カテゴリ:山( 130 )   

金糞岳は暑かった~!   

2017年 05月 23日
まだ5月というのに、連日30度の猛暑が続いてます。
21日(日)には群馬県館林市で35.3度の猛暑日が記録されました。

22日(月)に、涼を求めて嫁さんを誘って滋賀県で2番目に高い標高1317mの金糞岳に登って来ました。
前日の21日にも少年剣道の子供達と太郎坊山に登っていますので、2日連続の登山です。
d0231858_1084381.jpg


嫁さんと一緒ということで、一番ラクな標高997mの鳥越峠を超えた岐阜県側にある登山口から登りました。
d0231858_1013466.jpg


ゴールデンウィークにはまだ雪が残っていてこの登山口までは車で上がれないという情報がヤマレコにあり、スタッドレスタイヤを交換せずに上がってきたのですが、林道には全く雪がなかったです。

登山口の標高はほぼ1000mなのですが、日が当たるところはかなり暑いです。

道中、たくさんの花が咲いていました。

今回、1番多かったキジムシロ
d0231858_10181798.jpg


タチツボスミレの群落
d0231858_10192590.jpg


小さい花のチゴユリ
d0231858_12404846.jpg


タムシバ
d0231858_10205421.jpg


ムラサキヤシオ
d0231858_10431265.jpg


ピントが合ってませんが、ウラジオヨウラク
d0231858_10455442.jpg


1輪だけ見つけた、黒い花のエンレイソウ
d0231858_1047835.jpg


シャクナゲ
d0231858_10484878.jpg


ムシカリ
d0231858_10494365.jpg



山頂は背丈ほどのクマ笹が茂って展望はありません
d0231858_10545430.jpg


しかし、3月には雪が3mほど積もり、笹を全て覆い隠して素晴らしい展望の山になるのです(一昨年3月)
d0231858_1056095.jpg


山頂の向こう側の白倉岳方面へ少し下りると琵琶湖が見えます。
右側に竹生島が浮かんでいるのですが、わかるかな~?
d0231858_10591945.jpg


アプローチの鳥越林道では、道路脇にタニウツギがいっぱい咲いていました
d0231858_1227102.jpg


藤が木に巻きついて寄生し、枝から藤の花がぶら下がってました
d0231858_1229817.jpg


まだ5月だというのに、金糞岳は標高1317mの山頂でもかなり暑かったです。
高いところでも全然避暑になってませんでした(泣)
暑かったのですが、脇にはいろんな花が咲いていました。
花に癒やされながらの登山でした。

by k2hair | 2017-05-23 12:44 | | Trackback | Comments(2)

少年剣道のハイキングレクレーション   

2017年 05月 22日
昨日、私が所属する八幡西清流館道場の子供達を引率して、保護者の方達と東近江市の太郎坊周辺の山にハイキングに行ってきました。
d0231858_2011169.jpg


太郎坊山は、こんなトンガリ山です
d0231858_20354769.jpg


太郎坊とは天狗様の事で、京都の鞍馬山が次郎坊でその兄貴分なのです。
いかにも天狗が棲んでいそうな見た目は険しい山です。

いきなり階段の連続です
d0231858_20382274.jpg


太郎坊山には太郎坊宮という神社があって、勝負の神様なのです。
みんなで太郎坊宮にお参りして必勝祈願をしました。

太郎坊宮の上にある、1つ目の山頂、トンガリ山の赤神山の山頂。
下から眺めると大変そうですが、実際にはそうでもありません。
この頃はまだみんな元気ですね。
d0231858_20411312.jpg

d0231858_20413635.jpg


2つ目の山頂の箕作山の山頂でランチタイム
d0231858_20432212.jpg


3つ目の山頂の下の眺めのいい場所でハイポーズ!
d0231858_20454284.jpg


岩戸山十三仏で、みんなで「いいね!」ポーズ
d0231858_2049023.jpg


この日は、聖徳太子が岩を削って彫ったと言われる、秘仏の磨崖仏が特別に公開されていました
d0231858_2050494.jpg


もうすぐで下山ですが、さすがにみんなお疲れ気味です
d0231858_2052238.jpg


総距離、約4.7kmのハイキングでした。
参加者は、幼稚園の年長さんから、元気なおばあちゃんまで総勢40人以上の参加がありました。

今回の縦走で3つの低山を登りました。
みんなよく頑張りました。
でも、やっぱり子供は元気ですね。
山行中はずっ~とおしゃべりしたり歌を歌ったりしながら歩いてましたよ。

ちょぴりスリリングな所もあったのですが、全員無事下山しました。
サポートして下さったY先生をはじめ。保護者の皆様、お疲れ様でしたm(_ _)m

by k2hair | 2017-05-22 06:11 | | Trackback | Comments(0)

比良山でシャクナゲウォッチング   

2017年 05月 16日
比良山でシャクナゲが見頃ということで見に行ってきました。
d0231858_6361784.jpg


湖西道路を北上し、志賀バイパスの比良ランプで降り左折して登山口の「イン谷口」に向かいます。
途中。タニウツギのピンクの花が咲いていました。
d0231858_64115.jpg


比良管理事務所があり、その先に駐車しました。
d0231858_6414250.jpg


しばらく車道を歩きます。
道路脇にツツジが咲いていました。
d0231858_645021.jpg


やがてこのような荒れた道になり、堰堤をいくつか超えます
d0231858_6471338.jpg


「大山口」に着きました、ここを右折します。
d0231858_6484792.jpg


続きはコチラ

by k2hair | 2017-05-16 07:42 | | Trackback | Comments(0)

綿向山でご来光を登拝   

2017年 02月 27日
d0231858_1249941.jpg


今年に入ってお店の休みの月曜日の天気が雪やら雨やらで、ずっと天気が悪い日が続いてました。
さらに父親を最近ほぼ毎週月曜日に病院に送迎しなくてはいけなくなったのです。

今日は絶好の登山日和ですが、父親を11時に病院に送っていかなければいけません。
しかも、話があるから私と母も連れてきなさいと先生に言われたそうです。

そうだ、10時までに帰ってくれば病院に間に合うやん!
せっかくやし、ご来光を拝もう!
で、今朝3時過ぎに家を出てご滋賀県日野町の綿向山に登って来ました。

4時過ぎに御幸橋の駐車場に到着。
今日は1番乗りで私の車だけでした。
d0231858_1533045.jpg


準備をして、4時20分に駐車場を出発!
真っ暗ですので、ヘッドランプを点けて歩きます。
d0231858_15343425.jpg


続きはこちら

by k2hair | 2017-02-27 17:10 | | Trackback | Comments(2)

まさかの雪山登山   

2016年 12月 12日
今日は、嫁さんと大津市葛川坊村の鎌倉山に登って来ました。

今日、京都と滋賀の県境にある鎌倉山に向かっている時に、琵琶湖の西側にある比良連峰を見ると、なんとしっかりと冠雪してるじゃないですか(驚)
d0231858_2039282.jpg

比良山は、2週間ほど前に今年初冠雪したとニュースで伝えていたのですが、その時の雪はたいして降っていなくてすぐに融けちゃいました。
でも、今回の冠雪はこのまま根雪になるのかも?

琵琶湖大橋を渡り、通称鯖街道の国道367号線を北上します。
高島市の旧朽木村の手前の大津市葛川坊村町が登山口です。
坊村から東側に行けば、人気コースの比良連峰最高峰の武奈ヶ岳御殿山コースに行けるのですが、今回は安曇川に掛かる曙橋を西に渡って葛川市民センターの前の駐車場に車を停めます。
駐車場からほんの少しだけ北に向かい、鎌倉山の登山口に着きました。
登山口は目立たないのですが、この看板が目印です。
d0231858_21325253.jpg


続きはこちら

by k2hair | 2016-12-12 22:11 | | Trackback | Comments(2)

皆子山西尾根   

2016年 10月 31日
10月31日にかねてから挑戦したいと思っていた皆子山西尾根に行ってきました。
d0231858_22173021.jpg


皆子山西尾根の登山口に到達するのにもハードルが高いです。
国道367号線の京都の大原と滋賀県の途中という所の間にある小出石という所を西進し国道477号線に入ります。
この国道477号線というのが、酷道マニアに有名な酷い道なんです。

強烈なヘアピンカーブが続きます。
見た目以上に凄い急坂です。
d0231858_22432792.jpg


百井の集落の三叉路、左へ行くと国道477号線ですが、右折して大見・尾越方面に向かいます。
d0231858_22455418.jpg


この先の分岐では左側へ
d0231858_22495224.jpg


この道も鯖街道のひとつなのですが、ここは右へ。
d0231858_2251414.jpg


ズンズン坂を登って、峠に車を停めました。
驚いたことに、このマイナーなルートに先行者の車がありました。
d0231858_22541178.jpg


続きはこちら

by k2hair | 2016-10-31 23:37 | | Trackback | Comments(0)

さようなら田部井淳子さん   

2016年 10月 25日
d0231858_14514991.jpg

今月20日に登山家の田部井淳子さんが亡くなっていたそうです。
福島県三春町出身、享年77歳でした。

田部井淳子さんといえば、1975年に世界で初めて世界最高峰エベレストに登った女性として有名なのですが、1992年には、女性で初めて世界七大陸最高峰を登頂した偉人でもあるのです。

田部井さんがエベレストに登頂したのは子育てをしている30代半ばで、その間はご主人に子供を任せて長期遠征に望みました。
その経緯は自著「エベレスト・ママさん」として出版されました。

さらに、1993年には「エベレストママさん」は、テレビドラマにもなりました。
ドラマでの田部井さんの役は、女優の市毛良枝さんが演じました。
それまで登山経験の無かった市毛さんは、田部井さんの役を演じるためのトレーニングで山に登るうちに、登山の魅力に感化されたそうです。

市毛さんは、1999年には、「山なんて嫌いだった」という本を出版しています。
さらに、「市毛良枝の里に発見伝」という関東近郊の里山のガイドブックを出版するほどまでに、山にのめり込んだようです。
ドラマがきっかけで、田部井さんと市毛さんはその後も親しくされていたそうです。

田部井さんは4年前にがんと診断された後も、抗がん剤治療を受けながら活動を続けてこられたそうです。
去年の「グレートトラバース2」というBSプレミアムの山の番組にも出演されていたので、私はまさか田部井さんががんで闘病中だとは全く知りませんでした。

以前、番組で田部井さんは故郷福島県の山をこよなく愛しているとおっしゃっていました。
田部井さんのオフィシャル・サイトの中で故郷福島県の郷土料理の調理方法を紹介しているのも田部井さんらしいです。

田部井さんは、本当は凄い登山家なのに、見た目は普通のおばちゃんでした。
あの優しくて暖かい田部井さんの笑顔をもう見ることができないのは残念でなりません。
ご冥福をお祈りします。

by k2hair | 2016-10-25 06:55 | | Trackback | Comments(0)

13日ぶりの救助   

2016年 10月 24日
今月22日、奈良県の大峰山系で遭難した島根県の県庁職員の男性が、13日ぶりに救助されました。

男性は、島根県の土木課勤務の53歳の男性Tさん。
3連休の8日(土)に入山し、標高1895mの弥山小屋に宿泊し、翌日9日(日)に下山予定のはずでした・・・

警察や消防は家族からの通報を受けて今月12日から捜索しましたが、手がかりは見つからずに20日で捜索を打ち切っていたそうです。

Tさんは9日、帰りの飛行機の時間が迫っているので急いで下山している途中に稜線の崖から滑落したそうです。
胸と腰を強打したため動くことができずに、湧き水を飲んで13日間耐えたそうです。

頭から血を流しながらも自力で崖を稜線の登山道まで這い上がり、22日の正午過ぎに弥山を登っていた男性に助けを求めました。
その後、山頂の山小屋を通じて警察に救助要請があり、午後2時すぎ奈良県の防災ヘリコプターがTさんを救助し、奈良県の病院に搬送されました。

Tさんは、約2週間湧き水を飲んだ以外は何も食べていなくて衰弱しているものの命には別状はないとのことです。

大峰山の麓の上北山村のアメダスによると、13日には1日で38mmという大雨が降っていますし、15日の最低気温はたったの6.3度とめっちゃ冷え込んでいます。
この上北山村のアメダスは、標高334mの地点での観測なのですが、Tさんが遭難していた場所は標高1300m付近だと思われます。
一般に、標高が100m上がると気温が0.6度下がると言われます。
Tさんの遭難していた場所は、上北山村のアメダスの標高よりも1000mほど高い場所ですので、最低気温はさらに6度低い、氷点下0度前後まで冷え込んだものと思われます。

しかも、山の稜線付近では下界では考えられないほどの強風が吹くこともよくある事なのです。
Tさんが発見されたときにレインウェアを着ていたそうですが、レインウェアは雨や風を防ぐことができるので、これが無かったらTさんは絶対に助かっていなかったでしょうね。

登山者の心得として防水透湿素材であるゴアテックスのレインウェアを携行するのは常識なのですが、晴れている日にはレインウェアを持たない人もけっこういると思います。

私はどんな天気でもゴアテックスのレインウェア・簡易テントのツェルト・ヘッドラッンプは必ず持ち歩くようにしています。
この3つは遭難しても生きて生還するための3種の神器であると私は思っております。
どんなに好天でも、山では思いがけないことで遭難してしまう事もありますので・・・

by k2hair | 2016-10-24 11:50 | | Trackback | Comments(0)

高島トレイル 百里ヶ岳   

2016年 10月 17日
第3日曜日の昨日、滋賀県高島市朽木(くつき)の百里ヶ岳に初めて登ってきました。
嫁さんも一緒ですので、楽々コースで登りました。

まず、通称鯖街道の国道367号線を北上し、高島市に入る手前の梅ノ木で左折し、針畑川を遡ります。
この針畑川がめっちゃキレイな川だったのですが、道がめっちゃ狭い割に結構車とすれ違うので、写真を撮れませんでした。
ちょこっとだけ京都市に入り、「→生杉」の道標に従い右折します。
この先、再び滋賀県に入り17kmほどのかなり狭い道をズンズン進みます。

途中にススキがいっぱいありました
d0231858_15515035.jpg


生杉への三叉路を過ぎると右に曲がる道があって、「→国道367」という道標がありますが、そのまま真っすぐ行きます。

しばらく進むと小入谷の集落で、そのまま進むと小入谷林道に入ります。
d0231858_1638332.jpg


くねくねの山道をズンズン登って行くと、左に焼尾地蔵尊がありました。
実はここも鯖街道の1つなんです。
d0231858_16463064.jpg


その先に、秋から冬の早朝に雲海が見れる絶景ポイントがあります。
下に登って来たくねくねの林道が見えます。
d0231858_16442012.jpg


パンクしないように落石に注意しながら進むと、福井県との県境のおにゅう峠に着きました。
d0231858_1648228.jpg


 続きはこちら

by k2hair | 2016-10-17 19:34 | | Trackback | Comments(0)

太郎坊宮から赤神山~箕作山~小脇山~十三仏へと周回ハイク   

2016年 10月 12日
体育の日の月曜日、午前中は近江八幡市のスポーツ少年団剣道交流会があって、久しぶりに審判をしてきました。
せっかくの久しぶりのお天気の休日だったので、午後からは嫁さんと出かけることにしました。

嫁さんが行きたいと言う、東近江市の太郎坊宮へ参拝してそこから周回ハイクへ行くことにしました。
8月は天気は良かったのですが、休みの日に諸々の用事があって山に行けず、9月は休みのたびに雨続きで山に行けず、思い返すと2ヶ月以上も山に登ってませんでした。

午後3時に太郎坊宮の手前の参拝者用の駐車場に車を置いて、いざ出発です。
中央のめっちゃ尖っている山が太郎坊山(赤神山)です。
太郎坊と言うのは天狗の名前で、いかにも天狗が棲みつきそうな山ですね。
d0231858_1505122.jpg


太郎坊宮へは、ひたすら階段を登っていきます。
実はこの登りが一番きついんです。
d0231858_1525727.jpg

d0231858_1532457.jpg
d0231858_1534656.jpg


続きはこちら

by k2hair | 2016-10-12 07:05 | | Trackback | Comments(0)