カテゴリ:温泉( 44 )   

池田温泉 新館   

2017年 09月 07日
伊吹山の帰りに、岐阜県池田町の池田温泉に行ってきました。
d0231858_1546409.jpg


池田温泉は超人気の温泉施設で、20年前に開湯して以来総入浴者数1,000万人を達成致しました。
以前は、「グリーンセラ池田温泉」と言って今の本館のみで営業してました。
この頃の日曜日に行ったことがあるのですが、恐ろしいほど混んでいたのです。

その混雑解消のために、新館が2003年にできました。
本館の定休日は月曜日なのですが、新館の定休日は水曜日で、両方がお休みの12月30日と31日以外はどちらかが営業しています。

今回、新館へは初めて行きました。

池田温泉のお湯はツルツルスベスベするのです。
これは池田温泉のお湯が重曹以外の成分をほとんど含まない、全国的にも大変珍しい純重曹のアルカリ性単純泉であるからなのです。

内風呂
d0231858_1824118.jpg


サウナもあります
d0231858_1831239.jpg


露天風呂
d0231858_1834649.jpg


露天スペースにある歩行湯
d0231858_1843070.jpg


露天スペースの打たせ湯、他に寝湯もありました
d0231858_1855576.jpg


ほとんどの浴槽は源泉を利用しており、かけ流しではなくカルキ消毒をして循環して使用しています。
お客さんが多くて、無人の写真を撮るのに苦労しました(笑)

本館しかなかった時には、めっちゃ混んでいるためなのかカルキ臭がかなりキツかったのですが、新館ができて本館とお客さんが分散したためか、カルキ臭はあまり感じませんでした。

私達が行った時は月曜日で、本館が定休日だったせいか、新館のお客さんは結構多かったです。

狭いですが休憩スペースもあります
d0231858_18243158.jpg


他にお食事処や、新館には宿泊施設もあります。
お湯がいいし、料金も500円と安いので、近くに寄った時にはまた利用したいと思いました。

池田温泉(新館)
岐阜県揖斐郡池田町片山1970-1  地図
TEL 0585-45-0261
10:00~22:00(最終受付21:30)
新館休館日 / 毎週水曜日(祝日の場合は翌日)
本館休館日 / 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
入浴料 大人 500円

by k2hair | 2017-09-07 07:23 | 温泉 | Trackback | Comments(0)

熊本で温泉三昧(その3) 人吉温泉 相良路の湯 おおが   

2017年 08月 25日
熊本温泉巡りの最後は、人吉温泉の「相良路の湯 おおが」に入りました
d0231858_1644136.jpg


「おおが」は、豊富な温泉を利用してスイミングスクールも経営している異色の温泉です。

お昼の12時から1時の間以外はず~っと営業している、珍しい立ち寄り湯です
d0231858_16551910.jpg


湯船は3つあり、右の大きいのがややぬるめ、真ん中が少し熱め、左が水風呂です
d0231858_16584244.jpg


ここも源泉かけ流しです
d0231858_16593559.jpg


ボディーソープとリンスインシャンプーもあります
d0231858_1755128.jpg


おおがの温泉は、「天然ラドン 植物性ミネラル 還元系(アンチエイジング)」と3つの要素がつまったツルツル、スベスベ系の温泉です
d0231858_743490.jpg


受付は無人で、券売機で入浴券を300円で買ってチケットをカウンターの箱に自分で入れる変わったシステムです。
お客さんの良心に任せる、野菜の無人販売みたいな感じですね。
監視カメラが設置されているそうですが・・・
d0231858_1792373.jpg


人吉温泉は1ヶ所にかたまった温泉街ではなく、市内のあちこちにいろいろな温泉が点在してあります。
人吉市に嫁さんの実家があって、私も今までいろいろな温泉に入りましたが、「おおが」は今回が初めてです。

人吉温泉では、他に200円で入浴できる所もあるのですが、そういうところはシャンプーはもちろん石鹸も持参するという昔ながらの施設で、シャンプーとボディーソープがあって300円の「おおが」は良心的です。

「おおが」の泉質はツルツルスベスベ系で本当に素晴らしく、人吉温泉生まれで温泉通の嫁さんも絶賛の温泉でした。

ここのお客さんに聞いたのですが、数多くある人吉市の温泉施設では「おおが」が1番気に入っていて、隣の鹿児島県から峠越えで30分もかけて毎週通っているそうです。

新しい施設ではなく無人でしたが、掃除もちゃんと行き届いていました。
23時間も営業しているというのもいいですね。

人吉温泉 相良路の湯 おおが
熊本県人吉市灰久保町21  地図

熊本県のツルツルスベスベ系の美人湯を3ヶ所入ってきてちょっとはキレイになったかな?
私の住んでいる滋賀県には源泉かけ流しで入れる温泉が無いので、温泉だらけの熊本県がホンマに羨ましいです。

by k2hair | 2017-08-25 07:16 | 温泉 | Trackback | Comments(0)

熊本で温泉三昧(その2) 産山温泉 やなまみ   

2017年 08月 24日
  昨日まで連休をさせて頂きましたが、今日から通常通り営業しますm(_ _)m


熊本の温泉巡り、第2弾は、阿蘇山の北麓にある産山(うぶやま)温泉の「奥阿蘇の宿 やまなみ」の立ち寄り湯に入ってきました(泊まってません)

「やまなみ」は、日本秘湯を守る会の会員の宿です。
d0231858_1535334.jpg


アルカリ性単純泉のツルツルするお湯で、源泉かけ流しです。
d0231858_15392228.jpg


お湯もいいのですが、ここは湯船と雰囲気が素晴らしいのです。
男女別の2つの湯船があります。

男湯が内湯のかぼちゃ湯
大きなかぼちゃのような湯船です。
d0231858_15465091.jpg


女湯が露天風呂の四季の湯
d0231858_15504316.jpg


どちらもめっちゃいい感じです。
他のお客さんがいなかったので両方撮影できました。

2つの湯船は、時間で男女入れ替え制で、19時以降は入れ替わります
かぼちゃ湯(内湯)   男性 10:30~19:00  女性 19:00~21:00
四季の湯 (露天風呂) 女性 10:30~19:00 男性 19:00~21:00

立ち寄り湯 10:30~21:00(最終受付20:00)  ¥500
家族風呂 1時間貸し切り(¥2000)もあります

温泉は、スベスベの素晴らしいお湯です。
温度が結構熱くて、めっちゃ温たまるので、夏は汗が吹き出ます。

阿蘇山北麓には有名な黒川温泉の温泉街もあるのですが、産山温泉にはたった2軒の温泉宿しかないそうです。
でも、あまり有名でないぶん、貸し切りで鄙びたいい雰囲気の温泉を満喫できました。
もちろん宿泊もできますよ。

宿の方も、めっちゃ感じが良かったです。

産山温泉 奥阿蘇の宿 やまなみ  HP
熊本県阿蘇郡産山村田尻254-3  地図
TEL 0967-25-2414

by k2hair | 2017-08-24 05:51 | 温泉 | Trackback | Comments(0)

熊本で温泉三昧(その1) 山鹿市 平山温泉フローラ   

2017年 08月 23日
  今日まで連休させていただいております
  明日、24日(木)より通常通り営業したします
 


お店の連休中、熊本県に行ってきました。
「火の国 熊本」と言われているように火山の阿蘇山があり、県内の至る所に温泉があるのです。

3日間で3ヶ所の温泉をハシゴして来ました

まず初日は、熊本県山鹿市の温泉へ。

ちょっと前の「探偵ナイトスクープ」で、山鹿市の男の子の依頼で、祖父と祖母が経営している家族湯の温泉が閉店する最後の日を、探偵の寛平ちゃんが取材したのを放送してました。
d0231858_12524068.jpg


そのおばあちゃんが、化粧水もつけていないのに毎日温泉に入って、めっちゃツルツルのお肌をしていたのです。
で、ぜひ山鹿市の温泉に入りたいと思ったので、市内の平山温泉の、「日帰りスパ フローラ 」に行ってきました
名前はオシャレですが、それなりに年季の入った施設です。
もしかして「フローラ」は、という名前は「風呂~ら」からのネーミングなのかな?
d0231858_125805.jpg


源泉かけ流しの看板に期待が持てます
d0231858_134221.jpg


内風呂
d0231858_138592.jpg


露天風呂
d0231858_13115638.jpg


打たせ湯、そのとなりに電気風呂もあります
d0231858_13125050.jpg


サウナもありました
d0231858_13131643.jpg


写真には誰も写ってませんが、たまたま人がいない奇跡の瞬間を慌ててとらえた画像です(笑) 
実際には、日曜日の夕方でお客さんがいっぱい入っていて、フローラは地元で大人気の温泉のようです。

泉質は、アルカリ単純弱放射能硫黄泉という温泉で、アルカリ性単純泉とラドン温泉と硫黄泉の3つが全部入っている欲張りな温泉なのです。
源泉をひと口含むと、ほんのり硫黄の匂いがありました。

掛け流しですので、湯船からお湯があふれていました。

浴室には、ボディーシャンプーとリンスインシャンプーも付いていました。
それで、入浴料は380円と激安です。
熊本県の源泉掛け流しの温泉は、だいたい安いです。
源泉の温度が結構熱いので、ボイラーで沸かさなくてもいいので、燃料代の経費がいらない分、料金が安いのかもしれませんね。

食堂もあって内容も充実しているようです。
650円払えば、大広間で休憩して1日中何度も入浴できます。

平山温泉は、山鹿市の中心部から外れた田舎の温泉地なのですが、このフローラ以外にもいっぱい温泉施設がありました。
どこも結構流行っているようですし、山鹿市内のいたるところに温泉施設がありました。
恐るべし、熊本の温泉!

まだ、続きますよ!

日帰りスパ フローラ
熊本県山鹿市平山5235  地図
TEL 0968-44-5888
営業時間 9:30~21:30
定休日:木曜日(祝日は営業)

by k2hair | 2017-08-23 14:41 | 温泉 | Trackback | Comments(0)

名張の湯   

2017年 07月 31日
先日、三重県名張市の赤目四十八滝に行った帰りに「名張の湯」という温泉で汗を流してきました。
びっくりするぐらい、かなり立派な建物です。
d0231858_1991279.jpg


お風呂では写真撮影禁止なので写真は撮ってません。
お風呂の写真は名張の湯のホームページを見て下さい→コチラ

浴槽はいろいろあるのですが、天然温泉を使っているのは露天スペースの岩風呂と壺湯と寝湯だけで、内風呂は白湯です。
泉質は37.6℃の含硫黄ナトリウム・カルシウム塩化物泉です。
含硫黄の温泉なので、ちょっとぐらい硫黄臭がするかと思ったのですが、私には感じられませんでした。

名張の湯の温泉には、スベスベやしっとり感は感じられませんでした。
前回に訪問した岐阜県関市の神明温泉湯元「すぎ嶋」の泉質が素晴らしすぎたので、どうしても比べちゃうんですよね。
名張の湯は、めっちゃ大きい施設なのに温泉の湧出量がたった52.5L/分と少ないので、あまり多くを期待してはいけませんね。

ここの1番人気の浴槽は、露天スペースにある人口炭酸風呂のようです。
名張の湯は施設が豪華で露天にある岩風呂と炭酸風呂にはテレビがありました。
女風呂には普通のサウナと別に、塩サウナもあったと嫁さんが申しておりました。

内風呂の白湯の浴槽の端には、私の好きな電気風呂もありました。
他に内風呂には濁り湯もありました。

施設の規模の割に、湯上がりに待ち合わせするスペースが狭かったです。
土日はきっと混みまくると思います。

温泉施設は2階にあるのですが、1階に岩盤浴もあります。
草津イオンモールにある「湯元草津水春」と似た造りで、もしかしたら経営者が同じ?

私達が行った時は夜ですでに営業が終わっていたのですが、建物の外に「とれたて名張交流館」という野菜や花などの産地直売所が併設されていて良さげでした。
   とれたて名張交流館のフェイスブックはコチラ

名張の湯は温泉と思わないで、豪華なスーパー銭湯と考えれば良い施設なのだと思います。

癒しの里 名張の湯
三重県名張市希央台2番町77-1  地図
TEL :0595-28-5526
料金:750円(岩盤浴は含まず)
営業時間 10:00~24:00(最終受付23:00)

by k2hair | 2017-07-31 07:32 | 温泉 | Trackback | Comments(0)

モネの池だけじゃもったいない(その4 湯元 すぎ嶋 編)   

2017年 07月 15日
モネの池だけじゃもったいない(その1) 

モネの池だけじゃもったいない(その2 巨大株杉の森 編) 

モネの池だけじゃもったいない(その3清流そば編) 

からの続きです

昨年にモネの池に行った時には、以前は板取村営だった板取川温泉バーデェハウスに入りました
今回は、うちのお店のお客様がリピーターになっているというオススメの温泉宿の神明温泉 湯元 すぎ嶋の立ち寄り湯に行ってきました。

すぎ嶋は、日本秘湯を守る会の会員の温泉旅館です
d0231858_735224.jpg


玄関の門構えの中には、囲炉裏と
d0231858_7422555.jpg


昔の木製の脱穀機(?)がありました
d0231858_7432632.jpg


中庭には湧き水が
d0231858_753356.jpg


新潟から築150年の古民家を移築して建てたという趣きのある建物です
d0231858_7495866.jpg

d0231858_7552481.jpg

d0231858_7545191.jpg

d0231858_7555248.jpg

d0231858_7561646.jpg


渡り廊下で浴室に向かいます
d0231858_814934.jpg


平成22年1月にリニューアルした桧の造りの浴室
d0231858_7584029.jpg

d0231858_7591139.jpg

d0231858_7595733.jpg


露天風呂もあります
d0231858_8112251.jpg


浴室の端にある、狭い30.9度のかなりぬるい源泉が素晴らしいんです。
アルカリ性単純泉なのですが、ほのかに硫黄臭がします。
炭酸も含んでいるようで、じっとしていると泡が体に付きます。
トロトロスベスベの滑らかな肌さわりで、まさに「美人の湯」です。
d0231858_873418.jpg


加温した大きい方の浴槽とぬるい源泉を交互に入ると良いとの張り紙が
d0231858_8104336.jpg


立ち寄り湯の受付が11:00~14:30で、15;00までに出なくては行けません。
私達が入ったのが最終受付時間のギリギリで大急ぎで入浴しました。
素晴らしい温泉で、本当はもっと長く浸かっていたかったです。

ただ、終了間際ということで他に誰もいなかったので、この素敵な温泉を独り占め出来たのは幸せでした。
あ~、いつかこの宿に泊まってみたい~!

神明温泉 湯元 すぎ嶋  地図
入浴料:大人800円
立ち寄り湯 11:00~15:00(最終受付14:30)


4回続けて「モネの池だけじゃもったいない」シリーズを投稿しました。

昨年に投稿した「モネの池の攻略法と岐阜県関市板取地区観光のまとめ」は コチラ

湯元 すぎ嶋の近くの川浦渓谷の絶景はとくに素晴らしいです。
の「岐阜県関市板取地区観光のまとめ」でも紹介していますのでご覧下さい。

関市の板取地区は、見どころがいっぱいで、ホンマに素晴らしいところです。
店の仕事が無かったら「住みたいぐらい!」だと嫁さんが言ってました(笑)

by k2hair | 2017-07-15 06:20 | 温泉 | Trackback | Comments(0)

くつき温泉てんくう てんぐの湯   

2017年 06月 23日
先日、登山の帰りに久しぶりに「くつき温泉てんくう」に行ってきました
d0231858_16371416.jpg


くつき温泉には、「木の湯」・「石の湯」・「てんぐの湯」があるのですが、「木の湯」と「石の湯」は、土日祝の午後2時からのみの営業です
d0231858_16381047.jpg


私たちは、平日に行ったので「てんぐの湯」しか入れなかったのですが、多分こちらのほうが新しい施設です
d0231858_16431281.jpg


大きな湯船は、25度の源泉を40度ぐらいに加温した温泉で、端に2名分のジャグジーの寝湯もあります
d0231858_16471767.jpg


そして25度の狭い源泉風呂、水よりちょっとマシなぐらいの冷たさです
d0231858_1652628.jpg


露天風呂はけっこう広いです
d0231858_16531744.jpg


他にサウナと水風呂もありました。

子供が小さい頃、水着着用で混浴のプールゾーンに入った事もありましたが、プールゾーンは10月~3月中旬まで休業で、営業期間中でも土・日・休日のみ営業です(ゴールデンウィーク・夏休みを除く)

風呂上がりの休憩スペースは無かったと思いますが、食堂はあります。

源泉風呂以外は加温していますが、加水はしていません。

くつき温泉の泉質はアルカリ性単純泉で、サラッとした感触のお湯で肌がスベスベした感じになります。
うちの嫁さんにはこの温泉の相性が良かったようで、お医者さんでもらった薬を塗っても全然治らなかったアセモが、この温泉で一発で治りました。
毎週行きたいぐらいだと言ってました(笑)

くつき温泉てんくう おふろゾーン
滋賀県高島市朽木柏341-3
TEL 0740-38-2770
午前10:00~午後09:00まで (受付終了午後08:30)
大人600円

たま~にメンテナンス日で休みがあります。
以前、入れなかった事がありました(泣)
フェイスブックでチェックして下さい。

 フェイスブックでお得な情報もチェック

by k2hair | 2017-06-23 06:40 | 温泉 | Trackback | Comments(0)

マキノ高原温泉さらさ   

2017年 06月 16日
先日の赤坂山登山の帰りに、「マキノ高原温泉さらさ 」で汗を流して帰りました。
d0231858_1751980.jpg


「満天星」と「風鈴」の2つのタイプの浴場があります。
私が入った男湯は「風鈴」の方でした。
d0231858_184574.jpg


右の大きいのが40度の浴槽・左手前がジャグジー・左奥が低温浴槽です
d0231858_620659.jpg


ちょっと狭いですが、露天風呂もありました
d0231858_18261381.jpg


サウナはありません(バーデゾーンにはあります)
泉質はアルカリ性単純温泉で、30.3℃ の源泉を加温しています。

私は、ほとんど低温浴槽に入っていました。
温度が源泉に近いからでしょうか、ややスベスベする泉質で最初はぬるいのですが、長く浸かっているとジワジワと暖まる温泉でした。
狭い浴槽で、4人も入ったら窮屈だと思うのですが、この低温浴槽はオススメです。

水着着用で男女混浴のバーデゾーンもあるのですが、私は入っていませんのでわかりません。

それほど広くないので、土日はかなり混むようですが、私は平日の夕方に入ったので結構すいていました。
嫁さんの入った女湯はガラガラだったそうです。

休憩スペースも2ヶ所あります
d0231858_1822137.jpg

d0231858_18224094.jpg


食堂も併設されていましたが午後7時で終了で、入浴後にはすでに終わっていました。
d0231858_18251657.jpg


マキノ高原温泉さらさの名前は、赤坂山に咲くサラサドウダンに由来するそうです

マキノ高原温泉さらさは、清潔感もあって気持ちよく入浴できました。
平日がオススメです

マキノ高原温泉さらさ
滋賀県高島市マキノ町牧野931-3
電話:0740-27-8126
休業日;毎月第2・4水曜日(但し祝祭日の場合はその翌日)
営業時間:平日10:00-21:00(最終受付20:30)
       土日祝10:00-22:00(最終受付21:30)
料金:大人 700円

by k2hair | 2017-06-16 06:23 | 温泉 | Trackback | Comments(0)

クレフィール湖東 至福の湯   

2017年 04月 07日
東近江市の旧湖東町にクレフィール湖東という研修施設を併設したホテルがあります。
d0231858_16464960.jpg


夜はエントランスのイルミネーションがいい感じです
d0231858_16475441.jpg


あまり知られていないのですが、このクレフィール湖東の裏に「至福の湯」という温浴施設があります。
d0231858_17121327.jpg


しかし、温泉ではなく地下100m掘ったところの地下水を沸かして利用しています。

露天風呂は、2タイプあって週別で男女入れ替え制です
d0231858_17181559.png

d0231858_17183078.png


内湯は2種類あって、そのうち1つは薬湯です。
私が行った時には「陳皮」の湯でした。
d0231858_17202252.png


至福の湯に備え付けの食事処もあります
d0231858_17213742.png


麺類や定食があります(食べていないので詳しくは不明)
d0231858_17232841.jpg


この食事処は眺めがよく、きれいな夕日が見えました
d0231858_1724307.jpg


ホテルの施設だけあって、浴室は清潔でした。
シャワーの水圧もバッチリでした。
もちろん、シャンプー・リンス(資生堂椿シリーズ)・ボディーソープもあります。

嫁さんに聞いたら、女湯はめっちゃすいていたそうです。
極◯湯などのスーパー銭湯などはたいがい混んでます。
温泉ではありませんが、クレフィール湖東の「至福の湯」は清潔で、ゆっくりとお風呂に浸かりたい時にはいい施設だと思います。

クレフィール湖東 至福の湯
滋賀県東近江市平柳町22-3
TEL:0749-45-3880
大人(中学生以上) 平日:600円 土日祝:700円
営業時間 11:30~21:00 (食事処は12:00~20:30まで受付)

by k2hair | 2017-04-07 07:37 | 温泉 | Trackback | Comments(0)

さよならオートレストラン長島   

2017年 02月 21日
雨降りの月曜日、また山に行けないのでお隣の三重県の日帰り温泉に行きました。

有名な長島スパーランドの近くにあるオートレストラン長島というドライブインの中にある温泉です。
d0231858_11194250.jpg


食堂やゲームコーナーもあります
d0231858_11591655.jpg

d0231858_11593858.jpg


ていうか、食堂やゲームコーナーがメインで温泉が後からできたのかな?
でも、温泉通の間では隠れた人気スポットのようです。

温泉もドライブインのオマケと侮るなかれ、ちゃんとした天然温泉なのです。
源泉が51.7度とそのままでは熱すぎるので、42度まで冷ますために加水しているそうです。
三重県の温泉ってこんな海のそばなのに熱いお湯が湧いてるって不思議です。

オートレストラン長島には、ちゃんと、サウナ・内風呂・露天風呂があるんです。
幹線国道の23号線に面して、トラックも停めることができる大きな駐車場があるので、お客さんはトラック野郎も多いです。
圧倒的に男性客が多いので男湯が広くて女湯は狭いそうです。
でも、嫁さんに聞くと女湯はすいていたとか・・・

露天風呂
d0231858_1133330.jpg

d0231858_11332696.jpg


内風呂の写真は人が多くて撮れませんでした。
温泉は掛け流しなのですが、飲用ではないと書いてあったので、多少循環して塩素も投入されているのでしょうね。

長島温泉と言えば、長島スパーランドに併設された「湯あみの島」が日帰り2100円・なばなの里に併設された「里の湯」が1500円と日帰り温泉としてはお高いです。

私はセレブではございませんので、550円で入浴できるオートレストラン長島の温泉が結構好きで、今回が3回目の訪問でした。

ところが、昨日行ったらこんな張り紙が・・・
d0231858_1138246.jpg


来月いっぱいでオートレストラン長島は閉館するみたいです(泣)
オートレストラン長島の閉館後は、大型車をこの敷地から締め出すみたいですがどうしてでしょう?

オートレストラン長島、いい温泉だったのに閉館とはもったいないことです。
アルカリ性単純泉のスベスベした湯で、今もお肌の調子がいいです(^^)
私が訪問した日は、春一番で雨風がひどかった日なのですが、結構お客さんが多かったんです。
もしかして、ここの温泉を名残惜しむ人が集まって来ているのかな?

オートレストラン長島
三重県桑名市長島町福吉青鷺526-17
料金:550円
温泉の営業時間:AM10:00〜翌AM7:00(ドライブインは24時間営業)
定休日 : 2017年3月31日13時以降ず~っと・・・

国道23の上り車線から行くには、吉野家名四長島店のすぐ東を左折して国道23号線の下をくぐってアクセスします。

by k2hair | 2017-02-21 12:10 | 温泉 | Trackback | Comments(0)