京風の◯◯   

2016年 12月 11日
ちまたには、京風◯◯なる料理が存在しております。

京都で生まれ育った私が以前住んでいた東京や静岡で、京風ラーメンのお店がありました。
d0231858_14202618.jpg

私も東京のお店で1度食べたことがあるんです。
いわゆる色が薄くてあっさりとしたパンチの薄い醤油ラーメンでした。
「京風のラーメンとは色が薄くてあっさりしている物だ」という概念が世間一般には存在してるんでしょうね。

ところが、皆さんご存知の「天下一品ラーメン」のスープってめっちゃ濃厚じゃないですか。
天下一品ラーメンの発祥の地は京都の北白川です。

また、銀閣寺の近くの「ますたに」というお店は醤油ラーメンのスープを覆い隠すように細かい背脂がびっしり浮いており、数多くある京都背脂系ラーメンのルーツだと言われています。

京都駅近くの新福菜館のラーメンのスープは、京風の料理のイメージを覆す真っ黒け~なスープが人気のラーメン店なのです。

ということで、京都ではあっさりとか色の薄いラーメンではなく、こってり系や個性的なラーメンの方が流行っているのです。

ちなみに、全国展開で京風らーめんを名乗るお店は「京風らーめん あかさたな」と「京らーめん 糸ぐるま」がありますが、そのどちらも京都にはお店はありません。


以前、静岡市に住んでいた頃、「京たこ」なるたこ焼き屋さんが新しくオープンして、当時は大繁盛してました。(今は閉店しているようです)
京都のたこ焼きに懐かしさを感じて買いに行きましたが、そのたこ焼きの具がタコと紅しょうがとネギだったんです。
たこ焼きの本場の大阪の方からすると「お好み焼き」みたいとよく言われるのですが、京都のたこ焼きにはネギの代わりにめっちゃ細かくみじん切りにしたキャベツとタコと紅しょうがを入れるのです。

そして、「京たこ」を全国展開する会社の本部は東京で京都ではありませんし、「京たこ」の店舗は関西には1店もありません。

世間で京風の◯◯とあっても、それが京都由来の物では無いことが実際にはけっこうあるのです。

by k2hair | 2016-12-11 18:42 | コラム | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://k2hair.exblog.jp/tb/23703557
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。