「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:B級グルメ( 17 )   

驚愕! まぐろ豪快丼   

2017年 02月 23日
三重県四日市市と言えば石油コンビナートが有名なのですが、昔は遠洋漁業の基地でもあったそうです。
今は水産加工業の港となってますが、今も全国や海外から魚が集まってきているのです。
そんな海の幸を提供するお店がここ、大遠会館 まぐろレストランです。
昭和レトロな感じがバリバリする建物です(笑)
d0231858_16241754.jpg


店内の様子 
お茶などもすべてセルフサービスです。
午後4時前と中途半端な時間に入店したのですいてました。
たくあんが取り放題でした(笑)
d0231858_16531928.jpg


私が訪問したお目当ては、平日限定メニューのまぐろ豪快丼1000円です。
これでもか~と、マグロの刺し身が乗っています。
自家製のマグロのスキミも乗ってます。
d0231858_16355436.jpg


おんなじのを2つ注文しても面白くないので、もう一品は北海親子丼1000円にしました。
脂の乗った鮭の刺し身とイクラ・イカ・ビンチョウマグロにマグロのスキミも乗ってます。
d0231858_16362317.jpg


丼物には、味噌汁と小鉢も付いています。
ご飯は、白飯と酢飯が選べます。
d0231858_16453964.jpg


何も言わなければ丼は、やや大盛りにしてあるようです。
大食いの私にはチョイ物足りませんでしたが、プラス80円(たぶん)で、超大盛りにできるみたいです。

まぐろ豪快丼のマグロは、ピンクがかっていたのでたぶんキハダマグロだと思います。
回転寿しのマグロの赤身はメバチマグロが多いそうですが、それよりもしっとりしていて美味しかったです。
かなりマグロが多いので、2つの丼を嫁さんとシェアして食べました。
まぐろ豪快丼は平日限定なのですが、かなりお得です。

定食もあります
d0231858_17151853.jpg


食堂内でのケース内に一品物も置いてありました
d0231858_17164955.jpg


冷凍物の販売コーナーもありました
d0231858_17244054.jpg


発泡スチロール箱と氷ももらえるので、冷凍物を買って帰りました。
d0231858_1726456.jpg


こんな古い感じの店なのですが、大遠会館 まぐろレストランは土日はかなり混むそうです。
でも、休憩無しの通し営業ですので、時間をズラせばいいかもです。

大遠会館 まぐろレストラン
三重県四日市市富双2-1-4 大遠会館
TEL 059-365-6064
営業時間 10:00~20:00(L.O.19:30)
定休日:12月31日午後~1月3日まで


by k2hair | 2017-02-23 07:04 | B級グルメ | Trackback | Comments(0)

近江八幡 まんぷく食堂   

2016年 10月 06日
前々から気になっていた近江八幡市内の国道8号線沿いの「まんぷく食堂」に初めて行ってきました。
国道の近くには、「ホルモン食堂」と書かれた大きな看板があります。
まんぷく食堂と言えば、まるで大衆食堂のようですが、実は焼肉屋さんです。

お店の外観は、「えっ!」という感じの店構えです。
「本当にやっているのか?」という雰囲気なのですが、「営業中」と書いてある立て札があり、ちゃんとやってました。
d0231858_17542235.jpg


外の引き戸を開けると、中にもう一つの扉があって意外なことに自動ドアでした。
店内には大きなテレビもありました。
d0231858_17592631.jpg


焼肉屋さんには珍しく、小上がりの座敷のみの店でした。
d0231858_17585153.jpg


ガスのグリルで焼いて、つけダレで焼肉をいただきます。
店は古いのですが、中は意外と(失礼)キレイに掃除がしてある感じでした。
d0231858_1811926.jpg


メニュー (値段は税抜きです)
d0231858_1831441.jpg

d0231858_183338.jpg


塩たん
d0231858_1882646.jpg


あばら(左)とれば
あばらは2枚焼いてしまった後の写真です(笑)
d0231858_18125539.jpg


ロース
d0231858_18174616.jpg


天肉(左)と丸きも(心臓)
d0231858_18191392.jpg


千枚
d0231858_1820387.jpg


ロースとバラは、和牛識別番号が書いてありました。
タンはアメリカ産がほとんどと聞いたことがあるんやけど、他の部位は和牛じゃないの?
d0231858_18245143.jpg


アウトドア派なので、焼肉といえば子供とバーベキューだったのです。
焼肉屋さんに行くのは本当に久しぶりでした。
まんぷく食堂は、昭和にタイムスリップしたような不思議なお店でした。

滋賀県近江八幡市上田町164-3
TEL 0748-37-7506
営業時間 15:00~22:00
定休日:日曜日

by k2hair | 2016-10-06 18:53 | B級グルメ | Trackback | Comments(0)

くら寿司のシャリカレー   

2016年 06月 13日
前々から気になっていたくら寿司のシャリカレーなるメニューを、いまさらながら食べてきました。
d0231858_16445114.jpg

北大路欣也がCMで食べている「え~~~っ!」というメニューですよ!
カレーライスのライスが寿司の酢飯であるシャリを使った斬新なカレーなのです。

シャリって炊きたてのご飯を大きな桶に入れてすし酢を加えてしゃもじでかき混ぜながらうちわであおぐのがホンマのやり方だったはずです。
くら寿司でやっているかどうか知りませんが・・・
たぶん、そういう作業を機械でやっちゃうんでしょうね。

すし酢を加えてさましている分、ご飯がツヤツヤしている感じがします。
ご飯だけ食べればシャリですが、カレーと一緒だと全然酢飯の感じがしません。

このカレーのルーが、スパイシーでなかなか美味しいですというか本格的なカレーです。
ハウスバーモントカレーを食べている方には、辛すぎて「ヒーハーッ」となるはずです。

350円というお得感のある価格で、プラスチッキーな容器を使っているのですが、もっとちゃんとしたお皿に盛れば、なかなかいい感じのカレーですよ。

くら寿司のサイドメニューは、タッチパネルで注文して別のレーンから無人でシャーッと流れて運ばれてくるんですよ。
私のシャリカレーには、スプーンを付け忘れたみたいで店員さんを呼ぶのも面倒くさかったので、プリンとかを食べるティースプーンで食べました。
そしたら最後にルーだけ余っちゃいました(いちおう食べましたが・・・)

まぁ、シャリカレー有りか無しかで言うと「アリ」かな?


くら寿司には冷やし中華もあるんですね(;゚Д゚)!
d0231858_17936.jpg

これも350円を良心的な価格です。
麺がけっこう太めでモッチリしてなかなかイケました。
くら寿司の本部は大阪だそうですが、関西人の私には冷やし中華のタレが少し甘く感じました。

もう1つ、関西ではめったにお目にかかれない生シラスの軍艦も100円でありました。
d0231858_17124910.jpg

滋賀に引っ越してくる前にはシラスの産地の静岡に住んでいたのですよ。
もちろん静岡でも生シラスは食べます。
生シラスは鮮度が命なので、あまりスーパーでは買わずに漁船を持っているお店で買っていたのです。
やっぱりという感じですが、くら寿司の生シラスは鮮度がイマイチでした。
たぶん、冷凍シラスを解凍して使っているのでしょうね。
まぁ、2貫で100円ですからね、産地の静岡でも生シラスってそんなに安いものじゃないので、よくこの値段で提供しているなと驚きました。

私は、回転寿司で待つのが大嫌いです。
我が家ではいつもスシローで、単品でたくさんファックス注文してあとで取りに行くというお持ち帰り注文ばっかりだったんですよ。
そうすれば全然待たなくていいですので・・・

実は、くら寿司に行くのは生涯2回目(笑)
でも、ラーメンとか面白いサイドメニューもいろいろあってなんか楽しいですね。
でも、調子に乗っていろいろ頼んでたら1000円なんて軽くオーバーしちゃいますね。
そこがお店の狙いなのでしょうが・・・

by k2hair | 2016-06-13 07:44 | B級グルメ | Trackback | Comments(2)

大阪B級グルメ(その2)   

2015年 12月 04日
大阪中央公会堂でのヘアショーの帰りに近くの淀屋橋の名物料理をいただきました。
d0231858_11425830.jpg

    ジャ~~~~~ン!!! 
富士山のようにそびえ立つのは福仙樓(フクセンロウ)のカレー焼きそばです。
カレーラーメンとちゃいますよ!
もやしやキャベツがたっぷり入っていて、小エビも少々。
スパイシーなカレーのスープがたっぷりかかっています。
結構なボリュームがあります。

お店はかなり古い店で、表には北京料理と書いてありますが北京にカレーは存在するの???
d0231858_11491584.jpg


おそらく中国人であろうと思われるおっちゃんが給仕してくれるのですが、愛想はあまりないです。
ちゅ~か、日本語得意じゃないみたいです。

この店ね、テーブルの下にメニューが置いてあるのですが値段がまったく書いてないんですよ。
帰りにおっちゃんにメニューに書いてある料理の値段を聞いたらだいたい2000円ぐらいからだとか・・・
え~~~!、2000円ぐらい???
おっちゃんいわく、メニューに書いてあるのは一品料理のようで、それぞれ3人前ぐらいの大きさがあるとのこと・・・

そして、お会計でカレー焼きそばの値段を聞いたら、1人前 驚愕の510円(((゜Д゜;)))
  やっすぅ~~~~~~!!! 
お昼時にはほとんどのお客さんが、このカレー焼きそばを食すそうです。
大盛りも680円であるそうですが、ちょっと多すぎて怖そう・・・

これね、カップヌードルのカレーが好きな人はハマりますよ、絶対!
次の朝、なんかまた福仙樓のカレー焼きそばが食べたくなりました・・・(笑)

福仙樓(フクセンロウ)
大阪府大阪市中央区北浜3-3-11
TEL:06-6231-0019
営業時間:11:00~22:00
定休日:日曜日

by k2hair | 2015-12-04 06:24 | B級グルメ | Trackback | Comments(0)

大阪B級グルメ(その1)   

2015年 12月 03日
d0231858_10572487.jpg

見てください、このボリューム!
大阪駅前第2ビル地下2階にある「大阪トンテキ」の看板メニューのトンテキ定食です。
肉の厚さ1cm以上はあろうかと思われます。
手前ににんにくがトッピングされています。

横から見たところ
d0231858_1125744.jpg

トンテキの奥にはキャベツの千切りが、横にはマカロニサラダがちょこっとだけ
トンテキには、ほんのり甘めの醤油タレがかかっています。
洋カラシが添えてあって、ちょこっと付けていただいても味の変化があって美味しいです。
見た目ほどしつこくなくいただけます。
最初からある程度切ってありますが、ナイフとフォークで切ってからお箸でいただくのがこのお店のスタイルのようです。

これにご飯と味噌汁が付きます
d0231858_1116263.jpg

定食のご飯のおかわりは自由です。
それでもって¥820はかなりお得です。

三重県四日市市にも来来憲というトンテキの有名店がありますが、そちらは軽く1000円オーバーしますので、大阪トンテキの方がかなり安いです。
大阪トンテキは、その四日市のトンテキにインスパイアされて開業したお店のようです。

大阪駅前第2ビルの地下にはた~くさんの飲食店があってサラリーマンの胃袋を満たしてくれます。
大阪トンテキにはお昼の12時ちょうどに訪問したのですが、すでに行列が・・・
d0231858_11192255.jpg


ほとんどカウンターのみの小さなお店ですが、意外と回転は悪くなくしばらく待つと案内されます。
すぐ近くの大阪駅前第3ビルの地下1階にもお店がありますが、第2ビルのお店が元祖なのかな?

d0231858_1116558.jpg

メニュー表を見ると、お肉が2.5倍のメガトンテキ定食(¥1480)もあるのですが、誰か挑戦してみます?
豚肉100%のトンバーグやトンたまというメニューもあっていろいろ楽しめそうです(^O^)

大阪トンテキ 大阪駅前第2ビル店
大阪駅前第2ビル 地下2階67-2号
営業時間 [月~土] 11:30~21:00
       [日・祝] 11:30~20:00
定休日 なし

by k2hair | 2015-12-03 06:23 | B級グルメ | Trackback | Comments(0)

元祖亀山みそ焼きうどんの店   

2015年 07月 21日
第3日曜日のおととい、亀山みそ焼きうどん発祥の店の亀八食堂に嫁さんと行ってきました。
亀山みそ焼きうどんは1度食べたことがあるのですが、元祖は初めてです。
d0231858_1414651.jpg

三重県亀山市のB級グルメの亀山みそ焼きうどんは、亀八食堂で生まれたそうです。
このお店には、亀山みそ焼きうどんというメニューはありません。
d0231858_1444258.jpg

実はこのお店、ホンマは味噌ダレで味付けする焼肉屋さんなのです。
メニューの左側のお肉を選ぶと、キャベツやもやしの野菜と、味噌ダレが勝手に付いてくるのです。

チリとりのような鉄板で、炒め焼きをします
d0231858_1411640.jpg


1人につき、お肉1人前とうどん1袋を選ぶのが基本だそうです。
亀八食堂は全くの初心者なので、無難そうな豚肉を選びました。
2人前分の豚肉と野菜と味噌ダレが店員さんが無言で勝手にドサっと乗せます。
注文してから出てくるのがめっちゃ早いです(笑)
d0231858_1418507.jpg


味噌が焦げ付かないように急いで混ぜます。
お肉に火が通ったところでうどんを投入!
亀山みそ焼きうどんはこの味噌味の焼肉にうどんを投入したことで出来たメニューなのだそうです。
ここのお店のうどんは、市販のうどん玉よりもかなり多いです。
d0231858_14242945.jpg


またもや混ぜ混ぜしますが、気を付けないと味噌混じりの油が飛んできます。
うどんが汁を吸えば、亀山みそ焼きうどんの完成です!
d0231858_1426576.jpg


仕上げにテーブルにある唐辛子をかけました。
味噌ダレはニンニクが効いていて、ピリ辛でなかなか美味しいです。
けっこう味が濃いので白いご飯が絶対に欲しくなります。
みそ焼きうどんと白いご飯、炭水化物と炭水化物のコラボです。
ご飯の中と小も注文して合計1630円でした。
関西人の感覚では決して安いとは言えませんが、自分で焼くのでバーベキューに行って焼きそばを焼くようなワクワク感があるので、家族連れで行くときっと楽しい事でしょう。

ご飯を食べずにビールを飲んでいるおっちゃんもいました。
亀山みそ焼きうどんはビールにも絶対合うと思いますよ(^O^)

他のお客さんを見渡すと、皆さんお肉を大量に注文していました。
メニューにとり肉もあるので、この店で焼くと岐阜名物の「ケーちゃん」みたいになるのかも?
他のテーブルの人が注文していたとんテキ(豚バラの厚切り)も美味しそうでした。
次回行った時は、いろんな肉を混ぜて試してみたいです。

このお店かなりの人気店で駐車場もめっちゃ広いです。
お店はかなり大きいのですが、お昼どきや夕方は待ち時間もあるそうです。
私たちは午後3時という中途半端な時間に訪問したのでそれほど混んではいませんでしたが、3時のわりにはお客さんけっこう来てました。
d0231858_14482764.jpg


1つ大事な事を忘れていました。
このお店、あちこちでジュージューしているので、匂いが服に付きます。
ええ服を着て行ったらダメです!
入口の取っ手も油っぽいです。
お店の店員さんは全然愛想がないですが、怒っているのではなくそれが普通なのだそうです。

お水やお茶はセルフサービスです。
店員さんも黙っているので何も出てきません。
しかもコップはワンカップのお酒の瓶の再利用品で、全てにおいてディープなお店です(笑)

帰りに味噌ダレを買って帰りました。
小550円・大1100円とやや強気の価格設定です。
これで家でも亀山味噌焼きうどんが再現できます。

亀八食堂
三重県亀山市布気町1799
TEL 0595-82-0828
営業時間 平日  11:00~22:30(L.O.)
       日・祝 11:00~21:30(L.O.)
不定休なのですが、月に2回ほど月曜日に休む事が多いです(電話で確認して下さい)

by k2hair | 2015-07-21 05:30 | B級グルメ | Trackback | Comments(0)

SK発祥の店   

2014年 07月 30日
先週、福井県大野市から石川県の別山に登った帰りにSKをいただきました。

SKとはなんぞや!!
SKとは、福井県大野市が発祥の「醤油カツ丼」のことです。
大正時代に同じ福井県の福井市で創業した「ヨーロッパ軒」が「ソースカツ丼」発祥の店としてとても有名なのですが、「醤油カツ丼」は、2010年に大野市で生まれたカツ丼のニューウェーブなのです。

醤油カツ丼には定義があるそうです。
  ・福井県内産の醤油で作られた醤油カツ丼のタレを使用すること
 ・カツを盛ること ※揚げる素材は問わない
  ・野菜を盛ること ※薬味的なものでなく、主役級の盛り方が必要

醤油カツ丼のタレは、福井県大野市の野村醤油にて開発されました。
大野市やお隣の勝山市では醤油カツ丼の事を「SK]と呼ぶらしい・・・

去年、やはり登山の帰りに勝山市の「道関そば」でSK初体験をしました。
今回はSK発祥のお店の「お食事処しもむら」さんに行ってきました。

これが元祖SK 780円
d0231858_14255971.jpg

右手前にあるのがSK専用の「醤油タレ」です。
お店のお姉さんによると、「いっぺんにかけてしまうとしょっぱいので、少しづつかけてくださいね」とのとこ。

おろしそばとセットにすると1000円ととってもお得なのですが、激しい登山の後で胃袋も少し弱っていたので単品で注文しました。

ご飯の上には細かいキャベツの千切りが敷き詰められています。
大根おろしと青しそとネギをカツにのせて、醤油タレをかけていただきます。
カツがサクサクでいい食感です。
ご飯の上のキャベツの歯触りもグッドです。
「お食事処しもむら」のSKは、SK元祖のお店にふさわしい美味しさでした。
SKはカツ丼ながら、ヘルシーであっさりしていて女性にもおススメできます。

「お食事処しもむら」の外観はいたって普通ですが
d0231858_14382668.jpg


中はきれいで居心地のいいお店でした
d0231858_14392384.jpg


「お食事処しもむら」は、中華のメニューが多かったので本来は中華屋さんなのかもしれませんが、オムライスなどの洋食メニューやカツ丼などもあり、お酒も飲めます。
休日の夕方に訪問したのですが、どんどん家族連れのお客さんが入ってきてとてもはやっているお店です。
大野市の中心からは外れているのですが、店員のお姉さんたちも愛想がよく、繁盛するのもなるほどと理解できました。

「お食事処しもむら」
福井県大野市新庄15-22-2
営業時間 11:00~14:30  17:00~21:00
[日曜日]11:00~15:00  16:30~20:30
定休日 水曜日

by k2hair | 2014-07-30 06:14 | B級グルメ | Trackback | Comments(0)

醤油カツ丼 初体験!   

2013年 10月 29日
d0231858_7191940.jpg

昨日は、福井県勝山市の山に紅葉狩りを兼ねて登って参りました。
山のレポートは、次回に・・・

下山後、勝山市のお隣の大野市が発祥で、2010年に発祥したB級グルメの醤油カツ丼をいただいてきました。
大野市や勝山市そして福井市でも醤油カツ丼を提供する店が増えてきているそうです。

9月4日にBSプレミアムで放送されたドラマ「恐竜せんせい」に出演していた高橋光臣さんもロケ中に、この醤油カツ丼はまったそうです。
8月30日に「BSコンシェルズ」という番組で高橋さんが絶賛していた勝山市の「道関そば屋」さん行ってきました。
d0231858_7242395.jpg


カツ丼は3種類あります
d0231858_7272515.jpg

福井名物のソースカツ丼や卵とじのカツ丼、そして今回注文した醤油カツ丼の3種類のカツ丼があり、すべて780円です。
丼物に300円プラスでこちらも福井名物のおろしそばがセットにできます。
d0231858_7342133.jpg


醤油カツ丼は、カツの上に大根おろしがのっていて、ご飯の上には刻んだキャベツがはさんであります。
ご飯には、大野市にある老舗の醤油屋さんが開発したカツ丼専用醤油のたれがまぶしてあります。
カツをめくってみました
d0231858_7383240.jpg

道関そば屋さんの醤油カツ丼は、さっぱりとしていておいしいです。
ソースカツ丼はボリューミーですが、醤油カツ丼はさっぱり系で女性にもうけそう

この醤油カツ丼は、お店によっていろいろなバリエーションがあるようですよ。
  いろんなお店を試してみてはいかが・・・

道関そば屋
福井県勝山市元町1-5-22
TEL0779-88-0667
営業時間 11:30~14:00
       17:00~20:00

by k2hair | 2013-10-29 08:04 | B級グルメ | Trackback | Comments(0)

京都一?のたこ焼き   

2013年 09月 26日
私が思う京都で1番の蛸焼きを紹介します。
堀川北大路の交差点を200mほど北に行ったところにある「すずや」さんです。
d0231858_17171044.jpg

ここ、ず~っと前から有名です。
京都に住んでいた頃、実家から結構遠いのですが、わざわざ買いに行っていました。
ここのたこ焼きはデカいです。
d0231858_17213520.jpg

京都のたこ焼きにはキャベツが入っています。
大阪のたこ焼きは、キャベツではなくネギだそうですね。
ここのたこ焼きは、外カリカリで中ドロドロの大阪風のたこ焼きではなく、外も中もやわらかいタイプのたこ焼きです。
ここのたこ焼きはやわらかいのでお箸もついています。
細かい鰹節ではなく花鰹がのっているのが京都っぽいですね。

大阪の方にとってはキャベツの入っているたこ焼きは邪道だと思われるかもしれませんが、私は子供のころからキャベツ入りのたこ焼きしか食べたことがなかったので、ネギ入りのたこ焼きの方が?と思っちゃうのです。
大阪の方なら、「たこ焼きにキャベツなんか入れたらお好み焼きやん!」と思う方が多いと思いますが、ちゃんと蛸が入っているのでまぎれもなくたこ焼きです!(大阪の方すいません)

中に入っている蛸もデカいです。
人差し指の第一関節から先ぐらいの大きさの蛸です。

ソースは普通・中辛・辛口が選べます。
私は辛いのが好きなので絶対に辛口をたのみますが、辛口のソースがたっぷりかかっているので、結構辛いです。
ここのたこ焼きを食べちゃうと他の店のは物足りなく感じます。
以前は8個400円だったのですが、今は7個で400円です。
しかし、デカいので満足度も大です。

悲しいことに、ここの定休日は月曜日で、美容院のお休みとかぶっちゃいます。
が、祝日の月曜日は営業されるので先日の秋分の日(月)に、久~しぶりに訪問しました。
すずやのたこ焼きは、やっぱりおいしい、おすすめです!
 ※ お店に駐車場はありません。
   買ったらどこかに車を止めて、熱いうちにさっさと食べちゃいましょう!

たこ焼き すずや
京都市北区紫野下鳥田町16
定休日 月曜日(祝日は営業)
営業時間[火~金]12:00~22:00
      [土・日・祝]12:00~20:00

by k2hair | 2013-09-26 06:46 | B級グルメ | Trackback | Comments(0)

B級グルメ 亀山みそ焼きうどん   

2013年 03月 13日
前々から気になっていた亀山みそ焼きうどん。
B-1グランプリの東海地区予選の支部大会で優勝したメニューです。
先日ようやく行ってきました。

三重県亀山市には亀山みそ焼きうどんを提供する店が約20軒あるそうです。
名阪国道の関インター近くの川森食堂に行ってきました。
d0231858_725055.jpg

バリバリの大衆食堂です。
お客さんは、トラックの運ちゃんが多いのかも?
中は、意外と広く畳の小上がりも3テーブルありました。

壁にたくさんの色紙があります。
d0231858_728177.jpg

おそらくテレビのB級グルメの取材を受けたのでしょう。

メニュー
d0231858_7293120.jpg

玉子丼が味噌汁付きで400円と激安ですね。

お目当ての亀山みそ焼きうどん500円がきました。
d0231858_733199.jpg

ちょっと甘辛い味噌がたっぷりかかっています。
紅生姜がアクセントになっているのと、うどんがもっちりしていて美味しいです。
七味をかけていただきました。
ただ味が濃い目なので、このメニューにはご飯(中ライス170円)が必要です。
炭水化物オン炭水化物なのですが、御飯によく合います。
ご飯と亀山みそ焼きうどんで結構なボリュームで満足しました。

ただ、昼時の12時から1時のあいだは混んでいます。
秘伝の味噌だれは、小分けにして300円で売っていました。
同じタレを使ったホルモン焼き定食750円を食べている人も多かったです。
鉄板味噌鍋も名物メニューのようです。
うどんを〆に入れるとみそ焼きうどんができますね。

川森食堂
TEL : 0595-96-1376
住 所 : 亀山市関町古厩66-3
営 業 : 10:00~22:00
定休日 : 日曜定休

by k2hair | 2013-03-13 07:50 | B級グルメ | Trackback | Comments(0)