山でラジオを聴いてはダメなのか?   

2017年 05月 19日
先日、比良山系で1人でラジオを聞きながらの山登りの途中で、前から来た単独のおばさんと出会いました。

私、「こんにちわ~」

おばさん「・・・・・・」

「無視かいな~!」と思ったら、すれ違いざまにおばさんが小さな声で「◎△$♪×¥●&%#」と何か言いました。

聴き取れなかったので「は~っ?」と聞いたら

今度は大きな声で「山でラジオはやめて下さい!」と言われました。

ずいぶん前に、山奥のキャンプで「ラジオをやめて下さい」と言われたことがあります。
キャンプではずっと同じ場所でいるのでラジオを不快に思う人もいるのだと思い、その時はおとなしくラジオを消しました。

ここ数年、比良山系でも熊の目撃情報が寄せられています。
山では熊に遭わないように熊よけの鈴やラジオなどの音を鳴らして人間の存在を知らせて熊と遭遇することを回避するのが常識なんですが・・・

おばさん、ベテラン登山者っぽい感じでしたからそんなことは知っていると思うのですが、静かな山でラジオなどうるさくて嫌なんでしょうね。

単独行の山登りではラジオは熊よけにもなるし、ラジオ放送もけっこう好きなので、私は楽しみにながら聴いています。
NHKのラジオってあまり聴く人いないと思うのですが、案外おもしろいのでオススメなのですよ。

同じ方向に向かってつながって歩くのだったらうるさくて嫌かもしれませんが、すれ違うだけだったらうるさいのもほんの一瞬なので大目に見てほしいものです。

あの時、おばさんの忠告は無視しましたが、今度山であのおばさんに出会ったらこう言ってあげよう!
「熊よけのために、あなたもラジオ聴いたほうがいいですよ!」と・・・

by k2hair | 2017-05-19 07:15 | コラム | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://k2hair.exblog.jp/tb/24191503
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。