名作の予感 ドラマ「ツバキ文具店」   

2017年 04月 19日
先週金曜日からNHK総合テレビで、「ツバキ文具店」という変わった名前のドラマが始まりました。
「ツバキ文具店」は小川糸さんの小説で、第14回本屋大賞にノミネートされた作品をドラマ化したものです。
d0231858_1701099.jpg


ツバキ文具店は鎌倉にある古い文具店なのですが、元々はこの地で10代続いた代書屋だったのです。
代書屋とは、手紙を依頼人の代わりに書く商売です。
主人公鳩子(多部未華子)は、祖母(倍賞美津子)に育てられました。
母は、鳩子が幼い頃に家を出て行き行方が知れません。

鳩子を代書屋の11代目とするべく、祖母に厳しく指導を受けてきました。
d0231858_0265073.jpg


鳩子が高校生になって友達から誘いがあっても断らなければならずに訓練は続きました。
d0231858_0292795.jpg


鳩子に代書屋を継がそうとする厳しい祖母に耐えきれずに反抗した鳩子は、祖母に平手打ちにされます。
怒った鳩子は、祖母と取っ組み合いの喧嘩になりなすが、逆に祖母に投げ飛ばされます。
d0231858_032538.jpg


投げ飛ばされて睨み返す鳩子
d0231858_14492638.jpg


その後、鳩子は祖母への反抗心からわかりやすい形でグレました
d0231858_14505879.jpg


鳩子は、地元の高校を卒業後一刻も早く家を出たくて、東京に行くことにしました。
別れの時に、祖母が「どうしても困ったらこのお金で帰っておいで」とお金を渡します。
「こんな家もう二度と帰ってこね~よ」と鳩子は道路に投げつけました。
これが鳩子と祖母との最後でした・・・
d0231858_1455786.jpg


8年後、祖母が亡くなりお葬式で鳩子は鎌倉に帰ってきました。
もちろん鳩子が喪主です。
d0231858_14572393.jpg

d0231858_14574228.jpg


葬式が一段落した頃、祖母が亡くなる直前に、お悔やみ状の代書を依頼したという客が・・・
d0231858_1513887.jpg


なんと亡くなったのは、権之助というお猿さんだったのです。
d0231858_1531985.jpg


代書なんてやったことが無かった鳩子でしたが、押しの強い婦人に押し切られ引き受けてしまいます。
d0231858_1595073.jpg

もっとも、「お猿さんのお悔やみだったら適当でいいや」という気持ちもあったのです。

鳩子が適当に書いたお悔やみの手紙が出来上がり、婦人に読んでもらいます。
d0231858_1512110.jpg


いい加減な文章の手紙に婦人は激怒し、やり直しを命じられます。
d0231858_15133643.jpg


鳩子は、お猿さんを亡くした砂田さん夫婦がとんな人なのか様子を見に行くのですが、奥さんに見つかります。
そして、「権之介さんに会いに来たんでしょ」と鳩子を庭に迎え入れます。
奥さんは、亡くなった権之介さんの死が受け入れられないほど憔悴しきっていたのです。
d0231858_15233638.jpg


ご主人は鳩子に権之介さんのアルバムを見せてくれました。
山登りの途中で、夫婦は親とはぐれた子猿を拾います。
子供のなかった二人は権之介と名付けて我が子のように育てたのです。
d0231858_1528373.jpg

d0231858_15281918.jpg


鳩子は家に戻り、祖母の書の道具のある蔵に入ります。
d0231858_15342174.jpg


鳩子は目を閉じました
d0231858_15365748.jpg


すると、祖母の言葉が聞こえてきたのです。
「鳩子、その手紙に合った一番の道具を選んで、身を清め真っさらな気持ちで筆を握る。
お前の心が真っ直ぐならば、自然と筆は動く。
それが代書屋だ」
d0231858_15415587.jpg


鳩子は筆をとり目を閉じました
d0231858_15435079.jpg


鳩子は、誰かに操られているような不思議な感覚になり、スラスラと筆が運んでいったのです。
d0231858_15484953.jpg

d0231858_15494258.jpg


手紙を読んだ婦人は大満足です
d0231858_155184.jpg


鳩子はお葬式の後、家を処分して東京に帰るつもりでした。
親戚のおじさんが家の取り壊しを依頼した業者を連れてきました
d0231858_15551854.jpg


ところが鳩子は、「私、この家継ぎますと」取り壊しを断りました。
そして、祖母の残したツバキの木を見てしみじみ思うのでした「私は、今ここにいたい」と・・・
d0231858_15583971.jpg


実は、1つ気がついた事がありまして、祖母のお葬式の時の遺影と
d0231858_1635628.jpg


鳩子がやり直しの手紙を書き終えた時の遺影の表情が優しく変わっているのですよ。
鳩子が11代目として代書屋をついでくれたのを喜んでいるようです。
d0231858_1645720.jpg


「ツバキ文具店」実にいい物語でした。
本屋大賞にノミネートされただけあって、名作ドラマの予感がします。
物語はまだまだ続きますよ

「ツバキ文具店」 (連続8回)
毎週金曜日 NHK総合 夜10時~


絢香がこのドラマのために書きおろした主題歌「コトノハ」もめっちゃいい曲です
画面をポチッとして下さい


1回目の放送を見逃した方に朗報です、再放送もあります 今晩ですが・・・
 NHK総合 4月20日(木)午前0時10分(水曜深夜)

by k2hair | 2017-04-19 16:43 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://k2hair.exblog.jp/tb/24104556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。