セアカゴケグモに注意!   

2016年 11月 28日
11月22日(火)に近江八幡市立総合医療センター敷地内でセアカゴケグモが発見されました。
d0231858_21595669.jpg


近江八幡市立総合医療センターは、我が家から歩いて10分ぐらいの近い場所にあります。
4年前に滋賀県野洲市の小学校でセアカゴケグモが発見された事が記憶に残っていたのですが、しばらく忘れていました。

セアカゴケグモに毒性があるのはメスだけで、オスには毒性は無いそうです。

セアカゴケグモのメスの体の特徴
成体のメスは約10~15mm
全体的に黒色又は濃い褐色で、特に腹部背の部分に赤色の帯状の模様がある。

生育場所
花壇まわりのブロックのくぼみや穴
排水溝の側面やふたの裏側
クーラーなどの室外機や自動販売機との壁のすきま
墓地の花立てや線香立てなどの石のすきま

見つけたら、市販の殺虫剤をかける、熱湯をかける、靴で踏みつぶす。
卵には殺虫剤の効果はあまり無いそうで、踏みつぶすのがいいそうです。

咬まれると、針で刺されたような痛みを感じ、その後、咬まれたまわりが腫れ、熱くなり、時間の経過とともに全身に広がるそうで、すぐにお医者さんに行ったほうがいいそうです。

咬まれたときの処置
患部は水洗いし、冷やして、できるだけ早く医療機関で治療を受けてください。
咬まれたクモを持参すると適切な治療につながります。

セアカゴケグモは、日当たりが良く暖かいところ、昆虫などの餌が豊富なところ、適当な隙間があるところを好むようです。
側溝などにいることはめっちゃ多いそうです。

セアカゴケグモは、本来は熱帯地方などに分布するクモなのですが、もはや日本中のどこにでもいる可能性がありますので皆さん気を付けて下さいね。

by k2hair | 2016-11-28 22:26 | コラム | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://k2hair.exblog.jp/tb/23677161
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。