメント学会、日本老年看護学会が加盟しています。

日本老年学会の設立時に文部省所管だった経緯があり、私はおそらく政府の鼻息が掛かった団体であると思います。

昨年、年金制度改革法案が強行採決で成立しました。
マクロ経済スライドと言われる年金切り下げ制度で、2043年までに私たちの基礎年金は最大3割もカットされるようです。

政府はなんとかして年金支給額を節約したいようです。
外国には援助の安請け合いをして、お金をバラ撒いているのに・・・(怒)

年金支給額を減らす最も効率の良い方法は、年金の支給年齢を引き上げることですよね。
基礎年金は、現在65歳から支給されているのですが、もしかしたら将来は75歳にまで引き上げられるのかもしれません。

私はその根回しとして、政府の御用機関のような日本老年学会に「高齢者は75歳以上」と言わせたのだと思えて仕方がないのです。

最近、地方議員の政務活動費の使いみちが各地で問題化してます。
ところが、国会議員はもっと凄いです。
国政調査活動費で高級ホテルで豪快に飲み食いしてもOKです。
d0231858_18212034.jpg

いや~、まさに豪遊ですね(驚) でも税金から支出されています。

さらに、国会議員はJR全線で新幹線・特急・グリーン車等の料金も含めて全て無料なのですが、これも税金ですよね。

選挙の前に土下座してでも当選する議員もいますが、そんな特権があるならやめられないのでしょうね。

年金の節約をする前に、「早く議員定数を減らせよ!」と私は声を大にして言いたい!

by k2hair | 2017-01-12 18:30 | コラム | Trackback | Comments(0)

北陸新幹線の光と影   

2016年 12月 25日
新潟県糸魚川市で22日発生した大規模火災がありました。
もうすぐ正月を迎えようと言う時に被災された方には、心からお見舞い申し上げます。

糸魚川市には、一度だけ訪れたことがあります。
20年ほど前、家族で長野県と新潟県にまたがる北アルプス白馬連峰の新潟県側の山中にある蓮華温泉にキャンプに行きました。

当時私達家族は静岡市に住んでいて、仕事が終わってから私は寝ないで車を運転して遠路はるばる新潟県の蓮華温泉を目指しました。
途中で長野県の白馬村あたりのコンビニに寄って朝食のおにぎりか弁当を買おうと思ってお店を探したのですが、当時は夜中に開いているお店がなく、仕方なく国道148号線をさらに北上しました。

キャンプは長野県から新潟県に入ってすぐの平岩という所から西に向かい深い山中にある蓮華温泉を目指すのですが、平岩まで行ってもお弁当を購入することができず、平岩からさらに22kmも北上して糸魚川まで行ってコンビニを探しました。

国道ではコンビニを見つけられなかったので、糸魚川駅の方に行ってみました。
夜中の5時頃、駅前に店内から明かりのもれている店舗がありました。
駅弁を作って売っている「たかせ」というお店でした。
まだ夜明け前の真っ暗な時間ですのでもちろん営業前です。
おそるおそる中を訪ねて、弁当を売ってもらえないか聞いてみると、快諾してもらえました。

売ってもらったのは、田舎寿司という笹ずしで新潟県の郷土料理でした
d0231858_1653745.jpg

駅弁ですので、結構いいお値段がしましたが、めっちゃ美味しかったです。

随分前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。
私は糸魚川の大火で、あの親切なお弁当屋さんがどうなったのかが心配でした。
今でもお店のホームページがあって懐かしい店の写真が出てました。
d0231858_1784062.jpg


ニュースの映像で火事のあった範囲を見てみると、お店のあった場所は火元のラーメン屋さんとはわりと近くですが、辛うじて類焼はしなかったようです。

しかし、グーグルマップのストリートビューで現在のお店の場所を確認したら、駅前の一等地なのに今は完全に更地になっていてお店がありません?
d0231858_17361114.jpg


検索してみたら、43年間も続いたお弁当屋さんの「たかせ」は北陸新幹線開業を待たずに平成25年11月30日で閉店されていたのです。

「たかせ」さんは、糸魚川駅内の売店や駅前の店舗での弁当の販売や、今はもう無い在来線の北陸線の特急はくたかの車内販売に弁当を卸されていたそうです。

北陸新幹線の開業で、在来線の北陸線はJRから経営分離されて新潟県が出資する「日本海ひすいライン」という第3セクターになりました。
そして、北陸新幹線糸魚川駅は今までの在来線の駅前だった北側ではなく線路の反対の南側へと移りました。

北陸新幹線では、お弁当の車内販売もありますが、荷物を積み込みやすい始発駅の東京や金沢の業者の弁当が比較的多いようです。

「たかせ」さんが廃業された本当の理由は私にはわかりません。

北陸新幹線の開業で得をする人もいると思います。
新幹線が開通して、地方都市の糸魚川市が本当ににぎわったのかどうか・・・
しかし、新幹線の開通が地元の人にとってすべて良いわけではなかったのも事実なのです。

by k2hair | 2016-12-25 18:28 | コラム | Trackback | Comments(0)

湖西線を守れ!   

2016年 12月 23日
北陸新幹線の敦賀以西のルートが、敦賀ー小浜ー京都ルートに決まりました。
d0231858_12593998.jpg


滋賀県の主張する敦賀ー米原ルートや、京都府の主張する敦賀ー小浜ー舞鶴ー京都ルートは却下されました。
敦賀ー小浜ー京都ルートに決まったことで滋賀県にとってはさらに災難なことに、JRは湖西線が北陸新幹線の並行在来線になると言うのです。

並行在来線とは、整備新幹線が開通した路線と並行する在来線の事で、過去に整備新幹線のほとんどの並行在来線がJRから切り離されることになり、やむを得ずに各県が運営する第3セクターへとなっています。
第3セクターになることで、他府県とをまたぐ路線が極端に少なくなったり、運賃が上昇したり、路線の本数が激減して地域に住んでいる人は大変困ることになります。

上の図のように、北陸新幹線の敦賀ー小浜ー京都ルートは滋賀県を全く通りません。
新幹線の通る小浜駅と滋賀県を通る湖西線の線路との距離は約27kmも離れています。
JRの主張する、湖西線が北陸新幹線の並行在来線になるという言い分にはかなり無理があると思うのですが・・・
他府県を通る新幹線のために滋賀県の在来線が切り捨てられるのは湖西線を利用する人にとっては理解できないことだと思います。

北陸新幹線の敦賀ー小浜ー京都ルートが開通するのは、今から約30年後。
その時まで、私は生きているかどうかわかりません。
湖西線は比良連峰からの強風でよく通行止めになります。
しかし、琵琶湖近くを通り、その車窓からの眺めは特筆モノです。

時短が大義名分の新幹線だけではなく、時間はかかっても風情があって魅力的な湖西線をぜひとも後世に残していってもらいたいものです。

by k2hair | 2016-12-23 22:43 | コラム | Trackback | Comments(0)

京風の◯◯   

2016年 12月 11日
ちまたには、京風◯◯なる料理が存在しております。

京都で生まれ育った私が以前住んでいた東京や静岡で、京風ラーメンのお店がありました。
d0231858_14202618.jpg

私も東京のお店で1度食べたことがあるんです。
いわゆる色が薄くてあっさりとしたパンチの薄い醤油ラーメンでした。
「京風のラーメンとは色が薄くてあっさりしている物だ」という概念が世間一般には存在してるんでしょうね。

ところが、皆さんご存知の「天下一品ラーメン」のスープってめっちゃ濃厚じゃないですか。
天下一品ラーメンの発祥の地は京都の北白川です。

また、銀閣寺の近くの「ますたに」というお店は醤油ラーメンのスープを覆い隠すように細かい背脂がびっしり浮いており、数多くある京都背脂系ラーメンのルーツだと言われています。

京都駅近くの新福菜館のラーメンのスープは、京風の料理のイメージを覆す真っ黒け~なスープが人気のラーメン店なのです。

ということで、京都ではあっさりとか色の薄いラーメンではなく、こってり系や個性的なラーメンの方が流行っているのです。

ちなみに、全国展開で京風らーめんを名乗るお店は「京風らーめん あかさたな」と「京らーめん 糸ぐるま」がありますが、そのどちらも京都にはお店はありません。


以前、静岡市に住んでいた頃、「京たこ」なるたこ焼き屋さんが新しくオープンして、当時は大繁盛してました。(今は閉店しているようです)
京都のたこ焼きに懐かしさを感じて買いに行きましたが、そのたこ焼きの具がタコと紅しょうがとネギだったんです。
たこ焼きの本場の大阪の方からすると「お好み焼き」みたいとよく言われるのですが、京都のたこ焼きにはネギの代わりにめっちゃ細かくみじん切りにしたキャベツとタコと紅しょうがを入れるのです。

そして、「京たこ」を全国展開する会社の本部は東京で京都ではありませんし、「京たこ」の店舗は関西には1店もありません。

世間で京風の◯◯とあっても、それが京都由来の物では無いことが実際にはけっこうあるのです。

by k2hair | 2016-12-11 18:42 | コラム | Trackback | Comments(0)

メタセコイヤ並木の憤懣   

2016年 12月 07日
滋賀県高島市旧マキノ町のメタセコイヤ並木の紅葉が最盛期を迎えています。
d0231858_22562930.jpg

d0231858_2304026.jpg


このメタセコイヤ並木は2.4kmも直線が続き、韓流ドラマの「冬のソナタ」の場面に似ている事が話題になり数年前から有名になってきました。

今週月曜日の毎日放送の夕方のニュースのVOICEの「憤懣本舗」」というコーナーで、このメタセコイヤ並木でのマナーの悪い観光客のことを伝えていました。

メタセコイヤ並木の観光客が最も多いのが、紅葉する季節なのです。
この前の土日にもメタセコイヤの紅葉の最盛期で多くの観光客が押し寄せました。

地元のお店では、多くのお客さんが来てくれて、その経済効果は凄いとのこと。
しかし、普通に暮らしている地元の人にとっては、生活道路のメタセコイヤ並木を乱す観光客に諸手を挙げて喜ぶわけにはいかないようです。

ちなみに、このメタセコイヤ並木は駐車禁止です。
d0231858_23112797.jpg

d0231858_23124012.jpg

d0231858_23132616.jpg

d0231858_2314371.jpg


この辺はめっちゃ田舎ですから観光客も緊張感がゆるものかもしれません。
しかし、都会も田舎も道交法は同じですので、観光で来る方も節度有る行動を期待したいですね。

by k2hair | 2016-12-07 07:51 | コラム | Trackback | Comments(0)

セアカゴケグモに注意!   

2016年 11月 28日
11月22日(火)に近江八幡市立総合医療センター敷地内でセアカゴケグモが発見されました。
d0231858_21595669.jpg


近江八幡市立総合医療センターは、我が家から歩いて10分ぐらいの近い場所にあります。
4年前に滋賀県野洲市の小学校でセアカゴケグモが発見された事が記憶に残っていたのですが、しばらく忘れていました。

セアカゴケグモに毒性があるのはメスだけで、オスには毒性は無いそうです。

セアカゴケグモのメスの体の特徴
成体のメスは約10~15mm
全体的に黒色又は濃い褐色で、特に腹部背の部分に赤色の帯状の模様がある。

生育場所
花壇まわりのブロックのくぼみや穴
排水溝の側面やふたの裏側
クーラーなどの室外機や自動販売機との壁のすきま
墓地の花立てや線香立てなどの石のすきま

見つけたら、市販の殺虫剤をかける、熱湯をかける、靴で踏みつぶす。
卵には殺虫剤の効果はあまり無いそうで、踏みつぶすのがいいそうです。

咬まれると、針で刺されたような痛みを感じ、その後、咬まれたまわりが腫れ、熱くなり、時間の経過とともに全身に広がるそうで、すぐにお医者さんに行ったほうがいいそうです。

咬まれたときの処置
患部は水洗いし、冷やして、できるだけ早く医療機関で治療を受けてください。
咬まれたクモを持参すると適切な治療につながります。

セアカゴケグモは、日当たりが良く暖かいところ、昆虫などの餌が豊富なところ、適当な隙間があるところを好むようです。
側溝などにいることはめっちゃ多いそうです。

セアカゴケグモは、本来は熱帯地方などに分布するクモなのですが、もはや日本中のどこにでもいる可能性がありますので皆さん気を付けて下さいね。

by k2hair | 2016-11-28 22:26 | コラム | Trackback | Comments(0)

天からの警告?   

2016年 11月 23日
昨日の福島県沖の地震には驚きました。
驚いたのは、最大震度が震度5弱程度の地震でも津波が発生することもありえるという事です。

写真は、昨日の宮城県多賀城市の砂押川で見られた津波
白波を立てて津波が川を逆流しています
d0231858_78215.jpg


東日本大震災から5年半経って、被災地以外の多くの人々は津波のことを忘れかけていたのではないかと思います。

幸いなことに、今回の地震では亡くなった人はいませんでした。
もし地震の震度が5弱ではなく、震度6以上の地震になっていたらどうなっていたかは分かりません。

ニュースの映像を見てわかったことは、海岸の堤防の工事がまだ終わっていない所がまだたくさんあるという事です。
本当は、一刻も早く完成しなくては行けない工事なのに未だにこんな状態だったとは・・・

東京オリンピックが決定して、多くのゼネコンが震災復興の工事よりもオリンピックの方へ事業のシフトを変更したそうです。
その理由は、オリンピック事業の方が、復興事業よりも儲かるからです。

メインスタジアムの建設費問題や小池知事の誕生によって判った事は、東京オリンピックの工事って普通では考えられないぐらい高額な建設費がまかり通る世界だという事です。
いわゆるオリンピック特需というやつですね。

私は昨年被災の宮城県地石巻市を訪れた時に、被災地の復興が全然進んでいないのを目の当たりにしました。
市街地の近くではわからないのですが、海の近くではホンマにまだまだですよ。

津波の被害がまた起こる可能性はいつでもあるのです。
一日も早く海岸や川の堤防を完成させないといけないのです。
オリンピックよりもそのほうが絶対に先なんですよ。
本当に待ったなしなのです。

今回の津波の現象は、「早く堤防の工事をしなさいよ」と言う天からの警告だったかもしれません。

by k2hair | 2016-11-23 07:46 | コラム | Trackback | Comments(0)