今時の体育館   

2016年 07月 06日
おとといの月曜日の夜、近江八幡剣道連盟主催の安土稽古会に行ってきました。

安土中には立派な格技場がありました。
行ってみて驚いたのですが、なんと2階建てです。
剣道場はその2階の部分でした。
中は結構広くちゃんと板張りで、小学校の体育館をひと回り狭くしたぐらいの広さでした。

建物が新しくていい感じなのでもったいないのですが、残念ながら安土中には剣道部がないそうです。
武道の授業で使う以外は、屋外で活動する運動部が雨の日に利用するぐらいだそうです。

しかし、この立派な剣道場がめっちゃ暑いんですよ。
2階にあるので建物の長辺の片側が廊下になっていて窓がないのです。
建物の長辺の反対側と、短辺の両側には窓があるのですが、生徒の転落防止のためなのか、窓の位置が床の高さではなく、胸の高さよりも上に位置しているのです。
窓が上の方にあるので、足元からの風がまったく来ないです。
当日は夕立の後で、外はけっこう涼しかったのですが、残念ながら格技場の中は蒸し暑かったです。

大きな換気扇と、小さな扇風機が壁にたくさん備え付けてありました。
扇風機は動いているのですが、小さくて全然効かないので、待っている保護者の方もかなり暑そうでした。
安土中の格技場の建物は近代的できれいなのですが、剣道にはつらいですね。

今年新築された桐原小学校でも2回ほど道場の稽古をしました。
新しい学校は複合施設になっていて、コミュニティセンター・体育館・多目的ホール・校舎と4つの建物が長屋のように並んで建設されています。
たぶん、有名な建築事務所の設計なので、外からの見た目は建物がつながってスッキリしてオシャレです。
体育館の横に小さな中庭があって、そこから風を取り込む設計だと思うのですが、所詮建物がつながっているので、風が入るといっても少々で、やっぱり風通しは悪いです・・・

うちの道場が主に稽古しているめっちゃ古~い八幡西中の体育館はもちろん1階建てなのですが、建物の長辺のほぼ全てが床面からの低い位置の窓になっています。
まわりは田んぼで、遮るものがないので風がめっちゃ吹き抜けます。
昨日の稽古でも、風がサァ~~~っと入ってきて気持ち良かったです。
その分、冬は超寒いです。
でもね、考えてみてください。
寒い季節は動けばそれなりに暖まりますが、暑い夏は裸になっても暑いですよ。
剣道というのは、分厚い剣道着や防具を装着するので、体を動かさなくても着ているだけで暑くて汗だくになりますので、古くても夏に涼しい建物の方がやりやすいです。

安土中の格技場や桐原小学校の建築案は、コンペでいくつか出させたのかな?
体育館や格技場を設計する場合は、見た目の美しさよりも、シンプルでいいから館内の熱や湿気をこもらさない実用性を重視したほうがいいと思うんですが・・・
でも実際に決めるのは現場の人ではなく、お役所の偉いさんが決めるのでしょうね。

市長が変わって、近江八幡市内の小中学校は数年前から教室はすべて冷暖房完備になりました。
体育館や格技場には冷暖房はありません。

地球の温暖化で気温は年々上昇してきています。
将来的には体育館や格技場も冷房も必要になってくるのかもしれません。
でも、近江八幡市は財政的に苦しいらしいし、電気代かかるんで難しいかな・・・

by k2hair | 2016-07-06 07:22 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://k2hair.exblog.jp/tb/23274565
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。