近江八幡市の小学校のトイレが凄い!   

2017年 05月 09日
昨日、毎日放送の「ちちんぷいぷい」という番組で、近江八幡市立の小学校のトイレを紹介してました。
近江八幡市では、市内の老朽化した市立小学校を順次建て替えているのですが、建て替えをしなかった小学校トイレを改修しています。

今の子供達の家で、和式トイレを使用している家はめっちゃ少ないと思います。
しかし、現在全国の小学校の洋式トイレの普及率は40数%しかありません。
近江八幡市立の小学校のトイレは全て洋式トイレ化への改修が進んでいます。

今回新しく生まれ変わった八幡小学校のトイレを紹介していました。
d0231858_5585578.jpg

八幡小学校は、観光地の八幡堀の近くにあるので建物も素敵です。

このあたりに多くある町家をモチーフにした「町家トイレ」
d0231858_64911.jpg

d0231858_643796.jpg


個室の数が一番多い「おくゆきトイレ」
d0231858_654435.jpg


一番明るい「ひかりのはこトイレ」
d0231858_671149.jpg


女子がオシャレできるように大きな鏡のある「かくかくトイレ」
d0231858_69322.jpg


男子が楽しく用を足せるように小便器を丸く配した「まるまるトイレ」
d0231858_6113054.jpg


琵琶湖の波をモチーフにして天井にあしらった「なみなみトイレ」
d0231858_613916.jpg


これらのトイレは近江八幡市教育委員会とつながりのある大阪市立大学の学生さんがワークショップで子供達から聞き取りをしてアイデアを出したのです。
d0231858_6161680.jpg


この結果、今まで大きい方の用を足す事ができなかった子も、学校でできるようになったそうです。
そして、今まで「暗くて汚い」というイメージのトイレが「明るくてキレイ」のなって子供達もトイレ掃除を積極的にするようになりました。
d0231858_6261738.jpg


ただ、トイレの改修費は少なくて5000万円以上かかっているそうです。
家が1軒建つぐらいのお金がかかっているのですが、校舎を建て替えずとも、子供達がエンジョイできる取り組みはいいことだと思いました。

by k2hair | 2017-05-09 06:33 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://k2hair.exblog.jp/tb/24159558
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。