「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:映画( 9 )   

東出昌大が天才羽生善治さんに激似   

2016年 11月 19日
まずは、この写真を見て下さい
左が天才棋士の名をほしいままにした羽生善治さん。
右は、羽生善治さんに扮した東出昌大です。
d0231858_13324342.jpg

もうビックリするぐらい似てますよね。
仕草も、羽生さんの特徴をよく捉えていると思います。

これは、映画「聖の青春」(さとしのせいしゅん)のワンシーンです。
この映画は、100年に1人の逸材とされる羽生善治さんと「東の羽生、西の村山」と並び称されながらも、進行性膀胱癌のために29歳の若さで亡くなった村山聖九段の物語です。
d0231858_13435257.jpg


村山聖九段を演じるのは、松山ケンイチ
この映画のために体重を20kgも増やしたそうです。
d0231858_13445390.jpg


村山聖さんは、幼少より難病のネフローゼ症候群という病気にかかっていたそうです。
この病気は、全身の浮腫や脂質異常症を合併することもあるそうです。
村山さんが太っていたのはこのためかと思われます。

村山さんの死の翌日に、功績を讃えて九段が追贈されました。

羽生善治さんと村山聖さんの対戦成績が6勝6敗で迎えた1998年3月のNHK杯の決勝で、2人は最後の対戦をします。
この羽生さんとの対局の5ヶ月後に、村山聖さんはこの世を去りました。

森義隆監督は、羽生さんと村山さんの最後の対局を「聖の青春」のラストシーンに選びました。

このラストシーンがホンマに凄いんです。
東出昌大は羽生善治さんになりきるために、羽生さんがこの対局で実際に使用したメガネを譲り受けて撮影に臨みました。

そして、松山ケンイチと東出昌大が実際の対局の指し手を全て記憶して2時間半もの長い対局のシーンをまったくカットなしのワンカットで撮影したのです。

監督の「カット!」の一声で「聖の青春」の撮影は全て終わりました。
撮影が終わった時に松山ケンイチは窒息寸前(本人曰く)で座ったままその場に倒れ込み、東出昌大は安堵の涙が止まりませんでした。

「聖の青春」は今日 11月19日(土)から公開です。

by k2hair | 2016-11-19 06:18 | 映画 | Trackback | Comments(0)

戦争の映画「二百三高地」   

2015年 10月 26日
以前、ビデオに録画していた映画「二百三高地」を今日やっと見ました。
d0231858_1741687.jpg


このポスターを見ると戦争賛美の映画のようですが、内容は全然違います。

明治時代、小さな国日本が大国ロシアと戦った日露戦争の中で、旅順(りょじゅん)という近代的な要塞への単調な突撃で莫大な命を奪われ続けた様子を描くと共に、徴兵された民間人を通じ、戦争の悲惨さというものを描いた約3時間の長~い映画です。

主題歌はさだまさしの「防人の詩」(さきもりのうた)で映画は知らなくてもこの曲を知っている人は多いと思います。
映画の予告編で曲が流れますので、4分38秒ですが、見て聴いてください。

暗い曲が多いと言われるさだまさしの曲の中でも、この「防人の詩」という曲は、とびきり暗いので有名な曲です。

でも、映画の本編を見ればその暗い理由が分かります。

金沢の小学校の教師 武志(あおい輝彦)はロシア文学を学びロシアと日本の友好を願う平和主義の青年でした。
東京神田のニコライ堂でロシア文学を学ぶ中で、知り合った東京の佐知(夏目雅子)という女学生と出合います。
武志は徴兵され帰国後佐知と結婚の約束をしますが、旅順要塞の死闘で非業の死を遂げます。
その後、小学校の教師の免許を持っていた佐知は、金沢の地で武志の代わりに小学校のクラスの担任を受け持つことになります。

第3軍司令官の乃木希典も旅順要塞を攻撃の指揮の中で、長男・次男の2人共戦士して亡くしまいます。

「二百三高地」という映画は、戦争賛美の映画では全くありませんでした。
むしろ、戦争の無残さ・悲惨さ・無意味だという事を強く訴えた映画でした。
悲しくて悲しくて涙が出ます。

もしかして安倍総理は「二百三高地」見たことあるのかな?

ロシアを愛していた小学校教師武志は、戦争に行く前に黒板の端にこう記します。
 美しい国 日本
 美しい国 ロシア

武志の死後そのクラスを受け継いだ佐知は赴任後に黒板に
 美しい 日本
 美しい ロ・
と書きかけたところで涙が溢れて校庭に走り出て号泣します。

佐知は愛する人の命を奪ったロシアという国を「美しい」とはどうしても書けませんでした・・・

ところで、「美しい国 日本」ってどっかで見たぞ???
何年か前の自民党のポスターに安倍さんの写真とともに 「美しい国 日本」 と書かれていました。
まさか、まさか、阿部さんは日本を大日本帝国の頃に戻そうとしているのではないでしょうね・・・
「1億総・・・」という表現も軍国主義の戦前の日本の頃の表現ようです。

映画「二百三高地」のようなつらい思いを、海外に派兵される自衛隊の方、家族の方にさせたくはありません。
本当に心配です。

by k2hair | 2015-10-26 19:20 | 映画 | Trackback | Comments(0)

「武士道シックスティーン」9/15(火)午後9時BSで放送   

2015年 09月 14日
d0231858_17501254.jpg

映画「武士道シックスティーン」が、明日9/15(火)午後9時 NHK BSプレミアムで放送されます。

成海璃子、北乃きいのダブル主演での高校女子剣士の青春映画です。
誉田 哲也 著の同名小説の映画化です。

予告編


私は、この映画も見ていないし、小説も読んでいないのですが、この作品を見て1人でも多くの子供たちが剣道を始めてくれれば嬉しいです。

by k2hair | 2015-09-14 18:12 | 映画 | Trackback | Comments(0)

「偉大なる!しゅららぼん」映画化決定!   

2013年 03月 29日
竹生島や長浜を主な舞台としている万城目学(まきめまなぶ)さんの小説「偉大なる!しゅららぼん」が、濱田岳さんと岡田将生さんのダブル主演で映画化することが決まりました。

この話は、赤い学ラン姿の主人公らが大活躍する小説なんだそうです。(読んだことないです)
万城目(まきめ)さん(本名)は、大阪出身ですが京都大学法学部を卒業しており、その著作には「鴨川ホルモー」京都・「鹿男あをによし」奈良・「プリンセス・トヨトミ」大阪など関西を舞台にした小説をか書いておられます。
作品のほとんどが、映画やドラマになるという、人気小説家です。

長浜観光協会は、「偉大なる!しゅららぼん」が発表されるとすぐに市役所の職員などが赤い学ランを着て映画の舞台として誘致活動をしているのを、ニュースで伝えていました。
今年の1月にも長浜市長なども「今年最大の事業」と位置付け赤い学ラン姿で竹生島の神社に映画化の祈願をしたそうです。

大河ドラマ「江]の時もそうでしたが、こういうプロモーションは、長浜はうまいな~と思います。
それに引き換え、わが街近江八幡にはもうちょっと頑張って欲しい・・・
ただ、「偉大なる!しゅららぼん」の映画の撮影は、来月から近江八幡で始まるそうです。

さて、どんな作品になるのか楽しみです。

by k2hair | 2013-03-29 07:34 | 映画 | Trackback | Comments(2)

4分間で泣ける美しくも悲しい物語   

2012年 08月 29日


              争い事は、いけません

ジュリエットの役を演じている美しい女性は、一時期布施明の奥さんだったオリビア・ハッセーです。
d0231858_84248.jpg

どことなくアジアンテイストのエキゾチックな顔立ちだと思ったら、アルゼンチンとイギリスのハーフだそうです。
今はアメリカの男性と三度目の結婚をされています。

by k2hair | 2012-08-29 08:12 | 映画 | Trackback | Comments(0)

映画「八日目の蝉」を観た   

2012年 06月 24日
一昨日の金曜ロードSHOW!で、「八日目の蝉」を観ました。
d0231858_1145674.jpg
この映画は、角田光代の代表作の同名の小説を映画化したものです。
不倫相手の子供を誘拐した女・希和子の3年半の逃亡劇と、事件後、大人になった子供・恵理菜(薫)の葛藤を描く話です。

2010年にNHKで檀れい主演でドラマ化され、その年にATP賞テレビグランプリを受賞しました。
その翌年の2011年に映画化されました。
2011年の日本アカデミー賞で、10部門受賞するなどして、主な賞をほぼ独占するほどの話題作でした。

ドラマでは1回43分放送を6回で合計4時間以上もある作品を、映画で2時間半ほどの作品に収めるのは非常に難しいことだと思います。
しかし、この映画は、主人公を誘拐犯の希和子ではなく、誘拐された恵理菜(希和子は薫と呼んで育てた)を主人公にするという違った切り口でこの作品をとらえました。
誘拐犯を永作博美、誘拐された子供を井上真央が演じました。
ただ、報知映画賞やブルーリボン賞では、希和子役の永作博美を主演女優賞に選んでいます。
どちらが主役かは見解の分かれるところですが、私は井上真央が主演と感じました。

現在と過去が交互に現れるという技巧的な演出だったので、小説を読まずドラマも観ずにいきなり映画を観た方には少々判りにくかったのではないでしょうか?
ドラマと映画では、まったくキャストが違ったのですが、映画のキャストも良かった。
小豆島の写真館の店主の役は、ドラマでは気さくな店主を 藤村俊二が演じていた。
映画では、かなり気難しそうだが実はそうでもない店主を田中泯が演じていて、そのギャップが面白かった。
田中泯はもともと舞踊家で、映画「たそがれ清兵衛」でもかなりの存在感を示していた。

ドラマも映画もそれぞれ非常に良くできた作品でした。
映画は、ビデオに撮ってあるのでまた観てみよう。

by k2hair | 2012-06-24 07:45 | 映画 | Trackback | Comments(0)

故・原田芳雄さん、日本アカデミー賞・最優秀主演男優賞受賞   

2012年 03月 03日
昨日、第35回日本アカデミー賞授賞式が行われた。
『八日目の蝉』が作品賞・主演女優賞・助演女優賞を含む最多10部門で最優秀賞を受賞と圧勝。
昨年亡くなった原田芳雄さんが、遺作となった『大鹿村騒動記』で最優秀主演男優賞を受賞した。
亡くなった原田さんの代わりに娘の原田麻由さんが晴れ着でトロフィーを受け取った。
原田さんは、『大鹿村騒動記』の発表会の会見で、自分で歩く事もできず、しゃべる事ができず、娘さんに車椅子を押してもらっての登場し、その衰弱ぶりに驚いた。
映画の上映が始まってすぐに亡くなった。
映画の撮影の時原田さんはすでに肉体を癌に蝕まれていたのだが、『大鹿村騒動記』の風祭善の役を見事に演じきり、発表会にも命がけで出席し、上映されるのを待っていたかのように亡くなった。

原田さんは、2008年のNHKのドラマ「おシャシャのシャン!」というドラマで主演の田畑智子の父親で、大鹿歌舞伎の看板役者の役を演じている。
原田さんはこのドラマがきっかけで、村歌舞伎のモデルである大鹿村の大鹿歌舞伎に着目し、これをテーマにした映画を構想して阪本監督に製作を持ちかけ映画『大鹿村騒動記』は作られた。

NHKドラマ「おシャシャのシャン!」は、笑いあり涙ありのドラマで本当に面白かった。
ぜひ、また見てみたいと思う。
原田芳雄さんが、日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞を受賞した事で追悼の意味ででまた再放送してくれるといいのですが・・・

追伸:今晩午後7:00からNHKのBSプレミアムで原田さん主演で尾野真千子共演のドラマ「火の魚」が放送されます。

by k2hair | 2012-03-03 07:42 | 映画 | Trackback | Comments(0)

「タイムマシン」   

2012年 01月 08日
久しぶりに2002年製作の映画「タイムマシン」を見た。
1959年に製作された映画『タイム・マシン 80万年後の世界へ』のリメイク版です。

時は、1890年代のニューヨーク。
大学教授のアレクサンダーは、最愛の恋人エマとニューヨーク郊外の公園でデートをする。
そこで、彼はエマに求婚するのだが、その時強盗に銃で襲われエマを死なせてしまう。
恋人を取り戻したいと願ったアレクサンダーは過去を変えようと思い、4年の間こもりきりでタイムマシンを完成させて4年前の過去に遡る。
恋人を危険から救おうと思い、エマが襲われた公園には近寄らずにいたのだが、エマは今度は馬車に引かれて死んでしまう。
アレクサンダーは、何度過去に遡っても最愛のエマはその時に死ぬ運命だった事を思い知る。
その後彼は時間旅行をし、2030年の地球が月旅行をするほどの高度な文明社会になっている事に驚く。
その数年後に訪れた時に、人類は誤って月を爆破してしまいその破片が落下し人類は滅亡の危機を迎える。
危ういところでタイムマシンに乗り込み何とか難を乗り越えたアレクサンダーだったが、タイムマシンで気絶している間に、80万年後の世界に行ってしまう。
そこには、人間に良く似たエロイという人種が、モーロックという地底に住む凶悪な生物に怯えながら崖に張り付くように暮らしていた。
エロイの中には、過去の遺跡の文字から英語を理解し話せる人が数名おり、アレクサンダーとは意思の疎通ができていた。
彼の英語を理解できるマーラという女性を凶悪なモーロックに奪われたアレクサンダーは、マーラを取り戻そうと戦う。
そして、マーラを奪い返しタイムマシンを利用してモーロックを滅ぼす事に成功するのだが、タイムマシンは壊れてしまう。
しかし、アレクサンダーは新しい恋人マーラとの人生を歩んでいく事に悲観はせずその時代で生きていくことを決断して物語は終わる。

この映画の原作は、1895年に発表されたSF小説です。
映画では、人類が、月の爆発でいったん滅びるという設定です。
80万年経って、都会の風景は消滅し氷河期なども現れては消えていき、たどり着いた80万年後の地球にいた人類に似たエロイという人種は、まるで現代から1000年ほど前の時代の人類のような生活をしていたという設定が、印象的だった。

この先人類は、核戦争もしくは原発の大爆発などで滅びてしまうのでしょうか?
でも、そうなった何万年か後には、人類のいない地球は美しい自然を取り戻しているのかもしれませんね。

by k2hair | 2012-01-08 10:45 | 映画 | Trackback | Comments(0)

「大鹿村騒動記」観てきました   

2011年 07月 26日
昨日、京都で美容の講習がありました。
原田芳雄さんの遺作「大鹿村騒動記」が、京都駅の近くのイオンモール京都にTジョイ京都という映画館で上映されていたので、観てきました。
d0231858_636046.jpg
d0231858_6371431.jpg


この映画、キャストが豪華です。
原田芳雄のほか、岸部一徳・ 佐藤浩市 ・松たか子・瑛太・ 石橋蓮司・ 三國連太郎 などです。
しかも、佐藤浩市や松たか子,瑛太が、チョイ役です。
このキャスティングで、特別料金1000円とは驚きです。
映画の中で、大鹿歌舞伎という村歌舞伎を再現するのですが、これが結構面白い。
ここの村まで行って観るのは、容易じゃないですが、映画でもその情熱が伝わります。
なんせ、300年も続いているのですから・・・
太平洋戦争の時も、戦争にとられた男子に代わって、女達で演じて続けてきぐらいの村人の熱の入れようです。
歌舞伎の演技の場面では、原田芳雄と親友の石橋蓮司 の演じ方はさすがでした。
気合が入ってます。
この物語で、存在感を発揮していたのが、原田芳雄の経営する食堂「ディア・イーター」にアルバイトに来た、中性的な青年を演じた冨浦智嗣 です。
彼は、朝ドラ「つばさ」で、主人公の多部未華子の弟役で出ていましたが、もう20歳になっていたのですね。
最初、冨浦智嗣君だと判らなかったのですが、声が女の子のような声だったのですぐに彼と判りました。

映画の舞台は、長野県の伊那市(天竜川の中流域です)からまだかなり山奥に入った、大鹿村という南アルプスの懐にある山村が舞台です。
実は私、この村に行ったことがあります。
日本100名山の塩見岳(3052m)に登ったことがあるのですが、その登山口が、大鹿村です。
そのころは、大鹿歌舞伎の事を全然知らなかったので、村を通過しただけでした。
映画の中で随所に映し出される景色は、美しくて雄大です。
村では、紅葉の終わりごろの撮影でしたが、山の稜線はもううっすら雪がかぶってました。

完成試写会の時の原田芳雄さんのやつれ方は、映画の時と同じ人と思えないぐらいでした。
撮影時も抗がん剤を打ちながら、痛みに耐えながら演じていたそうです。
凄まじい役者魂でした。

原田さんの死で、急遽9月に入ってから上映を始める映画館もあるようです。
ワーナーマイカル草津でも、とりあえず1週間延長されましたが、上演の終了時期は未定だそうです。
もしかしたら、今週金曜日に終わってしまうかもしれません。
テレビでも放送するかどうかわかりません。 どうかお早めに。

by k2hair | 2011-07-26 06:34 | 映画 | Trackback(1) | Comments(0)