高齢者は75歳以上というのはホンマでっか?   

2017年 01月 12日
先日、日本老年学会が65歳以上とされている高齢者の定義を75歳以上に見直すべきだとする提言を発表しました。

確かに最近は、元気な方が増えてきて60代後半でもお年寄りと呼べない方が多いと思います。
でもね、元気かそうでないかって、めっちゃ個人差があるじゃないですか。

65歳からの高齢者の定義をいきなり10歳も引き上げるのは、ちょっとやり過ぎというか私は違和感を感じます。

そもそも、この10歳の引き上げを提言した日本老年学会って何?

で、調べてみました。
日本老年学会とは、1959年に日本老年医学会、日本老年社会科学会の2つの学会の連合体として、発足しました。
その後、日本基礎老化学会、日本老年歯科医学会、日本老年精神医学会、日本ケアマネジメント学会、日本老年看護学会が加盟しています。

日本老年学会の設立時に文部省所管だった経緯があり、私はおそらく政府の鼻息が掛かった団体であると思います。

昨年、年金制度改革法案が強行採決で成立しました。
マクロ経済スライドと言われる年金切り下げ制度で、2043年までに私たちの基礎年金は最大3割もカットされるようです。

政府はなんとかして年金支給額を節約したいようです。
外国には援助の安請け合いをして、お金をバラ撒いているのに・・・(怒)

年金支給額を減らす最も効率の良い方法は、年金の支給年齢を引き上げることですよね。
基礎年金は、現在65歳から支給されているのですが、もしかしたら将来は75歳にまで引き上げられるのかもしれません。

私はその根回しとして、政府の御用機関のような日本老年学会に「高齢者は75歳以上」と言わせたのだと思えて仕方がないのです。

最近、地方議員の政務活動費の使いみちが各地で問題化してます。
ところが、国会議員はもっと凄いです。
国政調査活動費で高級ホテルで豪快に飲み食いしてもOKです。
d0231858_18212034.jpg

いや~、まさに豪遊ですね(驚) でも税金から支出されています。

さらに、国会議員はJR全線で新幹線・特急・グリーン車等の料金も含めて全て無料なのですが、これも税金ですよね。

選挙の前に土下座してでも当選する議員もいますが、そんな特権があるならやめられないのでしょうね。

年金の節約をする前に、「早く議員定数を減らせよ!」と私は声を大にして言いたい!

by k2hair | 2017-01-12 18:30 | コラム | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://k2hair.exblog.jp/tb/23776124
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。