だいこんに花が咲いた   

2017年 08月 13日
d0231858_1433622.jpg

8月9日から12日まで、平成29年インターハイ剣道大会が宮城県仙台市で開催されました

結果
男子団体戦
優勝 高千穂(宮崎) 準優勝 島原(長崎)  3位 佐野日大(栃木)・本庄第一(埼玉)

女子団戦戦
優勝 中村学園女子(福岡) 準優勝 守谷(茨城)  3位 帝京第五(愛媛)・和歌山東(和歌山)

男子個人戦
優勝 岩切(九州学院・熊本) 準優勝 大平(佐野日大・栃木)  3位 藤本(玉島・岡山)・長尾(九州学院・熊本)

女子個人戦
優勝 妹尾(中村学園女子・福岡)  準優勝 安田(帝京第五・4愛媛)  3位 井手(国士舘・東京)・橋本(日吉ヶ丘・京都)

注目は男子団体戦の熊本県の九州学院高校で、優勝すれば大会5連覇だったのですが、ベスト8をかけた対戦で水戸葵陵高校に破れ、ベスト16に終わる波乱がありました。

男子団体戦で優勝したのは、宮崎県の高千穂高校で平成3年以来26年ぶりの3回目の優勝でした。

その決勝の前々日の男子個人4回戦で、高千穂高校の林拓郎君と九州学院高校の岩切勇磨君の試合があり1時間に及ぶ延長でも決着が着かず、過去前例のない引き分け再試合が次の日に行われました。

その再試合は高千穂・林君の思い切った逆胴が決まったように見えましたが認められず、その直後の岩切君の面に審判の旗2本が上がり勝負あり。

ビデオで見ると、岩切君の面は当たっていないように私には見えました。

2日間で1時間以上に及ぶ熱戦がこの判定では林君には気の毒でした。

結局この試合で勝利した九州学院高校の岩切君が、男子個人戦で優勝しました。

高千穂高校のメンバーには、林君の個人戦の悔しさを団体戦で晴らすという強い思いがあったのかもしれません。

今を溯ること31年前の昭和61年、故吉本政美先生の指導の元、高千穂高校は初優勝を史上初めて男女アベックで達成するという快挙を成し遂げました。
当時の高千穂高校剣道部を撮影したドキュメンタリー番組の「だいこんに花が咲いた」というビデオがあります。
今だけの期間限定の公開の貴重な映像です。
めっちゃ感動するビデオですので、ぜひご覧下さい。

吉本政美先生は、平成11年にわずか50歳で膵臓がんで亡くなられました。

うちの店のお客様で高千穂高校の出身の方がおられ、吉本先生の熱血ぶりはよく知っておられました。(剣道部ではありません)

今回の26年ぶりのの優勝を、亡くなられた吉本先生も草葉の陰で喜んでおられることでしょう。

by k2hair | 2017-08-13 14:48 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://k2hair.exblog.jp/tb/25298741
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。