日本国憲法はアメリカの押しつけ憲法ではなかった   

2016年 07月 05日
来週の7月10日(日)は。参議院選挙があります。

与党で3分の2以上の議席を獲得すると憲法改正に着手すると自民党の公約の1番最後にちゃんと書いてあります。

安倍総理をはじめ自民党は日本国憲法は「GHQの押しつけ憲法」だと主張します。
 (画面をポチっとして下さい)


私は、日本国憲法は世界に誇るべき平和憲法だと思うのですが、安倍総理にとっては「みっともない憲法」なのだそうです。

さて、日本国憲法は本当にGHQ(アメリカ)の押しつけだったのでしょうか?
2/25テレビ朝日の報道ステーションの特集で、歴史的に貴重な音声の発見があったと報道されました。

今から59年前の1957年、安倍総理の祖父、当時の岸総理は憲法改正を目指して具体的な検討を始めた。
舞台は内閣に設けられた憲法調査会。
当時の映像に音声は残されておらず、詳細は知られていなかった。
憲法ジャーナリストの鈴木昭典さんが、実際の議論に録音された60時間以上にわたる貴重な音声テープを国立公文書館で発見し、その全てをデータに録音しました。 


60時間以上にわたる憲法調査会の音声からは、岸総理に近い政治家たちが主導していた激しい改憲論が聞こえてきました。
日本の将来につながる大事な映像なのです、10分弱の少し長い動画ですが頑張って見て下さい。


この動画の6:30の時点、憲法調査会の公聴会の中で、中部日本新聞・元政治部長の小山武夫氏が、貴重な証言をしました。

小山武夫氏が当時の幣原(しではら)総理にオフレコでインタビューし、「私がマッカーサー元帥に申し上げて第9条の条文になった」と総理がはっきり述べた事を証言しました。

終戦時、政界をすでに引退していた幣原喜重郎は、昭和天皇の説得もあり、終戦間もない10月9日に総理大臣に就任します。
d0231858_12141837.png


マッカーサーは、憲法調査会に書簡で証言しています。
幣原総理の「戦争を禁止する条項を憲法に入れる」という提案に驚きましたが、「私も心から賛成する」と答えたと。
すると幣原総理が安堵の表情を浮かべたことに対してマッカーサー自身が感動した事を・・・

焼け跡だらけで戦争に疲弊していた当時の日本人にとって、「今後戦争をしなくていい」という幣原案の新憲法は素晴らしい贈り物であり、励みになったことでしょうと、音声資料を発見した鈴木昭典さんは述べています。

日本国憲法はアメリカの押しつけではなく、幣原総理の発案だったのです。
私はこの放送を見るまで幣原喜重郎さんの事を知りませんでした。
今考えると、武力を無くした日本が戦後70年間アメリカの進駐以外にどこの国にも侵略されずに来られたのは、幣原喜重郎という偉大な政治家が発案した日本国憲法のおかげだったのかもしれません。


最近の歴代総理の誰も言わなかった事なのですが、安倍総理いわく「憲法の改正は結党以来の我が党の党是である」そうです。
それって59年前の安倍さんのおじいさんの岸元総理の頃の話だと思うのですが・・・

結局、安倍総理の言うアメリカの押しつけだから憲法を改正しなければいけない、という論理は間違いだった事が、この調査によって分かったのです。

繰り返し言いますが、今回の選挙で与党が3分の2以上の議席を獲得すると、安倍総理は必ず憲法改正に着手します。
憲法改正に反対する方は7月10日(日)の参議院選挙を棄権したらあきません。

by k2hair | 2016-07-05 00:41 | コラム | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://k2hair.exblog.jp/tb/23271997
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。