「陸王」のシューズを作ったのは・・・   

2017年 12月 04日
TBSで放送される日曜劇場「陸王」は、私が今1番楽しみにしているドラマです。

陸王とは、こはぜ屋が作るランニングシューズの商品名で最大の特徴はシューズの先が割れていることです
d0231858_1813197.jpg


そう、こはぜ屋というのは靴のメーカーではなくて「足袋屋」さんなのです。
縮小していく足袋の将来を案じた宮沢社長(役所広司)は、マラソン用の足袋を製作することを思いつく。

マラソンに詳しいスポーツ店の店長の助言を聞き入れ、ソールには「シルクレイ」という軽くてクッション性のある特許素材のソールを採用する。
アッパーにも、薄くて丈夫な特許素材を使い、陸王は完成する。

その陸王を履いてレースに出場するのは、瀬古選手がモデルではないかと言われている、ダイワ食品の茂木選手(竹内涼真)
d0231858_18333253.jpg


ドラマで使用されている陸王を実際に作ったのは、ミズノだったのです
d0231858_18352529.jpg


12月1日放送の「VOICE」という関西ローカルのニュースの「YKK(山中経済研究所)」というコーナーで、山中真アナが大阪市のミズノ本社を訪問し取材しました
d0231858_18433891.jpg


ダメ元で山中アナが、製作に関わった河野光裕さんにお願いしました
d0231858_18464665.jpg


実はこの靴、まだ誰も履いたことが無かったのですが、快諾してもらえました
d0231858_18481879.jpg


山中アナがフロアーを軽く走りってみました。
山中アナ、実はマラソンで3時間を切る「サブスリー」と言われる実力者なのです。
d0231858_18505828.jpg

足袋型シューズ独特の裸足のような感覚が味わえたそうです。

この陸王のレプリカは、ソールが薄く一般的ではないために、実際に商品化されることはないそうです。
それでもミズノにとっては、ブランドイメージを高めることが出来たことで、制作したことは決して無駄にはならないのだそうです。
でも、今後もしかしたら足袋型のランニングシューズをミズノが発売する なんて事があるかもですよ(^^)
[PR]

by k2hair | 2017-12-04 09:05 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://k2hair.exblog.jp/tb/26202022
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。