幻の突き   

2016年 11月 04日
昨日の全日本剣道選手権大会の準決勝は、国士舘大学3年生の宮本敬太選手と神奈川県警の勝見洋介選手の試合となりました。

宮本選手は大学生ながら次々と勝ち上がり準決勝にまで勝ち上がりました。
対戦相手は、前回準優勝の神奈川県警の勝見洋介選手。

積極的に攻める宮本選手が、先に面で一本を獲り、その後勝見選手が小手返し面で取り返す。
お互い1対1で勝負の三本目、宮本選手が思い切った突きを放つ。
しかし、突かれた勝見選手は体勢を崩さずに面に返し、勝見選手の「面あり」となりました。

試合終了後、スーパースローで再生されました。
d0231858_7162895.jpg

d0231858_7164293.jpg


スーパースローを見た解説の栄花直樹さんも思わず「うわぁ~、いい所いってますね~」とつぶやきました・・・
今のテレビ中継はスーパースロー再生というのがあるので審判の先生方も大変だと思います。

試合に勝った勝見選手は、次の決勝も勝って初優勝を達成しました。

宮本敬太選手は、うちの次男と同い年で中学生の時の道場連盟の全国大会のチャンピオンだった選手です。
立派な剣士に成長していたんですね。
全日本剣道選手権、3位入賞は本当に凄い事です。
来年こそ日本一を目指して頑張って下さい。

by k2hair | 2016-11-04 21:33 | 剣道 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://k2hair.exblog.jp/tb/23595061
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by てつや at 2016-11-04 11:22 x
昨日、リアルで全日本剣道、見てました♪幻の突きの投稿に、感謝♪宮本敬太の勝ち!疑惑の判定!宮本敬太のファンに、なった♪こんな疑惑の判定が、まかりとおる剣道界に、新しき風のような、投稿に感謝です。ネットで、宮本敬太の幻の突きに、どなたか?疑問視を持たなかったか?ネット、探してました♪
Commented by k2hair at 2016-11-06 09:52
てつやさん、コメントありがとうございます。
試合が終わった時に、宮本選手が「何故だ」という表情をしてました。
勝見選手が、控えの所に戻った時に関係者に、声は聞こえませんが、「やばい」とつぶやいたように見えました。